東京リベンジャーズのぺーやんが裏切り&ドラケンを襲った理由は?

この記事では東京リベンジャーズのぺーやんこと林良平(はやしりょうへい)が裏切り、ドラケンを襲った理由やそれまでの経緯について解説します。


ぺーやんは東京卍會の参番隊副隊長を務めており、物語の途中からは隊長代理に就任します。

腕っぷしも強く、ドスの利いた声で東京卍會の中でも顔が通っているキャラですが、物語の最中に一度裏切り行為をしてしまいます。


まずは作中でぺーやんがした裏切り行為について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ぺーやんの裏切り行為の理由
  • ぺーやんが裏切り&ドラケンを襲うまでの経緯


※この記事は東京リベンジャーズのネタバレを含みます


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのぺーやんが裏切り&ドラケンを襲った理由はパーちん絡み!

東京リベンジャーズの作中でぺーやんが東京卍會を裏切り、愛美愛主(メビウス)の連中と手を組んでドラケンを襲うシーンがあります。

本来のぺーやんは東京卍會を裏切ったりする男ではありませんが、相棒であり親友のパーちんが絡んでいたために平常心を無くし、さらに後述するとおり稀咲鉄太(きさきてった)が煽ったために今回の裏切り行為に及びました。


パーちんは愛美愛主(メビウス)の総長・長内信高を刺したことで自首し、その後東京卍會は2つの派閥に分かれそうになっていました。

マイキー派:パーちんを金で釈放させる
ドラケン派:パーちんが自首した意思を尊重してそのまま

実はこれも稀咲鉄太(きさきてった)が裏から手を回し、東京卍會に内部抗争を引き起こすための工作です。


結局タケミチが(頭にウンコ乗せながら)マイキーとドラケンを仲裁して内部抗争は回避できましたが、パーちんをどうしても釈放させたかったぺーやんだけが納得いかず、ドラケンを襲う決断をしてしまいます。

ではここまでの経緯について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズのぺーやんの裏切りとドラケンを襲うまでの経緯

ここではぺーやんが東京卍會を裏切り、ドラケンを襲う決断をしてしまうまでの経緯について解説します。

まずはぺーやんとパーちんの関係について見ていきましょう。

ぺーやんは参番隊副隊長&パーちんの良き相棒!たまに脳イジり

パーちんは東京卍會の参番隊隊長、ぺーやんは参番隊副隊長です。

役職も隊長と副隊長の関係な上に、ぺーやんはパーちんのことを上官であること以上に慕っています。


作中では基本的にパーちんの言動にぺーやんはほぼ無条件でフォローしており、ぺーやんが慕っている様子が分かります。

ちなみにぺーやんから度々飛び出すパーちんの脳イジりは下記のとおりです。

  • パーちんの脳みそはミジンコ(2巻の第11話)
  • パーちんの脳みそは空気(9巻の第71話)
  • パーちんの脳みそは干からびてる(22巻の第192話)
  • パーちんの脳みそは真空パック(24巻の第209話)

ぺーやんの脳イジりはいつも全くフォローになってませんが、パーちんは「褒められてる」と思っています笑

パーちんが長内信高を刺して自首

作中でパーちんの親友が愛美愛主(メビウス)の連中にリンチされた挙げ句、その彼女や家族にまで手を出されました。

これが原因でパーちんは愛美愛主の総長・長内信高に殺意を覚えるほどブチ切れており、マイキーもパーちんの思いを汲み取って愛美愛主を潰すことに決めました。

ちなみにパーちんの親友やその彼女、家族が被害に遭ったのは長内のせいではなく、実はコレも稀咲鉄太が手を回し、パーちんを焚き付けて長内を刺させるための工作です。

そして愛美愛主を潰す作戦を立てていた最中に長内の方から姿を表し、急遽愛美愛主との抗争が始まります。

結果的にパーちんは長内に敗北するも、マイキーがハイキックで長内を一発KOして決着しました。

しかしそれだけでは怒りが収まらなかったパーちんは、既に勝負がついた後にも関わらず長内を刺してしまいます

始めからこうするつもりだったパーちんは、パトカーのサイレンが近づいてくる中でマイキーに

オレ
自首する

とだけ告げてその場に残りました。


マイキーとしてはパーちんを逮捕させたくなかったために何とか連れて行こうとしますが、ドラケンはパーちんの意思を汲んでパーちんを残し、全員をその場から逃します。

こうしてパーちんは逮捕されましたが、東京卍會にとってはここからが修羅場でした。

パーちんの処遇を巡って東京卍會がマイキー派とドラケン派に分かれる

パーちんが逮捕された後、稀咲鉄太が裏でマイキーに近づき、「金でパーちんを出所させる」という案を持ちかけていました。

パーちんを何とかすぐに出所させたかったマイキーに対し、ドラケンは「自首したパーちんの意思」を尊重してその案には反対します。

これにより冒頭でお話したとおり、東京卍會が「マイキー派」と「ドラケン派」に分かれてしまいます。

  • マイキー派:パーちんを金で釈放させる
  • ドラケン派:パーちんが自首した意思を尊重してそのまま

当然ぺーやんは「パーちんをすぐに出所させたい」と思っていたのでマイキー派で、次第に「ドラケン憎し」という感情になっていきます。

内部抗争は回避するもぺーやんは納得せず

その後、マイキーとドラケンは完全にバチバチモードでタケミチの家の前で喧嘩を始めますが、タケミチが(頭にウンコ乗せながら)必死に仲裁し、割とアッサリ仲直りしました。

これにより稀咲鉄太が企んでいた東京卍會の内部分裂&内部抗争は回避できて一件落着かと思いきや、稀咲鉄太はすぐさま次の一手を打ちます。


稀咲鉄太は半間修二と手を組み、解体寸前だった愛美愛主の総長代理を務めさせます。稀咲鉄太の企みとしては下記のとおりです。

  • 半間修二の指揮で愛美愛主の残党を東京卍會にぶつける
  • ぺーやんを唆してドラケンを襲わせる
  • キヨマサも唆してドラケンを殺させる

結局ぺーやんは愛美愛主側についてドラケンを襲う手助けをしており、祭りに来ていたドラケンとタイマンするかと思いきや、気を引いている隙に愛美愛主の残党が後ろからドラケンを襲いました。

その後はマイキーや東京卍會メンバーが現場に駆けつけ、東京卍會 vs 愛美愛主の抗争が始まります。

ぺーやんは最終的に東京卍會に戻ってくる

東京卍會と愛美愛主の抗争の最中、パーちんの処遇についてぺーやんがマイキーに不満をぶつけるシーンがあります。

しかしマイキーのパーちんへの思いを直接聞いたぺーやんはここで我に返り、最終的には東京卍會に戻ってきました。

ちなみにドラケンはキヨマサに刺された後に病院に搬送されて緊急手術が行われましたが、無事成功します。

その際、三ツ谷隆がぺーやんに「ドラケンが一番パーちんのことを考えていた」ことを話しています。

  • ドラケンは毎日パーちんの面会に行っていた
  • 親族しか会えないが、面会中はずっと外で待っていた

結局東京卍會の内部のいざこざ、ぺーやんの裏切りは「パーちんへの思い」が根底にあり、それが少し綻んでしまったのが原因だったんですね。

ぺーやんが愛美愛主側についたのは稀咲鉄太の企み

ちなみに先述の通り、ぺーやんが東京卍會を裏切り、ドラケンを襲うことに決めたのはぺーやん個人の感情だけではなく稀咲鉄太の煽りも原因です。

ぺーやんとしても東京卍會を裏切って愛美愛主側に付くのは相当抵抗があった筈ですが、パーちんへの思いが強すぎたことと、稀咲鉄太がそこにつけこんだために一線を越えてしまったようですね。

→稀咲鉄太の目的はこちら

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズのぺーやんが裏切り&ドラケンを襲った理由は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズのぺーやんこと林良平(はやしりょうへい)が裏切り、ドラケンを襲った理由やそれまでの経緯について解説しました。


ぺーやんに限らず、東京卍會のメンバーは仲間同士の絆が非常に深いチームです。

また一度は裏切ったぺーやんのことも水に流して戻ってこれる東京卍會はやはりいいチームですね。


東京リベンジャーズの関連記事はこちらをどうぞ

→ぺーやんの実写版キャストは誰?

→パーちんの強さや戦闘シーンを見る

東京リベンジャーズの解説トップページ
↓ ↓ ↓
東京リベンジャーズのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

東京リベンジャーズの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました