スパイファミリーの作者は女性?前作や歴代作品も紹介!

スパイファミリーの作者は女性?前作や歴代作品も紹介!(C)遠藤達哉/集英社

この記事ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)の作者・遠藤達哉先生の女性説やスパイファミリーの前作、歴代作品、過去にアシスタントを務めた作品をご紹介します。

スパイファミリーは1000万部を超える発行部数を誇る人気作で、作者の遠藤達哉先生にも注目が集まっています。

まずは「遠藤達哉先生が女性説」という謎の噂の真相から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 遠藤達哉先生の性別
  • 遠藤達哉先生がイケメンな件
  • スパイファミリーの前作と歴代作品
  • 遠藤達哉先生のアシスタント時代

※この記事はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

スパイファミリーの解説&考察

 

スポンサーリンク

スパイファミリーの作者(遠藤達哉)の性別は女性?

まず結論から言うと遠藤達哉先生は男性です。

Googleなどで検索した際に「遠藤達哉先生の性別」や「遠藤達哉 女性」などの予測検索が出てきますが、れっきとした男性です笑

ご参考までに遠藤達哉先生のプロフィールを下記に記載します。

名前遠藤達哉(えんどうたつや)
生年月日1980年7月23日
出身茨城県
受賞歴「西部遊戯」が第5回ストーリーキングマンガ部門準キングを受賞
「スパイファミリー」がマンガ大賞2021の10位入賞

そもそもなぜ女性説の噂が流れたのかについては諸説ありますが、恐らく下記の要因かと思われます。

  • キャラデザインが荒川弘先生(鋼の錬金術師)に似ている
  • 荒川弘先生は女性漫画家

最近では男性名でデビューした女性漫画家も多く、更に絵が荒川弘先生のタッチに似ていたことからも今回のような噂が立ったようです。

確かにスパイファミリーのキャラクターはスタイリッシュで、女性が描いたと思うと納得くらい美しいデザインですよね。

スポンサーリンク

スパイファミリーの作者(遠藤達哉)はイケメンと評判!

スパイファミリーの作者である遠藤達哉先生については予測検索で「イケメン」という言葉も良く出てきます。

これに関しては単なる噂ではなく事実で、かつて2011年のジャンプフェスタのトークショーに出演していた時からイケメンと評判です。

ちなみにこちらの動画は2011年のジャンプフェスタで地獄ミサワ先生遠藤達哉先生が控室でコラボ企画をした時のものです(遠藤達哉先生は動画左の方)。

雰囲気が神谷浩史に似ているような・・シュッとしたイケメンですね☆

スポンサーリンク

スパイファミリーの作者(遠藤達哉)の「スパイファミリー」の前作は?

スパイファミリーは今や累計1000万部を超える大人気作となっています。その前作は「I SPY」で、これはスパイファミリーの前身となった作品です。

「I SPY」は2018年にジャンプSQで読切作品として登場し、読切ながらとても評判が良い作品でした。

それから1年後の2019年3月、「I SPY」の要素を元にした「スパイファミリー」の連載が開始されました。ご存知のとおりこれが大ブレイクし、「マンガ大賞2021」の10位に入っています。

 

実は遠藤達哉先生の作品はどれも読み始めたら引き込まれる名作ばかりなのですが、デビューからブレイクまで20年近くかかっている遅咲きの漫画家です。

では遠藤達哉先生の歴代の作品について具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

スパイファミリーの作者(遠藤達哉)の歴代作品は?

こちらが遠藤達哉先生の歴代作品の一覧表です。

西部遊戯」が「第5回ストーリーキングマンガ部門準キング」を受賞し、それが赤丸ジャンプに掲載されてデビューを果たしました。

連載年
形式
作品名
2000年読切
「西部遊戯」
2000年読切「月華美刃(読切)」
2001年読切「WITCH CRAZE」
2004年読切「PMG-0」
2006年読切「屋上探偵-オクタン-」
2007年~2008年連載
TISTA
2010年~2012年
連載「月華美刃(連載)」
2014年読切「流浪刑のクロニコ」
2014年読切「煉獄のアーシェ」
2017年読切「石に薄紅、 鉄に星」
2018年読切「I SPY」
2019年~連載「SPY×FAMILY」

こちらの一覧表から明らかなとおり、様々な作品を輩出しながらもなかなか長期連載の機会が少なく、相当な苦労人であることが分かりますね。

スポンサーリンク

スパイファミリーの作者(遠藤達哉)がアシスタントをしていた作品一覧!

遠藤達哉先生について調べると他の漫画家の名前が多くヒットします。これは遠藤達哉先生がこれまでに数多くの作家さんのアシスタントをされてきたからです。

下記にこれまで遠藤達哉先生がアシスタントを務めてきた先生の名前と代表作をまとめています。

アシスタント先の先生代表作
加藤和恵先生ロボとうさ吉
青の祓魔師
アミュー先生流星群
この音とまれ!
藤本タツキ先生ファイアパンチ
チェンソーマン
加来ゆうじ先生FANTASMA
地獄楽
絵本奈央先生荒ぶる季節の乙女どもよ。
それでも僕は君が好き
ジョゼと虎と魚たち
ノ村優介先生ドリィ♡キルキル
ブルーロック
叶恭弘先生プリティフェイス
KISS×DEATH
西義之先生HACHI -東京23宮-
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

これらのアシスタントは先程ご紹介した読切作品や短期連載の執筆もしつつされていたようで、相当な努力と下積みの期間があったようです。

長いアシスタント経験から数々の先生の作風やタッチを吸収したことで、現在も評判のスタイリッシュなキャラデザインや繊細な作画を実現できているんですね。

 

ちなみに今現在、遠藤達哉先生は背景なども含めて自分一人で執筆されているために恐ろしく多忙のようです。

是非ともいいアシスタントが集まって少しでも余裕ができるといいですね☆

スポンサーリンク

「スパイファミリーの作者は女性?前作や歴代作品も紹介!」まとめ

今回はSPY×FAMILY(スパイファミリー)の作者・遠藤達哉先生の女性説やスパイファミリーの前作、歴代作品、過去にアシスタントを務めた作品をご紹介しました。

スパイファミリーは今後も人気が伸びてくる作品で、遠藤達哉先生にも益々注目が集まりそうです。

今後の物語の展開も楽しみですね☆

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→スパイファミリーの全キャラ一覧を見る

【スパイファミリー】解説・ネタバレ情報

8巻
49話50話51話
9巻
52話53話54話55話
56話57話58話

コメント

タイトルとURLをコピーしました