東京リベンジャーズのゼファーとは?ドラケンの愛機の値段や排気音がヤバい?

この記事では東京リベンジャーズのドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)の愛機・ゼファーについて、排気音の動画や値段、作中でドラケンが乗っているシーンの一覧などをご紹介します。


ドラケンは東京リベンジャーズの作中で喧嘩無双するシーンが目立ちますが、暴走族の副総長なだけあってかっこいいバイクに乗っています。

今回はそんなドラケンの愛機であるゼファーについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ゼファーの実写や排気音
  • ゼファーの値段
  • ドラケンがゼファーに乗っているシーン


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの各キャラのバイク一覧はこちらの記事からどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)はドラケンの愛機(バイク)!

東京リベンジャーズに登場する「ゼファー」とはドラケンの愛機(バイク)の愛称で、正式名称は「ZEPHYR400」です。

ZEPHYR400は1989年に登場しています。当時のメーカーがカタログスペックを競い合う仁義なき戦いを繰り広げていた中、カワサキが敢えてカウルなしのバイクをリリースしました。

これによりフルカウルのバイク以外を求めていた人々に大人気となり、ネイキッド(カウルなし)のブームに火を点けたモデルです。

ちなみに「ゼファー」とは「西風」を意味しており、カワサキが西日本にあったことからこの名前が付けられました。


もはや名前からしてかっこいいこのバイクですが、東京リベンジャーズの作中では登場頻度は少なめです。

というのもドラケンの登場シーンは普段の会話や抗争中の喧嘩がメインなので、ゼファーに乗って飛ばしているシーンは意外に限られています。

【大人気!】東京リベンジャーズの23巻発売中!
→東京リベンジャーズ23巻を読む
スポンサーリンク

東京リベンジャーズのゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)の排気音!【動画あり】

それでは実際にゼファー(ZEPHYR400)の排気音を聞いてみましょう。

こちらの動画ではゼファー(ZEPHYR400)を停車させた状態でエンジンを吹かせています。バイク好きな方であればたまらない音ですね。

ただし住宅街とかでコレをやると苦情の元なので、人気のないところでやりましょうわ笑

さらにこちらの動画がゼファー(ZEPHYR400)に乗っている人とのツーリング動画です。動画の1:40あたりからゼファー(ZEPHYR400)が登場します。

実際に道を走っている時のゼファーの排気音がやっぱりかっこいいですね☆

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)のメーカーはカワサキ!実写は?

先ほどの動画でもゼファー(ZEPHYR400)の車体は見えていましたが、改めてゼファー(ZEPHYR400)の実写画像をご紹介します。

東京リベンジャーズの実写映画版でもドラケンが登場するため、そこにゼファー(ZEPHYR400)もありますね。

ドラケンの後ろにある白とオレンジのカラーリングのバイクがゼファー(ZEPHYR400)で、車体にはちゃんとドラケンの頭の刺青と同じドラゴンが描かれています。

ドラケン役の山田裕貴(やまだゆうき)がゼファー(ZEPHYR400)で飛ばしている姿は絶対かっこいいですね☆

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)の値段は?

ゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)の値段については年式や車検の有無などで価格が上下するようです。

安いモノであれば80万円前後、一般的には100万円前後の値段ですね(モノによっては200万とかします)。

東京リベンジャーズに登場するバイクの中ではリーズナブルな価格帯です。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのゼファー(KAWASAKI ZEPHYR400)をドラケンが乗るシーンの一覧

実際に東京リベンジャーズの作中でドラケンがゼファー(ZEPHYR400)に乗っているシーンをご紹介します。

冒頭でお話したとおり、ドラケンの登場シーン自体が「普段の会話」「喧嘩」がメインなので、ゼファー(ZEPHYR400)に乗っているシーンは意外に少なめです。

ハマでツーリング(6巻の第43話)

ドラケンがゼファーを乗り回しているシーンは漫画6巻の第43話で描かれています。

これは芭流覇羅(バルハラ)に降った場地圭介がタケミチに過去のエピソードを語った際の回想シーンで、東京卍會の創設メンバーでツーリングに来ていました。


ちなみにこの時はまだマイキーがバブを持っておらず、原付き(ディオ)でペケペケ走っていたのでドラケンはあまりスピードを出せないという縛りで走っています笑

ドラケンのゼファーは日本一(8巻の第63話)

こちらも過去の回想シーンで、漫画8巻の第63話では東京卍會の創設エピソードが語られています。

その際に場地圭介が自身の愛機であるゴキを「東京一」と豪語したことで、ドラケンが張り合って「オレのゼファーは日本一だけど?」と言い出します。

さらに三ツ谷隆は「オレのインパルスは世界一だぞ?」、羽宮一虎は「オレのケッチは宇宙一だコラ」と不毛なやり取りが展開されていました。


ちなみに上記画像のドラケンは既に身長も高くて貫禄があるので、ゼファーに跨っていても違和感はありませんが、当時まだ13歳です笑

三ツ谷隆との出会い秘話(14巻の第122話)

漫画14巻の第122話ではドラケンと三ツ谷隆がバイクで飛ばしているシーンが描かれています。

2人はバイクで走りながら出会った時のことを語っており、そこでは三ツ谷隆が家出した時のエピソードドラケンと偶然会ったこと、実は三ツ谷隆の髪の下にはドラケンと同じ刺青があることなどが明らかになりました。

2人ともバイクで駆けながら語り合う姿がかっこいいですね☆

「関東事変」で登場(19巻の第169話)

漫画19巻の第169話では天竺との抗争である「関東事変」の真っ只中で、タケミチが孤軍奮闘している時にマイキーとドラケンが到着しました。

関東事変」ではタケミチ以外の隊長が不在他の隊員も満身創痍という絶望的な状況でしたが、マイキーとドラケンが来た時の安心感が半端じゃなく、ゼファーに乗って登場したドラケンもカッコ良すぎましたね。

稀咲鉄太を追跡(20巻の第179話)

漫画20巻の第179話では黒川イザナの死亡により「関東事変」が終結し、更に半間修二が稀咲鉄太を連れて逃走したため、ドラケンがタケミチを乗せて追いかけます。

その後はドラケンがゼファーで飛ばして半間修二を追い、遂に稀咲鉄太を追い詰めました。作中でドラケンがゼファーに乗って走るシーンは、先ほどの東京卍會創設の回想シーン以来でしたね。


ちなみにゼファーもドラケンもメチャクチャ絵になっていてかっこいい場面ですが、この時ですらドラケンはまだ15歳です笑

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのゼファーとは?ドラケンの愛機の値段や排気音を解説!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)の愛機・ゼファーについて、排気音の動画や値段、作中でドラケンが乗っているシーンの一覧などをご紹介しました。


東京リベンジャーズの物語のメインは抗争やタイムリープですが、作中に登場するバイクの描写も気合が入っており、バイク好きな方にはたまらないシーンがいくつもあります。

他キャラのバイクの登場シーンなども探してみると面白いですよ☆


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました