【ワールドトリガー】218話のネタバレ!特別課題の意図とは?

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!特別課題の意図とは?

記事内に広告が含まれています

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!特別課題の意図とは?

この記事ではワールドトリガーの218話の内容についてネタバレ予想&解説します。


第217話では戦闘シミュレーションの5回戦まで終わり、諏訪隊は全敗中です。

そして三雲修がコミュニケーションについて改善案を出したところで、突然「特別課題」が出されました。


第218話ではどんな展開になるのでしょうか。

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます


→遠征選抜試験のメンバー一覧を見る

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!王子隊では生駒節炸裂!笑

ワールドトリガーの第218話では王子隊の様子から描かれています。

そこでは王子隊のお笑い担当の生駒が相変わらずの様子で、戦闘シミュレーションで敗北してもどこか和やかな空気です。

向こうの太刀川さん剣が伸びてきよる。「センクウ・・コゲツ・・?」

などとカタコトで話していますが、「生駒旋空」という異名を持ってる人間が知らないはずがなく、帯島ユカリは完全に笑いをこらえています笑


その後、リーダーの王子が「特別課題②が来てる」とみんなに告げると生駒が

トクベツ・・カダイ・・?

と同じネタをかまし、帯島はドツボにハマっていました笑

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!「特別課題」の意図は?

ワールドトリガーの第218話では「特別課題」が出された意図に注目です。

第217話では戦闘シミュレーションの真っ最中に特別課題が出され、その内容は

B級ランク戦の各試合がなぜ
三つ巴、四つ巴の形式で実施されているか、
その理由を考え、意見をまとめて提出しなさい

というものです。
→ワールドトリガーの第217話のネタバレ解説を見る

しかも提出期限がその日の午後6時30分までで、戦闘シミュレーションは午後7時まで続くのです。

諏訪隊では三雲修がこの課題に対して「前回とは違って「全員で考えろ」という指定がない」ことに気づきます。

つまり今回の課題は全員でかかる必要はなく、誰か一人が片付けても問題無い類のものです。

そこ諏訪は今回の特別課題を三雲修一人に任せることにしました。三雲修ならこういう課題への対処もでき、また戦闘シミュレーションのポジション的にも抜けられるのは三雲と諏訪ぐらいだからです。

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!若村隊の様子は?

ワールドトリガーの第218話では若村11番隊の様子も描かれており、特別課題で誰が戦闘シミュレーションから外れるかを話し合っています。

半崎が「戦闘シミュレーションダルいし俺が抜けてもいいっすよ?」とか言い出しますが、若村隊でスナイパーは半崎しかいないので抜けられません笑

そんな中で隊長の若村麓郎は

  • うちの4人はそれぞれ役割があるから誰が抜けてもきつい
  • その線で考えると一番いらないのは隊長の自分・・
  • でも自分が特別課題をやって他の奴が指揮して、万が一うまく行っちまったら・・

などと悶々としています。というのも若村11番隊のここまでの成績は0勝5敗1分で、諏訪隊に次ぐくらいの惨状だったのです。

そんな若村の苦悩を感じ取った日佐人が「俺がやってみていいですか?」と申し出ます。

こうして若村隊で特別課題をやるのは日佐人になりますが、その状況でホッとしていた若村は

こんなことでホッとしてる自分が嫌になる

と自己嫌悪に陥っていました。他の隊長と比べても若村はひときわ自信が無いようですね。

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!問題の水上9番隊の様子は?

ワールドトリガーの第218話では、第216話の立ち回りで一気に大注目の部隊となった水上9番隊の様子も描かれます。
→ワールドトリガーの第216話のネタバレ解説を見る

水上敏志は特別課題に関しては隠したりせずに隊員に回し、照屋と樫尾で対処することになりました。

しかもその指揮も荒船がとっているため、水上も「隊長経験者おると楽やなー」と感じています。


水上敏志の行いが表沙汰になる日はくるんでしょうか笑

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!北添隊では小競り合い笑

ワールドトリガーの第218話ではゾエこと北添尋が率いる4番隊の様子も描かれています。


4番隊にはメチャクチャ頭がキレる染井華が特別課題に適任ですが、戦闘シミュレーションでオペレーターが必須なので抜けられません。

そこで南沢海が立候補しますが、菊地原が却下します。というのも前日の特別課題の配点が375点と極めて高く、これは戦闘シミュレーションで言うと7勝0敗3分くらいに相当します。

そんなバカでかい案件を南沢の軽いノリで任せるわけにはいかないので菊地原が立候補しますが、菊地原も戦闘シミュレーションでは役割が大きいために抜けられません。

そのタイミングでまた南沢が立候補しては菊地原が潰し、という感じで揉め始めます笑


そんなこんなこで、結局隊長のゾエが特別課題をやることになりました。ここの部隊もまあまあ火種を抱えていますね笑

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!村上隊の様子は?

ワールドトリガーの第218話では村上鋼率いる10番隊の様子が描かれており、熊谷友子が特別課題に立候補していました。

村上隊はここまで2勝3敗1分となっており、熊谷友子は「あんまりうまく動けてない」と感じていたからです。

そして隊長の村上鋼は「8試合目が休みだから、そこで全員で一気にやる」ということにしました。ここまでの部隊では村上隊が唯一「全員で特別課題に取り組む」と判断していますね。


またこのやり取りを見ていた氷見亜季は

この部隊は「みんな気を遣える」ってとこが弱点になるかも

と感じていました。

村上隊は他部隊に比べて火種になるような人間が一人もいないため、チームワークはNo.1に見えます。

ただみんながみんな気を遣えるが故に意思決定に時間がかかったり、時には非合理的な判断をしてしまう弱点があるようですね。

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!グリーンカードが出される?

ワールドトリガーの第218話では二宮8番隊の様子も描かれ、隊長の二宮匡貴が

隊長命令だ
絵馬、特別課題はお前がやれ

と鶴の一声でブチ込んできました。先程の村上10番隊とは対照的ですね笑

その理由として、二宮匡貴が「絵馬が遠征に行きたがっている」ということを知っており、その上で「上層部に直接アピールするチャンス」ということです。


これは二宮匡貴なりの優しさなのか、それとも他に何か意図があるのかもしれませんね。

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!歌川1番隊の様子は?

ワールドトリガーの第218話では歌川遼率いる1番隊の様子が描かれており、特別課題は巴虎太郎が立候補していました。

歌川は事前に柿崎から「虎太郎が自分から言い出したことはやらせてみてくれ」と頼まれていたこともあり、ここは虎太郎に任せることにします。


そして虎太郎が特別課題についてアドバイスを求めると、空閑遊真が一つ助言を与えます。

ランク戦は「練習試合」だけど
「近界(ネイバー)に行った時」のことを考えて作ってある
だからその辺と絡めて考えるといいかも

空閑遊真がここまで自信満々に言い切るのも、そもそもボーダーのシステムを創ったのが空閑遊真の父親・空閑有吾だからですね。

【ワールドトリガー】218話のネタバレ!迅悠一の謎の一言

ワールドトリガーの第218話ではA級部隊側の様子も描かれており、そこでは迅悠一や宇佐美栞が会話しています。

そこで迅悠一が運営本部から呼び出しを受けており、その去り際、

一緒に遠征にいけない分
やれることはやっておかなきゃな

と意味ありげな一言を残していました。

迅悠一の副作用(サイドエフェクト)で何が見えているのかが気になりますね。

「【ワールドトリガー】218話のネタバレ!特別課題の意図とは?」まとめ

今回はワールドトリガーの218話の内容についてネタバレ予想&解説しました。


戦闘シミュレーション中の特別課題など、運営本部がジワジワと部隊にストレスをかけていることが分かる回でした。

また迅悠一の去り際も気になるところで、今後の展開が楽しみですね★


第218話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

期間限定!ワールドトリガーのアニメを無料で見る方法!

ワールドトリガーのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

ワールドトリガーのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


ワールドトリガーを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!アニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

error: Content is protected !!