東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)とは?梵天(ぼんてん)との関係は?

東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)とは?梵天(ぼんてん)との関係は?

この記事では東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)というチームの詳細や梵天(ぼんてん)との関係などについて解説します。


関東卍會(かんとうまんじかい)というチームは漫画24巻の第207話で初めて出てきたチーム名で、タケミチが10年前(2008年)にタイムリープした先の世界にあるチームです。

東京リベンジャーズの物語の中心にあった東京卍會(とうきょうまんじかい:トーマン)と近い名称で、その総長がマイキーであることからただならぬ関係と意味がありそうです。

この記事で分かること
  • 関東卍會(かんとうまんじかい)の解説
  • 関東卍會(かんとうまんじかい)とトーマンの関係


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)とは?

関東卍會(かんとうまんじかい)は第207話で初登場したチームです。

隊員は白い特攻服に身を包んでおり、第207話時点でのメンバーは

  • 佐野万次郎(マイキー)
  • 三途春千代
  • 九井一

の3人です。


第207話の時間軸では、「関東事変」が終わって東京卍會が解散になってから2年以上経った世界です。

東京卍會を解散したマイキーがわざわざ新しくチームを立ち上げたことになり、創設の経緯が気になるところです。


ちなみにマイキーは相変わらず絶対無敵の強さを誇っており、数十人のチームを一人で無双している様子も描かれています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)と「梵天(ぼんてん)」との関係は?

そもそも関東卍會(かんとうまんじかい)のメンバーの顔ぶれを見るからに、このチームは未来の「梵天(ぼんてん)」であることは明白です。

梵天のメンバーは下記のとおりで、関東卍會のメンバーも一部かぶっています。

  • 佐野万次郎(マイキー)
  • 三途春千夜
  • 鶴蝶
  • 望月莞爾
  • 灰谷蘭
  • 灰谷竜胆
  • 九井一
  • 明司武臣

この梵天のメンバーについては「六波羅単代(ろくはらたんだい)」と「梵(ブラフマン)」に所属しているメンバーも入り混じった構成で、「関東卍會」も含めた3チームが合併することで梵天が創設されたようです。

梵天がどのように生まれたのかについては今後も注目ですね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)とは?トーマンとの関係は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)というチームの詳細や梵天(ぼんてん)との関係などについて解説しました。


東京リベンジャーズの最終章にしてマイキーが新たに創設したチームである「関東卍會」は、タケミチが立ち向かう最後の相手となりそうです。

今後このチームがどう大きくなっていくのかに注目です。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント