東京リベンジャーズの灰谷兄弟は六本木最強!蘭と竜胆の強さ!

この記事では東京リベンジャーズの灰谷蘭(はいたにらん)灰谷竜胆(はいたにりんどう)の強さや戦績、戦闘シーンなどについて解説します。


灰谷兄弟こと灰谷蘭と灰谷竜胆は、東京リベンジャーズの物語にまともに登場したのは「関東事変」の前後からです。

元々は六本木界隈を仕切るカリスマで、一声かければ余裕で100人集まるほどの知名度と強さを持っています。


まずは灰谷兄弟の強さから解説し、その後に灰谷兄弟の戦績や戦闘シーンについて詳しく見ていきます。

この記事で分かること
  • 灰谷兄弟の強さ
  • 灰谷兄弟の戦績


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの灰谷兄弟(蘭&竜胆)の強さがヤバい!六本木で最強のカリスマ!

灰谷兄弟が初めて登場したのは漫画6巻の第51話で、この時は「血のハロウィン」を見物しに来ています。

このシーンで千冬が灰谷兄弟についてタケミチに説明していました。

  • 一声で100人以上集まるカリスマ兄弟
  • 六本木を取り仕切っている


この時点で灰谷兄弟はどこか特定のチームに所属していたわけではなく、「灰谷兄弟」という一つのブランドとして認識されるほどの強さを持っていました。

特に灰谷兄弟を有名にしたのが「六本木灰狂戦争」という凶悪な事件で、後ほど詳しく解説します。

東京リベンジャーズの灰谷兄弟(蘭&竜胆)の強さを戦績から考察!蘭と竜胆の実力は六本木No.1!

実際に灰谷兄弟の強さやヤバさいついて、東京リベンジャーズの作中の戦績や事件シーンから詳しく見ていきましょう。

灰谷兄弟は本格参戦が「関東事変」からですが、それ以前からその強さや狂いっぷりは有名だったために悪評が知れ渡っています。

灰谷兄弟の強さ:「S62世代」

灰谷兄弟は極悪の世代と言われる「S62世代(昭和62年世代)」です。

S62世代」はその名の通り昭和62年生まれの世代のことで、この年は凶悪な人物が揃っていることから不良達の間では有名な世代です。

ちなみに灰谷兄弟を含む「S62世代」は下記のキャラです。どのキャラを見てもそうそうたる強さと凶悪さを持っていることが分かりますね。

  • 黒川イザナ(くろかわいざな)
  • 望月莞爾(もちづきかんじ)
  • 灰谷蘭(はいたにらん)
  • 灰谷竜胆(はいたにりんどう)
  • 斑目獅音(まだらめしおん)
  • 武藤泰宏(むとうやすひろ)

上記のメンバーは全員13歳の時に少年院に入り、そこで出会っています。その頃から異質の強さを誇っていた黒川イザナが皆を統率する立場にありました。

そして黒川イザナが「天竺」を創設すると同時にこの最悪のメンバーが一堂に会することになります。

灰谷兄弟の強さ:「六本木灰狂戦争」で狂極(きょうごく)の副総長を殺害

灰谷兄弟が13歳の時に「六本木灰狂戦争」という凶悪な事件を起こしています。この事件により灰谷兄弟の強さとイカレっぷりが世に広まりました。


その当時に六本木を拠点としていた「狂極(きょうごく)」という都内最大級のチームがあり、灰谷兄弟はこのチームの総長&副総長とタイマンを張ります。

  • 灰谷蘭 vs 狂極の総長
  • 灰谷竜胆 vs 狂極の副総長

まず灰谷蘭が狂極の総長を瞬殺し、そこから弟の灰谷竜胆の戦いに乱入しました。

そして灰谷竜胆の腕十字で関節を極められている狂極の副総長の顔面を灰谷蘭がひたすら殴り続けるという凶行に出ます。

その副総長は病院に搬送されるも、顔面陥没と頭蓋骨骨折により死亡しました。


これが「六本木灰狂戦争」で、灰谷兄弟が六本木のトップに立つきっかけとなった事件です。

灰谷兄弟の強さ:三ツ谷隆とスマイリーを奇襲

灰谷兄弟の強さとヤバさは「六本木灰狂戦争」で十分分かりますが、「関東事変」の直前でもその残虐性が分かるシーンがあります。

「関東事変」の直前に東京卍會の集会があり、そこで柴八戒が下記のように状況を説明しています。

  • 三ツ谷隆とスマイリーがやられた
  • 2人共後ろからバイクで突っ込んできた奴に鉄パイプで殴られた
  • 意識不明の重体

三ツ谷隆とスマイリーを襲ったのは灰谷竜胆と斑目獅音で、正面からの喧嘩だけではなくこういった奇襲までやってくる人物であることが分かります。

灰谷兄弟の強さ:柴八戒とアングリーを圧倒

関東事変」で灰谷兄弟の強さがいかんなく描かれており、この時は柴八戒&アングリーという末っ子コンビと対戦しました。

柴八戒とアングリーの末っ子同盟のコンビネーションが全くゼロだった一方、灰谷兄弟の絶妙すぎるコンビネーションにより、柴八戒とアングリーには一発の攻撃を入れることすらさせませんでした。


基本的に弟の灰谷竜胆が、その柔軟性と変則的な動きを活かした関節技で相手の動きを止め、灰谷蘭が警棒でぶっ叩くという戦法です。

灰谷兄弟は単体でも強い上に、兄弟のコンビネーションまで使われると東京卍會の副隊長クラスでも全く歯が立ちませんでした。

灰谷兄弟の強さ:アングリーに瞬殺される

ただしそんな灰谷兄弟も覚醒したアングリーには完敗しました。

アングリーは灰谷竜胆により右腕と左足を折られて戦闘不能となり、残り一人となった柴八戒は灰谷兄弟が2人がかりでリンチにかかります。

その様にアングリーが泣き出して覚醒し、漫画19巻の第163話では灰谷竜胆のタックルを止め、そのまま左ストレート一発で失神KOしました。

弟の灰谷竜胆が一発KOされたことで灰谷蘭が一瞬隙を作り、その一瞬でアングリーは灰谷蘭の背後に回り込んで左ストレート一発で失神KOします。

これは灰谷兄弟が弱かったわけではなく、実際この直後にアングリーはモッチーこと望月莞爾を一発KOし、ムーチョこと武藤泰宏も瞬殺しました。

灰谷兄弟としては相手が悪すぎましたね。

→覚醒したアングリーの強さを見る

「東京リベンジャーズの灰谷兄弟は六本木最強!蘭と竜胆の強さ!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの灰谷蘭(はいたにらん)灰谷竜胆(はいたにりんどう)の強さや戦績、戦闘シーンなどについて解説しました。


灰谷兄弟は「六本木灰狂戦争」をはじめとする数々の凶悪エピソードを持っている双子です。

現実世界でもこんな輩達には絶対に絡まれたくないですね笑


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→灰谷兄弟は双子なのか?

→東京リベンジャーズの相関図/組織図の最新版を見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました