東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!最終章が開幕!

東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!マイキーの黒い衝動を探る?

この記事では東京リベンジャーズの第207話のネタバレ最新情報についてお話します。


第206話は番外編で、武藤泰宏(ムーチョ)と三途春千代(さんずはるちよ)のエピソードが語られました。

そして第207話からは新編がスタートとなります。マイキーの手を握ったことがトリガーとなり、再びタイムリープをしたタケミチの動向に注目ですね。


東京リベンジャーズの第207話以外のネタバレ解説についてはこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】解説・ネタバレ情報

23巻
第206話
24巻
第207話 第208話 第209話 第210話 第211話
第212話 第213話 第214話 第215話

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!タケミチは10年前の2008年にタイムリープ!

第207話からは遂に新章のスタートで、第204話でマイキーの手を握ったことでタイムリープが発動し、タケミチは10年前の2008年にタイムリープしました。

この時代ではタケミチは高校生になっており、アッくん、タクヤ、マコト、山岸のいつもの4人も同じ高校に通っています。


タケミチ自身も久々のタイムリープだった上に、まさかマイキーの手がトリガーとなって発動するとは思っていなかったので大混乱していますね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!タケミチと柴八戒、松野千冬が同じ高校!

第207話の最初のサプライズです。突然黒髪のロン毛男がタケミチに絡み始め、見た目からは「誰だオマエ」という感じですが、口元の傷がヒントです。

実はこの男は柴八戒(しばはっかい)で、東京卍會にいたころは坊主でしたが今ではすっかり髪が伸びています。

柴八戒を始めとするタケミチとタメの元東京卍會のメンバーがこの高校には結構集まっていることが判明します。

そしてタケミチが廊下をドタバタ走りながら社会科準備室に入ると、そこには高校生になった千冬もいました。

ここでタケミチは早速千冬に

  • 未来(現在)のマイキーと握手した
  • そしたらタイムリープしちゃった

とバラします。


最終章でも千冬がタケミチの相棒として活躍しそうですね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!「関東卍會(かんとうまんじかい)」が発足!

ここで場面が切り替わり、第207話の暗部が早速描かれます。

九井一(ここのいはじめ)と三途春千夜(さんずはるちよ)が抗争中のところが描かれ、その肩書きが

関東卍會(かんとうまんじかい)

という、東京卍會(トーマン)を彷彿とさせるチーム名となっています。


そしてその眼下では数十人の族をたった一人で無双している男がおり、その男はもちろんマイキーです。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!マイキーがタケミチの来訪を感じ取る!

第207話にして早速現れたマイキーは、「来たか。タケミっち」と呟いており、タケミチがタイムリープしてきたことを感じ取ったようです。


自身の右手を見ながらこのセリフを呟いていることから、未来(現在)でタケミチがマイキーの右手を握ったことでタイムリープしたことと関係がありそうです。

そもそも「手を握ることがトリガーとなってタイムリープ」という現象自体が一体何なのか、東京リベンジャーズの最終章で明らかになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの第207話ネタバレ!最終章が開幕!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの第207話のネタバレ最新情報についてお話しました。


いよいよ新編開始ということで、しかもこれが「最終章」であることも明らかになりました。「最終」と聞くと終わってほしくない気持ちが強くなりますね・・

第207話以降も東京卍リベンジャーズの展開から目が離せません☆


東京リベンジャーズの第207話以外のネタバレ解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】解説・ネタバレ情報

23巻
第206話
24巻
第207話 第208話 第209話 第210話 第211話
第212話 第213話 第214話 第215話

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント