東京リベンジャーズのワカこと今牛若狭(いまうしわかさ)!初代黒龍の創設メンバー!

この記事では東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)の大幹部である「ワカ」こと今牛若狭(いまうしわかさ)の詳細や過去、強さなどについて解説します。


今牛若狭は東京リベンジャーズの漫画24巻の第213話で初登場しました。

登場した時は梵(ブラフマン)の大幹部として登場していますが、今牛若狭は佐野真一郎が総長を務めていた初代黒龍と深い関わりがある人物です。

では早速今牛若狭の詳細について見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 今牛若狭(いまうしわかさ)のポジション
  • 今牛若狭(いまうしわかさ)の過去や強さ

※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのワカこと今牛若狭(いまうしわかさ)は梵(ブラフマン)の大幹部!

東京リベンジャーズの漫画24巻の第213話で、鶴蝶(かくちょう)が荒師慶三(あらしけいぞう)を殴り飛ばした次の瞬間、音も気配もなくその背後に今牛若狭(いまうしわかさ)が出現しました。


鶴蝶は元・天竺の四天王筆頭で、六波羅単代(ろくはらたんだい)においても首席に座っています。

喧嘩屋」の異名はこの時代でも相変わらずで、その強さは不良の間でも有名です。


しかし今牛若狭はそんな鶴蝶をも凌ぎそうな独特の雰囲気を持った人物で、体格は華奢ながら只者ではありません。

【大人気!】東京リベンジャーズの23巻発売中!
→東京リベンジャーズ23巻を読む
スポンサーリンク

東京リベンジャーズのワカこと今牛若狭(いまうしわかさ)は初代黒龍の特攻隊の隊長!

今牛若狭(いまうしわかさ)は梵(ブラフマン)の大幹部という肩書きだけでなく、初代黒龍(ブラックドラゴン)の特攻隊長という、物語において重要な立ち位置にいます。

これはつまりマイキーの兄・佐野真一郎(さのしんいちろう)とも関わりが深いことが伺え、また後述する荒師慶三や明石武臣も初代黒龍メンバーで、今後の物語においても彼らの存在が鍵になってきそうです。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのワカこと今牛若狭(いまうしわかさ)は初代黒龍の最強コンビ&創設メンバー!

今牛若狭(いまうしわかさ)と荒師慶三(あらしけいぞう)は初代黒龍時代における最強コンビでした。

総長の佐野真一郎は喧嘩が弱かったことで有名なので、この2人が初代黒龍における主力の戦闘要員だったようですね。

「牛若丸」を連想させる異名を持つ今牛若狭、「弁慶」を思わせる体躯と異名の荒師慶三を合わせて「ワカとベンケイ」と呼ばれています。


また佐野真一郎、明石武臣に加え、今牛若狭と荒師慶三も初代黒龍の創設メンバーです。

創設当時は4人しかいなかった初代黒龍ですが、ゆくゆくは日本一のチームとなっており、今牛若狭と荒師慶三の喧嘩の強さがそれを支えたのは間違いないですね。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのワカこと今牛若狭(いまうしわかさ)!初代黒龍の創設メンバー!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの梵(ブラフマン)の大幹部である「ワカ」こと今牛若狭(いまうしわかさ)の詳細や過去、強さなどについて解説しました。


今牛若狭は初代黒龍の創設メンバーということで、東京リベンジャーズ最終章では重要人物の一人です。

忍者のような隠密戦闘が得意そうな今牛若狭に今後も注目ですね☆


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました