東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さや経歴を解説!

この記事では東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さや経歴、現在の状況などについて解説します。


斑目獅音(まだらめしおん)は東京リベンジャーズの作中でも屈指のクレイジーなキャラです。

その見た目の怖さも相まって誰よりもヤンキーらしく、まずはその強さや経歴について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 斑目獅音(まだらめしおん)の強さ
  • 斑目獅音(まだらめしおん)の経歴
  • 斑目獅音(まだらめしおん)の未来(現在)の状況

※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さ!

まずは東京リベンジャーズの作中で描かれているシーンから斑目獅音(まだらめしおん)の強さについて見ていきましょう。

斑目獅音が登場するのは「関東事変」からで、その強さも勿論ですが残虐性凶悪性が特に全面に出ています。

メリケンで相手を半殺しにする狂犬っぷり

作中では「天竺(てんじく)」の連中が突然東京卍會を襲撃してくるシーンがあり、斑目獅音(まだらめしおん)もその前線にいました。

漫画15巻の第128話では東京卍會の隊員数人が天竺によって倒され、全員明らかに気絶しています。

そして斑目獅音はその中の一人に馬乗りになり、メリケンをはめた拳で執拗に顔面を殴り続けるという凶行に出ていました。

その狂った行動には天竺の隊員達がドン引きするほどです笑


斑目獅音に殴られ続けた東京卍會の隊員は恐らく死亡はしていないものの、顔面骨折ぐらいはしていそうです。

斑目獅音については強さ云々よりも、こういった狂人じみた蛮行が一番の特徴ですね。

かつて黒龍を率いて東京卍會にはボコボコに潰される

斑目獅音(まだらめしおん)はそんじょそこらの不良より強いのは間違いないですが、作中では相手が悪いことが多いです。


後述する通り斑目獅音はかつて黒龍(ブラックドラゴン)の9代目総長を務めており、この時に羽宮一虎(はねみやかずとら)にちょっかいを出していました。

これをきっかけに場地圭介(ばじけいすけ)の提案で「東京卍會(とうきょうまんじかい)」が結成され、その初戦を飾ったのが斑目獅音率いる黒龍(ブラックドラゴン)です。


そして黒龍はマイキーが率いる東京卍會に完敗して潰されました。この時の斑目獅音は完全に東京卍會の名を上げる踏み台になってしまいましたね。

→黒龍(ブラックドラゴン)の歴代メンバーを見る

ぺーやんには一発KOされる

「関東事変」では開幕直後に魁戦(さきがけせん)が行われました。

魁戦(さきがけせん)とは「S62世代」で流行った儀式のことで、抗争開始前に双方のチームの代表が1対1で戦うことでその後の全面対決を盛り上げるものです。

そして「関東事変」の魁戦は「天竺」から斑目獅音、「東京卍會」からぺーやんこと林良平が務めました。

魁戦が始まった次のページではぺーやんの左フックが斑目獅音にクリーンヒットし、斑目獅音は首がねじれるほどの衝撃で一発失神KOされました。

天竺としては400人vs 50人という圧倒的に数的優位な状況で、さらに「魁戦も制すれば東京卍會も意気消沈する」と思いきや、ぺーやんがあまりに強すぎてその思惑は外れます。

過去の黒龍 vs 東京卍會の時と同様、斑目獅音はまたしても噛ませ犬としての役どころとなりましたね笑

東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の経歴!

ここまで斑目獅音(まだらめしおん)の強さ(というか噛ませ犬っぷり)について解説してきました。

ここで斑目獅音が作中でどんな経歴を持っているのか、これまでに総長を務めた経験や渡り歩いてきたチームについてご紹介します。

斑目獅音(まだらめしおん)は「S62世代」!

斑目獅音(まだらめしおん)は極悪の世代と言われる「S62世代」の一人です。

「S62世代」とは下記のメンバーのことで、かつて少年院に収監されていた時に出会い、黒川イザナを中心にまとまることになります。

  • 黒川イザナ
  • 望月莞爾
  • 武藤泰宏
  • 灰谷蘭
  • 灰谷竜胆
  • 斑目獅音

この全員が東京中で名の知れた有名な不良であり、圧倒的な強さを誇る黒川イザナをトップに、ゆくゆくはその他のメンバーが天竺の主力を担っています。

ちなみに斑目獅音はこのメンバーの中で恐らく最弱だと思われます。

斑目獅音(まだらめしおん)は黒龍(ブラックドラゴン)の9代目総長

先述のとおり斑目獅音(まだらめしおん)は黒龍(ブラックドラゴン)の9代目総長を務めていました。

斑目獅音は黒龍の8代目総長・黒川イザナから受け継いでおり、かつては伝説のチームだった黒龍は見る影もなく腐敗したグループになってしまいます。

そもそも黒川イザナがマイキーに対して私怨を抱いており、斑目獅音はそれを晴らすために黒川イザナの意思を受け継いでいました。


ただ先述の通り斑目獅音が率いる黒龍は当時たった6人の東京卍會に完膚なきまでにぶっ潰され、黒龍は解体寸前となりました。

ちなみにその後の黒龍を復活させ、より凶悪にしたのが10代目総長の柴大寿(しばたいじゅ)です。
→黒龍(ブラックドラゴン)のメンバー一覧や歴代総長などを見る

斑目獅音(まだらめしおん)は天竺の四天王!

斑目獅音は黒龍の9代目総長として東京卍會と抗争するも完敗し、その後は黒川イザナ率いる天竺の四天王という役職についています。

黒川イザナ曰く「斑目獅音は天竺きっての狂犬」と表現するとおり、気絶した相手をメリケンで殴りつづけたり、後ろからバイクで近づいて鉄パイプでぶん殴るといった非道な戦い方が特徴です。


ちなみに天竺は総長の黒川イザナ、四天王筆頭の鶴蝶(かくちょう)をトップの主力として、その下に下記の4人が四天王として君臨しています。

  • 望月莞爾
  • 灰谷蘭
  • 灰谷竜胆
  • 斑目獅音

四天王はいずれも「S62世代」で、その強さと凶悪さから「関東事変」でも東京卍會が最後まで苦しめられました。
→天竺のメンバー一覧や詳細について見る

斑目獅音(まだらめしおん)は六波羅単代(ろくはらたんだい)の一員!

「関東事変」が終わった後、斑目獅音は首謀者の一人として逮捕されました。


そして東京リベンジャーズの最終章となる2008年では、寺野南(てらのサウス)が率いる「六波羅単代(ろくはらたんだい)」の一員となり、ポジションは「第伍席」です。

さらに六波羅単代には鶴蝶のほか、「S62世代」である灰谷蘭、灰谷竜胆、望月莞爾も所属しており、天竺をより巨大かつ凶悪にしたようなチームです。

斑目獅音は相変わらず「狂犬」ポジションにいそうですね。
→六波羅単代のチーム詳細について見る

東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の未来(現在)の状況は?

斑目獅音(まだらめしおん)が登場するのはいつも過去の世界であり、タケミチのタイムリープ元である未来(現在)では登場していません

というのも未来(現在)の犯罪組織である梵天(ぼんてん)の幹部の中には望月莞爾、灰谷蘭、灰谷竜胆という「S62世代」がいますが、斑目獅音だけはいないのです

このことから過去のある時点で斑目獅音は死亡していると思われます。


今後タケミチが過去を改変することで未来(現在)での状況も変わるかもしれませんね。

「東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さや経歴を解説!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さや経歴、現在の状況などについて解説しました。


斑目獅音はその風貌や表情、戦闘スタイルなどからも「強い」というより「エグい」「汚い」という言葉が似合うキャラです笑

それだけに分かりやすい悪役で、登場の度に噛ませ犬や引き立て役になってしまうのが不憫なところですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→黒龍(ブラックドラゴン)のメンバー一覧や歴代総長などを見る

→天竺のメンバー一覧や詳細について見る

→六波羅単代のチーム詳細について見る

→東京リベンジャーズの相関図/組織図の最新版を見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました