東京リベンジャーズの佐野家の家系図!マイキー、エマ、真一郎、イザナの父親&母親まとめ

この記事では東京リベンジャーズの佐野家の家系図や、マイキー、エマ、真一郎、イザナの血縁関係、佐野家以外の関係者の現状について解説します。


東京リベンジャーズの中心人物の一人であるマイキーこと佐野万次郎の家系はかなりややこしいことになっています笑

そこで今回はマイキーの実兄の佐野真一郎や義理の妹の佐野エマ、義兄だと思っていた黒川イザナの血縁関係やそれぞれの父親、母親について家系図で解説します。

この記事で分かること
  • 佐野家の家系図
  • 佐野家と暴走族チームの関係
  • 佐野家以外の家系の状況


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの佐野家の家系図!マイキー、エマ、真一郎、イザナの血縁関係や父親&母親は?

こちらが佐野真一郎、佐野万次郎、佐野エマ、黒川イザナに関わる家系図の概略です。

  • 佐野真一郎と佐野万次郎は佐野桜子佐野真の子供
  • 佐野エマは佐野真黒川カレンの子供
  • 黒川イザナは黒川カレンの元夫フィリピン人女性の子供


佐野真一郎と佐野万次郎は実の兄弟で、佐野エマは佐野真一郎と佐野万次郎とは異母兄妹です。

一方で黒川イザナについて、当初は「黒川カレンの息子」だと思われていたので、エマとは実の兄妹だと思われていましたが、実際には黒川イザナの母親は別のフィリピン人女性でした。

よって黒川イザナは佐野真一郎、佐野万次郎、佐野エマの誰とも血縁関係はありません

【大人気!】東京リベンジャーズの23巻発売中!
→東京リベンジャーズ23巻を読む
スポンサーリンク

東京リベンジャーズの佐野家の家系は暴走族一家?兄弟はみんなチームの総長!

先ほど家系図で解説したとおり、佐野真一郎や佐野万次郎、佐野エマ、黒川イザナの関係を家系図で見るとかなりややこしいことになっていました。

一方でこのキャラクター達は「暴走族チームの総長」という大きな共通点があります(エマ以外)。

まずは佐野真一郎から詳しく見ていきましょう。

佐野真一郎は黒龍(ブラックドラゴン)初代総長

佐野真一郎(さのしんいちろう)はマイキーこと佐野万次郎の実の兄です。作中では既に死亡してしますが、死後も多くの不良達から尊敬され続けています。

佐野真一郎は黒龍(ブラックドラゴン)の初代総長で、佐野真一郎が総長を務めていた時代の黒龍は多くの不良達が憧れており、作中でも伝説として語り継がれています。

ちなみに佐野真一郎は、ゆくゆくは弟の佐野万次郎に黒龍を継いでほしいと思っていたようですね。


また佐野真一郎はマイキーとは違って決して喧嘩が強いわけではありませんでしたが、その圧倒的なカリスマ性から東京中の不良達から慕われていました

  • 絶対に勝てない相手にも平気で喧嘩を挑む
  • 喧嘩や女に弱いけどいざという時は頼りになる

こういった特徴がタケミチによく似ており、マイキーやドラケンもタケミチの言動を見てよく佐野真一郎を思い出しています。

佐野万次郎(マイキー)は東京卍會の初代総長

マイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)は言わずと知れた「無敵のマイキー」と呼ばれる東京卍會の総長です。

ちなみに東京卍會は下記が創設者メンバーです。

  • 佐野万次郎(マイキー)
  • 龍宮寺堅(ドラケン)
  • 場地圭介
  • 三ツ谷隆
  • 林田春樹(パーちん)
  • 羽宮一虎


東京卍會創設のきっかけは羽宮一虎が黒龍(ブラックドラゴン)からちょっかいを出されていたことです。

この時の黒龍は9代目総長・斑目獅音(まだらめしおん)が率いており、佐野真一郎の時代のような誰もが憧れる黒龍ではなく、ただの犯罪集団まがいのチームとなっていました。

そしてマイキーを総長として東京卍會が創設され、当時の黒龍を完膚なきまでに潰しています。


ちなみに黒龍が腐敗し始めたのは8代目総長の時代からで、後述するとおり黒龍の8代目総長は黒川イザナです。

黒川イザナは黒龍の8代目総長&天竺の初代総長

黒川イザナ(くろかわいざな)は前述のとおり黒龍の8代目総長で、その後は天竺(てんじく)の総長となっています。


黒川イザナは幼少期に黒川カレンに捨てられて孤児院に入っており、それから暫くしてから佐野真一郎と知り合いました。

身寄りがいなかった黒川イザナは異母兄弟(と当時思っていた)の佐野真一郎を心底慕っており、それだけに佐野真一郎の実の弟であるマイキーに嫉妬して恨むようになっていきます。


そして先ほど家系図のところで解説したとおり、黒川カレンは黒川イザナの実の母親ではなかったため、佐野真一郎、マイキーはもちろん佐野エマとすら血縁関係が無いことが判明します。

極めつけとして佐野真一郎が死亡したことで黒川イザナは完全に闇堕ちした状態となり、作中では東京卍會にとってのラスボス的な存在となっています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの佐野家関係の父親&母親の状況は?

ここまで佐野家関係の家系図や兄弟妹達について解説してきました。

一方で現在彼らの親たちはどうしているのか、改めてまとめます。

  • 佐野桜子    :病死
  • 佐野真     :事故死
  • 黒川カレン   :他の男のところへ?
  • 黒川カレンの元夫:チンピラに刺されて死亡
  • フィリピン人女性:消息不明

作中で唯一その様子が描かれているのはエマの母親である黒川カレンで、漫画20巻の第177話でその様子が描かれています。

この時黒川カレンはパチンコ屋の列に並んでおり、偶然当時の黒川イザナが見かけて話しかけ、ここで自身が誰とも血縁関係が無いという事実を知りました。


この時の黒川カレンのエピソードは佐野真一郎が生存していた時期の話なので、作中の時系列でどんな生活をしているのかは不明です。

もし黒川カレンがエマやイザナの死を知ったら一体どんな反応をするのでしょうね・・

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの佐野家の家系図!マイキー、エマ、真一郎、イザナの父親&母親」まとめ

今回は東京リベンジャーズの佐野家の家系図や、マイキー、エマ、真一郎、イザナの血縁関係、佐野家以外の関係者の現状について解説しました。


特に黒川エマや黒川イザナの両親、血縁関係がややこしく、作中で分かりにくくなるポイントでした。

今回の記事がお役に立てれば幸いです☆


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました