【ワールドトリガー】221話のネタバレ!絵馬ユズルは何をした?

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!絵馬ユズルは何をした?

この記事ではワールドトリガーの221話の内容についてネタバレ予想&解説します。

第220話では一次試験の2日目が終わり、各々の部隊で反省会や振り返りの様子が描かれていました。

そして二宮隊では絵馬ユズルが何やら悩んでいる様子です。

第221話ではどんな展開になるのでしょうか。

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話
26巻
222話
223話
224話
225話
226話
227話
228話

→遠征選抜試験のメンバー一覧を見る

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!絵馬ユズルが悩んでいる理由は?

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!絵馬ユズルが悩んでいる理由は?(C)葦原大介/集英社

ワールドトリガーの第221話では二宮隊の絵馬ユズルが悩んでいる場面から始まります。

第220話の最後では絵馬ユズルが悩んだ顔をして、その様子を東や千佳が見ている様子が描かれていました。
→ワールドトリガーの第220話のネタバレ解説を見る

どうやらユズルは二宮隊で特別課題を担当したようで、その点数が71点であることに納得がいっていない様子です。

確かに戦闘シミュレーションなどとは違って特別課題は上層部が点数付けするため、どこがいけなかったのかが分からないのがもどかしいところですね。

ちなみにそんなユズルを見て二宮は「結果を受け入れて対策しろ」「明日似たような課題があったらまたお前にやらせる」と口にしています。

これは二宮にしては意外な方針で、二宮なら結果が出ない者はすぐに交代させそうなところ、二宮なりの方針があるようです。

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!木虎藍が東春秋に特別課題の質問!

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!木虎藍が東春秋に特別課題の質問!(C)葦原大介/集英社

ワールドトリガーの第221話では古寺隊の木虎藍が二宮隊の東に電話しており、その内容は今回の特別課題についてでした。

木虎藍が担当した特別課題の点数は82点とかなり高得点でしたが、木虎藍自身は「90点は堅いイメージだった」ということで笑

そして東は木虎藍の回答の

1部隊vs1部隊の試合形式だと部隊戦術が万能型に偏って先述改良のサイクルが鈍る

というところに目をつけます。

これ自体は鋭い着眼点なのですが、東はここから更に踏み込んで、

  • 安定を求めた画一化した戦術だと遠征先で相性の悪いトリガーに当たった時に全滅する
  • 今のランク戦には「隊員」「戦術」「トリガー」等の手札に幅を持たせる狙いがある
  • 成長の方向性を拡散させることがボーダーの生存戦略

と説きます。

とは言え東も特別課題を担当したわけではないので「俺の考えを鵜呑みにするなよ」「実際俺の点数がどれくらいの点になるかは分からない」とも口にしていました。

更にここで東が二宮の考えを明かしており、なんと二宮は

この選抜試験で若手を「鍛える」つもり

のようなのです。

二宮は「選抜試験に受かる」という目的よりも遥か先を見据えているということですね。

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!柿崎隊で太一がいんだ魚の目に!笑

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!柿崎隊で太一がいんだ魚の目に!笑(C)葦原大介/集英社

ワールドトリガーの第221話では柿崎隊の様子が描かれ、太一が死んだ魚みたいな目をして夕食をもしゃもしゃ食ってます笑

どうやら柿崎隊の中でも太一は戦闘シミュレーションで上手く動けていなかったようで、特別課題が出た際に

  • 俺がシミュ抜けるのがいいんすかね?
  • 俺だけずっとボコられっぱなしだし特別課題の方がまだマシかも

と口にしたところ、犬飼が

  • そんなネガティブな理由で特別課題はさせられない
  • 特別課題は配点もデカイ
  • ここは適任者を選ぶべき

と意見したのです。

結局特別課題は柿崎がやることになったのですが、太一はその後も戦闘シミュレーションでボコられ続けたと思われ、しかも特別課題も犬飼から遠回しに「適任じゃない」と言われてガチ凹みしていました。

そして柿崎隊で一番の火種である影浦と犬飼のバトルが始まりそうになり、柿崎がどうにかなだめつつ「次から特別課題は犬飼に頼む」としました。

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!影浦と犬飼の関係とは?

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!影浦と犬飼の関係とは?(C)葦原大介/集英社

ワールドトリガーの第221話では影浦と犬飼の関係が少し明らかになります。

太一の件で犬飼と影浦がバチバチしていたことから、柿崎が寝室で犬飼に対して「あんまりカゲを煽るなよ」と諭しますが、犬飼は「これがベスト」と語ります。

一次選抜試験が始まった当初も影浦は犬飼のことを「こいつとは反りが合わねえ」と口にしており、その理由が「考えてる事と顔が一致してなくて気味が悪い」という理由でした。

よって犬飼は影浦に対しては「なるべく思ったままを喋るようにしている」ということで、バチバチに見えて実は過去最高に良好な関係だったのです。逆に言うと過去はどんだけ仲が悪かったのやら笑

そして犬飼は「ザキさんに当てにしてもらった戦闘試験の方はちゃんとやるんで」と口にしますが、柿崎は

カゲとお前を採った理由はそれだけじゃねぇ

と不敵に笑いながら口にしていました。

水と油状態の影浦と犬飼を戦闘以外のところで採用する理由があるのか、気になるところですね。

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!水上敏志が大ピンチ!

【ワールドトリガー】221話のネタバレ!水上敏志が大ピンチ!(C)葦原大介/集英社

ワールドトリガーの第221話の最後では水上隊の様子が描かれ、そこでは照屋文香が「うちだけこんなに点数が高いなんて変」と感づきます。

そして照屋は隊長の水上敏志に対して「どうなってるのか、ちょっと調べてもらえませんか?」と問いかけるのです。

水上敏志は戦闘シミュレーションのことを隊員に完全に隠蔽しており、隊員には共通課題や特別課題に集中させています。

それ故に戦闘シミュレーションでは連携の必要もなく水上隊がほぼ無双状態で、課題についても全員が全集中しているのでダントツで1位をとっているのです。

しかしここに来て水上敏志の隠蔽作戦がバレる危機が到来ですね。

「【ワールドトリガー】221話のネタバレ!絵馬ユズルは何をした?」まとめ

今回はワールドトリガーの221話の内容についてネタバレ予想&解説しました。

一次試験の二日目が終わった後の各部隊の様子が描かれていましたが、やはり一番注目なのは水上隊の動向です。

次話で水上敏志が照屋の追求を凌ぎきれるのか注目ですね☆

第221話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話
26巻
222話
223話
224話
225話
226話
227話
228話

期間限定!ワールドトリガーのアニメを無料で見る方法!

ワールドトリガーのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

ワールドトリガーのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


ワールドトリガーを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!ワールドトリガーのアニメを無料で見る!/

/※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です\

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました