【東京リベンジャーズ】黒い衝動とは?マイキー闇落ちの理由!

この記事では東京リベンジャーズのマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)が抱えている「黒い衝動」について、その正体や闇落ちとの関係、作中で「黒い衝動」が発動したシーンなどを解説します。


東京リベンジャーズにおいて未来(現在)のマイキーが闇落ちすることが大きな問題の一つとなっています。

今回はマイキーの闇落ちと関係が深い「黒い衝動」の正体や発動条件、発動シーンなどを詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 黒い衝動の正体
  • 黒い衝動と闇落ちの関係
  • 作中で黒い衝動が発動したシーン


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】黒い衝動の正体とは?マイキーの闇落ちの理由

黒い衝動」の存在については漫画23巻の第200話でマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)のビデオレターの中で初めて語られました。


黒い衝動」とはマイキーの中にある「もう一人の人格」のような存在で、マイキー自身が制御できないものです。

言い換えると「殺人衝動」や「破壊衝動」に近いものですが、やたらめったら無差別に殺したり破壊したりはしません。

ただし相手に対して一切の情けや容赦はなくなり、この状態のマイキーは「殺す」という選択肢を簡単に選んでしまいます。


後述するとおり、作中でマイキーの中にある「黒い衝動」が発現しているシーンが何度かあり、この状態になったマイキーはかつての優しい笑顔ではなく、冷たい殺人者としての表情を見せていました。

【東京リベンジャーズ】マイキーが未来で闇落ちする原因は黒い衝動?

東京リベンジャーズの作中ではタケミチがヒナを助けるために幾度となくタイムリープして過去を改変してきました。

タケミチが何度もタイムリープしては失敗してヒナが死亡していた傍ら、マイキーに関しては毎回必ず闇落ちしています。

実はこの闇落ちの原因こそが先ほどの「黒い衝動」であり、マイキーが自身を制御できなくなったことで、いつも犯罪組織のトップとして多くの人間を殺していました。

マイキーの「黒い衝動」については自分で抑えることができない一方、これまでは下記の人物がいたことで何とか抑えてきました。

  • 佐野真一郎(さのしんいちろう)
  • 佐野エマ(さのえま)
  • 場地圭介(ばじけいすけ)

しかしこの3名はいずれも作中で死亡してしまったためにマイキーの「黒い衝動」を止められる者がいなくなってしまいます。

これによりマイキーの闇落ちルートが毎回確定してしまっている状況です。

→佐野真一郎の死亡シーンを見る

→場地圭介の死亡シーンと死亡理由を見る

→エマの復活の可能性について

【東京リベンジャーズ】マイキーの黒い衝動が発動&闇落ちしたシーン

次に作中でマイキーの中にある「黒い衝動」が発動したシーンについて見ていきましょう。

基本的にマイキーの「黒い衝動」が発動するのは未来(現在)ですが、タケミチが過去を変える前の世界では中学生時代で既に発動している描写もあります。

「83抗争」の後に発動していた?

漫画4巻の第29話ではマイキーがタケミチに対して「オマエは一体何者だ?」と問いかけるシーンがあります。

ここの描写は「黒い衝動」が発動しているかどうかは分からない場面ですが、この時のマイキーの表情が普段とは明らかに違っており、どちらかと言うと闇落ちしている時の目に近いものでした。


次の瞬間にはマイキーはいつもの笑顔に戻ってホッとする場面でしたが、普段からこの表情が現れるぐらい「黒い衝動」の影響は大きいのかもしれません。

「血のハロウィン」で羽宮一虎を撲殺

漫画6巻の第48話ではタケミチが未来(現在)のドラケンに当時の話を聞いていた際、マイキーが一虎をタコ殴りにして撲殺した時のシーンが描かれています。

この時は一虎が場地圭介を殺したことでマイキーが完全にキレてしまい、「黒い衝動」が全面に出た形になっています。

この状態になった時のマイキーの目は普段とは全く違ったものになり、無感情な機械のように殺戮を続けます。


このシーンでは失神して完全に無抵抗になった一虎を執拗に殴り続け、誰も止めることができずに一虎は死亡しました。

「血のハロウィン」後の未来(現在)で東京卍會メンバーを粛清

「血のハロウィン」の後の未来(現在)ではタケミチが東京卍會の最高幹部の一人となっています。

そして漫画9巻の第74話ではこの世界の羽宮一虎がタケミチに現状を説明しており、マイキーはパーちん、ぺーやんを殺すように指示していました。

この時のマイキーの姿は描かれていませんが、元東京卍會のメンバーの粛清を始めていたことからも明らかに闇落ちしており、「黒い衝動」も発動していた筈です。

「聖夜決戦」後の未来(現在)で東京卍會メンバーを皆殺し

聖夜決戦」を終えた後の未来(現在)ではマイキーが闇落ちした姿が色濃く描かれています。

この世界のマイキーにも「黒い衝動」が発動しており、東京卍會の主要メンバーはマイキーによって殺されました。

作中では下記のメンバーを殺害したことが言及されていますが、それ以外のメンバーも全て殺されています。

ドラケン:斬殺
三ツ谷隆:絞殺
松野千冬:射殺
柴八戒 :焼殺
パーちん:殺害
羽宮一虎:殺害

この世界ではタケミチとマイキーがフィリピンで再会し、そこでタケミチは「黒い衝動」に侵食されて自分を制御できなくなっていたマイキーを見ました。

そしてマイキーはタケミチに銃を突きつけて「オレを殺せ」と迫りますが、そこにナオトが駆けつけてマイキーの頭を撃ち抜いてタケミチを救出します。


マイキーは死に際に「オレの人生は苦しみだけだった」と口にしていたことからも、「黒い衝動」が発動してからのマイキーの過酷な人生が伺えますね。

「関東事変」の後の未来(現在)で梵天の首領に

関東事変」の未来(現在)では東京卍會こそ存在していないものの、それと同等の巨大犯罪組織である「梵天(ぼんてん)」が創設されていました。

そして梵天の首領はマイキーであり、このマイキーも「黒い衝動」が発現してガッツリ闇落ちしています。

マイキーが闇落ちしているかどうかは目つきで判別することができ、無感情な機械のような雰囲気となっていました。


タケミチはこの世界のマイキーと再会しましたが、話している最中にマイキーは無造作にタケミチに発砲しており、その非情っぷりが伺えます。

さらにその後マイキーは廃墟の屋上から飛び降りているため、「聖夜決戦」後のマイキーと同様に「もう楽になりたい」と思っていたようですね。

2008年時点で「黒い衝動」が発動中

漫画24巻の第207話からは未来(現在)から10年前の2008年が舞台となります。

この時代のマイキーは既に「黒い衝動」が発動しており、東京卍會の総長時代とは全く別人になっていました。


ちなみにマイキーの相棒であるドラケンですらその変貌ぶりに絶望し、東京卍會が解散になって間もなくドラケンはマイキーと決別しています。

この時代のマイキーの「黒い衝動」を何とかできるかどうかが東京リベンジャーズ最終章のテーマとなります。

→マイキーのこれまでの未来一覧を見る

【東京リベンジャーズ】マイキーだけじゃなく寺野サウスも「黒い衝動」が発動して闇落ち!?

東京リベンジャーズの第228話では「三天戦争」の最中、寺野サウスが今牛若狭(いまうしわかさ)と荒師慶三(あらしけいぞう)を前に次のように口にしていました。

齢十二の時、父と呼べる男を、愛を握って殴り殺した
十四の時、報復で母は殺され、オレもこのキズで生死を彷徨った
なのに「衝動」は収まらない

そして次の瞬間、今牛若狭と荒師慶三を瞬殺する圧倒的な強さを見せています。

さらにここで寺野サウスはマイキーに「暴力に愛された者にしかわからないこの衝動・・テメェにならわかるだろ?」と語りかけており、寺野サウスが持っているのがマイキーと同じ「黒い衝動」であることが示唆されました。


作中ではマイキーだけが持っている衝動かと思いきや、寺野サウスも「黒い衝動」を抱えた人物だったんですね。

「【東京リベンジャーズ】黒い衝動とは?マイキー闇落ちの理由!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)が抱えている「黒い衝動」について、その正体や闇落ちとの関係、作中で「黒い衝動」が発動したシーンなどを解説しました。


東京リベンジャーズにおける目的は「ヒナを助けること」でしたが、最終章における目的は「マイキーを助ける」にシフトしています。

その鍵が「黒い衝動」であり、この存在が東京リベンジャーズの物語の肝になりそうですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→マイキーの未来一覧を見る

→タケミチが闇落ちする?噂の真相!

→東京リベンジャーズの相関図/組織図の最新版を見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました