東京リベンジャーズのマイキーのかっこいいシーン!イケメンの総長・佐野万次郎!

この記事では東京リベンジャーズのマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)のかっこいいシーンやかっこいいと言われる理由について解説します。


東京リベンジャーズのマイキーは不良やヤンキー達のカリスマであり、その強さと求心力に東京卍會のメンバー全員が心酔しています。

まずはマイキーが作中で見せるかっこいいシーンについて順番にご紹介します。

この記事で分かること
  • マイキーのかっこいいシーン
  • マイキーが「かっこいい」と言われる理由


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのマイキーのかっこいいシーン!

東京リベンジャーズの作中におけるマイキーのかっこいいシーンについて、巻数や話数と共にご紹介します。

物語の舞台となるのはマイキーが率いる「東京卍會(とうきょうまんじかい)」という不良グループで、マイキーは数々の抗争で一騎当千の強さを見せるなど、不良達にとってはかっこいいカリスマ的な存在です。

マイキーのかっこいいシーン:初登場からオーラがヤバい(1巻の第3話)

マイキーが作中で初登場したのは漫画1巻の第3話で、タケミチ達がキヨマサ達に「喧嘩賭博」に駆り出されていた時です。

タケミチがキヨマサとタイマンはっている時にドラケンと一緒にマイキーが現れ、その瞬間にタケミチ達を奴隷扱いしていた男たちが一斉に頭を下げて挨拶しました。

タケミチを始めとする不良達からしたら「かっこいいの代名詞」のような存在ですね。


マイキーは身長が高いわけでもガタイがいいわけでもなく、どちらかと言えば小柄な方ですが、ただそこにいるだけでオーラが半端じゃないです。

マイキーのかっこいいシーン:新しい時代を作る(1巻の第5話)

マイキーがかっこいいシーンが漫画1巻の第5話で描かれており、ここではマイキーがタケミチに自身の夢を語っています。

マイキーは「不良がダセーって言われる時代」に不満を覚えており、

  • その辺をチョッカンコール鳴らしながらすごい数の暴走族がいた
  • 毎日喧嘩ばっかり
  • でも自分のケツは自分で拭く

という「不良の時代」を作ろうと考えています。


夕日を見ながら「時代を作る」という夢を語るという正に青春もののシーンですが、マイキーが語ると様になっていてかっこいいですね。

マイキーのかっこいいシーン:マイキーのハイキック

東京リベンジャーズではマイキーのかっこいい戦闘シーンが大きな見どころの一つです。

ちなみにマイキーの場合はあまりに強すぎてほとんどが一発KOで終わってしまい、喧嘩が長引くことはほとんどありません。

ここでは作中のマイキーのかっこいいハイキックのシーンを集めました。

マイキーが最初にハイキックを見せたのは漫画3巻の第15話で、「愛美愛主(メビウス)」の総長・長内信高(おさないのぶたか)との喧嘩のシーンです。

長内は当時高校生であり、15歳のマイキーにとっては年齢も体格も上の相手でしたが、体格差を関じさせないハイキック一発で勝負が決しました。

円を描く蹴りの軌道とブレない体幹がかっこいい名シーンですね。


ちなみにこの後は長内が割れたビール瓶を持ってマイキーに襲いかかってきますが、ドラケンが膝蹴りで伸しています。

さらに漫画7巻の第59話では「芭流覇羅(バルハラ)」との抗争中、マイキーが半間修二(はんましゅうじ)をハイキック一発で意識を飛ばしました。

半間修二はドラケンと真正面から殴り合っていてもいつまでも倒れないタフガイでしたが、マイキーの蹴りの前ではそんなタフさも吹き飛ばされています。

マイキーの蹴りの軌道がかっこいいシーンであり、、半間修二が地面に叩きつけられる時の残像がヤバいシーンですね笑


そして漫画12巻の第106話では「黒龍(ブラックドラゴン)」との抗争中、総長の柴大寿(しばたいじゅ)をハイキック一発でKOしました。

柴大寿はこれまでの相手の中でも段違いにガタイが良く、身長が高いのでマイキーのハイキックが威力を出せるか心配なところでしたが、マイキーは舞うように跳びながら柴大寿の頭を捉えました。

ちなみにタケミチにはマイキーの蹴りが速すぎて目で追えず、「大寿が消えた」と表現しています。


蹴り終わった後のマイキーの姿があまりに華麗でかっこいい名シーンでしたね。

マイキーのかっこいいシーン:エマの誕生日に付き合ってあげる(8巻の第66話)

喧嘩をさせれば常勝無敗で無敵のマイキーですが、普段の生活では妹のエマの面倒を見たりと意外に面倒見が良いところもあります。

漫画8巻の第66話ではエマの誕生日にマイキーが付き合ってあげており、二人でパンケーキを食べるなど恋人同士のように仲が良いシーンが描かれていました。


ちなみにこの時、マイキーとエマが兄妹であることを知らなかったタケミチが陰から見ており、「ドラケンがこんなシーンみたらハルマゲドンが起こる」と戦々恐々としています笑

マイキーのかっこいいシーン:本当に大切なのは自分に負けない事(13巻の第109話)

マイキーは喧嘩が強いところが目に付きますが、随所で残す名言もかっこいい理由の一つです。

柴大寿を倒したことで「黒龍(ブラックドラゴン)」を潰した後の漫画13巻の第109話で、マイキーはタケミチに向かって「オマエは強い。タケミっち」と言った上で、

本当に大切な事は
喧嘩に勝つ事じゃねぇ
自分に負けない事だ

という名言を残しています。


マイキーはこのシーンでボソっと「オレは弱いよ」と呟くシーンがあり、常勝無敗のマイキーがタケミチの生き様をかっこいいと思っていたことが分かる名シーンです。

マイキーのかっこいいシーン:ヒーローは遅れてやってくる(19巻の第168話)

作中でマイキーが一番かっこいいシーンと言っても過言ではないのが、漫画19巻の第168話の登場シーンです。


後に「関東事変」と呼ばれる東京卍會と天竺の抗争では、東京卍會50人に対して天竺400人という圧倒的不利な戦いでした。

そんな中でタケミチを中心に東京卍會メンバーが最後まで踏ん張り、妹のエマが死亡した直後にも関わらずマイキーが駆けつけました。


東京卍會にとっても天竺にとっても「マイキーが来るはずが無い」と思っていたため、絶体絶命の状況での登場があまりにかっこいい名シーンです。

マイキーのかっこいいシーン:東京卍會総長の決断(21巻の第188話)

天竺との抗争に勝利した東京卍會は日本一の不良グループとなりました。

そしてマイキーはタケミチが未来から来たことをヒナから聞いていたため、改めてタケミチから未来での出来事について聞きます。

タケミチがここまで不屈の心で尽力してきたことを讃えつつ、マイキーはここで大きな決断をしました。

集まった東京卍會メンバーに向かってマイキーが突然「東京卍會を解散する」と宣言しました。

当たり前ですが寝耳に水状態のメンバーにも構わず、マイキーは各隊長とドラケンに一言ずつ声をかけ、最後に全員に向かって

東卍(トーマン)は今日で解散する
どんな最高の時間だっていつかは終わる!!
それが今日なだけだ
けど忘れんな!!
東卍(トーマン)はいつでもオマエらの心ん中にいる

と叫び、いつまでも全メンバーからの「東卍」コールが鳴り止むことはありませんでした。


タケミチから未来の出来事を聞いたとは言え、この即断即決の潔さがマイキーのかっこいいところですね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのマイキーがかっこいいと言われる理由

ここまで東京リベンジャーズの作中でのマイキーのかっこいいシーンについてご紹介してきました。


東京卍會メンバーから絶対の信頼を集めるカリスマであるマイキーは、味方のみならず敵からもかっこいいと言われるほどの存在です。

ここではマイキーが「かっこいい」と思われる要素について考察します。

喧嘩が強すぎてかっこいい

とにかくマイキーのかっこいいところと言えば「喧嘩が強い」ことで、世の中の不良が憧れる最大の要素の一つです。

基本的にマイキーが来て総長同士の一騎討ちになれば負けることはないため、東京卍會メンバーからは絶対の神のような存在となっています。


男であれば誰しも一度は「最強」というものに憧れるもので、常勝無敗のマイキーが世の不良達のカリスマになるのは当然のことですね。

仲間思いなところがかっこいい

マイキーは東京卍會という不良グループの総長ながら、決して暴力で従わせる恐怖政治を強いているわけではありません。

作中でもパーちんの親友が「愛美愛主(メビウス)」の連中にやられた際に迷いなく潰すことを宣言したり、死の淵にいたドラケンの手術が成功した時に、誰も見ていないところで泣き崩れるなど、仲間思いな一面が見られます。


東京卍會メンバーがついてくるのはマイキーが喧嘩が強いからという理由だけではなく、マイキーの生き様や人柄がかっこいいからという理由も大きいです。

信念を貫く姿がかっこいい

東京卍會は不良グループなので作中でも抗争が絶えず、マイキーも基本的に喧嘩ばっかりしています。

しかし「愛美愛主(メビウス)」や「天竺(てんじく)」などとは違ってマイキーはやたらめったらに喧嘩をふっかけたり、相手メンバーの家族に手を出したりは絶対にしません。


漫画1巻の第5話ではヒナにビンタされたマイキーがキレたフリをしていましたが、ドッキリだったことを明かした後に「女に手ぇだすワケねーじゃん」と語っています。

喧嘩をするにもマイキーなりの「不良道」があり、その信念は最後まで貫いています。

武器を持って奇襲してくるような相手に対しても同じような卑怯な手は決して使わず、「自分に恥じない喧嘩をする」のがマイキーの信念で、こういうかっこいい生き様に東京卍會メンバーも惚れ込んでいます。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのマイキーのかっこいいシーン!イケメンの総長・佐野万次郎!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)のかっこいいシーンやかっこいいと言われる理由について解説しました。


マイキーは東京リベンジャーズの作品のカリスマで、不良達にとってどこまでもかっこいい存在として描かれています。

そんなマイキーが大人になった後も、闇堕ちせずに真っ当に生きる未来が来るといいですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント