東京リベンジャーズのココがイヌピーにキスした理由は?イヌココの噂の真相

この記事では東京リベンジャーズのココこと九井一(ここのいはじめ)がイヌピーこと乾青宗(いぬいせいしゅう)にキスした描写について、その理由や背景を解説します。


ココとイヌピーは柴大寿率いる黒龍(ブラックドラゴン)との戦いから登場していますが、作中で2人の関係が単なるチーム仲間ではないことが描かれています。

今回はまさかのココがイヌピーにキスするという衝撃のシーンについて、その理由や背景を詳しく見ていきます。

この記事で分かること
  • ココがイヌピーにキスした理由
  • ココのイヌピーの姉・赤音への思い


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのココ(九井一)がイヌピー(乾青宗)にキス!

漫画18巻の第157話では過去のココこと九井一と、イヌピーこと乾青宗の様子が描かれており、そこで寝ているイヌピーにココが突然キスをするという衝撃のシーンがあります。

東京リベンジャーズが突然方針転換したのか?」と思うような場面で、特に連載当時はココがキスしたところで第157話が終わったため、ファンの間では軽くパニックが起きていました笑


もちろん東京リベンジャーズの作風が突然転換したわけではなく、ココがイヌピーにキスをしたのは理由があります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのココ(九井一)がイヌピー(乾青宗)にキスした理由

ココがイヌピーにキスした直後、ココは泣き崩れながら「赤音(あかね)さん」と口にしていました。


赤音(あかね)はイヌピーの姉で、本名は乾赤音です。ココは昔、赤音のことが好きだったことと、イヌピー顔立ちが赤音に似ていたことから思わずキスをしたのが真相です。

決してココがイヌピーにアブノーマルな感情を抱いていたわけではなく、過去の辛い経験が背景にあっての行動でした。

ココの過去については後ほど詳しく解説します。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのココ(九井一)はイヌピー(乾青宗)ではなく赤音が好きだった

先述のとおりココがイヌピーにキスをした理由はアブノーマルなアレではなく、イヌピーの姉・赤音のことが好きだったがための行動でした。

ここではココが赤音を好きだったエピソードや、その赤音が今どうしているのかについて解説します。

ココ(九井一)はイヌピー(乾青宗)の姉・赤音(あかね)が好きだった

漫画18巻の第158話ではココとイヌピーが小学生だった頃のエピソードが描かれています。

この時はココ、イヌピー、赤音の3人で仲良くしている様子が分かり、また明らかにココは赤音のことが好きであることがわかります。


ちなみに赤音はココ達より5歳歳上なので、この時点で中学生~高校生です。

ココ(九井一)がイヌピー(乾青宗)の姉・赤音(あかね)にキス未遂

ココと赤音は図書館に行き、興味がないイヌピーは先に帰宅しました。

図書館には赤音から誘っておきながら赤音は本を枕にさっさと寝ており、その隣で読書していたココはふと赤音の寝顔を見つめます。

そしてココはおもむろに赤音にキスしようとしますが・・

ダメだよ」と赤音が突然声を出し、ココは「バッ」と後ずさりました。ココ(と読者)からしたら「起きてたんかい」という場面ですね笑


赤音は「チューは好きな人と・・だよ」と諭しますが、ココは「オレ赤音さんの事・・好きだ」と告白します。

赤音はココの告白を軽く流しますが、図書館から帰った時もココは自分の気持ちが本気であることを伝え、赤音は「じゃあ大人になるまで待ってるネ」と言っています。

赤音の本心はともかく、ココが本気であることは伝わっていたようですね。

イヌピー(乾青宗)の姉・赤音(あかね)は火事で死亡

ココが赤音に告白した直後、ココが帰っている途中で煙が上がっているのを見ます。それは正に赤音の家の火事で、ココが駆けつけた頃には既に家全体が炎に包まれていました。


「消防車を待っていたら間に合わない」と判断したココは赤音を助けるために燃え盛る家の中に飛び込み、赤音を抱えて外に救出します。

しかしココが赤音だと思って運んできたのは実はイヌピーで、赤音は火事の家の中に取り残されたままでした。

赤音はその後病院に運ばれましたが、全身に重度の火傷を負っており、医者からは「完全な治療には4000万円かかる」と告げられます。

赤音の治療費を稼ぐためにココは「手段を選ばずに金を稼ぐ方法」を調べまくり、その規模を拡大していきますが、それも虚しく道半ばで赤音は死亡しました。

ココ(九井一)がイヌピー(乾青宗)にキスしたのは赤音を引きずっているから

先ほどのお話に戻りますが、漫画18巻の第157話でココがイヌピーにキスしたのは赤音が死亡してから暫く経った後です。

イヌピーの顔立ちが赤音にそっくりなので、ココはイヌピーに赤音の姿を重ねています。あの時キスしたのも赤音のことをずっと好きで、死亡した後も引きずっているからでした。


作中ではイヌピーやココはドライなイメージがあるキャラですが、実は2人とも辛い過去を経験していたんですね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのココがイヌピーにキスした理由は?イヌココの噂の真相」まとめ

今回は東京リベンジャーズのココこと九井一(ここのいはじめ)がイヌピーこと乾青宗(いぬいせいしゅう)にキスした描写について、その理由や背景を解説しました。


作中で突然このキスシーンが出てきた時は衝撃の場面でしたが、その後のココとイヌピーの過去エピソードは哀しい内容でした。

今後ココが道を踏み外さない未来(現在)が来るといいですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント