東京リベンジャーズのアングリーが覚醒!河田ソウヤの本当の強さがヤバい!

この記事では東京リベンジャーズのアングリーこと河田ソウヤ(かわたそうや)が覚醒した時の強さや覚醒の条件などについて解説します。


アングリーこと河田ソウヤ(かわたそうや)は東京リベンジャーズにおいて「天竺(てんじく)」との抗争の際に活躍したキャラクターです。

スマイリーこと河田ナホヤ(かわたなほや)の双子の弟で、パッと見ただけでは見分けがつかないほどよく似ています。

そんなアングリーの強さは双子の兄・スマイリーほどではありませんが、「覚醒」すると段違いの強さになり、天竺の四天王達をごぼう抜きにするほどの活躍を見せています。



まずはアングリーの「覚醒」の条件などについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • アングリー(河田ソウヤ)の覚醒条件
  • アングリー(河田ソウヤ)の覚醒前後の強さ
  • アングリー(河田ソウヤ)が初めて覚醒した時期


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのアングリー(河田ソウヤ)は泣くと「青鬼」に覚醒!

東京リベンジャーズの物語においてアングリーこと河田ソウヤが初登場したのは「天竺(てんじく)」から突然襲撃を受けたときでした。

それから東京卍會(トーマン)と天竺が抗争することになり(関東事変)、東京卍會メンバーは決戦の地である第3埠頭に乗り込みます。

そこでアングリーと柴八戒のコンビは天竺の四天王である灰谷蘭&灰谷竜胆との戦闘になりますが、2人は終始劣勢に立たされました。

そしてアングリーの目の前で八戒が滅多打ちに遭ったことでアングリーが大泣きしてしまい、ここで「覚醒モード」に入ります。

双子の兄であるスマイリー(河田ナホヤ)によると、アングリーは泣くと覚醒モード「青鬼」状態となり、戦闘能力が急上昇します。

後述する通り、その強さは天竺の四天王やムーチョをごぼう抜きにするほどの圧倒的なものでした。


まずはアングリーが覚醒する前の強さから詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのアングリー(河田ソウヤ)の覚醒前の強さ

先ほどアングリーが覚醒する条件や覚醒後の強さについて簡単に解説しました。

ここではアングリーが覚醒する前の状態における強さについて先に解説し、その後で覚醒後の強さを比較していきます。

アングリー(河田ソウヤ)の覚醒前の強さ:双悪(スゴアク)時代に望月莞爾に完敗

スマイリーとアングリーは、天竺の四天王の一人であるモッチーこと望月莞爾(もちづきかんじ)とかつてタイマンを張ったことがあります。

その頃はスマイリーとアングリーが「双悪(スゴアク)」というチームを組んでいた時で、モッチーは「呪華武(ジュゲム)」というチームの総長でした。


そして抗争では決着がつかず、総長同士の一騎討ちとなりましたがスマイリーは完敗、その後アングリーもモッチーに挑むも、完敗しました。

よってこのエピソードを聞く限りでは、覚醒前のアングリーよりモッチーの方が格上ということになりますね。

アングリー(河田ソウヤ)の覚醒前の強さ:灰谷竜胆に敵わず

「関東事変」においてはアングリーは灰谷竜胆(はいたにりんどう)と戦闘していましたが、灰谷竜胆の変幻自在の動きに攻撃を当てることすらできませんでした。

更に灰谷竜胆得意の関節技極め技が冴え渡り、アングリーは圧倒言う間に右腕と左足を折られます。


よって先ほどのモッチー戦と同様、覚醒前のアングリーは天竺四天王には敵わないことが分かります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのアングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さがヤバい!

ここまでアングリーの覚醒条件や覚醒前の強さについて解説してきました。

では実際にアングリーが覚醒した後の強さについて、「関東事変」での戦闘の様子と共に詳しく見ていきましょう。

「関東事変」においてはアングリーが影のMVPと言っていいほど大活躍しています。

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:骨折しているのに動ける

先ほどお話したとおり、アングリーが覚醒する前は主に灰谷竜胆の相手をしていました。

そしてあっという間に右腕と左足を折られて身動きが取れなくなりましたが、柴八戒がリンチされるのを見たアングリーが大泣きし始めて覚醒モードに入ります。


覚醒モードに入ったアングリーは左足が折れているにも関わらず普通に歩いており、この時点でただならぬ雰囲気を感じますね。

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:灰谷竜胆を瞬殺

灰谷蘭はアングリーの普通ではない様子を感じ取っていましたが、灰谷竜胆は「もう一本ぐらい折っといてやるか」と言いながら不用意に距離を詰めてしまいました。

そして先ほどまでと同様にアングリーにタックルをかまして地面に転がそうとしますが、先ほどとは違ってアングリーの身体がビクともしません。

そしてアングリーが灰谷竜胆を左ストレート一発で瞬殺しました。

灰谷竜胆のタックルに全く体勢を崩されない体幹の強さも勿論ですが、あれだけ劣勢に立たされていた相手をワンパンKOするという変貌っぷりを見せています。

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:灰谷蘭を瞬殺

アングリーは灰谷竜胆を瞬殺し、その様子に仰天した灰谷蘭の一瞬の隙をついて後ろに回り込みます。

そして灰谷蘭が気付いた時には時既に遅し、アングリーは左フック一発で灰谷蘭も瞬殺します。


左足が折れている筈なのにこんなスピードで動けるというのは、アングリーが覚醒したことでアドレナリンがドバドバ出て痛みを感じない状態なのかもしれませんね。

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:望月莞爾(モッチー)を瞬殺

灰谷兄弟がアングリーに瞬殺されたのを見たモッチーこと望月莞爾は「嘘だろ灰谷!!テメェらには一目置いてたのによ」と言いながらアングリーに近づいていきます。

先ほどお話したとおり、アングリーは「双悪(スゴアク)」時代にモッチーに完敗しており、モッチーもそれを分かっていたからこの戦況が信じられませんでした。

そしてモッチーは事もあろうにアングリーに肩を組んで語りかけるというアホな余裕を見せ、アングリーの左パンチで一発KOされます。

灰谷兄弟が瞬殺されたんだからもう少し警戒しろよ、という感じですね笑

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:武藤泰宏(ムーチョ)を瞬殺

目の前で灰谷竜胆、灰谷蘭、望月莞爾が次々と瞬殺されるのを見たムーチョこと武藤泰宏がアングリーに相対します。

ムーチョは東京卍會の隊長の中でも最強の存在であり、過去に「傷害」の罪状で少年院に収監されていました。

ムーチョの強さの秘密は柔道の心得があることで、傷害事件を起こした相手は脊髄損傷で下半身不随になる重傷を負っています。

そんなムーチョがアングリーの右腕を掴んで本気で投げ技を見舞おうとしましたが、アングリーは投げられている最中にムーチョの首に足をかけてそのまま潰すという離れ業を見せます。


この時点で東京卍會のどの隊長よりも、覚醒したアングリーの方が強いことが分かりますね。

アングリー(河田ソウヤ)が覚醒した時の強さ:鶴蝶には完敗

「関東事変」において灰谷竜胆、灰谷蘭、望月莞爾、武藤泰宏の4人を次々に無双したアングリーは、その後天竺の四天王筆頭・鶴蝶(カクチョー)との戦闘になります。


鶴蝶は身体能力が異様に高く、圧倒的なスピードで間合いを一瞬で詰めてきます。

アングリーは鶴蝶のスピードに面食らいながらも「ギリギリで合わせられる」と踏んで右フックを出しました。

しかしアングリーの見立てより鶴蝶は遥かに速く、逆に鶴蝶の右のカウンターを食らってアングリーが一発KOされました


黒川イザナ曰く、「鶴蝶の強さからしたら他の四天王など凪(ザコ)」と語るほどで、覚醒モードのアングリーでも鶴蝶には敵いませんでした。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのアングリー(河田ソウヤ)が初めて覚醒したのはいつ?

ここまでアングリーこと河田ソウヤが覚醒した時の強さなどについて解説してきましたが、アングリーが覚醒モードに入ったのは「関東事変」が初めてではありません。


最初にアングリーが覚醒モードに入ったのは双子の兄・河田ソウヤが小学4年生の時に中学生十数人にリンチに遭った際でした。

その時にアングリーは泣き出してしまい、例によって覚醒モードに入って中学生十数人を全員病院送りにするという無双の強さを見せました。


普通に考えて、小学4年生と中学生では年齢差体格差から1対1でも勝つのは難しいでしょう。

しかしアングリーは中学生十数人を一気に相手して殲滅しており、覚醒モードのアングリーが規格外の強さを持っていることが分かりますね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのアングリーが覚醒!河田ソウヤの本当の強さがヤバい!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのアングリーこと河田ソウヤ(かわたそうや)が覚醒した時の強さや覚醒の条件などについて解説しました。


普段は怒った顔ながらメチャクチャ優しいという個性派キャラのアングリーですが、更に「覚醒モード」という特徴まで持っています。

アングリーは関東事変だけでなく、もっと活躍の場を見たかったですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント