転スラのクレイマンが死亡?最後のシーンや中庸道化連との関係

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のクレイマンの死亡シーンや死亡理由、黒幕の招待や中庸道化連との関係などについて解説します。


転スラのクレイマンは魔王の一人として登場しており、色々と悪企みするキャラとして暗躍します。

その矛先は最終的にリムルにも向いてきますが、特に覚醒魔王に進化した後のリムルはクレイマンより桁外れに強く、最後はクレイマンは死亡します。


まずはクレイマンの登場から死亡するまでの経緯について解説します。

この記事で分かること
  • 転スラのクレイマンが死亡するまでの経緯
  • 黒幕の正体
  • 転スラのクレイマンと中庸道化連との関係


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラの死亡キャラ一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのクレイマンが死亡するまでの経緯

まずはクレイマンの登場シーンから死亡するまでの経緯について解説します。

クレイマンは転スラの序盤から様々な悪巧みをしており、結果的にリムルにとっても様々な面倒事や厄災が降りかかっています。

それもあってリムルとクレイマンは物語の途中から明確に敵対関係となります。

クレイマンが死亡するまで:オークロードの企みが始まり

クレイマンが転スラの物語に登場し始めたのはオークロード騒動からです。

クレイマンはゲルミュッドという配下を使って当時のオークの王であるゲルドを豚頭帝(オークロード)に進化させて、それをきっかけに新しい魔王を擁立すると同時にその力を手に入れようとしていました。


この計画によりオークの大軍(約20万)がジュラの大森林を跋扈し、ベニマル達の故郷の里が滅ぼされるなどの大混乱が起きています。

最終的にオークロードはゲルミュッドをも喰らって「豚頭魔王(オークディザスター)」に進化し、魔王クラスの力を得てしまいましたが、リムルによって捕食されて事態は収拾しました。

クレイマンが死亡するまで:フレイに恩を売って懐柔

オークロードによる魔王擁立の計画が頓挫したものの、クレイマンの悪巧みはまだまだ続きます。

クレイマンはフレイが何か悩みを持っていることを目ざとく気づいており、その悩みとは「カリュブディスの復活」でした。


有翼族(ハーピィ)の長であるフレイにとってはカリュブディスの存在は天敵であり、手に余る相手でした。

そこに気付いたクレイマンはフットマンとティアを使い、カリオンの配下であるフォビオにカリュブディスを憑依させるように仕向けました。

ここは敵ながらクレイマンの見事な采配で、

・フォビオはミリムにボコされたことで恨みを持っていた
・フットマンとティアがフォビオを「強くなれる方法がある」と煽る
・フォビオの体をカリュブディスの依り代にする
・フォビオの本能が残ったカリュブディスがミリムの元に向かう
ミリムがカリュブディスを始末

こうすることでカリュブディスを葬り、クレイマンがフレイに恩を売ることができました。

これ以降、フレイは実質的なクレイマンの配下のように使われることになります。

クレイマンが死亡するまで:ミリムを操る

さらにクレイマンの悪巧みは止まらず、今度はミリムを操ってその圧倒的な力を支配下に置き、生贄となる魂を集めて覚醒魔王に進化することを目論見ます。


ただしミリムはクレイマンの支配下にある「フリ」をしていただけで、ミリムはクレイマンのバックにいる黒幕をあぶり出すために演技をしていました。

そんなことは露知らず、クレイマンはミリムという最強の戦力を手に入れたつもりでいました。

クレイマンが死亡するまで:ワルプルギスでシオンにボコされる

ワルプルギスでクレイマンはリムルを潰すためにインチキ話をでっち上げ、他の魔王達の力も借りようとします。

しかしギィ・クリムゾンの一声もあってそのヘタレ作戦は通じず、その場でリムル陣営とクレイマン陣営の戦闘で雌雄を決することになりました。


この時点ではまだミリムが操られているフリをしていたため、ミリムの相手をリムルが務め、クレイマンの相手はシオンが務めています

流石のシオンでも魔王が相手では手に余るかと思いきや、先制攻撃でタコ殴りにボコした後も大太刀「剛力丸」で完全にクレイマンを圧倒し、むしろクレイマンの三下っぷりが露呈する戦いとなりました。

クレイマンが死亡するまで:ワルプルギスでリムルとの決戦で迎えた最後

クレイマンの配下は全員リムルの配下によって撃破され、ミリムの相手は突然現れたヴェルドラがイレギュラーで務め、いよいよクレイマンが追い詰められます。

そしてクレイマンは「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」としての本当の姿を見せ、死亡フラグを立てまくりながらリムルとの一騎打ちとなりました。


この状態のクレイマンはシオンと戦っていた時よりは強くなっていたものの、結局リムルにとっては敵ではなく圧倒されます。

そしてクレイマンの奥の手として、宝珠に込めた死者の魂を使って覚醒魔王に進化しようとしましたが「智慧之王(ラファエル)」に完全に先読みされてそれすらも叶いませんでした。


最後はリムルの「暴食之王(ベルゼビュート)」によって魂ごと喰われて死亡します。

クレイマンはただ死亡しただけなら、魂をどこかに逃して転生することもできましたが、ベルゼビュートは魂ごと食うためにクレイマンは転生もできず、完全に死亡しました。

スポンサーリンク

転スラのクレイマンの死亡により黒幕が判明!中庸道化連との関係は?

転スラのクレイマンは死亡する直前にリムル(とシオン)の尋問により、背後にいる黒幕について白状しました。これによりその場にいた魔王達もその黒幕を知ることとなります。

ここではクレイマンを操っていた黒幕、さらにその後ろにいる存在について解説します。

クレイマンの死亡で呪術王カザリームの存在が明らかに

クレイマンはワルプルギスでのリムルとの戦闘で完全敗北し、背後にいる黒幕である「呪術王(カースロード)・カザリーム」の名前を白状しました。

カザリームはかつての魔王でしたが、200年前にレオン・クロムウェルによって倒されて死亡します。


しかしその当時、カザリームは魂まで完全に死亡したわけではなく、星幽体(アストラルボディー)をエルフのホムンクルス「カガリ」に憑依させることで復活しました。

ちなみにこのカガリはユウキ・カグラザカの側近で、リムルがイングラシアを訪れた時も面識があります。


カザリームにとってはクレイマンは捨て駒実験台に等しい存在であり、覚醒魔王になる条件を探るために色々と動かしていました。

さらにカザリームの背後にはユウキ・カグラザカがおり、ユウキこそが真の黒幕です。


カザリームの正体についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

本当の黒幕はユウキ・カグラザカ

ユウキ・カグラザカは表向きは自由組合総帥という立場で、リムルがイングラシアに赴いた際に面識があります。

この時はまさか物語の黒幕だとは思えないキャラでしたが、転スラのストーリーが進むにつれて正体が露わになっていきます。


ユウキはヒナタとリムルの戦闘を仕組んだり、ファルムス王国に情報を流してテンペストと交戦を促すなど色々と暗躍しています。


その最終目的は「世界を滅ぼすこと」ですが、真に恐ろしいのはその理由が特に無いことです。

ユウキにとってはそれはゲームに等しく、計画通りに進むかどうかを楽しんでいる節すらあります。


ユウキの存在に比べればクレイマンなんて本当に取るに足らないキャラですね笑

スポンサーリンク

「転スラのクレイマンが死亡?最後のシーンや中庸道化連との関係」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のクレイマンの死亡シーンや死亡理由、黒幕の招待や中庸道化連との関係などについて解説しました。


クレイマンは転スラの物語において長らく敵役として暗躍していましたが、最後はシオンに思う存分ボコされた上にリムルに捕食されるというスッキリした死亡シーンでした笑

しかしその実はカザリームやユウキ・カグラザカの捨て駒だったと考えると割とかわいそうなキャラクターでしたね。


転スラの死亡キャラ一覧やカザリームの正体についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント