東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)のメンバー一覧!梵天との関係は?

東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)のメンバー一覧!梵天との関係は?

この記事では東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)の主要メンバー一覧や最終章における役割や展開、梵天(ぼんてん)との関係などについて解説します。


梵(ブラフマン)は東京リベンジャーズの第208話で初めてその存在が明らかになり、最終章において重要なチームの一つです。

そんな梵(ブラフマン)は首領の瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)を中心に、2008年の東京の三大勢力の一つで、フードのついた黒い特攻服も特徴です。


まずは梵(ブラフマン)の主要メンバー一覧から見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 梵(ブラフマン)の主要メンバー一覧
  • 梵(ブラフマン)のチーム名の由来
  • 梵(ブラフマン)と梵天の関係


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)のメンバー一覧!

こちらが梵(ブラフマン)の主要なメンバー一覧です。梵(ブラフマン)は首領の瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)を中心に「最強」を謳う愚連隊です。

関東卍會(かんとうまんじかい)や六波羅単代(ろくはらたんだい)と比べて素性が謎で、主要メンバーも少なめなのが逆に不気味ですね。

また梵(ブラフマン)は新宿区を拠点としており、メンバーはフード付きの黒基調の特攻服を着ています。

名前と顔
出身チームなど
人物の概要
首領:
瓦城千咒
不明 梵(ブラフマン)の首領。
明石武臣 不明 梵(ブラフマン)の一員。
未来(現在)では梵天の相談役となっている。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)のチーム名の由来は?

梵(ブラフマン)」というチーム名の元ネタはヒンドゥー教インド哲学の「Brahman(ブラフマン)」だと思われます。

これは第207話の最後のコマで瓦城千咒が来ている特攻服の背中に「BRAHMAN」と「」の文字が刺繍されていることからも分かりますね(ちなみにBrahmanは「梵(ぼん)」と訳されます)。


Brahman(ブラフマン)」は、インド哲学においては宇宙の最高原理を表す言葉、ヒンドゥー教においては三大神の一柱です。ちなみに三大神とは下記の3体のことです。

  • ブラフマー(創造者)
  • ヴィシュヌ(保持者)
  • シヴァ(破壊者)

このことから「梵(ブラフマン)」というチームは「創造」を連想させる役割があると思われ、これが後述する「梵天の創設」を暗示しているのかもしれません。

【東京卍リベンジャーズ】"最終章"で死ぬのは驚愕の◯◯!!"3人"を抹殺したのは"梵天"創設者の明司武臣か…!!※ネタバレ注意

ちなみに梵(ブラフマン)の由来などについてはこちらの動画でも解説されており、色々と参考にさせていただきましたのでご紹介します。

梵(ブラフマン)の他、六波羅単代についてもとても面白い考察をしているので是非観てみて下さい☆


このチャンネルでは東京リベンジャーズについての非常に詳細な考察動画も数多く上がっているので、チャンネル登録しておくことをオススメします!

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)と梵天(ぼんてん)の関係は?

梵(ブラフマン)のチーム名を一目見て気になるのが、未来(現在)の「梵天(ぼんてん)」との関係です。

何故なら「梵(ブラフマン)」も「梵天(ぼんてん)」も「」の漢字が共通しているからで、チーム名だけを見ると「梵(ブラフマン)が梵天(ぼんてん)の母体」とも取れます。

もしかしたら「梵(ブラフマン)」が関東卍會や六波羅単代を吸収合併して「梵天」になる、という経緯だったのかもしれません。


何より先ほどお話した通り、「梵(ブラフマン)」のチーム名の由来から「創造者」を表していると思われ、これは「梵天の創設」を連想させます。

最終章では「梵(ブラフマン)」の動向には常に要注目ですね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)のメンバー一覧!梵天との関係は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)の主要メンバー一覧や最終章における役割や展開、梵天(ぼんてん)との関係などについて解説しました。


梵(ブラフマン)はその風体や存在から不気味な印象が強いチームで、東京リベンジャーズの最終章では最重要となる組織の一つです。

東京リベンジャーズは熱い展開だけでなく、チーム名の由来などの考察ポイントが多いのも面白い魅力ですね☆


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント