転スラのギィ・クリムゾンのスキルや強さ、究極能力を解説!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の魔王ギィ・クリムゾンの強さやスキル、究極能力(アルティメットスキル)、女性化、戦績などについて解説します。


ギィ・クリムゾンは元々「原初の悪魔」の一柱であり、原初の赤「ルージュ」の異名を持っていました。

そして覚醒魔王になってから作中のキャラクターの中でもトップクラスの強さを誇り、転スラの物語においても重要キャラです。


まずはギィ・クリムゾンの強さや能力、剣技などについて見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ギィ・クリムゾンの強さや能力
  • ギィ・クリムゾンのスキルや究極能力
  • ギィ・クリムゾンの戦績


※この記事は転スラのネタバレを含みます


魔王一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのギィ・クリムゾンは原初の悪魔「赤」!強さと能力がヤバい!

ギィ・クリムゾンは世界に七柱しかいない「原初の悪魔」の一柱で、「原初の赤(ルージュ)」という異名を持っていました。

悪魔としても最強と謳われ、更に魔王になってからもその圧倒的すぎる強さから最強と名高い男です。


ここではギィ・クリムゾンの特徴や強さについて詳しく見ていきます。

ギィ・クリムゾンの強さ:原初の悪魔

ギィ・クリムゾンは「原初の赤(ルージュ)」という異名も持ち、ディアブロなどと同じく原初の悪魔の一柱です。


原初の悪魔とはその名の通り悪魔族の中でも最初から存在していた悪魔です。悪魔の強さは

  • 生きた年数
  • 種族のランク

によって決まるため、必然的に原初から存在している悪魔は最強クラスの強さを持っています。


原初の悪魔の中でも特に飛び抜けた強さだったのが「原初の赤(ルージュ)」ことギィ・クリムゾンと、「原初の黒(ノワール)」ことディアブロです。

ギィ・クリムゾンはディアブロとの戦いで引き分けたこともあり、この2柱が原初の悪魔の中でも2強と言える強さです。

ギィ・クリムゾンの強さと能力は魔王でトップ?最古の魔王にして覚醒魔王!

ギィ・クリムゾンは原初の悪魔であると同時に「最古の魔王」でもあります。

太古の昔に人間によって召喚された際には100万人規模の大虐殺を行い、その時に得た膨大な量の魂を生贄に覚醒へと至りました。


ちなみにギィ・クリムゾンが覚醒した当時は「魔王」という概念すらなく、ギィ・クリムゾンが魔王となったのは後述するヴェルダナーヴァとの出会い以降です。

ギィ・クリムゾンの強さ:世界の調停者

ギィ・クリムゾンはこの世界の創造主である星王竜ヴェルダナーヴァの友であり、ヴェルダナーヴァから「世界の調停者」としての役割を託されています。


太古の昔、ギィ・クリムゾンはヴェルダナーヴァに挑んだことがありましたが、恐らくギィ・クリムゾンとしても初めての圧倒的な惨敗を喫しています。

その際にヴェルダナーヴァはギィ・クリムゾンに対し、

  • 自分が生み出した世界が発展&進化している
  • しかしこの成長速度で発展すると近い将来、世界は滅亡する
  • だから人が傲慢にならないように「魔王」として君臨してほしい

と依頼しました。これが最初の魔王誕生の理由であり、ギィ・クリムゾンが「世界の調停者」として君臨し続けている経緯です。

ギィ・クリムゾンの強さ:剣技もヤバい

ギィ・クリムゾンはデタラメな量の魔素量も強さの理由の一つですが、作中最強クラスの剣技も持っているため、魔素無しの戦いでも無類の強さを発揮します。

この剣技・技量についてはかつて勇者ルドラと幾度となく戦い、その中でギィ・クリムゾンが培ったものです。

その技量はルドラやクロエと互角に切り結ぶほどで、あらゆる面においてギィ・クリムゾンには死角がありません。

スポンサーリンク

転スラのギィ・クリムゾンのスキルと究極能力の強さ

ここまでギィ・クリムゾンが「原初の悪魔」であることやヴェルダナーヴァとの出会い、圧倒的な剣技などの強さについて解説してきました。

さらに何よりもギィ・クリムゾンの強さを象徴しているのがそのユニークスキル究極能力(アルティメットスキル)です。

ここでは具体的にそれらのスキルや究極能力の強さ、権能について見ていきましょう。

ギィ・クリムゾンのスキル「傲慢者(プライド)」

ギィ・クリムゾンのユニークスキルは「傲慢者(プライド)」です。

このスキルの権能は「捕食した対象を解析」「対象を永遠に封印」「周囲の人間の精神操作」など、幾つもの強力なユニークスキルを混ぜ合わせたような能力を持ちます。

ギィ・クリムゾンの究極能力「傲慢之王(ルシファー)」

ギィ・クリムゾンのユニークスキル「傲慢者(プライド)」が進化し、究極能力「傲慢之王(ルシファー)」となっています。

この究極能力こそがギィ・クリムゾンの強さの根幹と言えるもので、

  • 一度見たスキルや能力をコピーできる(究極能力を含む)
  • コピーした能力を調節&最適化できる

というトンデモ能力です。しかもギィ・クリムゾンの技量があれば調節や最適化も容易で、そのスキルの持ち主以上に上手く使えてしまうでしょう。

しかも究極能力までコピーできてしまうため、ギィ・クリムゾンの前で下手にスキルや究極能力を発動できません。

ギィ・クリムゾンの究極能力:「深淵之神(ノーデンス)」

ギィ・クリムゾンの究極能力「傲慢之王(ルシファー)」が進化したのが究極能力「深淵之神(ノーデンス)」で、これもギィ・クリムゾンの強さの源の一つです。

「深淵之神(ノーデンス)」の権能は「万有具現能力」で、文字通り何でも生み出してしまう能力です。


ちなみにギィ・クリムゾンのレベルでも究極能力は一つしかなく(それでも十分過ぎるほどの能力ですが笑)、リムルみたいに4つも5つも究極能力を持っているのがいかにチートかが分かりますね。

スポンサーリンク

転スラのギィ・クリムゾンは女にもなれる?その強さとスキルとは?

ここまでギィ・クリムゾンの強さやスキル、究極能力について解説してきました。


さらにギィ・クリムゾンの大きな特徴として、その形態(男性と女性)を使い分けられることです。

ただしそもそも悪魔には性別という概念が存在しないため、「男性」や「女性」という言い方も本来適切ではありません。


普段のギィ・クリムゾンは男性の外見をしており、この姿がデフォルトです。戦闘時もこの姿が一番適しているため、ほとんどのケースで男性モードの姿をしています。

一方で演算に専念する時などは女性の形態が最も適しているため、外見が女性となります。


実際漫画17巻の第76話で、ギィ・クリムゾンがレオン・クロムウェルと会った時に

お前が望むのなら
オレはになってやってもいいのだがな

と発言しており、冗談のように聞こえますが本当に実現可能なことです。

スポンサーリンク

転スラのギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証

ここまでギィ・クリムゾンの技量やスキル、究極能力などの強さが作中最強クラスであることを解説してきましたが、実際にギィ・クリムゾンの戦闘の様子などからその強さを見ていきましょう。

そもそもギィ・クリムゾンと戦ってまともな勝負になる者の方が圧倒的に少なく、「ギィ・クリムゾン戦績」として残っている者はすべからく常識外の強さを持った相手です。

ギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証:vs 星王竜ヴェルダナーヴァ

ギィ・クリムゾンは太古の昔、世界を創造した星王竜ヴェルダナーヴァに挑んでおり、ここでギィ・クリムゾンにとっては初めての敗北を喫しています。

世界の創造主である存在に挑むだけでもとんでもないことですが、そもそもそんな相手と「戦い」と呼べるレベルまで耐えられたギィ・クリムゾンの強さが異常でした。


ギィ・クリムゾンのその強さをヴェルダナーヴァも十二分に認めており、だからこそ「世界の調停者」として最初の魔王に君臨するように頼んでいます。

ギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証:vs ルドラ

ギィ・クリムゾンが魔王として君臨していたある日、当時の勇者であるルドラ・ナスカがギィ・クリムゾンに挑んできます。


ルドラは覚醒した勇者であり、その剣技、能力、スキルのどれをとっても勇者の名にふさわしい強さを持っていました。

それまでは持ち前の才能だけで戦っていたギィ・クリムゾンでしたが、ルドラと幾度となく戦う中で剣技や技量が磨かれていき、その強さが更に押し上げられる結果となります。


ただしギィ・クリムゾンとルドラの出会いは「魔王と勇者の会敵」とは思えないほど奇妙なもので、どちらかというと「強敵と書いて「とも」と読む」ような関係になっています。

作中では結局両者の決着はついておらず、ギィ・クリムゾンとルドラは一つの勝負(ゲーム)を始めました。

  • ルドラとギィ・クリムゾンはそれぞれの手駒のみを使う
  • ギィ・クリムゾンの手駒(=魔王)が世界の覇権を握ればギィの勝ち
  • ルドラの手駒(=人間)が世界を統一すればルドラの勝ち


この勝負は2000年以上にも及び、その間に世界には惨劇が繰り返され、ルドラが信じていた「人間」は醜い争いを繰り返すばかりという結果に終わっています。


ちなみにギィ・クリムゾンの名前は、「真紅の髪の色」という由来からルドラが「深紅色(クリムゾン)」と名付けました。

ギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証:vs ディアブロ

ディアブロも「原初の悪魔」の一柱で、過去にはギィ・クリムゾンと引き分けたほどの強さを持っています。

作中でもディアブロはリムルの配下ながら、そんじょそこらの魔王では相手にならないほどの強さを発揮しており、ギィ・クリムゾンもディアブロのことは「原初の悪魔」の中でも特別視しています。


ディアブロの常識外の強さが描かれるほど、ギィ・クリムゾンの強さも裏付けられますね。

ギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証:vs ミリム

ミリム・ナーヴァは星王竜ヴェルダナーヴァと、勇者ルドラの妹・ルシアとの間に生まれました。


その力の大半をミリムに継承したヴェルダナーヴァは残りの力で子竜を産み出し、ミリムへと贈っています。

しかしミリムの家族とも言える子竜をとある魔法大国に殺され、怒り狂ったミリムはその国の人間十数万人を皆殺しにしています。


大暴れするミリムを見たギィ・クリムゾンは、ヴェルダナーヴァから託された「世界の調停者」としての役割を果たすためにミリムを止めています。

ちなみにこの時、当時は精霊女王だったラミリスも調停に加わっており、何とかミリムの暴走を止めました。


カリオン戦で見せたミリムの「竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)」の桁外れの破壊力から考えても、こんな歩く天災を止められるギィ・クリムゾンの強さが半端じゃないことが伺えますね。

ギィ・クリムゾンの強さを戦績から検証:vs リムル

ギィ・クリムゾンとリムルは少なくとも原作では戦っていません。

両者が初めて会ったワルプルギスの段階では圧倒的にギィ・クリムゾンの方が強かったでしょうが、物語が進むにつれてリムルがどんどんチート化していき、最終的な強さで言えばリムルの方が強いと思われます。

大きな要因としては

  • リムルの究極能力をコピーできない
  • リムルの「竜種核化」が強過ぎる

ことが挙げられます。


リムルは「智慧之王(ラファエル)」(後の「神知核(シエル)」)というチートな相棒を持つため、戦闘中も常に最適解を見つけながら立ち回ります。

そのため、ギィ・クリムゾン最大の強みである「スキルのコピー」が発揮できません。


更にリムルは作中で竜種を取り込むシーンがあり、その際に「竜種核化」という能力を獲得します。

これはヴェルドラソードとも呼ばれる最強の攻撃剣で、軽く海を割る破壊力があります。


実際に原作においてはギィ・クリムゾンがリムルに「勝てない戦いはしない」と口にしており、リムルの方が強いことを認めていました。

スポンサーリンク

「転スラのギィ・クリムゾンのスキルや強さ、究極能力を解説!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の魔王ギィ・クリムゾンの強さやスキル、究極能力(アルティメットスキル)、戦績などについて解説しました。


転スラの世界、特にリムルの周りには常識外の強さを持つキャラが多いために強さのインフレ化になりがちなところ、ギィ・クリムゾンは一線を画する強さとスキルを持っています。

しかし決して一方的な破壊者ではなく、非常に思慮深いことも魅力の一つですね。


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント