東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)の兄・柴大寿と柚葉の関係!

この記事では東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)と兄の柴大寿、姉の柴柚葉の過去や3兄弟の関係、未来(現在)の状況などについて解説します。


柴八戒(しばはっかい)は柴家の3兄弟の末っ子で、兄に柴大寿(しばたいじゅ)、姉に柴柚葉(しばゆずは)がいます。

作中ではこの3兄弟の壮絶な家庭環境が描かれており、「聖夜決戦」編は柴八戒が兄の柴大寿の呪縛を克服するのも見どころです。


まずは柴大寿、柴八戒、柴柚葉の3兄弟の関係などについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 柴大寿、柴八戒、柴柚葉の3兄弟
  • 柴大寿、柴八戒、柴柚葉の関係
  • 柴大寿、柴八戒、柴柚葉の未来(現在)


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)は兄・柴大寿と姉・柴柚葉の3人兄弟

冒頭でお話したとおり、柴家は3兄弟です。

  • 長男:柴大寿(しばたいじゅ)
  • 長女:柴柚葉(しばゆずは)
  • 次男:柴八戒(しばはっかい)

柴家は母親が病死しており、父子家庭ですが父親もほぼ帰ってこないという家庭環境でした。

そんな環境だった故に、長男の柴大寿は「柴柚葉と柴八戒を守らなければ」と決意しますが、それが間違えまくった方向に出てしまいます。


柴大寿は柴八戒に対して「強くなってほしい」という思いから、小さい頃から情け容赦なしのDVをするようになりました。

更に妹の柴柚葉にすらグーパンするなど、全く容赦がありません。

更には柴大寿が桁外れの強さを持つ化け物だったために柴柚葉も柴八戒も逆らうことができず、結局ずっとこの恐怖政治が続いています。

東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)と兄・柴大寿、姉・柴柚葉の関係は?

では実際に柴大寿(しばたいじゅ)が強いていた恐怖政治や、柴八戒(しばはっかい)や柴柚葉(しばゆずは)の関係、作中での展開について詳しく見ていきましょう。

作中では基本的に柴大寿のDVの壮絶さが強調されており、柴八戒や柴柚葉が追い詰められていることが分かります。

兄・柴大寿(しばたいじゅ)のDVによる恐怖政治

冒頭でお話したとおり、柴大寿(しばたいじゅ)は昔から柴八戒(しばはっかい)や柴柚葉(しばゆずは)にトコトンDVをしており、上の画像のとおりボコボコにタコ殴りにしています。

ちなみにこれは柴大寿にとっては「躾(しつけ)」であり、例えば「トイレの電気を消し忘れた」という理由でボコすという理不尽さです。

それは女である柴柚葉にも全く情け容赦がなく、柴八戒と柴柚葉の2人まとめてボコされることもあったようです。

柴八戒(しばはっかい)は黒龍(ブラックドラゴン)へ

壮絶な家庭環境でずっと育ってきた柴八戒(しばはっかい)は作中でも兄の柴大寿に逆らうことはできません

漫画10巻の第80話では柴八戒の目の前でタケミチがタコ殴りにされますが、柴八戒には止める力はありませんでした。

そこで柴八戒はタケミチを助けるために「東京卍會を抜けて黒龍(ブラックドラゴン)に入る」と言い、交換条件としてタケミチを解放させました。

これにより柴八戒は一時的に東京卍會を抜けて黒龍の一員となります。

柴柚葉は裏金の集金役

この時の黒龍は金持ちとのパイプができており、トラブルの際に黒龍の兵隊を貸すことで大金を受け取るという不良ビジネスを展開しており、普通の暴走族とは一線を画するチームでした。

ちなみにこういった闇ビジネスなどので金を生み出す手腕はココこと九井一(ここのいはじめ)が得意とするところです。


また柴柚葉(しばゆずは)は黒龍(ブラックドラゴン)の一員ではないものの、黒龍が引き受けた闇仕事の報酬の集金役をやらされていました。

柴柚葉の集金役業務については、漫画10巻の第86話で三ツ谷隆が柴大寿に話をつけたことで解放されたものの、結局柴大寿がいる限りは恐怖政治が終わることはありません。

思いつめた柴柚葉が柴大寿を刺す

そして「聖夜決戦」では柴八戒(しばはっかい)が柴大寿を刺すのかと思いきや、不意をついた柴柚葉が刺しました

実は稀咲鉄太(きさきてった)が裏から手を回しており、柴柚葉を唆して柴大寿を殺させようとしていたのです。

ちなみに稀咲鉄太の思惑としては下記の筋書きでした。

  • 柴柚葉が柴大寿を殺害
  • 柴八戒が柴柚葉を庇って「自分が殺した」ということにする
  • 事情を全て知っている稀咲鉄太に逆らえなくなる
  • 東京卍會と黒龍が合併
  • 稀咲鉄太が東京卍會を裏から牛耳る


しかし実際には柴柚葉のナイフは角度が浅く、柴大寿に致命傷を与えることはありませんでした。

これにより稀咲鉄太の思惑からは外れたものの、当然ながら今度は柴大寿による兄弟の処刑が始まります。

柴八戒(しばはっかい)の秘密とは

柴大寿との戦いの中で「柴八戒の秘密」が明らかになります。

それまでの柴八戒の話では「柴柚葉の分も含めて柴八戒が2人分のDVを引き受けていた」ということでしたが、実はそれがであることが明かされます。

つまり「柴八戒が柴柚葉を守っていた」のではなく、「柴柚葉が柴八戒を守っていた」のでした。

それ

タケミチ達にその秘密を打ち明けた柴八戒は「ダセェ」と言われつつも、タケミチ、三ツ谷隆、松野千冬は

逃げてんのはオマエだけじゃねえ
みんな弱ぇ
だから
家族(なかま)がいる

と言って柴大寿から柴八戒と柴柚葉を守ろうとします。

柴八戒(しばはっかい)が兄・柴大寿の呪縛を乗り越える

そしてタケミチ、三ツ谷隆、松野千冬の後押しにより柴八戒(しばはっかい)が生まれて初めて柴大寿に反撃しました。

それまでの柴八戒は柴大寿の命令には一切逆らえず、どうしようもなくなってナイフを構えるも刺すこともできずにいましたが、タケミチ達の檄により遂にトラウマを乗り越えます


後述しますが、実は柴大寿は柴八戒の弱さにいつも苛ついており、「柴八戒を強く育てたかった」という思いからあれだけ高圧的に接していました。

結局そのやり方では柴八戒が変わることはありませんでしたが、タケミチ達の思いが柴八戒を一瞬で強く変えてしまいます。

→柴八戒の強さの詳細を見る

柴家の3兄弟の本当の思い

最後はマイキーが駆けつけて柴大寿を一発KO、さらにドラケンが教会周りにいた黒龍の精鋭100人を一人で全滅させるという化け物っぷりを見せ、「聖夜決戦」は終結しました。

更にイヌピーとココも黒龍を抜けたことで黒龍は瓦解し、柴大寿にとっては人生初の敗北となります。


その後、柴八戒は柴大寿に対して「オレら姉弟は二度とアンタに屈しない」と宣言して去っていき、柴柚葉は母親が病死してからの話をしています。

ママが死んでからずっと
兄貴はママの話をしなかった
自分を追い詰めて塞ぎ込んで
兄貴はあの頃からずっと独りだった

東京リベンジャーズにおいて柴大寿は人でなしの悪魔みたいなキャラですが、実は「家族を守る」という思いが強すぎたために歪んだ方向に進んでしまったようです。

実は母親の病死に誰よりもショックを受けていたのは柴大寿だったのかもしれません。

そして柴柚葉の「死んで欲しいほど嫌いだけど愛してる」というセリフからも、DV兄貴なりに家族を愛していたことは理解していたことが分かりますね。

兄・柴大寿は家を出ていく

漫画13巻の第110話では柴大寿が柴家を出ていく様子が描かれています。

ここで柴大寿が柴柚葉に初めて本音を話していました。

  • 八戒を強く育てたかった
  • 弱ぇアイツにイラついてた

方法は間違えまくっているものの、柴大寿は決して柴八戒や柴柚葉が憎くてDVいていた訳ではなく、むしろ誰よりも愛していたようですね。

そして去り際に「改心するつもりはねぇ。でも暴力が全てじゃねぇ事は認める」と口にしており、柴大寿が長年かけても変えられなかった柴八戒を1日で変えてしまったタケミチのことを認めていました。


柴大寿が道を踏み外さなければ仲の良い3兄弟になっていたでしょう。

最後に柴大寿が出ていく瞬間、アザだらけの柴柚葉が涙ぐみながら見送っていたシーンからもそれが分かるもの哀しい名シーンでしたね。

東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)と兄・柴大寿、姉・柴柚葉の未来(現在)

ここまで柴家の3兄弟の関係や過去、物語の展開などについて解説してきました。

最後は柴大寿が家を出ていくという結末でしたが、その後の未来(現在)で3兄弟はどんな姿になっているのか、その状況について見ていきましょう。

柴大寿はデカイ店のオーナー

漫画15巻の第131話~132話では大人バージョンの柴大寿が登場します。悪すぎる人相は大人になっても相変わらずですね笑

ただし流石に黒龍の総長だった頃のようにいきなり後ろからラリアートかましてきたりはせず、かなり落ち着いた様子でした。

そんな柴大寿は大人になってから大成功しているようで、作中ではデカい水槽がバックにあるオシャレなレストランのオーナーを務めています。

都内にこれだけデカい店を構えられる時点でもの凄いことで、さらに経営しているのがこの店一軒だけとは限りません。

柴大寿は腕っぷしが鬼のように強くて人相が悪く、極めつけに頭もキレるので、それなりに裏社会にも繋がりがありそうですね。

柴八戒(しばはっかい)はトップモデル!柚葉がマネージャー

「関東事変」が終わった後の未来(漫画22巻の第193話)では大人バージョンの柴八戒(しばはっかい)と柴柚葉が描かれています。

柴八戒はなんとトップモデルとして海外で活躍しており、姉の柴柚葉がマネージャーを務めています。

東京卍會にいた頃から既に高身長でしたが、まさかモデルとして大成功しているとは意外でしたね。


ちなみに柚葉以外の女性が近づくとフリーズするのは相変わらずです。

ただ12年という歳月をかけてヒナには慣れたようで、この世界で柴八戒が話せる女性は柚葉とヒナの2人になりました笑

「東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)の兄・柴大寿と柚葉の関係!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの柴八戒(しばはっかい)と兄の柴大寿、姉の柴柚葉の過去や3兄弟の関係、未来(現在)の状況などについて解説しました。

柴家の3兄弟については柴大寿の圧倒的DVが強烈に印象的です。しかしそれに込められた柴大寿の思いもあり、もっと違う形で妹と弟に寄り添ってほしかったですね


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→柴八戒の強さや戦闘シーンを見る

→東京リベンジャーズの相関図/組織図の最新版を見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました