東京リベンジャーズの一虎(かずとら)が死亡?未来(現在)の結末は?

この記事では東京リベンジャーズの羽宮一虎(はねみやかずとら)が死亡する未来(現在)や生存する未来(現在)、最後の結末などについて解説します。


一虎(かずとら)は東京卍會の創設メンバーの一人ですが、東京リベンジャーズの物語においては敵側のチームの幹部として相対します。

マイキーの闇堕ちにも関係していたキャラの一人で、「血のハロウィン」においては一虎(かずとら)が死亡するかどうかが鍵でした。


まずは一虎(かずとら)が未来(現在)において死亡するのか生存するのか、各タイムリープごとの結末の一覧表からご紹介します。

この記事で分かること
  • 一虎の未来(現在)の結末一覧
  • 一虎が死亡する未来(現在)
  • 一虎が生存する未来(現在)


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの一虎(かずとら)は死亡する?未来(現在)の結末の一覧表

こちらが各タイムリープ後の未来(現在)における一虎(かずとら)の死亡/生存の一覧表です。

一虎(かずとら)が物語に登場するのが「血のハロウィン」からなので、それまでの生死は不明としています。こうして見ると死亡率が高いですね・・


一つ一つの詳細については次の章で解説します。

タイムリープの回 12年前の抗争 一虎の結末
1回目 不明
2回目
3回目 83抗争
4回目 死亡
5回目 血のハロウィン 死亡
6回目 生存
7回目 聖夜決戦 死亡
8回目 関東事変 死亡
9回目 生存

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの一虎(かずとら)が死亡する未来(現在)

まずは一虎(かずとら)が死亡する未来(現在)について詳しく見ていきましょう。

先ほどの一覧表のとおり、一虎(かずとら)が死亡するのは「血のハロウィン」と「聖夜決戦」の後です。

ちなみに8回目のタイムリープ(「関東事変」の最中)はタケミチが情報収集のために戻っただけなので、実質「聖夜決戦」の後から状況は変わっていません。

一虎(かずとら)が死亡:「血のハロウィン」でマイキーに殺される

まず「血のハロウィン」についてですが、タケミチが過去を改変するまでは「一虎は抗争中にマイキーに殺される」という結末でした。

この結末についてはタケミチが5回目のタイムリープの後、未来(現在)のドラケンに聞いた情報で、マイキーが一虎を殺したことが闇堕ちするきっかけとなります。

つまりタケミチが「83抗争」を解決した世界においては一虎は既に死亡しています。


ここからタケミチが奮闘して「血のハロウィン」の結末をどうにか改変し、「マイキーが一虎を殺さない過去」に変えました。

これにより12年前に一虎が死亡することはなくなり、未来(現在)が変わります。それが後述する6回目のタイムリープの後の世界で、その世界では一虎が生存します。

一虎(かずとら)が死亡:「聖夜決戦」後の未来(現在)でマイキーに殺される

聖夜決戦」を終えた後(7回目のタイムリープ後)にタケミチが未来(過去)に戻ると、その世界はこれまでで最悪の結末となっていました。

この世界ではマイキーが闇堕ちし、一虎を含む東京卍會のメンバーは全員マイキーに殺されています


一虎は「血のハロウィン」以降、10年間収監されていましたが、出所後にマイキーによって殺されたことから、徹底して東京卍會メンバーを狙ったことが分かりますね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの一虎(かずとら)が死亡せず生存する未来(現在)

ここまで一虎(かずとら)が死亡する未来(現在)について解説してきました。

次に一虎が死亡せずに生存する未来(現在)について詳しく見ていきましょう。

一虎(かずとら)が死亡せず生存:タケミチが東京卍會の大幹部になった時

血のハロウィン」の後(6回目のタイムリープの後)、タケミチが東京卍會の大幹部となっている世界に変わりました。

この世界でもマイキーは闇堕ちしており、東京卍會も相変わらず腐敗していました。その中でも唯一信念を持って東京卍會を変えようとしていた千冬も稀咲鉄太によって殺されます


この世界では一虎が出所後、千冬と協力して稀咲鉄太の悪事や元黒龍組の汚い金の流れなどを追っています。

最終的にタケミチはナオトによって逮捕されますが、少なくともその時点までは一虎は生存していました。

一虎(かずとら)が死亡せず生存:「関東事変」の後

関東事変」が終わった後(9回目のタイムリープの後)、タケミチが未来(現在)に戻ると、東京卍會という組織は存在せず、元東京卍會のメンバーもみんな生存する世界でした。

一虎も刑期を終えて出所し、千冬が経営するペットショップを手伝っています。この世界では東京卍會という組織自体が存在せず、一虎を含むメンバーが死亡する要素もありません。


ただしこの世界においてもマイキーは闇堕ちしたままで、新たにできた犯罪組織「梵天(ぼんてん)」の首領となっています。

一虎は10年間収監されていたために他のメンバーとはモノの見え方が違っており、他のメンバーはマイキーのことを忘れようとしている一方、一虎はマイキーのことを気にかけています


タケミチは一虎の調査のおかげでマイキーに再会することができ、ここから新たな展開となっていきました。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの一虎(かずとら)が死亡?未来(現在)の結末は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの羽宮一虎(はねみやかずとら)が死亡する未来(現在)や生存する未来(現在)、最後の結末などについて解説しました。


一虎は東京卍會の他のメンバーと違って10年間収監されていたため、未来(現在)に戻った際も10年間の空白があるキャラです。

関東事変後の世界では一虎は生存するルートとなっており、今後も一虎が死亡しない世界になるといいですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント