東京リベンジャーズのタケミチの強さ!隊長で一番弱い?段々強くなる主人公!

この記事では東京リベンジャーズの主人公のタケミっちーこと花垣武道(はながきたけみち)の強さについて、作中の喧嘩のシーンと共に解説します。


東京リベンジャーズの物語においてタケミチはタイムリープにより幾度となく過去を改変していきますが、その中でほぼ必ず喧嘩や抗争に関わります。

今回はタケミチが作中で見せた喧嘩の描写から、その強さについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • タケミチの作中の喧嘩一覧
  • タケミチの強さ


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのタケミチの強さは隊長の中で一番弱い?

タケミチは東京卍會(トーマン)において壱番隊の隊長を務めています。

しかしタケミチは決して喧嘩が強いわけではなく、マイキーやドラケンは勿論、他の各隊長達の強さと見比べても圧倒的に弱いと言えます。


ご参考までに他の隊長達の名前を一覧表でご紹介します。やはりこうして隊長を並べるとそうそうたるメンバーですね。

特攻隊 隊長名
壱番隊 花垣武道
弐番隊 三ツ谷隆
参番隊 林田春樹(代理:林良平)
肆番隊 河田ナホヤ
伍番隊 武藤泰宏(途中脱退)
陸番隊 半間修二(途中脱退)

マイキーもタケミチの喧嘩の弱さには言及していますが、そもそもタケミチは腕っぷしで壱番隊の隊長に選ばれたわけではありません。

元壱番隊の隊長・場地圭介の意思を継ぐ者として、副隊長の千冬から指名されたことで就任しました。


よってタケミチの強さの真骨頂は腕っぷしではなくメンタル意思の強さであり、東京リベンジャーズの物語の最後までそれが表れています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのタケミチが作中で喧嘩したシーン一覧表!強さと結果を考察!

次にタケミチが作中で喧嘩したシーンについて、その相手や結果などを一覧表にまとめましたのでご紹介します。


先述のとおりタケミチは喧嘩の強さ自体は東京卍會の中でも最下位層にいるので、基本的に負けが多く、勝利するのは稀です。

ちなみに作中で橘日向(ヒナ)にボコられるのはノーカウントにしています笑

タケミチの
喧嘩・戦闘の相手
登場巻・登場話 喧嘩の勝敗
喧嘩賭博の兵隊A君 漫画1巻の第2話 敗北
清水将貴(キヨマサ) 漫画1巻の第3話 勝敗なし
清水将貴(キヨマサ)&
取り巻き
漫画3巻の第20話 敗北
清水将貴(キヨマサ) 漫画4巻の第25話 勝利
芭流覇羅(バルハラ) 漫画6巻の第51話~
漫画8巻の第63話

(東京卍會の勝利)
柴大寿 漫画10巻の第80話 敗北
柴大寿 漫画12巻の第99話~
第100話
勝敗なし
武藤泰宏(ムーチョ) 漫画16巻の第139話~
第142話
敗北
鶴蝶 漫画19巻の第165話 勝敗なし
黒川イザナ 漫画19巻の第168話 勝敗なし
稀咲鉄太 漫画21巻の第180話~
第184話
勝敗なし

結果だけを見るとタケミチが勝利することは非常に稀ですが、とにかく「諦めない心」が半端じゃないため、どれだけ殴られてもギブアップせず、中々失神もしません。

よって連戦連敗というわけではなく、「勝敗なし」も多いです。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのタケミチの強さを戦闘シーンから考察!

先ほどご紹介したタケミチの喧嘩・戦闘について一覧表でご紹介しましたが、一つ一つの戦いを詳しく見ていきましょう。

物語序盤から順番に見ていくと、物語が進むにつれていかにタケミチが恐ろしい相手と戦ってきたかが見て取れますね。

タケミチの強さ&戦闘シーン:喧嘩賭博の兵隊A君

漫画1巻の第2話で、タケミチが2回目のタイムリープをした瞬間はちょうど「喧嘩賭博」が始まる時でした。

目の前にはタケミチと同様に「喧嘩賭博」の兵隊として駆り出されているA君(仮)が臨戦態勢に入っており、タイムリープ直後で状況が飲み込めないタケミチはなすすべなくパンチを貰ってワンパンKOされました。

タケミチの強さ&戦闘シーン:キヨマサとタイマン(1回目)

漫画1巻の第2話では「喧嘩賭博」のファイターにタケミチの幼馴染の山本タクヤが指名されました。

しかし喧嘩賭博の開始直前にタケミチが何と主催のキヨマサに「タイマン張ってくれよ」と挑戦状を叩きつけ、急遽タケミチ vs キヨマサの戦いとなります。


キヨマサの方が年齢も上、体格も遥かに上、喧嘩の強さも経験も段違いに上ということでタケミチは一方的に殴られ続けますが、何十発浴びようがタケミチはギブアップしませんでした。

そして全く折れないタケミチに業を煮やしたキヨマサが配下に「バット持ってこい」と指示し、もはやタイマンの様相から外れ始めたところでマイキードラケンが現れます。


ここでキヨマサがマイキーにボコされたため、タケミチとキヨマサの勝負の行方はお預けとなりました。

タケミチの強さ&戦闘シーン:キヨマサと取り巻きにボコられて簀巻きにされる

漫画3巻の第20話ではドラケン殺害計画を立てていたキヨマサとその取り巻き達にタケミチが囲まれ、多勢に無勢で勝てるはずもなく一方的にボコられました。

最後はガムテープで簀巻きにされて放置され、喧嘩の勝敗で言えば敗北となった戦いです。


しかしこれはタケミチが弱いといった話ではなく、歳上の相手7人に囲まれたら普通の人間であれば敗北して当然ですね。

タケミチの強さを戦闘シーン:キヨマサとタイマン(2回目)

漫画4巻の第25話ではタケミチとキヨマサが2回目のタイマンを張る場面があります。


先述のとおり普通にタイマン張ってもキヨマサの方がタケミチより圧倒的に強いですが、この時のキヨマサは短刀(ドス)でタケミチの左手を刺してくるというクソな先制攻撃から入ります。

その後は実力差通りにキヨマサが圧倒的優位に戦いを進めますが、タケミチが決死のタックルで組み付き、キヨマサの脇腹に噛みつきました。

そして怯んだ隙にキヨマサの後ろに回り込んでチョークスリーパーを極めそのまま落とすという大金星を上げます。


このシーンは東京リベンジャーズの作中でもタケミチが明確に勝利した珍しい戦いで、しかも因縁の相手、人生のトラウマとなっていた相手に勝つという熱い名シーンです。

タケミチの強さを戦闘シーン:「血のハロウィン」で奮闘

漫画6巻の第51話~漫画8巻の第63話では東京卍會と芭流覇羅(バルハラ)の全面戦争となる抗争「血のハロウィン」が行われました。

タケミチはキヨマサに大金星を上げたとは言え、年齢も体格も上の相手ばかりの芭流覇羅相手では大きな戦果は上げられていません。


しかしタケミチは戦果を上げれなかった代わりに、持ち前の不屈の精神で立ち向かって行く姿東京卍會を奮起させました。

これがドラケン大暴れの契機となり、戦果にはならずともタケミチの果たした役割は大きいです。

タケミチの強さを戦闘シーン:「聖夜決戦」で柴大寿と対決

漫画10巻の第80話では黒龍の10代目総長・柴大寿(しばたいじゅ)と対決、というか一方的にボコられました。

タケミチは体格もパワーも強さも桁外れの柴大寿に捕まって滅多打ちにされ、全く抵抗できずに失神させられます。


タケミチが持ち前の不屈の鬼メンタルを見せるのは明確なミッションや目的がある時なので、この時は突然の開戦であっという間に敗北してしまいましたね。

そして漫画12巻の第99話~第100話ではタケミチと柴大寿の一騎討ちのシーンが描かれます。

流石にリーチもパワーも段違いに格上の相手で、途中まではタケミチが一方的に攻撃を貰っていましたが、最後は意地の一発で相打ちとなります。

そのタケミチの一発が柴大寿の下顎のいいところにクリーンヒットしたため、作中で柴大寿が初めてのダウンを喫します。


その後はマイキーが駆けつけて柴大寿を撃破し、さらに教会周辺を囲んでいた黒龍の部隊はドラケンが一人で全滅させ、「聖夜決戦」は無事に終わりました。

タケミチの強さを戦闘シーン:「関東事変」前にムーチョ(武藤泰宏)の襲撃

漫画16巻の第139話~第142話では武藤泰宏とタケミチの戦い、というかムーチョによる処刑が描かれます。


突然タケミチの元に現れたムーチョは何も言わずにタケミチをボコ打ちにして連行しました。すると連行先には九井一と乾青宗もボコされた上に拘束されています。

その目的は「九井一を天竺に引き抜くため」であり、ムーチョは「タケミチと乾青宗を殺されたくなければ天竺に来い」と脅迫しました。


タケミチは後ろ手に縛られていながらムーチョに立ち向かうという無謀なところを見せますが、結局九井一が天竺に降ることを了承したため、そこでタケミチと乾青宗は解放されました。

タケミチの強さを戦闘シーン:「関東事変」で鶴蝶と対決

「関東事変」では鶴蝶(カクチョー)がタケミチの相手を務めます。

鶴蝶は天竺の四天王筆頭であり、黒川イザナが「鶴蝶に比べれば他の四天王は凪(ザコ)」と表現するほどの強さを持っています。


実際鶴蝶の段違いの身体能力の前にタケミチの攻撃は一切当たらず、逆に他の東京卍會主力を一発KOする威力のパンチとキックを浴びまくりました。

しかしここでもタケミチ持ち前の不屈の鬼メンタルにより諦めず、タケミチの方がダメージ甚大にも関わらず気迫だけで鶴蝶を躊躇させています。

タケミチの強さを戦闘シーン:「関東事変」で黒川イザナと対決

漫画19巻の第168話では天竺の総長・黒川イザナとの戦いが描かれています。

黒川イザナは鶴蝶をも上回る強さを持ち、あのマイキーとも互角にやり合うほどなので、当然ながらタケミチでは全く敵いません。

しかし鶴蝶の時と同様に、黒川イザナの攻撃を浴びても不屈の精神で諦めず、最後まで耐え抜いて敗北はしませんでした。


この後マイキーが駆けつけ、東京卍會と天竺の頂上決戦となります。

タケミチの強さを戦闘シーン:「関東事変」の後、稀咲鉄太と対決

関東事変」の後はタケミチと稀咲鉄太(きさきてった)が1対1になる場面があります。

稀咲鉄太は未来(現在)でヒナを毎回殺していた全ての元凶であり、タケミチにとっては東京リベンジャーズの物語全体を通した因縁の相手です。


この時タケミチは稀咲鉄太の銃弾で左足の甲を撃ち抜かれ鶴蝶や黒川イザナの攻撃を浴びまくって満身創痍でした。

しかし稀咲鉄太との殴り合いには最終的に優位となり、更に銃を出してきた稀咲鉄太の手を蹴り上げて逆に銃を奪い、内容だけで言えばこの戦いはタケミチの勝利と言えるでしょう。


ただ最後は稀咲鉄太が逃亡し、その道中でトラックにはねられて壮絶な死を迎えました。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのタケミチの強さの理由は「諦めない心」!

ここまでタケミチの作中の喧嘩や戦いの詳細やタケミチの強さなどについて解説してきました。

お話してきたとおりタケミチは決して喧嘩が強いわけではなく、東京卍會の隊長や副隊長達と比べても完全に見劣りする強さです。


しかしお話してきたとおりタケミチの強さの本領は腕っぷしではなく、どんな戦況でも絶対に諦めない不屈の心です。

これまでの戦いでタケミチは敗北寸前の大ダメージを食らう場面が何度もありましたが、どんな時も絶対に諦めず、最終的には東京卍會の勝利を手繰り寄せています。


これは喧嘩が強いからと言ってできる芸当ではなく、マイキーやドラケンがタケミチを一目見て気に入ったのもこの不屈の心鬼のメンタルを見抜いていたのでしょう。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのタケミチの強さ!隊長で一番弱い?段々強くなる主人公!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの主人公のタケミっちーこと花垣武道(はながきたけみち)の強さについて、作中の喧嘩のシーンと共に解説しました。


ここまでお話したとおり、タケミチは東京リベンジャーズの主人公ながら作中でも最下位レベルの強さです。

なのでタケミチに関しては「爽快に敵をなぎ倒す」といったシーンはありませんが、その平凡な強さ不屈の心がファンに愛される要因ですね☆


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント