東京リベンジャーズのドラケンが死亡?未来(現在)の結果一覧!

この記事では東京リベンジャーズのドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)が死亡する未来(現在)の詳細や、死亡せず生存する未来(現在)について解説します。


東京リベンジャーズの作中において、ドラケンは各タイムリープ後の未来(現在)で既に死亡していたり、死刑になっているなど悲惨な結末となっています。

タケミチがタイムリープする度に必死に過去を改変し、ドラケンや他のメンバーが死亡しないように奔走しますが、最後はドラケンが死亡しない未来(現在)になるのでしょうか。

この記事で分かること
  • 各タイムリープ後のドラケンの状況
  • ドラケンが死亡する未来(現在)
  • ドラケンが死亡しない未来(現在)


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのドラケンは死亡する?

東京リベンジャーズの物語において、少なくとも序盤はドラケンが死亡する未来(現在)が続きます。


ドラケンはマイキーにとっての相棒であり相談役で、作中でもマイキーを陰から支える存在です。

それだけにドラケンの死亡はマイキーの闇堕ちの大きな要因だと思われ、タケミチは序盤のタイムリープで「ドラケンを死亡させないこと」を目標にしていました。


次章ではタケミチの各タイムリープ後のドラケンの生存/死亡状況についてお話します。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのドラケンが死亡?未来(現在)の一覧表!

タケミチがタイムリープした後のドラケンの生存/死亡状況と、未来(現在)における東京卍會(トーマン)の状況について一覧表にまとめました。

タイムリープ 12年前の関連事件 ドラケンの状況 東京卍會の状況
1回目 死亡 ・東卍が犯罪組織に
・マイキー闇堕ち
・稀咲鉄太が牛耳る
2回目 死亡
3回目 83抗争 死亡
4回目 死刑囚
5回目 血のハロウィン 死刑囚
6回目 死刑 ・黒龍と東卍が合併
・マイキー闇堕ち
・稀咲鉄太が牛耳る
7回目 聖夜決戦 死亡 ・黒龍と天竺が合併
・マイキー闇堕ち
・マイキーが東卍メンバーを皆殺し
・稀咲鉄太が牛耳る
8回目 関東事変 死亡
9回目 生存 ・東卍は解散済み
・東卍メンバーが生存
・マイキー闇堕ち
・梵天が発足

当初ドラケンは「83抗争」の最中に死亡することになっていたため、未来(現在)ではドラケンはいませんでした。

そして83抗争での死亡を防いだ後も「死刑囚になる」「死亡する」という感じで悲惨な未来(現在)が続きます。


次章ではタケミチの各タイムリープ後の未来(現在)の状況やドラケンの生存/死亡状況を一つ一つ詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのドラケンが死亡する未来(現在)

先ほど一覧表でご紹介したタケミチの各タイムリープ後の未来(現在)について、ドラケンの生存/死亡状況とあわせて詳しく解説します。

まず物語の序盤は「83抗争」でドラケンが死亡するケースから始まります。

ドラケンが死亡する未来(現在):1~3回目のタイムリープ後は「83抗争で既に死亡」

まずはタケミチの1回目~3回目のタイムリープ後の未来(現在)について見ていきます。


1回目のタイムリープはタケミチも訳が分からず発動してしまい、2回目のタイムリープの後は間違えてナオトの手に触れてしまったためにたまたま未来(現在)に戻ってきました。

そして2回目のタイムリープ後にタケミチはアッくんこと千堂敦(せんどうあつし)から当時のことを聞き出します。

アッくんによるとこの世界線ではドラケンは既に死亡しており、その死亡理由は12年前の「東京卍會の内部抗争」が原因でした。

それが2005年8月3日に起こったことから「83抗争」と呼ばれており、タケミチは12年前に戻ってドラケンが死亡しないように奔走します。

ドラケンが死亡する未来(現在):4~5回目のタイムリープ後は「死刑囚」

タケミチの尽力により東京卍會の内部抗争を回避し、更にその後の愛美愛主(メビウス)の残党との抗争中に刺されたドラケンも何とか死亡せずに済みました。


無事に「ドラケンを死亡させない」というミッションを終えて未来(現在)に戻ってきたタケミチでしたが、その未来(現在)でもヒナは死亡してしまいます。

更にドラケンに関しては12年前に死亡を回避したものの、この時代では「死刑囚」となっていました。


東京卍會に稀咲鉄太(きさきてった)がいる限りずっと牛耳られ続け、さらにマイキーは闇堕ちしているので悪い未来(現在)のままとなります。

そしてタケミチは再びタイムリープし、「東京卍會のトップになって稀咲鉄太を止める」ことを最終目標とし、それに近づくためにまずは「東京卍會の隊長になる」ことを次のミッションに据えます。

ドラケンが死亡する未来(現在):6回目のタイムリープ後は「死刑」

12年前の「血のハロウィン」ではマイキーの親友である場地圭介が死亡し、稀咲鉄太は東京卍會の参番隊隊長として定着してしまいました。

しかしタケミチは場地圭介の後任として壱番隊の隊長に指名され、「東京卍會のトップになる」という大目標に大きく前進します。


そしてタケミチが未来(現在)に戻ると、そこではタケミチは「元黒龍組」と合併して巨大犯罪組織となった「東京卍會」の大幹部の一人となっていました。

タケミチは千冬と一緒に稀咲鉄太にハメられて拘束され、そこで「ドラケンは死刑になった」ことが明かされます。

この未来(現在)でもドラケンの死亡をはじめ、東京卍會の腐敗、稀咲鉄太による独裁を止めることはできませんでした。


この後タケミチはナオトに身柄を拘束され、留置所に入る直前に握手してタイムリープします。

次のミッションは「黒龍」と東京卍會が繋がるのを防ぐこと、そして稀咲鉄太を東京卍會から排除することです。

ドラケンが死亡する未来(現在):7~8回目のタイムリープ後は「マイキーが斬殺」

12年前に黒龍(ブラックドラゴン)の10代目総長である柴大寿(しばたいじゅ)を倒し、黒龍を事実上瓦解させました。

そして最も難しいと思われた稀咲鉄太の排除ですが、マイキーが稀咲鉄太を東京卍會から除名処分としたことで無事に達成することができ、遂に巨悪と東京卍會の繋がりを絶ちます。


しかしミッション達成したタケミチが未来(現在)に戻ると、そこには今までで最悪の結末が待っていました。

ドラケンはマイキーに斬殺されて死亡しており、それ以外の東京卍會メンバーもマイキーに皆殺しにされています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのドラケンが死亡を回避する未来(現在)

ここまで1回目~8回目のタイムリープの後の未来(現在)について解説してきました。

ドラケンはここまでの未来で死亡もしくは死刑囚という結末でしたが、9回目のタイムリープの後では遂に死亡を回避し、死刑囚にもならない、ごく普通の生活を送る未来(現在)となります。

12年前に「天竺」を潰し稀咲鉄太は死亡し、更にマイキーが東京卍會の解散したことで、未来(現在)ではドラケンをはじめとする東京卍會メンバーが幸せそうに暮らしています。

ドラケンは真一郎のようにバイク屋を経営しており、イヌピーこと乾青宗(いぬいせいしゅう)と一緒にやっているようです。


これまでのタイムリープで幾度となく死亡してきたドラケンが遂に生存する世界線となりますが、この世界でもマイキーは闇堕ちしています。

今後はドラケンが死亡せずに生存し、かつマイキーも闇堕ちしない未来(現在)を目指すことになります。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのドラケンが死亡?未来(現在)の結果一覧!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)が死亡する未来(現在)の詳細や、死亡せず生存する未来(現在)について解説しました。


ドラケンに限らず東京卍會メンバーはずっと悲惨な未来(現在)を迎えていただけに、ようやくみんなが生存する世界は感慨深いものがあります。

あとはマイキーが闇堕ちしない世界を実現できるといいですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント