転スラのカリオンの強さやスキルを解説!魔王を引退?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のカリオンの強さやユニークスキル、十大魔王の中での強さや魔王引退の理由、引退後の展開などについて解説します。


カリオンは転スラの物語の中でも早い段階で登場した魔王の一人で、ミリムやフレイと同時期に初登場しています。

その正体は十大魔王の一人で、魔王なだけに強さは本物です。また実力&強さ主義の獣王国ユーラザニアを統べる国王でもあります。


まずはカリオンの具体的な強さについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 転スラのカリオンの肩書や強さ
  • 転スラのカリオンのユニークスキル
  • 転スラのカリオンの魔王の中での強さ
  • 転スラのカリオンの魔王引退の理由


※この記事は転スラのネタバレを含みます


魔王一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのカリオンの強さ!十大魔王の一人!

転スラのカリオンは十大魔王の一柱で、作中ではオークロード騒動が終結した時に初登場しました。

細かい戦略を立てたり謀略を企てるタイプではなく、素直で直情型な性格をしており、とにかく好戦的な獣人族のトップに君臨しています。


ここではカリオンの強さについて詳しくみていきます。

カリオンの強さ:獣王国ユーラザニアの国王

カリオンは獣王国ユーラザニアを統治する国王です。

獣王国ユーラザニアは獣人族からなる国で、獣人族は弱肉強食が基本である魔物の中でも特に好戦的で強者を称える種族です。

それだけに獣人族の国であるユーラザニアは一兵卒まで徹底的に鍛え上げられており、国民もその強さ至上主義を自ら望んでいます。


その獣人族の中においてカリオンはダントツの実力を誇り、国民もその強さとカリスマ性に惹かれています。

カリオンの強さ:十大魔王の一人

カリオンは十大魔王の一柱です。

作中では同じく十大魔王であるミリム、フレイ、クレイマンと共にオークロード計画に乗っかったメンバーで、これをきっかけにリムルのいるテンペストに接触することになります。

ユーラザニアの国王にして十大魔王の一柱ということで、カリオンの名は各国の人間、魔物に轟いています。

カリオンの強さ:覚醒魔王(真なる魔王)ではない

カリオンは十大魔王の一柱ですが、「魔王への進化(ハーベストフェスティバル)」を経た覚醒魔王(真なる魔王)ではありません。

カリオンは生まれつき巨大な魔力と魔素量を持っており、500年前自己進化によって魔王に至りました

魔王の中では比較的新しい魔王で、「最古の魔王」などと比べると新興の魔王と言えます。


オークロード計画で新しい魔王を擁立するという企みに乗っかったのも、古くからいる魔王(ギィ・クリムゾンなど)と比べて自身の強さが一段下であることを自覚していたからかもしれませんね。

カリオンの強さ:ミリムの本当の姿を引き出す

作中ではミリムが突然ユーラザニアに宣戦布告する場面があり、カリオンとの一騎打ちになります。

先程お話したとおりカリオンは十大魔王の中でも覚醒魔王(真なる魔王)ではなく、一方でミリムは天災級(カタストロフ)にランクされる覚醒魔王です。

よって実力差は歴然としており、カリオンはミリムに勝つことはできませんでしたが、自身の必殺技「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」によりミリムの真の姿を引き出しました。

スポンサーリンク

転スラのカリオンのユニークスキルの能力や強さを解説

ここまでカリオンの肩書きや強さについてお話してきました。

カリオンは素の強さに加えて強力なユニークスキルや奥の手を持っており、その特徴や強さについて詳しく見ていきましょう。

カリオンのユニークスキル「獅子心王(ライオンハート)」の強さ

カリオンのユニークスキルは「獅子心王(ライオンハート)」です。このユニークスキルはミリムの配下についてから、ミリムとの特訓により獲得しました。

このユニークスキルは下記の権能があります。

・自分自身より格上の相手との戦闘で能力アップ
・ダメージ貫通効果


ゲームで言うところの「ボスキャラ特攻」のようなユニークスキルで、格上相手に能力アップする上にダメージ貫通まで加わる強力な権能です。

カリオンの奥の手「獣魔人化」の強さ

獣人族出身であるカリオンの奥の手が「獣魔人化」です。ミリムの突然の宣戦布告によりタイマン対決することになり、ミリム相手に初めて使いました。

「獣魔人化」による効果は下記のとおりです。

・ダメージを全回復
・魔素量を全回復
・戦闘能力が大幅に上昇
・能力制限解除


ミリムとの戦いやヴェガとの戦いの様子を見る限り使用制限があると思われ、1回発動すると暫くは使えないと思われます。


また裏技的な使い方として、一瞬だけ「獣魔人化」を発動することで

・ダメージ回復
・魔素量を半分回復

という効果を得られます。

カリオンの特殊固有能力「獅子竜身(ドラゴンボディ)」の強さ

上記のユニークスキル「獅子心王(ライオンハート)」と奥の手「獣魔人化」を併用することでカリオンの特殊固有能力「獅子竜身(ドラゴンボディ)」を発動できます。

これを発動すると10分間だけ不屈の心と不倒の体になり、無敵状態になります(マリオで言うとスターを取った状態)。

しかし10分過ぎると全魔素量を消費してしまうため、使いどころが難しい秘技です。

カリオンの必殺技「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」の強さ

カリオンの必殺技は「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」で、作中では「獣魔人化」した状態でミリムに向けて放ちました。

これは魔力による粒子砲で、この時カリオンが使っていた愛用武器「白虎青龍戟(びゃっこせいりゅうげき)」は魔粒子に還元されて消滅しています。

「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」は最長2km先まで到達する長距離射程の対多数技ですが、この時は相手が相手だっただけに、カリオンの持つほとんどの魔素を消費しながらミリム個人向けに最大限収束させて放ちました。


残念ながらミリムにはほぼノーダメージでしたが、ミリムのような規格外の相手じゃない限りはまともに食らって生き残れるはずがない強さの技です。

スポンサーリンク

転スラのカリオンの十大魔王の中での強さと引退理由は?

ここまでカリオンの強さやユニークスキル、奥の手、必殺技などについて解説してきました。

カリオンは前述のとおり十大魔王の一柱ですが、具体的に十大魔王の中でどのくらい強いのか、また作中で魔王を引退した理由や経緯などについて解説します。

十大魔王の中でのカリオンの強さ

先述の通りカリオンは覚醒魔王(真なる魔王)ではないため、覚醒魔王クラスよりは格下となります。

よってラミリスは例外として(笑)、十大魔王の中でも下記のメンバーはカリオンより遥かに強いことになります。

・ギィ・クリムゾン
・ミリム・ナーヴァ
・ダグリュール
・ディーノ
・レオン・クロムウェル
・ルミナス・バレンタイン

厳密にはダグリュールとレオンは覚醒魔王ではありませんが、強さは覚醒魔王クラスです。


ここに名前の無いフレイやクレイマンも覚醒魔王ではなく、カリオンはこの2人と同等の強さということになります。

カリオンが魔王を引退した理由

リムルがワルプルギスでクレイマンを「暴食之王(ベルゼビュート)」で葬って一件落着したところで、カリオンは魔王の座を引退することを宣言します。

その理由はカリオンらしく単純明快なもので、「ミリムに完敗したから」という理由です。


冒頭で獣人族が好戦的で実力主義であることをお話しましたが、その長であるカリオンも強者を称える傾向にあります。

さらにカリオンの素直で真っ直ぐな性格により自身の力不足を認め、これ以降はミリムの配下として鍛え直すことになります。

カリオンが魔王引退後はミリムの配下に

カリオンが十大魔王の座から降りた後はミリムの配下に仕えることとなり、たびたびミリムの遊び相手(=タイマン)になっています。

カリオンはその地獄の特訓を経て、先程ご紹介したユニークスキル「獅子心王(ライオンハート)」を獲得しました。


このユニークスキルは「格上特攻」のような効果がありますが、ミリムみたいな規格外の格上と頻繁に遊んで(=タイマン)いたからこそ身についたスキルなのでしょうね。

スポンサーリンク

「転スラのカリオンの強さやスキルを解説!魔王を引退?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のカリオンの強さやユニークスキル、十大魔王の中での強さや魔王引退の理由、引退後の展開などについて解説しました。


カリオンは魔王の一人というキャラながら、体育会系で真っ直ぐな男なのでどこか憎めないキャラクターです。

魔王引退後も活躍の場があるため、今後の登場も楽しみですね☆


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント