【スパイファミリー】SSSとは?秘密警察・国家保安局の仕事がエグい!

【スパイファミリー】SSSとは?秘密警察・国家保安局の仕事がエグい!(C)遠藤達哉/集英社

この記事ではSPY×FAMILY(スパイファミリー)の国家保安局「SSS(STATE SECURITY SERVICE)」について、メンバー一覧や組織の詳細、SSSのモデルについて解説します。

SSSはユーリが所属している組織で、その役割はいわゆる秘密警察です。

作中では盗聴をはじめとする諜報活動や、だいぶ過激な尋問も辞さない描写があるおっかない組織で、スパイにとっては天敵です。

まずはSSSの詳細や任務について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • SSSの詳細や任務の内容
  • SSSのメンバー一覧
  • SSSのモデル

※この記事はSPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

スパイファミリーの解説&考察

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)とはどんな組織?秘密警察の仕事の詳細!

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)とはどんな組織?秘密警察の仕事の詳細!(C)遠藤達哉/集英社

スパイファミリーに登場する国家保安局「SSS(STATE SECURITY SERVICE)」は東国の国内防諜機関で、その目的は「国内の治安維持」です。

治安維持と言うと聞こえはいいですが、その活動は警察などと比べるとあまりに過激で、下記のような行いも当たり前のように行われています。

  • 逮捕状もなしに強制連行
  • 怪しい人物は普段の行動を監視&盗聴
  • 暴行&脅迫アリの取り調べ(というか拷問)

こういった組織であるために市民からは「秘密警察」と呼ばれて恐れられており、一度連行されたらまずただでは済みません。

よってロイドが所属するWISEのような組織にとってはSSSは天敵であり、作中でも数多くのスパイや情報提供者(スティンカー)がSSSに捕まっています。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】SSSのメンバー一覧!

こちらがSSSの主なメンバーの一覧表です。

当然ながらこの一覧表のメンバー以外にも数多くの職員が在籍していますが、作中に多く登場するキャラクターのみ掲載しています。

ちなみにユーリはヨルに心配をかけないため、表向きは「外交官」ということにしています。

名前職業などキャラ説明
ボス局長SSSの局長。
葉巻を吸いながらサングラスをかけているいかにも「ボス」という外見。
怖い見た目に反して話し方はやたらフランク。
ユーリの手腕を買っている。
ユーリの上司
中尉SSSの中尉。
左目付近に大きな傷の縫い目がある。
普段から無表情で淡々と仕事をこなす人物で、情報提供者への尋問でも静かにタバコの火を押し付けるなどのシーンがある。
一方でユーリの過重労働を心配する優しさも見せている。
ユーリ少尉SSSの少尉でヨルの弟(20歳)。
元々は外務省勤務の外交官だったが、SSSに引き抜かれたエリート。
優しい顔立ちで普段は人当たりの良い好青年だが、スイッチが入るとやり過ぎなほど過激な尋問も辞さない。
末期のシスコンなのでヨルが絡むと理性がなくなる。

→スパイファミリーの全キャラ一覧を見る

スポンサーリンク

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)「黄昏(ロイド)」を追っている!

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)「黄昏(ロイド)」を追っている!(C)遠藤達哉/集英社

SSSの仕事は「国内の治安維持」であり、主な仕事は先述のとおりスパイや情報提供者(スティンカー)を排除することです。

よってロイドをはじめとするWISEにとっては天敵となる組織であり、普段のスパイ活動はSSSの目を掻い潜って行う必要があります。

その中でも「黄昏」は国家保安局の中でも徹底マークしている存在であり、ユーリが「悪の張本人」「国家保安局の天敵」と語っています。

そんなユーリにとって憎き相手が、熱狂的に愛する姉・ヨルの夫というのは皮肉な話ですね笑

スポンサーリンク

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)のモデルとなった組織は?

【スパイファミリー】SSS(国家保安局)のモデルとなった組織は?(C)遠藤達哉/集英社

スパイファミリーの舞台である西国と東国の関係は旧ドイツが東西に分裂していた姿を想起させるもので、SSSについても恐らく当時のドイツの組織である親衛隊「SS(Schutzstaffel)」がモデルだと思われます。

上記のSSSの旗も、鳥が翼を広げている絵柄が当時のドイツの国章に似ていますね。ちなみにSSSの旗の真ん中の「」は恐らく「監視」という意味が込められているのでしょう。

 

SSは元々ヒトラーを護衛する党内組織でしたが、ナチスが政権を握る頃にその規模が急拡大し、当時の治安維持組織や諜報組織のほぼ全てを掌握していました。

そして第二次大戦後はSSによるユダヤ人弾圧など、今も語り継がれている惨劇が行われています。

 

スパイファミリーのSSSの活動はどちらかというと当時のゲシュタポ(秘密国家警察)に近いですが、いずれにしても当時のドイツをモデルにしているのは間違いないでしょう。

ちなみにSSSは迫害や虐殺を行っているわけではなく、やり方は過激ながら国の治安維持が目的の組織です。

しかし今後、西国との関係が悪化してきたらより度を超えた活動をするようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

「【スパイファミリー】SSSとは?秘密警察・国家保安局の仕事がエグい!」まとめ

今回はSPY×FAMILY(スパイファミリー)の国家保安局「SSS(STATE SECURITY SERVICE)」について、メンバー一覧や組織の詳細、SSSのモデルについて解説しました。

SSSはスパイファミリーの作中でも国の暗部として登場する組織なので、かなり仄暗い雰囲気で描かれています。

今後ユーリの身分がヨルに知られるのか、またロイドが「黄昏」であることがバレる日が来るのか、要注目ですね☆

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→スパイファミリーの全キャラ一覧を見る

スパイファミリーの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました