東京リベンジャーズの黒川イザナの死亡シーン!エマやマイキーとの血縁関係が明らかに!

この記事では東京リベンジャーズの黒川イザナ(くろかわいざな)の死亡シーンや死亡までの経緯、最期に鶴蝶(カクチョー)を庇った理由などについて解説します。


黒川イザナは「天竺(てんじく)」の総長であり、タケミチやマイキー達にとって恐るべき敵キャラです。

その最期は壮絶な死亡シーンを迎えますが、まずは実際の死亡シーンや死亡理由から詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 黒川イザナの死亡理由
  • 黒川イザナが死亡するまでの経緯
  • 黒川イザナが鶴蝶を庇った理由


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒川イザナの死亡シーン!死亡理由は射殺

黒川イザナの死亡シーンは漫画20巻の第177話で、その死亡理由は稀咲鉄太(きさきてった)が撃った銃弾による射殺です。

後述しますが、稀咲鉄太は鶴蝶を撃とうとしていましたが、黒川イザナが鶴蝶を庇って銃弾を受けたのが真相です。


黒川イザナは「天竺(てんじく)」の総長で、「関東事変」の敵側大将でした。

あのマイキーすらも途中まで圧倒するほどの強さを誇り、「極悪の世代」と呼ばれるS62世代のメンバーですら黒川イザナには全く逆らえませんでした。

そんな恐るべき男の死亡シーンはあまりにも壮絶な最期でしたね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒川イザナの死亡シーンまでの経緯を解説

次に黒川イザナが死亡するまでの経緯について、「関東事変」の流れと共に解説します。


稀咲鉄太が東京卍會をクビになった後、黒川イザナが率いる「天竺」の参謀として入ったことでより凶悪なチームとなります。

更に黒川イザナはマイキーと深い因縁があったため、東京卍會と天竺の抗争である「関東事変」は避けられませんでした。

黒川イザナの死亡シーンまで:「関東事変」の敵側の総長

黒川イザナは元々黒龍(ブラックドラゴン)の8代目総長を務めていました。そしてその3年後に「天竺(てんじく)」というチームを創設します。

「天竺」には「極悪の世代」と呼ばれるS62世代のメンバーが揃っており、黒川イザナは暴走族チームなんかではなく「最強の犯罪組織」を作ろうとしていました。


更に黒川イザナは真一郎のことを「唯一の家族」だと思って慕っており、逆に真一郎の弟であるマイキーには憎悪とも言える感情を抱いています。

「天竺」を創設したのはマイキーへの私怨を晴らすためでもあります。

黒川イザナの死亡シーンまで:タケミチ達を絶体絶命まで追い詰める

後に「関東事変」と呼ばれる東京卍會と天竺の抗争が始まりますが、そもそも人数が東京卍會50人天竺400人という圧倒的不利な状況でした。

更には稀咲鉄太がエマを殺したことでマイキーとドラケンは抗争どころではなく、タケミチ以外の各隊長も闇討ちされるなどして戦闘不能の状態です。


そんな絶望的な状況でもタケミチ達は天竺相手に奮闘します。

魁戦(さきがけせん)ではぺーやんが四天王の斑目獅音をワンパンKOし、アングリーこと河田ソウヤが四天王の望月莞爾、灰谷蘭、灰谷竜胆を続けざまにKOしました。


しかし四天王筆頭の鶴蝶(カクチョー)一人に全て戦況をひっくり返され、更には天竺最強の黒川イザナまで前線に出てきて絶体絶命の状況となります。

黒川イザナの死亡シーンまで:マイキーとの一騎討ち

東京卍會側は絶望的な状況となっていましたが、そこにマイキーとドラケンが駆けつけます。

マイキーもドラケンもエマの死亡により抗争どころの精神状態ではありませんでしたが、ヒナが「タケミチが未来から来た」ことや、「みんなの悲惨な未来を知っているからこそ、いつも必死」であることを話し、失意の中にも関わらず現場に来ました。

天性の戦闘センスを持つ黒川イザナはマイキーすらも圧倒しますが、マイキーの蹴りを何発かガードしているうちに手足を壊され、最終的にマイキーが勝利します。

しかし負けを認めたくない黒川イザナは稀咲鉄太から拳銃を奪い、マイキーに向けます。

黒川イザナの死亡シーンまで:稀咲鉄太の銃弾から鶴蝶を庇って死亡

黒川イザナがマイキーに銃を向け、正に撃つ寸前となったタイミングで鶴蝶が止めます

鶴蝶は黒川イザナに絶対の忠誠を誓う男で、天竺のメンバー達も鶴蝶が黒川イザナに逆らうのを初めて見るほどでした。


鶴蝶は黒川イザナに絶対の忠誠心を持っているがために醜態を見たくない一心での行動でしたが、稀咲鉄太にとってはそんな鶴蝶が邪魔であり、その場で鶴蝶の右胸を拳銃で撃ち抜きます。

そして稀咲鉄太が鶴蝶にトドメの銃弾を3発撃ちますが、黒川イザナが鶴蝶を庇いました

黒川イザナは左胸、右胸、右脇腹に被弾して鶴蝶と並ぶように倒れ、最期にマイキーやエマ、自身の血縁関係について語ります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒川イザナが死亡前に明かしたマイキーやエマとの血縁関係

黒川イザナは残された時間の中で自身とマイキー、エマとの血縁関係について語りました。


その昔、黒川イザナは自身とエマの母親である黒川カレンをパチンコ屋で偶然見かけて「自分を捨てた理由」を尋ねると、その境遇の真相をこう語ります。

  • 黒川イザナは黒川カレンの子ではない
  • 黒川イザナは黒川カレンの前の旦那がフィリピンの女性との間に生まれた連れ子
  • 黒川カレンの前の旦那はチンピラに刺されて死亡


当初、黒川イザナはエマと同じく黒川カレンから生まれたと思っていました。

しかし実際には黒川イザナはどこぞの男がフィリピン人女性との間に作った子であり、真一郎、マイキー、エマの誰とも血縁関係はありませんでした


黒川イザナが自暴自棄になったのはこういった事情があったからで、マイキーへの嫉妬心の大元もこの境遇が原因です。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒川イザナが死亡してまで鶴蝶を庇った理由

黒川イザナは天竺のメンバーを恐怖政治で従わせており、黒川イザナは天竺の四天王すらも「」という認識でした。

しかしそんな黒川イザナが身を挺して鶴蝶を庇って死亡したのは普段の言動とは合わない行動です。何故黒川イザナは鶴蝶を庇ったのでしょう?


黒川イザナと鶴蝶は孤児院で出会っており、当時事故により両親を亡くした鶴蝶に「生きる理由」を与えたのが黒川イザナでした。

鶴蝶は両親を亡くした悲しみから自殺しようとしていましたが、黒川イザナの下僕となることで生きる意味を見出し、それ以来黒川イザナに絶対の忠誠を誓っています。

よって鶴蝶にとっては黒川イザナは絶対的な王であり、黒川イザナにとっては鶴蝶は忠実な下僕であり配下という関係です。

しかし実際には黒川イザナにとっての鶴蝶は単なる下僕ではなく、唯一信頼できる仲間でした。

黒川イザナは撃たれた後、鶴蝶に「オレにはオマエしかいないから」と語っており、先ほどお話したとおり血縁関係のある家族がいない黒川イザナにとって鶴蝶は家族にも近い存在だったのでしょう。


天竺にあるのは恐怖と利害のみ」と語っていた黒川イザナが最後の最後、思わず見せた人間らしい一面でしたね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの黒川イザナは死亡後に復活はあり得る?

タケミチのタイムリープの能力は万能ではなく、未来(現在)から数えてピッタリ12年前にしか戻れません。

更に、例えば過去で1月1日から1月3日まで過ごし、そこで未来(現在)に戻ると、その世界は12年後の1月3日となります。

つまり既に経過した過去の日付にはタイムリープすることはできないため、「過去で確定した事実」は変えることが出来ない」ということです。


黒川イザナは過去で死亡が確定したため、今後タケミチのタイムリープで救うことはできず、黒川イザナが今後復活する可能性もありません。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの黒川イザナの死亡シーン!エマやマイキーとの血縁関係が明らかに!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの黒川イザナ(くろかわいざな)の死亡シーンや死亡までの経緯、最期に鶴蝶(カクチョー)を庇った理由などについて解説します。


黒川イザナはタケミチ達にとって恐ろしい敵でしたが、その壮絶な過去や境遇を知るとあれだけ荒れた理由も理解できます。

鶴蝶と並びながらの最期は作中でも屈指の哀しい場面で、涙の名シーンでしたね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント