転スラのヴェルザードの強さやアルティメットスキルは?ギィとの関係も解説!

転スラのヴェルザードの強さやアルティメットスキルは?ギィとの関係も解説!
提供:pixaboy

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルザードの正体や強さ、究極能力(アルティメットスキル)の詳細、ギィ・クリムゾンやヴェルドラとの関係について解説します。


ヴェルザードは普段ギィ・クリムゾンの側にいる竜種のうちの一体で、世界最強の種族であるが故に作中でも最強クラスの強さです。

そもそもの戦闘能力に加えて、ヴェルザードが持つ能力があまりに強すぎるために敵に回すととんでもないことになります。


まずはヴェルザードの正体や強さについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 転スラのヴェルザードの正体や強さ
  • 転スラのヴェルザードの究極能力の強さ
  • 転スラのヴェルザードとヴェルドラの比較


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

スポンサーリンク

転スラのヴェルザードの正体や強さ、能力を解説!

ヴェルザードの強さは転スラの序盤では見れませんが、種族やあのヴェルドラが怖がっているエピソードなどからとんでもない強さであることは明らかです。

まずは転スラのヴェルザードの種族や強さについて詳しく見ていきましょう。

ヴェルザードの正体と強さ:世界最強の種族・竜種

ヴェルザードは世界最強の種族である「竜種」です。

竜種は転スラの世界でも4体しかおらず、ヴェルザードの他にはヴェルダナーヴァ、ヴェルグリンド、ヴェルドラの3体がいますが、全員常識外の強さを持っています。


ちなみに竜種はたとえ殺されたとしてもまたどこかで復活するため、基本的には不死と言える存在です。

ただしそもそも竜種を倒せるような者は世界でも極々一握りで、そんな戦闘が起こったら天災レベルの余波が発生してしまいます。


ヴェルドラや他の竜種の兄弟についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

ヴェルザードの正体と強さ:魔素量はヴェルダナーヴァに次ぐほど莫大

竜種である時点でそもそもあらゆる能力、魔素量が桁外れですが、ヴェルザードはその中においても魔素量が莫大で、ヴェルダナーヴァに次ぐほどの量を誇ります。

魔素量はあくまで強さの要素の一つですが、複雑な能力や強力な技などを使う際には魔素が不可欠なので、魔素量が多いほど数も撃てる上に出力も半端じゃないものになります。


ヴェルザードは莫大な魔素量があるからこそ、後述する「世界の時間を止める」といった意味不明な特殊能力を行使できてしまいます。

ヴェルザードの正体と強さ:世界の時間を止める

ヴェルザードは「白氷竜(はくひょうりゅう)」の二つ名で知られており、その力の本質は「停止」です。

氷を司る竜種であるヴェルザードは存在しているだけで周囲の天候や気温が変わり、吹雪が吹き荒れる環境にしてしまうほどの影響力を持っています。


更には氷の能力のみならず、「世界の時間を止める」という常識外れの芸当までやってのけます。

ジョジョの奇妙な冒険で言うディオみたいな能力ですが、ヴェルザードの場合は秒単位ではなく分単位で時間を止めるチートっぷりです。

ヴェルザードは停止した時間の中でも動けるため、時間に干渉できる者以外はヴェルザードに何もできずに一方的にボコられて終わります。


ちなみにヴェルザードの妹・ヴェルグリンドの力の本質は「加速」であるため、ヴェルザードが停止させた時間を再び動かすことができます。

ヴェルザードの正体と強さ:ギィ・クリムゾンの側にいる

ヴェルザードはギィ・クリムゾンに恋心を抱いており、普段は常にギィ・クリムゾンの側にいます

ちなみにギィ・クリムゾンがいる北の大地が常に氷で包まれた極寒の地なのはヴェルザードが存在しているのが原因です。


そもそもギィ・クリムゾンは「原初の赤(ルージュ)」という異名を持った「原初の悪魔」で、気に入らなければ召喚主をも殺す冷酷さを持っています。

故にギィ・クリムゾンの側にいることを許されている者は全員只者ではありません。


ギィ・クリムゾン自身も魔王トップクラスの強さなので、ヴェルザードがいることで結果的に魔王の中でもギィ・クリムゾン陣営が半端じゃなく強くなっています。

スポンサーリンク

転スラのヴェルザードの究極能力(アルティメットスキル)の強さ

ここまでヴェルザードの正体や強さなどについて解説してきました。

ヴェルザードは竜種である時点で世界最強レベルの強さなのですが、彼女の持つ究極能力(アルティメットスキル)の権能もエゲツない性能です。

まずは「嫉妬之王(レヴィアタン)」から見ていきましょう。

ヴェルザードの究極能力(アルティメットスキル):「嫉妬之王(レヴィアタン)」

ヴェルザードの究極能力(アルティメットスキル)の一つが「嫉妬之王(レヴィアタン)」です。


実はヴェルザードはもの凄く嫉妬深いため、愛するギィ・クリムゾンが自分以外の者と楽しそうにしているとメチャクチャ嫉妬します。

作中でギィ・クリムゾンとクロエが対等に斬り結んでいた際、クロエの強さにギィ・クリムゾンが楽しそうにしているのを見たヴェルザードが嫉妬心を爆発させ、このアルティメットスキルに目覚めました。


このアルティメットスキルは

  • 対象の能力を劣化させる
  • 劣化させた分のエネルギーを吸収

という権能があり、これにより敵の力を自分以下の力に低下させるため、発動さえしてしまえばほぼ勝ちが確定してしまいます。

ヴェルザードの究極能力(アルティメットスキル):「忍耐之王(ガブリエル)」

ヴェルザードのもう一つの究極能力(アルティメットスキル)が「忍耐之王(ガブリエル)」です。

このアルティメットスキルは防御型の権能を持っており、大気中の水分を凝固させて「大気獄壁」という鉄壁の氷壁を作り出します。

内容だけを聞くとシンプルなアルティメットスキルですが、常識的な力では絶対に破壊不可能な堅牢さを誇ります。

ヴェルザードの究極能力(アルティメットスキル):「氷神之王(クトゥルフ)」

ヴェルザードは最終的に「嫉妬之王(レヴィアタン)」と「忍耐之王(ガブリエル)」を統合&改変し、究極能力(アルティメットスキル)「氷神之王(クトゥルフ)」を獲得します。

このアルティメットスキルは「嫉妬之王(レヴィアタン)」と「忍耐之王(ガブリエル)」のいいとこ取りで、2つ分のアルティメットスキルを同時発動できることと同義です。


またヴェルザードは「氷神之王(クトゥルフ)」習得と同時に精神支配などへの完全耐性も獲得しました。

スポンサーリンク

転スラのヴェルザードの強さはヴェルドラ以上?

ここまでヴェルザードの強さや究極能力(アルティメットスキル)の強大さなどについて解説していきました。

ヴェルザードの強さについては弟であるヴェルドラの様子を見ているだけでも推し量れるものがあります。

ここではヴェルザードとヴェルドラの関係などについて詳しく見ていきましょう。

ヴェルザードはかつてヴェルドラにお仕置きしていた

ヴェルドラは竜種の中の末っ子で、クロノアに「無限牢獄」で封印されるまでとにかく好き勝手に暴れまわっていました。

この末っ子全開のヴェルドラに対しては姉であるヴェルザードがよく「お仕置き」をしており、あのヴェルドラの強さをもってしてもヴェルザードには全く手も足も出ませんでした。


ヴェルザードの強さを考えると、その「お仕置き」だけでも国が一つ消し飛びそうですね笑

ヴェルドラが心底怯える恐怖の姉・ヴェルザード

ヴェルドラは過去に受けたヴェルザードからの「お仕置き」により恐怖心を植え付けられ、ヴェルザードに対してはもはやトラウマレベルの畏怖を抱いています。

作中ではヴェルザードがヴェルドラの気配をちょっと探っただけでヴェルドラが「ゾクッ」としており、物理的距離に関係なく恐怖が蘇るようです笑

また漫画17巻の第77話で、ラミリスがヴェルドラに対して「ギィとは戦ったことないの?」とと聞くとヴェルドラは「あんな何もない所には行く必要はない」と誤魔化していました。

これは「ギィが強すぎるから勝負を避けた」のではなく、「ギィの側にはヴェルザードがいるから避けていた」のが真相です。


暴風竜」と呼ばれて人々から恐れられたヴェルドラがこの調子なので、どんだけ怖い姉なのかが分かりますね笑

スポンサーリンク

「転スラのヴェルザードの強さやアルティメットスキルは?ギィとの関係も解説!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルザードの正体や強さ、究極能力(アルティメットスキル)の詳細、ギィ・クリムゾンやヴェルドラとの関係について解説しました。


転スラには魔王をはじめとする常識はずれの強さを持つキャラが何人も登場しますが、ヴェルザードの強さはその中でも際立っています。

今後はせめてヴェルドラがヴェルザードと言葉を交わせるぐらいにトラウマを克服できるといいですね笑


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント