東京リベンジャーズの梵天のメンバー一覧!マークや刺青の意味は?

この記事では東京リベンジャーズの犯罪組織・梵天(ぼんてん)メンバーの一覧各メンバーの詳細、黒川イザナの耳飾りの模様のマーク&刺青の意味について解説します。


梵天(ぼんてん)は「関東事変」が終わった後の世界で創設されていた日本最大の犯罪組織で、警察ですらその内情は把握しきれていません。 

その首領は「無敵のマイキー」こと佐野万次郎(さのまんじろう)で、トップのマイキーが闇堕ちしているために極悪非道な所業も平気で行う組織です。


まずは梵天(ぼんてん)のメンバーの一覧表からご紹介します。

この記事で分かること
  • 梵天(ぼんてん)のメンバー一覧
  • 梵天(ぼんてん)のメンバーのマーク&刺青の意味


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵天(ぼんてん)のメンバー一覧表!元天竺がメイン!

まずは梵天(ぼんてん)の幹部級メンバーの一覧表からご紹介します。梵天の幹部クラスの名前と役職、出身のチームやそこでの役職についてまとめています。

名前役職出身チームと役職
佐野万次郎
(さのまんじろう)
首領東京卍會の総長
三途春千夜
(さんずはるちよ)
ナンバー2東京卍會の伍番隊副隊長
→天竺の隊員
鶴蝶
(カクチョー)
ナンバー3天竺の四天王筆頭
望月莞爾
(もちづきかんじ)
幹部呪華武者の総長
→天竺の四天王
灰谷蘭
(はいたにらん)
幹部天竺の四天王
灰谷竜胆
(はいたにりんどう)
幹部天竺の幹部
九井一
(ここのいはじめ)
幹部黒龍の親衛隊長
→東京卍會の壱番隊
→天竺の幹部
明石武臣
(あかしたけおみ)
相談役黒龍の初代副総長
→梵(ブラフマン)のNo.2

梵天の主要メンバーについては漫画22巻の第196話で初めて描かれており、そこでは裏切り者の処刑現場に首領のマイキーや幹部、相談役が立ち会っていました。

次に梵天の各メンバーの詳細について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵天(ぼんてん)のメンバー一覧と詳細!

先ほど一覧表でご紹介した梵天(ぼんてん)の主要メンバーについて、一人一人詳しく見ていきましょう。

これらの主要メンバーは12年前で言うところの「天竺(てんじく)」出身の者が多いですが、首領のマイキーこと佐野万次郎だけが「東京卍會」出身です。

梵天のメンバー一覧:首領・佐野万次郎(さのまんじろう)

「無敵のマイキー」こと佐野万次郎(さのまんじろう)梵天の首領を務めています。

梵天」は日本最大の犯罪組織であり、賭博や詐欺、売春、殺人など、あらゆる重犯罪の裏には梵天がいると言われるほどの闇組織です。


天竺との大抗争「関東事変」が終わり、マイキーは漫画22巻の第189話で東京卍會を解散しています。

また「関東事変」の最中に稀咲鉄太は死亡しており、タケミチにとっての不安要素は全て解決した筈でしたが、未来(現在)に戻るとそこにはかつての犯罪組織としての「東京卍會」に相当する「梵天」が発足していました。


タケミチは未来(現在)の時間軸でマイキーに再会しましたが、もう既にかつてのマイキーではなく、タケミチすらも迷いなく射殺するほど完全に闇堕ちした姿が描かれています。

→「黒い衝動」の詳細解説を見る

梵天のメンバー一覧:ナンバー2・三途春千夜(さんずはるちよ)

梵天のナンバー2三途春千夜(さんずはるちよ)です。

三途春千夜は元々東京卍會の伍番隊副隊長を務め、その後は天竺に降るムーチョについて行き、三途春千夜も天竺に入りました。


しかし三途春千夜にとっての「」は昔からずっと変わらずマイキーで、その忠誠心は常軌を逸しています。

なのでマイキーを裏切って天竺に下ったムーチョについて行くフリをしていましたが、実際には殺す機会をずっと伺っていました。

そしてムーチョが東京鑑別所から出所した日、ムーチョを「関東事変」の決戦の地である第3埠頭に連れてきてそこで日本刀で殺害します。


また三途春千夜は2008年、当時東京の3大勢力の一つである「関東卍會」に所属しており、この頃からマイキーの直属の配下となっています。

→三途春千夜の正体とは?

梵天のメンバー一覧:ナンバー3・鶴蝶(カクチョー)

梵天のナンバー3鶴蝶(カクチョー)です。


鶴蝶は元々天竺の四天王筆頭のポジションにいた男で、天竺の中でも黒川イザナに次ぐ強さを持っていました。

「関東事変」では稀咲鉄太に右胸を撃たれ、そこからトドメを刺されかけますが、黒川イザナが鶴蝶を庇っています。

そして黒川イザナは死亡し、鶴蝶も出血多量で危険な状態でしたが、一命をとりとめました。


未来(現在)では梵天のナンバー3として、幹部の中でもトップ層の役職に就いています。

また漫画23巻の第199話では元東京卍會メンバーがタイムカプセルを開ける様子が描かれており、マイキーがそこに行かない様子をみた鶴蝶が「いいのか?今日は6月19日だぞ?」と声をかけていました。

マイキーを気遣うこの様子から、梵天の幹部の中でもまだ狂っていない感性を持っていることが分かりますね。

梵天のメンバー一覧:幹部・望月莞爾(もちづきかんじ)

梵天の幹部の一人がモッチーこと望月莞爾(もちづきかんじ)で、「極悪の世代」と言われるS62世代の一人です。

過去に喧嘩を止めに入った警察官をフルボッコにしたことで「公務執行妨害」で少年院に入っています。


モッチーは元々天竺の四天王の一人で、更に天竺に入る前は「呪華武(ジュゲム)」というチームの総長を務めていました。

性格はとにかく好戦的で、タイマン決着にこだわる様子も描かれており、その笑顔も戦闘スタイルも豪快な男です。

作中でもモッチーの強さとタフさが強調されており、過去にはスマイリーとアングリーが完敗しています。

「関東事変」の後は事件の首謀者の一人として逮捕されており、その後の様子は描かれていません。


そして未来(現在)では天竺の幹部としてだいぶ雰囲気が変わっており、裏切り者の処刑の光景に1ミリも動じずに「凍らして砕いて魚のエサだ」とか言っているぐらい見慣れた様子でした。

梵天のメンバー一覧:幹部・灰谷蘭(はいたにらん)

梵天の幹部の一人が灰谷蘭(はいたにらん)で、「極悪の世代」と言われるS62世代の一人です。


灰谷蘭は元々天竺の四天王の一人で、「関東事変」では弟の灰谷竜胆との絶妙なコンビネーションを見せ、アングリーと柴八戒を苦しめました。

また灰谷蘭は13歳だった当時に六本木の「狂極(きょうごく)」という都内最大の暴走族チームの総長を瞬殺で伸しています

それのみならず、弟の灰谷竜胆がタイマンを張っていた狂極の副総長の顔面を執拗に殴り続け、その副総長は顔面陥没と頭蓋骨骨折で後に死亡しました。

これが都内の不良達の間でも語り草となった「六本木灰狂戦争」で、灰谷兄弟の悪名が轟いたきっかけとなっています。


「関東事変」の後はモッチーと同様に逮捕されており、それから12年経った未来(現在)では梵天の幹部として日本の暗部に身を置いています。

梵天のメンバー一覧:幹部・灰谷竜胆(はいたにりんどう)

梵天の幹部の一人が灰谷竜胆(はいたにりんどう)で、「極悪の世代」と言われるS62世代の一人です。


灰谷竜胆は元々天竺の四天王の一人で、極めて柔軟な体を活かした変則的な動きと関節技を武器にした戦闘スタイルです。

「関東事変」ではアングリーの右腕と左足を折って圧倒していましたが、覚醒したアングリーには瞬殺されました。


灰谷蘭と同様、過去に六本木の「狂極(きょうごく)」と揉めており、灰谷竜胆は狂極の副総長とタイマンを張りました。

この時も得意の関節技で圧倒しており、更に兄の灰谷蘭が乱入してこの副総長を殺害しました(後に「六本木灰狂戦争」と呼ばれる)。


「関東事変」の後は灰谷蘭やモッチーと同様に逮捕されており、それから12年経った未来(現在)では梵天の幹部として日本の暗部に身を置いています。

梵天のメンバー一覧:幹部・九井一(ここのいはじめ)

梵天の幹部の一人がココこと九井一(ここのいはじめ)です。


元々ココは柴大寿が率いる黒龍(ブラックドラゴン)の親衛隊長を務め、その後はイヌピーと共に東京卍會の壱番隊に降りました。

しかしムーチョの脅迫により天竺に降り、「関東事変」後はイヌピーとは別々の道を歩み始めます。


そして2008年、当時東京の3大勢力の一つである「関東卍會」に所属しており、三途春千夜と共にマイキーの直属の配下となっています。

それから10年後には梵天の幹部になっており、持ち前の財力で梵天を支えていると思われます。

梵天のメンバー一覧:相談役・明石武臣(あかしたけおみ)

梵天の相談役明石武臣(あかしたけおみ)です。

明石武臣は漫画22巻の第196話で初登場しており、東京卍會や天竺の元メンバーではありません。

「相談役」というポジションから考えても梵天の悪行の道に精通していると思われ、裏の人脈なども豊富に持っていると思われます。

→明石武臣の正体とは?

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵天(ぼんてん)のメンバーのマーク&刺青の意味は?モチーフは黒川イザナの髪飾り!

タケミチが「梵天」の存在を初めて知ったのはとあるテレビニュースを見たときでした。その時に首領の首の後ろに特殊なマークの刺青があるのを見ます。

タケミチはこのマーク&刺青をどこかで見たことがあると感じており、ふとヒナのピアスを見て閃きました。

この刺青(マーク)の模様はかつて黒川イザナがつけていた髪飾りと同じものです。

かつて黒川イザナは天竺の総長としてこのような目標を掲げていました。

  • 天竺は大人の闇社会に喧嘩を売る
  • 日本の闇を全て牛耳る

梵天の首領になったマイキーは黒川イザナの意思を継いだという意味でこの刺青を入れているのかもしれません。

そもそも現在のマイキーの髪型も当時の黒川イザナと同じなので、明らかに黒川イザナの存在を意識していますね。

ちなみにこの刺青(マーク)はマイキーだけでなく、他の幹部たちもみんな体に彫っています。

梵天のメンバーである証、マイキーへの忠誠の証としてこの刺青(マーク)を入れていると思われますが、これだと梵天関係者であることがバレバレですね笑

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの関東卍會(かんとうまんじかい)は未来の梵天(ぼんてん)?

漫画24巻の第207話では2008年当時(関東事変から2年後)のマイキーの様子が描かれており、この頃のマイキーは「関東卍會(かんとうまんじかい)」というチームの総長になっていました。

「関東卍會」には三途春千夜や九井一も所属しており、メンバーから考えても梵天の前身の組織のようです。


ここから10年の時を経て「梵天」という日本最大の犯罪組織に成長していきました。

→関東卍會の詳細やメンバー一覧を見る

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの梵天のメンバー一覧!マークや刺青の意味は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの犯罪組織・梵天(ぼんてん)メンバーの一覧各メンバーの詳細、黒川イザナの耳飾りの模様のマーク&刺青の意味について解説しました。


「梵天」は「関東事変」が終わってようやく一段落、と思ったところに登場した犯罪組織で、裏切り者の射殺シーンなどを見ても巨悪であることが分かります。

現実でもこんなおっかない組織とは関わりたくないですね笑


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→東京リベンジャーズの全チーム&全キャラの一覧を見る

→天竺の詳細やメンバー一覧を見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

  1. りょ より:

    灰谷竜胆は天竺の四天王ではないですよ〜

    • gocha より:

      今気づきました(゚A゚)
      四天王の数合わないなーと思ったら笑
      コメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました