転スラのヴェルグリンドの強さやアルティメットスキル!ルドラとの関係も解説

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルグリンドの強さや究極能力(アルティメットスキル)、ヴェルドラやヴェルザード、皇帝ルドラとの関係について解説します。


ヴェルグリンドはヴェルドラと同じく竜種の一体であり、ヴェルドラにとってはトラウマ級に怖い姉の一人です。

ヴェルドラが恐れるだけあってヴェルグリンドの強さは本物で、物語終盤で人知を超えた戦いにも参戦しています。


まずはヴェルグリンドの正体や強さについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 転スラのヴェルグリンドの正体や強さ
  • 転スラのヴェルグリンドの究極能力
  • 転スラのヴェルグリンドとヴェルドラ、ヴェルザードとの強さ比較
  • 転スラのヴェルグリンドと皇帝ルドラの関係


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

スポンサーリンク

転スラのヴェルグリンドの正体や強さ

まずはヴェルグリンドの正体や強さ、攻撃力などについて解説していきます。

ヴェルグリンドは転スラの物語の中では「東の帝国」との戦いの中で登場します。ヴェルグリンドは東の帝国側のキャラなので、当初はリムル達と敵対することになります。

灼熱竜ヴェルグリンドは竜種の次女

ヴェルグリンドは「灼熱竜」の二つ名を持つ竜種の一体(次女)で、ヴェルザードの妹、ヴェルドラの姉です。

世界最強の種族・竜種である時点で身体能力、戦闘能力、攻撃力、耐久力、魔素量など、あらゆる能力が飛び抜けて高く、戦闘では無類の強さを発揮します。。

魔素量で言うとヴェルグリンドはヴェルザードやヴェルドラよりも少ないですが、あくまで竜種同士の比較なので、一般的に見ればヴェルグリンドの魔素量も十分常識外のレベルです。

ヴェルグリンドの強さの本質は「加速」

ヴェルグリンドの力の本質は「加速」であり、その速度は竜種の中でも最速です。

先述の通りヴェルグリンドの魔素量はヴェルザードやヴェルドラより少ないものの、魔素の制御に長けていることや竜種最速のスピードを活かし、少なくともヴェルドラにトラウマを残すぐらいの強さを持っています。


またヴェルグリンドの「加速」の能力は物理的なスピードや攻撃速度のみならず、時間の流れすらも加速することができます。

ヴェルザードの力の本質は「停止」であり、作中ではヴェルザードが止めた時間をヴェルグリンドの能力で強制的に再動させた場面もあります。

ヴェルグリンドの攻撃は回避も防御も不可能

ヴェルグリンドの竜種最速のスピードを生かした攻撃は基本的に回避不能で、さらに竜種の力を活かした圧倒的な破壊力で相手を一方的に粉砕します。

また後述する究極能力(アルティメットスキル)「救恤之王(ラグエル)」と、ヴェルグリンドの「加速」の能力を組み合わせると、ヴェルグリンドの必殺技「灼熱竜覇加速励起(カーディナルアクセラレーション)」を発動することができます。

この必殺技を食らった者は

  • 強制的に加速させられ続ける
  • 最終的に熱崩壊に至る

という運命をたどるため、回避不能であると同時に防御も不能という恐ろしい技です。


ちなみに作中ではリムルが「暴食之王(ベルゼビュート)」で「灼熱竜覇加速励起(カーディナルアクセラレーション)」のエネルギーを喰って隔離するという離れ業により無効化しました。

ヴェルグリンドの必殺技もリムルのチート能力の前では通用しませんでしたね。

スポンサーリンク

転スラのヴェルグリンドの究極能力(アルティメットスキル)の強さ

ここまでヴェルグリンドの正体や強さなどについて解説してきました。

竜種としての圧倒的な能力に加え、ヴェルグリンドは究極能力(アルティメットスキル)を保有しており、作中ではそのアルティメットスキルが更に凶悪な進化を遂げます。

まずはヴェルグリンドが最初に持っていたアルティメットスキルから見ていきましょう。

ヴェルグリンドの究極能力(アルティメットスキル):「救恤之王(ラグエル)」

ヴェルグリンドの究極能力(アルティメットスキル)は「救恤之王(ラグエル)」です。

「救恤之王(ラグエル)」の権能は下記のものが挙げられます。

  • 対象の運動量を増加させる
  • 対象のエネルギーを自在に操る


このアルティメットスキルをヴェルグリンド自身に適用することにより一時的に体力が上昇した状態にでき、ただでさえ竜種のヴェルグリンドの能力が更に底上げされます。

また先述のとおり、このアルティメットスキルとヴェルグリンドの能力を合わせることで、「灼熱竜覇加速励起」という回避不能かつ防御不能の必殺技を発動できます。

ヴェルグリンドの究極能力(アルティメットスキル):「炎神之王(クトゥグア)」

ヴェルグリンドの究極能力(アルティメットスキル)「救恤之王(ラグエル)」は作中で「炎神之王(クトゥグア)」に進化します。

「救恤之王(ラグエル)」の上位互換となるスキルで、下記の権能があります。

  • エネルギーを自在に操って効率良く運用
  • 時空を超えた攻撃が可能

特に後者の「時空を超えた攻撃」により、「並列存在」や「多重存在」などを使ってくる相手にもダメージが入ります。

これによりヴェルドラの「並列存在」も無視してダメージが入るため、ヴェルドラにとってのヴェルグリンドは引き続き逆らえないお姉さまとなりました笑


ちなみにこのアルティメットスキルに進化したのはリムル(もっと言うとシエル)による魔改造が原因です。

スポンサーリンク

転スラのヴェルグリンドの強さはヴェルドラ以上?

ここまでヴェルグリンドの強さや正体、究極能力(アルティメットスキル)について解説してきました。

実際のヴェルグリンドの作中での戦いからもその強さを考察していきましょう。

ヴェルドラが恐れるお姉様・ヴェルグリンド

ヴェルドラは「暴風竜」という異名を持つほど恐れられた存在ですが、ヴェルザードとヴェルグリンドには全く頭が上がりません。というかどうにかして会わないように避けまくっています笑

その大きな理由がヴェルザードとヴェルグリンドによる「お仕置き」で、少なくともヴェルドラが「無限牢獄」に封印される以前はヴェルザードもヴェルグリンドもヴェルドラにトラウマを残すほどの強さでした。


そして作中でヴェルドラも究極能力(アルティメットスキル)を獲得するなど、以前よりずっと強くなりましたが、ヴェルグリンドが先述の「炎神之王(クトゥグア)」を獲得したことで引き続きヴェルドラの地位は下のままです。

結局ヴェルドラにとってのヴェルグリンドは今後も怖いお姉さまのようです笑

ヴェルグリンドの強さは最終的にヴェルザードを止めるほど

転スラの作中ではヴェルグリンドの強さはヴェルザードの強さには及ばない描写があります。

ただ先述のとおりリムルの魔改造により得た「炎神之王(クトゥグア)」により、本来は遠く及ばない強さを持つヴェルザードをも止めることができています。

それでも総合力でヴェルザードが上でしょうが、ヴェルドラと同様にヴェルザードも以前よりも段違いに強くなりました。

スポンサーリンク

転スラのヴェルグリンドと皇帝ルドラの関係

ヴェルグリンドは東の帝国の皇帝ルドラと行動を共にしています。


元々のヴェルグリンドとルドラの出会いは、ルドラが勇者だった頃に北の大地でギィ・クリムゾンと幾度となく戦っていたのがきっかけです。

ギィ・クリムゾンの側にはこの頃からヴェルザードがいたため、ヴェルグリンドも何度か北の大地を訪れていました。

ただヴェルグリンドはギィ・クリムゾンとルドラの戦いには微塵も興味がなく、ヴェルドラの教育方針を巡ってたびたびヴェルザードとの姉妹喧嘩をルドラ達の横で始める始末です笑


そのうちギィ・クリムゾンとルドラは世界の覇権を賭けた壮大な賭け(ゲーム)を始めました。

  • 人間が一つにまとまって世界を統一すればルドラの勝ち
  • 魔王が世界を統治すればギィ・クリムゾンの勝ち

しかしこのゲームは成功率から考えて、人間側(ルドラ側)が圧倒的不利な内容で、ギィ・クリムゾンも内心「確率というにもおこがましい程の小さな成功率」と思っていました。

そんな状況を見ていたヴェルグリンドはルドラに協力し始めます。


ルドラはヴェルグリンドの能力を使って転生を繰り返し、争いの無い世界を実現しようとしていましたが、そのたびに人間は争いや戦争を繰り返しました。

やがて転生するたびにルドラは勇者の力を失ってしまい、更にはルドラの心が蝕まれ、かつての理想主義からかけ離れた冷酷な皇帝となっていきます。


その後もヴェルグリンドはルドラの側近として側に仕えています。

スポンサーリンク

「転スラのヴェルグリンドの強さやアルティメットスキル!ルドラとの関係も解説」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルグリンドの強さや究極能力(アルティメットスキル)、ヴェルドラやヴェルザード、皇帝ルドラとの関係について解説しました。


種族が竜種である時点でヴェルグリンドの強さは推し量れるところですが、あのヴェルドラが怖がっていることからもその恐ろしさがわかります。

とりあえずヴェルドラは姉2人に一生頭が上がらなそうですね笑


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント