東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!ブラフマンの集会!

この記事では東京リベンジャーズの第218話のネタバレ最新情報についてお話します。


東京リベンジャーズの物語は最終章に入り、関東卍會(かんとうまんじかい)、梵(ブラフマン)、六波羅単代(ろくはらたんだい)の「三天」が東京を三分しています。

またタケミチがタイムリープのみならず「未来視」の体験をするなど、謎も増えています。


第218話ではどんな展開になるのでしょうか。


東京リベンジャーズの第218話以外のネタバレ解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!梵(ブラフマン)が裏組織に手を貸していた!?

第218話では7月7日の七夕の日、いきなりどこかの事務所の場面から始まります。

事務所には見慣れないおっさんが瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)と明石武臣(あかしたけおみ)に何かをお願いしており、

  • とある団体が暴力団を使って我々の事業に横槍を入れてきた
  • このままだと自分の家族まで巻き込まれる
  • お力添えをいただきたい

というお願いをしています。そんなおっさんに対し、瓦城千咒はテーブルに足を乗っけて「ふんっ。しょーがねぇな」という感じで聞いていました。


ちなみにこのおっさんの話を聞いた瓦城千咒はブチギレており、「一般人が売春斡旋なんか手ぇ出す足元をすくわれるんだ」と凄んでいます。

このやり取りからも、梵(ブラフマン)が裏世界の団体やグループに力を貸していることが分かりますね。

イヌピーがかつて「ブラフマンはヤクザに近い大人の愚連隊」と話していたことからも、こうした裏の繋がりから金が動いていたようです。
→ブラフマンの詳細やメンバーを見る


ちなみにブラフマンと同様のやり方で稼いでいたのが柴大寿(しばたいじゅ)が率いていた黒龍(ブラックドラゴン)で、黒龍もココの指揮の元、「暴力」を売っていました

やはりこういった組織が運営資金を得るのは裏社会との繋がりが大きいようです。
→黒龍の詳細やメンバーを見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!ブラフマンの集会場は闘技場!?

第218話では梵(ブラフマン)の集会場にタケミチが訪れます。

外から見ると普通のビルでしたが、地下に降っていくとそこには闘技場のような大広間があり、ブラフマンのメンバーが取り囲んで熱狂しているという異常な光景を目にします。

これは梵(ブラフマン)主催の「B-1」と呼ばれる地下格闘技で、そこでは2人の男がグローブもヘッドギアもなしの素手で戦っていました。

この試合は金持ち連中がモニター越しに観戦して金を賭けており、ブラフマンは「B-1」を生業にしてより強い精鋭部隊を作り上げる、という仕組みになっています。

金も稼ぎつつ兵隊も強くするという極めて効率の良いやり方で、恐らくこういったことを思いつくのは明石武臣でしょう。
→明石武臣の正体や詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!ブラフマンの集会が始まる!

そして瓦城千咒の一声で地下格闘技が中断され、観戦していたメンバーは一斉に「千咒(せんじゅ)」のコールを叫びます。

まるでかつての東京卍會の総長・マイキーに酔いしれるメンバーのようですね。

この時の瓦城千咒は第216話で洋服店をはしゃぎながらハシゴしたり、チョコミントのアイスに喜んでいた女子高生ではなく、ブラフマンの首領としての威厳と共に現れています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!タケミチの入隊式!

そしてブラフマンの集会の最初の話は「花垣武道の入隊」です。

瓦城千咒の口からタケミチについて、

  • 83抗争、血のハロウィン、聖夜決戦、関東事変の中心人物
  • 元東京卍會の伝説の壱番隊隊長
  • 黒龍の最後の継承者

と紹介し、会場は大いに沸き上がりました。確かにこうして改めて経歴を見ると、タケミチがとんでもない道を歩んできたことが分かりますね・・

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!7月14日についに「三天戦争」!!

そして第218話の最大の注目シーンは、瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)がメンバー全員に向かって

7月14日
我らブラフマンは
関東卍會と六波羅単代を同時にたたく!!
三天戦争を始めるぞ!!

と宣言しました。
→「三天戦争」とは?


ブラフマンは確かに巨大な組織ですが、一つ一つ潰すのではなく「関東卍會と六波羅単代を同時に潰す」というのはあまり上手いやり方とは思えません。

この真正面からぶつかる感じは瓦城千咒っぽい考えで、逆に明石武臣っぽくはないやり方です。

むしろ明石武臣ならもっと上手いやり方、確実な方法を取りそうですが、この作戦を黙認しているということは何か別の狙いがあるのかもしれませんね。

→関東卍會の詳細やメンバー構成を見る

→六波羅単代の詳細やメンバー一覧を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!タケミチと瓦城千咒がデート!

ブラフマンの集会が終わり、第218話の最後ではタケミチは自宅に戻ります。

そして集会での凛々しく雄々しい瓦城千咒のことを思い出していると、突然タケミチの部屋の窓に小石がぶつかる音がしました。

窓の外を見るとそこには瓦城千咒が一人で来ており、単純明快に「デートいこうぜ!」とタケミチを誘います。


三天戦争」を次の週に控えた瓦城千咒がタケミチに何を語るのか、次話が気になる終わり方でしたね。

とりあえずタケミチと瓦城千咒のデート中にヒナに見つからないといいですが笑

→瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の正体や詳細を見る

→瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の可愛いシーン一覧を見る

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの第218話ネタバレ!ブラフマンの集会!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの第218話のネタバレ最新情報についてお話しました。


梵天(ブラフマン)の組織のデカさや生業のヤバさ、瓦城千咒のカリスマ性が分かる回でしたね。

第219話ではタケミチと瓦城千咒のデートの様子が描かれるのが楽しみです☆


東京リベンジャーズの第218話以外のネタバレ解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話


東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました