東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!瓦城千咒の衝撃の正体!

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!

この記事では東京リベンジャーズの漫画25巻の内容について、各話のネタバレ解説をします。


東京リベンジャーズの漫画24巻の最後では瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)がまさかの女子高生姿で登場したシーンで終わりました。

漫画25巻では瓦城千咒の正体やマイキー、寺野サウスの動向などに注目です。


では早速漫画25巻の第216話からその内容を順番に見ていきましょう☆


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます
下記のネタバレ解説記事の一覧表及び目次の後から記事の本文が始まります。

東京リベンジャーズのその他の話数のネタバレ解説はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第216話はデート回!?瓦城千咒と買い物!

東京リベンジャーズ25巻の第216話では瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)とタケミチが原宿で買い物する様子が描かれます。

第215話のラストは瓦城千咒が女の子だったという作中最大級の衝撃回でしたが、第216話はその続きですね。
→東京リベンジャーズの第215話を復習する


この買い物ですが、本当にただの高校生カップルのデートみたいなノリで進みます。

そもそもなぜ買い物をしていたかと言うと、瓦城千咒は太っ腹な明石武臣(あかしたけおみ)からクレジットカードを預かり、「たまには女らしい事しな」と言われたからでした。


ここでタケミチが明石武臣と瓦城千咒の関係を訪ねたところ、瓦城千咒から衝撃の事実が明かされます。

明石武臣が長男、三途春千夜が次男、瓦城千咒が長女の3兄妹

なんと瓦城千咒は明石武臣の妹であり、さらには三途春千夜も兄妹関係にありました。

ちなみに瓦城千咒という名前は偽名(源氏名?)で、本名は明石千壽(あかしせんじゅ)です。


そして買い物が一段落し、瓦城千咒はタケミチの勧めでセブンティーンアイスのチョコミントを食べました。最初は疑いの目で見ていた瓦城千咒も一発でチョコミントにハマっていました。

そんなこんなでデートみたいな買い物が終わり、タケミチは別れ際に先程のセブンティーンアイスの棒部分を「捨てておくよ」と言って瓦城千咒から受け取ると、その瞬間に「バチン」という電撃音と共に、突然見覚えのない光景を目にします

そこでは瓦城千咒が血まみれになって横たわっており、タケミチが泣き叫ぶという状況でした。

この状況からして瓦城千咒が死亡したシーンのようです。


次の瞬間、タケミチの意識は現実世界に戻りました。この謎の光景が一体なんだったのか、次回以降に注目です。

→東京リベンジャーズの第216話の詳細なネタバレ解説はこちら

→瓦城千咒の詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第217話はタケミチの新能力が確定!

東京リベンジャーズ25巻の第217話ではタケミチが久々にドラケンの家を訪れます。

ドラケンはバイク屋を営んでいますが、流石にまだそれだけでやっていけるほど軌道には乗っていないため、相変わらず例の風俗店の手伝いをしながら住まわせてもらっています。

そして風俗店がある4階に向かう際、タケミチがエレベーターのボタンを押した瞬間、「バチン」という電撃音と共に自身の体が真っ赤に染まった光景を見ました。


タケミチはその光景に訝しがりつつ、ドラケンの部屋でお互いのことを打ち明けます。

  • 2018年時点でマイキーは梵天の首領になっていた
  • 2006年の東京卍會解散直後、マイキーはドラケン達を攻撃して決別していた

ドラケンはタケミチからマイキーの「黒い衝動」の話を聞き、東京卍會解散後にその兆候が出ていたことを悟りました。
→マイキーの「黒い衝動」の詳細を見る

こうして過去と未来の状況を確認したところで、ドラケンとタケミチは改めてマイキーを救う決意を固めます。

ドラケンとタケミチがひとしきり話した後、風俗店の廊下を歩いていると風俗嬢が誤ってタケミチにトマトジュースをぶちまけてしまいます。

この光景、実は先程エレベーターのボタンを押した瞬間にタケミチが見た光景と全く同じものでした。

この現象は第216話の最後に瓦城千咒が死亡する光景を見た時も同様で、タケミチは「未来視」の新能力に目覚めたようです。

→東京リベンジャーズの第217話の詳細ネタバレ解説を読む

→タケミチの新能力の詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第218話ではブラフマンの全体集会!

東京リベンジャーズ25巻の第218話では梵(ブラフマン)の全体集会の様子が描かれています。

ブラフマンの全体集会は傍から見るとごく普通のビルが入り口になっており、そのビルの地下に入っていくと地下闘技場のような空間がありました。


ここではブラフマン主催の地下格闘技「B-1」が行われ、この試合は金持ち達がモニター越しで観戦しつつ金を賭けています。

ブラフマンとしてはこの地下格闘技を通じてメンバーをより強くすると共に金儲け、金持ち連中はブラフマンとのコネ作り裏組織同士の繋がりができるというわけです。

イヌピーがブラフマンのことを「ヤクザに近い大人の愚連隊」と評していたのはこういったイベントを主催していることも要因のようです。


そして地下格闘技「B-1」が一旦中断され、ここで改めて首領の瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)から新メンバーとしてタケミチが紹介されました。

更に瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)は

7月14日に関東卍會と六波羅単代を同時に叩く!!
三天戦争」を始めるぞ!!

と宣言します。
→「三天戦争」とは?

今は三天が三つ巴の状態ですが、ブラフマンがそのうちの2チームを同時に相手するということですね。戦略としては真正直すぎるので、明石武臣ではなく瓦城千咒の案に思えます。


そしてブラフマンの全体集会が終わり、タケミチが帰宅して暫くすると瓦城千咒がタケミチの家に訪れました。

突然来たと思ったら「デートいこうぜ!」とタケミチを誘い、次回に続きます。

→東京リベンジャーズの第218話のネタバレ解説を読む

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第219話は遊園地デート!

東京リベンジャーズ25巻の第219話ではタケミチが瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の誘いで遊園地にデートに来ます。

もちろん瓦城千咒もただ単に遊園地に遊びに誘うためだけに来たわけではなく、1週間後に控えている「三天戦争」について話します(ジェットコースターに乗りながら)。

  • タケミチとドラケンは関東卍會に乗り込む
  • 瓦城千咒と明石武臣は六波羅単代に乗り込む

ただ瓦城千咒はこの布陣にも少し不満を漏らしており、「本当はマイキーもサウスも負かして自分が一番になりたい」と口にしていました。

また瓦城千咒は兄・明石武臣に対しての思いも話しています。

  • 明石武臣はブラフマンを「強く」することより「デカく」しようとしている
  • 組織がデカくなりすぎると多くの人を不幸にする
  • デカくなりすぎる前に三天時代に決着をつける

そしてこの日は七夕なため、遊園地には短冊コーナーがありました。

ここでタケミチは「マイキーをぶっ飛ばす」、瓦城千咒は「花垣を守る!!」と書いています。

そしてタケミチが瓦城千咒と握手するとまたしても未来視の能力が発動し、

瓦城千咒が雨が降りしきる遊園地で死亡する

という光景を見ました。
→タケミチの新能力とは?


さらにその同時刻、ドラケンのところにイヌピーが慌てて駆けつけ、「ヤベェ噂聞いたぞ!六波羅単代の奴らが・・!」と口にしていました。

ちょうどこの時が降ってきており、これらのことから

六波羅単代の刺客がこの日瓦城千咒を殺害する

ということを示唆していました。

→東京リベンジャーズの第219話のネタバレ解説を読む

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第220話では六波羅単代の襲撃が!

東京リベンジャーズ25巻の第220話では遊園地デートしていたタケミチと瓦城千咒の元に、六波羅単代の下っ端連中が襲撃を仕掛けてきました。

彼らは拳銃まで持ち出して「タケミチを殺す」ために現れており、その目的は

六波羅単代で名をあげるため

でした。つまり寺野サウスにはこの襲撃について確認しておらず、完全に彼らの独断行動です。


そしてタケミチと瓦城千咒が拳銃で撃たれる、と思われた次の瞬間に拳銃を構えていた男はボコされ、拳銃をは弾き飛ばしされます。

そこにはドラケンが間一髪駆けつけ、タケミチ達を救ったのでした。
→東京リベンジャーズの第220話のネタバレ詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第221話ではドラケンがまさかの・・?

東京リベンジャーズ25巻の第221話では、第220話で拳銃を持って現れた六波羅単代のメンバーをドラケンがボコします。

拳銃を持っていた男はその場で倒され、拳銃も失ったことで戦意喪失して早々に退散していきました。


こうしてドラケンのおかげでタケミチも瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)も怪我一つなく切り抜けることができ、同時にタケミチがずっと未来視で見ていた「瓦城千咒の死亡」という未来も回避しています。

またタケミチは小声でドラケンと新能力の未来予知について話し、ここにきての新能力にはドラケンも驚いていました。
→タケミチの新能力「未来予知」について見る


そしてタケミチと瓦城千咒はその場から逃げようとしますが、ドラケンは2人を追いかけずに動きません。

実はドラケンが拳銃の男をボコした際に3発の銃弾が放たれていましたが、ドラケンはそれを全て食らっていたのです。

ドラケンは倒れながらタケミチに「オレはここまでだ」と言い残し、タケミチと瓦城千咒は雨が降りしきる中立ち尽くしてしまいます。
→東京リベンジャーズの第221話のネタバレ詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第222話ではドラケンの遺言!?

第221話で六波羅単代(ろくはらたんだい)の下っ端連中が拳銃を持ち出してタケミチを射殺しようとしましたが、ドラケンが庇った際に3発の銃弾を食らってしまいました。

そして東京リベンジャーズ25巻の第222話では銃弾に倒れたドラケンがタケミチと話をします。


タケミチは既に救急車を呼んでいますが、ドラケンの傷と出血量を見て「もう助からない」と悟ってしまっており、笑顔を見せながらも手が震えていました。

そんなタケミチに対してドラケンは仰向けになって空を見上げながら、タケミチに対して昔の話をします。

  • ドラケンは小学生の時に年上ばかりと喧嘩していた
  • なのでよく負けて地面に倒れながら空を見ていた
  • こうしていると全部どうでもよくなって気持ちが晴れた
  • しかしマイキーは無敗なので「この空」を知らない

そしてドラケンは最後に「マイキーを頼む」と言い残します。

→東京リベンジャーズの第222話のネタバレ詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第223話はドラケンの走馬灯!

東京リベンジャーズ25巻の第223話では救急車に運ばれるドラケンが走馬灯のように過去の記憶を思い出します。


ドラケンが思い出していたのは2005年1月1日の元旦、東京卍會メンバーと一緒にバイクで突っ走っていました。

ちなみにこの時はまだ場地圭介が死亡しておらず、パーちんも少年院に入っていないため、いつものメンバーが勢揃いしています(めんどくさがって来ていないムーチョ以外)。

この日はみんなで初日の出を見るために海辺を目指しており、極寒の中で海辺に着くも、案の定寒すぎて耐えられずにとりあえず皆で浜辺を走ります。

そして日の出の時間になり、マイキーが朝日に手を伸ばしながらドラケンに「ケンチン。掴めんぞ天下!」と口にし、ドラケンもここで全国制覇を誓っていました。


そんなことを思い出しながら、ドラケンは涙を流して「最後に思い出すのはやっぱ東卍か・・」と口にします。

ここでドラケンは既に死亡したエマに手を引かれて逝くのでした。
→東京リベンジャーズの第222話のネタバレ詳細を見る

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!第224話

東京リベンジャーズ25巻の第224話が連載次第更新します。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズの25巻のネタバレ解説!瓦城千咒の衝撃の正体!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの漫画25巻の内容について、各話のネタバレ解説をしました。


東京リベンジャーズの最終章では新キャラが数多く登場しており、その全員が重要人物となっています。

次巻の展開も楽しみですね☆


東京リベンジャーズの各話ネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【東京リベンジャーズ】ネタバレ解説

23巻
206話
24巻
207話208話209話210話211話
212話213話214話215話
25巻
216話
217話
218話
219話
220話
221話
222話
223話
224話
26巻
225話
226話
227話
228話
229話
230話
231話
232話
233話

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました