【スパイファミリー】ガーデンとは?メンバーや組織の詳細を解説!

【スパイファミリー】ガーデンとは?メンバーや組織の詳細を解説!(C)遠藤達哉/集英社

この記事ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)の「ガーデン」について、メンバーの一覧や組織の詳細を解説します。

ガーデンにはヨルが所属しており、「店長」と呼ばれる人物がトップにいる暗殺者の組織です。

作中でも謎に包まれた組織ですが、殺し屋界隈では「ガーデン」の存在が知れ渡っています。

まずはガーデンのメンバー一覧から見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ガーデンの詳細や目的
  • ガーデンのメンバー一覧
  • ガーデンとWISEの関係

※この記事はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

スパイファミリーの解説&考察

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ガーデンとはどんな組織?その目的とは?

【スパイファミリー】ガーデンとはどんな組織?その目的とは?(C)遠藤達哉/集英社

ガーデンの存在は漫画7巻の第44話で明らかになっており、ヨルが所属している裏の組織です。

本部にはその名のとおり緑と花で溢れた庭(ガーデン)があり、トップの「店長」がいつも剪定作業などの世話をしています。

見た目はそんな平和的な雰囲気の組織ながら、基本的な仕事は要人暗殺などの殺しがメインで、特に東国の平和を脅かす者が標的です。

その活動の目的は「この世界が美しくあり続けるため」で、東国に限らず西国や他国も含めた平和を見据えていると思われます。

ちなみに店長がヨルに仕事を依頼する際には「お客様が入りましたよ「いばら姫」」と電話するのがお決まりで、そのたびにヨルが「売国クソ野郎(ヨル談)」を粛清しています。

では次にガーデンに所属しているメンバーを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ガーデンのメンバー一覧!

ガーデンに所属しているメンバーを一覧表でご紹介します。

実際にはもっと多くのメンバーがいると思われますが、一覧表には作中に登場するメインのメンバーを掲載しています。

名前役割やコードネームキャラ説明
店長ガーデンのトップ
コードネーム「店長」
ガーデンを管理しており、「店長」というコードネームで呼ばれている。
褐色の肌と真っ白な髪を持った人物で、いつもヨルに電話で仕事を依頼している。
穏やかで温和な性格だが、作中ではヨルの腕が鈍っていないか試すために大ばさみで攻撃するシーンもある。
部長ヨルの職場の上司
コードネーム「部長」
表向きは市役所勤務、実際は「ガーデン」所属の殺し屋。
市役所でもガーデンでもヨルの上司。
見た目は初老の穏やかそうな人物だが、任務中は鬼の顔を見せ、戦闘能力も非常に高い。
ヨルコードネーム「いばら姫」表向きは市役所勤務、実際は「ガーデン」所属の殺し屋。
幼少期に両親を亡くし、弟のユーリを養うために殺し屋稼業を始める。
身体能力と戦闘能力は作中最強クラスで、「牛を素手で昏倒させる」「テニスのサーブが音速を超える」などの衝撃シーンがある。

→スパイファミリーの全キャラ一覧を見る

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ガーデンとWISEの関係は?共闘はありえる?

【スパイファミリー】ガーデンとWISEの関係は?共闘はありえる?(C)遠藤達哉/集英社

先述のとおりガーデンの活動は「世界が美しくあり続けるため」という理念で動いており、ガーデンが「売国行為」と判断した要人などを暗殺しています。

一方で西国情報部の「WISE」も西国と東国の平定のために暗躍しており、スパイ活動の他にもテロの未然防止や過激派の鎮圧などの活動をしています。

ガーデンとWISEは作中で関わりがありませんが、目指しているところは共通しているので今後協力関係を結ぶ展開もあるかもしれません。

その場合はロイドとヨルがお互いの正体に近づくことになりますが、恐らくそれでもお互いに正体に気づかないままコント状態が続きそうですね笑

スポンサーリンク

「【スパイファミリー】ガーデンとは?メンバーや組織の詳細を解説!」まとめ

今回はSPY×FAMILY(スパイファミリー)の「ガーデン」について、メンバーの一覧や組織の詳細を解説しました。

ガーデンはスパイファミリーの作中でも謎が多く、今後ヨルがガーデンでの仕事を続けるかどうかも含めて注目の組織です。

また部長やヨル以外のガーデンのメンバーも見てみたいですね☆

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→スパイファミリーの全キャラ一覧を見る

スパイファミリーの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました