東京リベンジャーズのエマとマイキーは兄妹以上の関係?

この記事では東京リベンジャーズの佐野エマ佐野万次郎(マイキー)の関係について、血縁や普段の仲などを解説します。


エマとマイキーの関係は作中で異母兄妹であることが明かされており、仲が良い描写も数多くあります。

そんなエマとマイキーがの関係について、血縁関係以上に深いものがあるのか詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • エマとマイキーの血縁関係
  • エマとマイキーの仲の良さ
  • エマとマイキーの兄妹以上の関係の有無


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのエマとマイキーは異母兄妹!血縁関係を解説

まずはエマとマイキーの血縁関係や父親、母親の関係について詳しく見ていきます。

漫画8巻の第66話で明かされているとおり、エマとマイキーは異母兄妹です。エマは幼少期に佐野家に引き取られて以来ずっと真一郎やマイキーと同じ家で暮らしています。

エマとマイキーの父親は佐野真

真一郎、マイキー、エマの父親は佐野真(さのまこと)です。

佐野真は事故により既に死亡しており、エマが来るまでは真一郎とマイキーはじいちゃんと3人で暮らしていました。

次にそれぞれの母親について見ていきましょう。

マイキーの母親は佐野桜子

真一郎とマイキーの母親は佐野桜子(さのさくらこ)です。

佐野桜子は病気で既に死亡しており、マイキーが幼少期の時点でじいちゃんの家で育てられていたのも両親を亡くしていたからでした。

エマの母親は黒川カレン

一方でエマの母親は黒川カレン(くろかわかれん)です。

真一郎とマイキーの父親である佐野真は黒川カレンと再婚し、エマが生まれました

その後、佐野真と黒川カレンが離婚したのをきっかけに黒川カレンはエマをじいちゃんの道場に置いていき、次の男のところへ行きます。


それが漫画14巻の第123話で描かれているシーンで、エマの「いつ迎えにくるの?」という問いに「用事が終わったらね」と答えていますが、実質エマを捨てています。

黒川イザナはエマともマイキーとも血縁関係なし

ちなみに作中では黒川イザナもマイキーやエマの兄弟として描かれていましたが、漫画20巻の第177話で黒川イザナの口から血縁関係の真相が明かされています。

黒川イザナは黒川カレンが生んだ子ではなく、黒川カレンの前の旦那がフィリピン人女性との間に作った連れ子でした。


つまり黒川イザナの両親は「黒川カレンの元旦那フィリピン人女性」であり、佐野真や黒川カレンとは血の繋がりはありません。

よって真一郎、マイキー、エマとも血縁関係が無いということです。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのエマとマイキーは仲良し兄妹

ここまでエマとマイキーが異母兄妹であることや、お互いの父親と母親について解説してきました。

ここではエマとマイキーの仲の良さについて、作中の描写と共に詳しく見ていきましょう。

マイキーがエマの誕生日に付き合ってあげる

漫画8巻の第66話ではエマの誕生日にマイキーが付き合ってあげているシーンが描かれています。

エマはマイキーとの待ち合わせの際に「大好きマイキー」「ぎゅってして?」とか言いながら抱きつき、デート中もマイキーにパンケーキを食べさせるなど、いくら兄妹にしても仲良すぎな様子です。


ちなみにこの時点で2人が異母兄妹だと知らなかったタケミチは「これをドラケンが見たらハルマゲドンが起こる」と戦々恐々としながら尾行しています笑

エマはマイキーの本当の顔を知っている

漫画17巻の第146話ではエマがマイキーの本当の顔について語っています。


マイキーは東京卍會の総長として、メンバーの前では絶対に弱い所は見せず、「絶対無敵のマイキー」として振る舞っています。

しかし本当は「未だに使い古しのタオルケット握ってないと寝れない弱い男の子」であり、その本当の顔はエマやじいちゃんだけが知っているマイキーです。


エマはマイキーの強い所も弱い所も全て知っており、マイキーの一番の理解者と言える存在でしょう。

それだけにマイキーの闇堕ちを防ぐキーパーソンでしたが、稀咲鉄太にエマが殺されたことでマイキーの闇堕ちを防げなくなります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのエマとマイキーは兄妹以上の感情がある?

ここまでエマとマイキーの父親と母親の詳細や、2人が異様に仲が良い様子などについてお話してきました。

最後にエマとマイキーが兄妹以上の感情があったのかどうかについて見ていきましょう。


結論から言うとエマとマイキーが恋人同士のような、兄妹以上の関係には無かったと思われます。

漫画8巻の第66話では思いっきり恋人感出してる紛らわしい描写はありますが(笑)、エマはひたすらドラケン一筋です。


エマとマイキーが仲良しなのは幼少期からずっと一緒に暮らしていることも要因ですが、エマが佐野家に引き取られた際のマイキーとのやり取りも大きな理由です。

エマは佐野家に来た当初は「母親に捨てられた」ことで塞ぎ込んでいましたが、マイキーの

  • 今日から俺「マイキー」になる
  • 兄貴の俺が「マイキー」なら一緒だから変じゃねぇだろ?

と言って元気づけてくれたことで佐野家に打ち解けることができました。


特に真一郎が死亡した後はエマがマイキーの一番の理解者であり、エマにとってもマイキーは大事な存在となっています。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのエマとマイキーは兄妹以上の関係?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの佐野エマ佐野万次郎(マイキー)の関係について、血縁や普段の仲などを解説しました。


エマとマイキーの仲の良いやり取りは東京リベンジャーズの作中の見どころの一つで、マイキーの闇堕ちにも関わる重要な要素です。

兄妹の関係以上に仲良しな2人だっただけに、エマには生存していてほしかったですね・・


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント