転スラのレインの強さやスキルを解説!原初の青(ブルー)!

転スラのレインの強さやスキルを解説!原初の青(ブルー)!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

この記事では転スラのレインの強さやスキル、性格や声優などについて解説します。

レインは「原初の悪魔」の一柱として登場しており、青い髪とメイド服が印象的なキャラです。

普段はおとなしそうで真面目そうに見える反面、実際の性格はだいぶ印象と違っています笑

まずはレインの強さや正体について見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • レインの強さや正体
  • レインのスキルや技、魔法
  • レインの本当の性格
  • レイン役の声優

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのレインの強さについて解説!正体は「原初の悪魔」!

まずはレインの強さや進化の過程について見ていきましょう。

レインは初登場時からメイドの格好をしているので非戦闘員に見えますが、実は「原初の悪魔」の一柱なので、むしろそんじょそこらのアークデーモン程度なら瞬殺する強さです。

レインは「原初の青(ブルー)」!

レインは「原初の青(ブルー)」!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

レインは原初の悪魔の一柱で、「原初の青(ブルー)」の異名を持っています。

悪魔には寿命が無く、基本的には長く生きた悪魔ほど魔素量や戦闘経験、技量が増して強くなっていきます。

そして原初の悪魔は他の悪魔の中でも最も古い、太古の昔から存在しているため、他の悪魔たちとは一線を画する強さを持っているのです。

その強さは人間のみならず、同種族である悪魔からも恐れられているほどです。

よって原初の悪魔の一柱であるレインも相当な強さを有しています。
→転スラの原初の悪魔の一覧や強さランキングを見る

レインはギィ・クリムゾンに敗北して以降はメイドに

レインはギィ・クリムゾンに敗北して以降はメイドに(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

レインはその昔、原初の悪魔の中でも最強の存在である「原初の赤(ルージュ)」(現在のギィ・クリムゾン)に戦いを挑んで敗れました。

その際に「心核(ココロ)」を破壊されたことで、それ以降はギィに忠誠を誓うようになります。
→転スラのギィ・クリムゾンの強さやスキルの詳細を見る

 

ちなみに「心核(ココロ)」とは魂の中身とも言えるもので、構造としては下記のとおりです。

まず「自我」があり、それを包む「心核」に全ての情報は刻まれる
その心核を覆うエネルギー結晶体が「魂」

悪魔は例え死亡したとしても時間をかけて復活するのですが、心核を砕かれた場合は勝者に従属する形で復活するのです。

レインの名前の由来は「雨」!名付けで「悪魔公」に進化!

その後ギィが物理世界に召喚され、物理的存在に受肉し、当時の勇者ルドラによって「ギィ・クリムゾン」と名付けをされて覚醒進化しました。

そしてギィは冥界から「原初の青」を召喚し、「レイン」と名付けをして「悪魔公(デーモンロード)」に進化させた後に配下としています。

ちなみに「レイン」という名前は、ギィが召喚したその時に雨が降っていたことが由来です。

 

また「原初の緑(ヴェール)」ミザリーもレインと共にメイドを務めています。というのも、実はレインがギィに挑んだ時はミザリーと2人がかりだったのです。

結果は2人共ボロ負けし、2人揃ってギィのメイドとなります。

レインは原初の悪魔の中では下位の強さ

レインは先述の通り「原初の悪魔」の一柱ですが、ギィやディアブロと比べるとその強さはかなり格下です。

さらにはミザリーと共に2000年以上もの間ギィの元でメイドを務めてきたことから、戦闘経験や技量の面でも他の原初の悪魔に劣るでしょう。

よってレインもミザリーも原初の悪魔の中では下位の強さと言えます。
→転スラのミザリーの強さやスキルを見る

レインはリムルによって「悪魔王(デヴィルロード)に覚醒進化!

レインはギィの配下ですが、作中ではリムルによって覚醒進化する場面があります。

これによりレインは「悪魔王(デヴィルロード)」に進化し、その魔素量も強さも増大します。

さらにその後はミザリーと模擬戦などを行うことで戦闘経験や技量も磨いており、時間をかければ他の原初の悪魔達の強さにも追いついてくるかもしれませんね。

転スラのレインのスキルや技、魔法の強さ!

次にレインが保有しているスキルや能力、魔法などの強さについて見ていきましょう。

ただし作中ではレインの戦闘シーンはほぼ無いため、そのスキルや魔法を披露する機会がほとんどありません。

レインの「偏在(ミスト)」で分身できる

レインには「偏在(ミスト)」という能力があり、これにより分身することができます。

この分身は「本体より弱い」といったものではなく、本体と同等の強さを持つため、実質的に戦力を倍増させるという強力な権能です。

しかも、例え分身が撃破されたとしても本体は無傷なため、分身にだけ戦わせて本体は隠れる、といったことも可能です。

 

作中では神聖法皇国ルベリオスでディアブロと対峙した際に「偏在(ミスト)」を発動しました。

ただこの時はディアブロの強さが桁外れ過ぎて、「偏在(ミスト)」もあっという間に解除されています。

レインの核撃魔法

レインはディアブロに核撃魔法「熱収束砲(ニュークリアカノン)」を放っています。

核撃魔法と言えばテスタロッサ、ウルティマ、カレラが使うような大規模殲滅用のものが思い浮かびますが、「熱収束砲(ニュークリアカノン)」はその名の通り収束させることで個体用に放つ核撃魔法です。

流石に原初の悪魔なだけあって強力な魔法攻撃も使えるようですが、ディアブロには一切通用せずに一蹴されました。

 

ちなみに「熱収束砲(ニュークリアカノン)」はかつてラーゼンもディアブロに放ち、ディアブロが息を吹きかけただけで上空に吹き飛ばされました。

ディアブロのせいで「「熱収束砲(ニュークリアカノン)」が弱い」みたいなイメージがつきそうです笑
→転スラのディアブロの強さやスキルについて見る

レインの都市殲滅用の戦略魔法

レインは都市殲滅用の戦略魔法として「氷結地獄(コキュートス)」も扱います。

この魔法はその名のとおり、広範囲にわたって大規模な氷結地獄を発生させることで、少なくとも人間の住む都市なら全滅させるほどの威力があります。

ただしレインは作中で「氷のかまくら」を作るために「氷結地獄(コキュートス)」を発動していました笑

転スラのレインは性格がキツイ?真面目に見えてズボラ笑

ここまでレインの強さや進化の過程、権能や魔法などについて解説してきました。

次にレインの性格について詳しく見ていきましょう。レインの性格については登場当初からその片鱗が見えています笑

レインは意外とスボラで自己中心的な性格!ミザリーとの違い!

レインは意外とスボラで自己中心的な性格!ミザリーとの違い!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

レインは初登場した当初はメイド服姿で真面目そうな印象を与えるキャラでしたが、実は自己中心的で末っ子気質な性格であり、真面目なミザリーとは間逆な性格をしています。

レインは漫画17巻の第76話で、ギィがレオンを正体した場面で初登場しましたが、ギィとレオンがヴェルドラの復活について極めて真面目な話をしている最中、レインは直立しながら居眠りしていました笑

それ以外にもレインの性格が分かる描写として下記のエピソードがあります。

  • ギィが困るのを見て内心楽しんでいる
  • 「常に勝ち組でいたい」と思っている
  • ミザリーの抽象画を描いて怒らせる
  • 極寒の北の大地で、自分だけ常夏モードの結界を張る

初登場のおとなしそうなイメージが一変するエピソードですね笑

レインはディアブロが苦手?

レインは先述のとおりギィに敗北して以降は配下となっています。

一方でディアブロはかつてギィと引き分けているほど強力な悪魔であり、レインはディアブロに苦手意識を持っていたようです。

リムルの大ファンになって敬意を払う!

レインはギィやミザリーと共にテンペストを訪れた際、リムルの手で覚醒進化させてもらいました。

実はレインはワルプルギスで最初にリムルを見かけた時から注目していたようで、実際に会って覚醒進化までさせてもらえたことで「リムルやばい」と感じています。

それ以降はリムルの大ファンとなり、ギィの配下のかたわら、リムルにも敬意を払うようになりました。

 

レインがシュナのケーキに感動(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ちなみに覚醒進化以外にも、シュナにケーキのレシピを教えてもらって感激していたのも、リムルファンになった要因の一つです。

上の画像が実際にレインがケーキを食べた時の様子ですが、目輝きすぎですね笑

「リムルの大ファン」繋がりでディアブロと共感w

先程お話したとおりレインはディアブロに苦手意識を持っていました。

しかし物語が進むにつれてレインがリムルの大ファンになっていき、リムルを崇拝しているディアブロとはいつの間にか共感しています笑

きっかけはさておき、仲良くなれたなら良かったですね。

レインは基本的にやる気なし笑!ピコ&ガラシャとの戦い中に女子会開始?

レインは基本的にやる気なし笑!ピコ&ガラシャとの戦いで女子会開始?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ここまでお話してきたとおり、レインはそのズボラな性格から基本的にやる気がありません笑

作中ではミカエル軍のピコとガラシャがレインとミザリーの前に現れますが、極寒の中でレインは全く戦う気がありませんでした。

挙句の果てには都市殲滅用の魔法「氷結地獄(コキュートス)」で巨大な氷の塊を生成し、さらにガラシャの「氷塊破壊(アイスブレイカー)」によって氷のかまくらを作りました。

 

こうしてかまくらの中で、

  • 焼き芋
  • 温かい甘酒

で一杯やりつつ、それぞれの上司の愚痴を言い合う女子会が始まりました。

魔法やスキルの使い方を間違えていますね笑

転スラのレインは芸術の才能あり?絵心は半端じゃない!

ここまでレインの強さやスキル、魔法などについて解説してきました。

レインは原初の悪魔故に戦闘の潜在能力はピカイチですが、それ以外にも実は絵の才能があることが示唆されています。

作中ではミザリーの抽象画を描いて怒らせたりしている一方、本気を出せば極めて写実的な絵を描けるようです。

テンペストでは出自不明のリムルの絵画が出回り、あまりの出来の良さに騒然となるシーンがありますが、おそらくはリムルの大ファンであるレインの絵でしょう。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのレインの声優は「幸村恵理(ゆきむらえり)」

レインが転スラのアニメ版に登場したのは第2期の第2クールで、レイン役の声優は「幸村恵理(ゆきむらえり)」でした。

アニメでレインが初登場したのは第42話で、ギィがレオンを招待したシーンです。その後もレインはワルプルギスの司会などの仕事モードで登場しているため、静かな口調な上に口数も少なめでした。

幸村恵理(ゆきむらえり)の澄んだ声がイメージにピッタリでしたね。

「転スラのレインの強さやスキルを解説!原初の青(ブルー)!」まとめ

今回は転スラのレインの強さやスキル、性格や声優などについて解説しました。

レインは他の原初の悪魔に比べると登場機会が少なめですが、持ち前のキャラの濃さや性格から印象深い悪魔です。

今後もレインの登場シーンが楽しみですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのミザリーの強さやスキルを見る

→転スラのギィ・クリムゾンの強さやスキルの詳細を見る

→転スラの原初の悪魔の一覧や強さランキングを見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました