【ワールドトリガー】216話のネタバレ!水上9番隊との戦い!

この記事ではワールドトリガーの216話の内容についてネタバレ&解説します。


第215話では戦闘シミュレーションのルール確認が終わり、いよいよ第一戦が始まろうとしています。

諏訪隊の初戦は水上9番隊で、香取葉子の機嫌のためにも初戦は取りたいところです。


第216話ではどんな展開になるのでしょうか。

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話


→遠征選抜試験のメンバー一覧を見る

【ワールドトリガー】216話のネタバレ!戦闘シミュレーションの勝敗は?

第216話以降では一次試験のイベントの一つである戦闘シミュレーションの様子に注目です。

第213話では戦闘シミュレーションのルールについて簡単に語られており、実際にどんな演習になるのかが気になるところですね。
→ワールドトリガーの第213話の内容を見る

  • 他2部隊との1対1の総当り戦(1人あたり1日10試合)
  • ユニットの性能とトリガー構成はランク戦に準ずる
  • 毎試合2体のみトリガー構成を変更できる
  • どのユニットを誰が操作するかは自由
  • 毎試合1体のみ「ヘルプユニット」を選択できる


また一次試験中は大きく分けて下記の課題が用意されており、その中でも戦闘シミュレーションは唯一他の部隊と直接関わるものとなっています。

  • 共通課題400問(必須)
  • 分担課題1000問(部隊で分担してできるとこまで)
  • 戦闘シミュレーション演習
  • 特別課題(不定期)

他の課題は各チームの処理能力や学力に依存しますが、戦闘シミュレーションだけは唯一他の部隊と直接差をつけることができます

三雲修がいる諏訪隊がどんな戦いをするのか注目ですね。

【ワールドトリガー】216話のネタバレ!仲間割れが起こる?

第216話以降では諏訪隊や他の部隊でトラブルや、最悪仲間割れが起こるかどうかに注目です。

「閉鎖環境試験」では長い遠征に耐えられるかどうかのストレスチェックも兼ねているはずなので、運営側はあらゆる方法でストレスを誘発する要素を入れてくるでしょう。


諏訪隊においてはどう考えても香取葉子はストレス耐性がなさそうなので(笑)、三雲修に絡んで空気が悪化する恐れはあります。

ただ隊長の諏訪洸太郎や隠岐孝二、宇井真登華はだいぶ緩い性格なので、その辺りで緩衝材になってくれることに期待ですね。
→三雲修と香取葉子の関係を見る


また諏訪隊以外にも不安要素がある部隊があります。

  • 歌川1番隊:志岐小夜子は男性恐怖症
  • 王子2番隊:辻は女子苦手
  • 柿崎3番隊:カゲは犬飼が嫌い
  • 北添4番隊:菊地原は南沢が嫌い
  • 二宮8番隊:絵馬は二宮が嫌い
  • 水上9番隊:水上が文書を改変している

特に最後の水上敏志のやり口が露骨で、他の隊員に戦闘シミュレーションのことを共有すらしていません。

なんと戦闘シミュレーションについては水上敏志が一人で操作し、他の隊員には共通課題と分担課題を片付けさせるという、極限まで効率的な作戦を取っているのです。

ただそれが他の隊員にバレた時に盛大ないざこざが起こりそうですね。

【ワールドトリガー】216話のネタバレ!三雲修の加点状況は?

第216話以降では一次試験の内容から三雲修の得点状況、加点状況がどうなっていくのかに注目です。

一次試験では各隊の様子をA級隊員が監視しており、課題への取り組みやトラブル対応などを見て加点したり減点しています。

A級隊員が審査した得点がそのまま遠征選抜に反映されるわけではありませんが、上層部としてはある程度参考にするはずです。

特に一次試験はトリオン量や戦闘能力が関係ない内容なので、三雲修としてはできる限り一次試験で点を取りたいところですね。

【ワールドトリガー】216話のネタバレ!二次試験は36時間の長時間戦闘試験!

第216話以降では二次試験である「最大36時間の長時間戦闘試験」がどんな内容なのかにも注目です。

二次試験の詳しい内容はまだ明かされておらず、そもそもこれが隊員同士の戦いなのか、ネイバーを想定して全員協力して戦うのかなどは不明です。

後者の場合は他部隊が心強い味方ですが、前者の場合はバトルロイヤルよろしく潰し合うことになります。

更に二次試験からはA級隊員も参戦するため、B級隊員にとってはキツイ相手になるでしょう。

【ワールドトリガー】211話のネタバレ!グリーンカードが出される?

宇宙兄弟」をご存知の方であれば「グリーンカード」というものを聞いたことがあると思います。

これは簡単に言うと「隊員に無茶振りを課してチーム内を引っ掻き回す」というもので、審査側の人間が一人の隊員に対して発動する極秘司令です。


例えば宇宙兄弟の中で出たグリーンカードの内容としては下記のようなものがあります。

  • 部屋に唯一あった時計を壊す
  • 夜中寝ている時にうるさいブザーを鳴らす
  • 米をわざと床にぶちまける
  • トイレを水浸しにする
  • PCのデータを全削除


グリーンカードの指示が出た隊員はそのことを他言してはならず、また人目につかないように実行しなければならないため、隊員達は「誰がやったんだ」と疑心暗鬼に陥ります。


第211話以降ではもしかしたらグリーンカードに近いものが審査側から発動するかもしれません。

これが発動すると先ほどのスコアの差なんかよりもよほど隊員の精神状態を引っ掻き回すので、要注目ですね。

「【ワールドトリガー】216話のネタバレ!水上9番隊との戦い!」まとめ

今回はワールドトリガーの216話の内容についてネタバレ&解説しました。


今回の遠征は過去最長のものとなるため、今まで以上に適性検査や試験が厳しい内容になりそうです。

特に閉鎖環境試験でのストレスで各部隊の様子がどうなっていくのか、今後の展開が楽しみですね☆


第216話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました