東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスの過去とは?

この記事では東京リベンジャーズの第227話のネタバレ最新話最新情報についてお話します。


第226話では六波羅単代と関東卍會の激突の様子が描かれ、三途春千夜と灰谷兄弟の戦いも予感させる描写がありました。

そして荒師慶三と今牛若狭の過去も語られ、かつての最強コンビが六波羅単代の総代・寺野サウスに挑みます。


第227話ではどんな展開になるのでしょうか。


東京リベンジャーズの第227話以外のネタバレ最新話解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスの過去!実はブラジル生まれ!

第225話の最後では荒師慶三と今牛若狭が寺野サウスに相対し、梵(ブラフマン)と六波羅単代の最高戦力同士がぶつかり合おうとしていました。
→東京リベンジャーズの第226話ネタバレを見る

一方で第227話では寺野サウスの過去が初めて描かれます。なんと寺野サウスは日本生まれではなく、ブラジル・リオの貧民街(ファベーラ)で生まれ育ちました。


寺野サウスの母親は病弱で、サウスは普段から音調の外れたピアノをいじる毎日だったようです。

サウスが作中で「ヴィーヴォ」などの音楽用語を叫ぶのはこの育ち所以だったんですね。


そして当時、寺野サウスの母親を気にかけていた「ディノ」という男がサウスに「スラム街で生きる術」を教えたのです。

ブラジルのスラム街と言えば極悪の治安であり、何と寺野サウスはディノの教えで5歳の時に人を殺しています
→寺野サウスの強さを見る

実はディノはその街のギャングスターであり、初仕事を遂げた「寺野南」に「サウス」と名付けたのもディノでした。

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスがギャングスターに!!

第227話では成長した寺野サウスの姿が描かれ、サウスが12歳の時にディノを殴り殺します

12歳とは言っても、サウスは既に大人以上のデカいガタイをしており、ギャングスターであるディノを撲殺するほどの強さでした。


そして寺野サウスは12歳にして街のギャングスターとなり、「ディノ・サウス」というギャングチームのボスとなります。

腰には銃を携え、ヤバい連中を引き連れて歩く姿はとても12歳には見えないですね。

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスが襲撃され、日本に移住!

第227話では14歳の時の寺野サウスの様子が描かれています。

ギャングスターとなった寺野サウスは敵も多く、ある日敵対するチームが寺野サウスの自宅を襲撃しました。

これにより寺野サウスの母親が死亡し、寺野サウス自身も銃弾を受けて重傷を負います。

日本に住んでいたら確実に経験しないような壮絶な人生を送っていますね・・・


その後、寺野サウスは日本に住んでいる祖父母の元に移住し、ここで寺野サウスが日本に上陸したのでした。

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスが元天竺組を無双!

第227話では2006年2月24日の少年鑑別所に場面が変わります。

この時期はちょうど「関東事変」が終わり、元天竺の灰谷蘭、灰谷竜胆、望月莞爾、武藤泰宏、斑目獅音が収監されてきました。
→「天竺」のメンバー一覧を見る

そして寺野サウスは彼らの様子を見ながら、腰巾着っぽい男が話しかけています。

  • 「関東事変」の立役者がアイツら
  • 六本木の灰谷兄弟
  • 9代目黒龍総長の斑目獅音
  • 元東京卍會の武藤泰宏
  • 川崎の望月莞爾
  • 全員が関東の顔役

これを聞いた寺野サウスは「じゃあアイツらぶっ殺せば俺が関東一だな」と言い放ち、有限実行で5人まとめてボコボコにしたのでした。

ただの5人ではなく、天竺の四天王関東卍會の隊長クラスをまとめて、なのでいかに寺野サウスが化物かが分かりますね。

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスの語る「時代」

寺野サウスがここで口にしていた「日本でも俺の「時代」を創ってみるか!?」という言葉、これがかつてマイキーが掲げていた「不良の時代を創る」を彷彿とさせるセリフでした。

第211話ではドラケンが「俺は引退した」と口にした際に寺野サウスがブチ切れながらドラケンを殴打し、その時に寺野サウスはマイキーが口にしていた「不良の時代を創る」という思想を引き合いにだしています。

寺野サウスにとって「時代を創る」というのは、ブラジルでの荒んだ生活から来たものだったんですね。

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野南(てらのサウス)が六波羅単代を設立!

そして寺野サウス、灰谷蘭、灰谷竜胆、望月莞爾、斑目獅音が出所し、寺野サウスが総長を務める「六波羅単代(ろくはらたんだい)」が設立されました。

さらに寺野サウスは「天竺最強だった鶴蝶を六波羅単代に入れたい」と灰谷蘭に言いますが、灰谷蘭は「鶴蝶は黒川イザナ以外には従わない」と進言しています。

しかし寺野サウスは「心配すんな!オレぁ交渉上手だからよぉ」と言って、拳で鶴蝶を従わせたのでした。どこが交渉なのやら笑

こうして現在の「六波羅単代」の幹部達が揃いました。

  • 総代 :寺野サウス
  • 首席 :鶴蝶
  • 第弐席:灰谷蘭
  • 第参席:灰谷竜胆
  • 第肆席:望月莞爾
  • 第伍席:斑目獅音

→六波羅単代のメンバー一覧を見る

東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!「無双のサウス」!

第227話の最後では「三天戦争」に場面が戻り、寺野サウス vs 荒師慶三&今牛若狭の戦いが描かれています。

かつて「日本最強の2人」と呼ばれていた荒師慶三と今牛若狭が束になってかかるも完全に劣勢で、寺野サウスは全くの無傷でした。

これだけの化物が相手だとマイキーですら勝てるのかどうか分からないですね・・

そしてその様子を遠目に見ていた鶴蝶は、「アイツらがいくら強かろうが寺野サウスには勝てない」「暴力に愛された男」と評しています。


次回では六波羅単代ナンバー1の寺野サウスと、かつての関東を二分していた最強コンビのどちらに軍配が上がるのか注目ですね。
→ワカこと今牛若狭の強さや登場シーンを見る

→ベンケイこと荒師慶三の強さなどを見る

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの第227話ネタバレ最新話!寺野サウスの過去とは?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの第227話のネタバレ最新話最新情報についてお話しました。


今回は寺野サウスの衝撃の過去が語られました。まさかブラジル育ちだったとは驚きでしたね。

第228話では寺野サウスと荒師慶三&今牛若狭の戦いの決着がつきそうです。


東京リベンジャーズの第227話以外のネタバレ最新話解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話


東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました