【ワールドトリガー】212話のネタバレ!小寺の電話の真意とは?

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!小寺の電話の真意とは?

この記事ではワールドトリガーの212話の内容についてネタバレ予想&解説します。


第211話では小寺章平が諏訪洸太郎に対して電話をかけたところで終わりました。

遠征選抜試験の初日が終わり、各隊の様子や小寺章平の用事が気になるところです。


第212話ではどんな展開になるのでしょうか。

※この記事はワールドトリガーのネタバレを含みます

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話


→遠征選抜試験のメンバー一覧を見る

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!古寺章平の用事とは?

第212話では古寺章平が諏訪洸太郎に突然電話をかけます

そもそも試験中に他の隊員と電話ができることに驚きですが、ルール上は

通信デバイスで元チームメイト以外となら自由に連絡できる

となっています。

小寺章平の用事は「A級からの評価が何点くらいか」を聞き出すためでした。これは諏訪隊だけでなく他の部隊にも聞いて回っています。

小寺章平が気になっていたのが、小寺以外のメンバーのA級からの評価が妙に低いことです。

こちらが第211話で明らかになった小寺6番隊の個人成績ですが、確かに小寺章平の+20点が際立っており、それ以外のメンバーは一桁台です。
→ワールドトリガーの第211話のネタバレ解説を見る

しかし他の部隊の話を聞く限り、A級からの評価は概ね13~15点ぐらいでした。

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!A級評価が選抜の分かれ目になる?

第212話では小寺章平が「A級評価が選抜試験において重要かもしれない」と考えていました。

  • A級評価の点数が全体の成績に占める割合が低すぎる
  • A級評価の部分だけ色付きになっている
  • もしそうだとしたら後になるほど取り返しがつかない

このように考えており、特別課題をスピード重視で終わらせて課題に集中した自分のやり方に疑問を持っていました。

ここについての真相は不明ですが、今回の小寺章平のように「日々の成績発表などから自分たちで改善していくか」というところも評価のポイントになりそうですね。


ちなみに加古隊がこの様子を見て、

  • 古望:迷いが顔に出すぎてみんなが不安になる(-1点)
  • 喜多川真衣:情報を集めて推察しているのでみんなやる気が出る(+2点)

としていました。

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!生駒達人は料理が上手い!

第212話では随所で生駒達人が炎の料理人よろしく料理しているシーンが描かれています。

そして肝心の味の方も申し分なく、仁礼光や帯島ユカリ、辻新之助も大絶賛していました。

意外な生駒達人の特技、かと思いきや過去に生駒達人が迅悠一に「モテる趣味」を尋ねており、そこで「料理とかいいんじゃない?」とアドバイスを受けていたのでした。

一体何を目指しているのやら笑


ちなみに他の部隊の食事状況として目立つのが

  • 歌川1番隊:誰も料理できない
  • 水上9番隊:今結花の料理がプロ並み

です。特に歌川1番隊は第211話で漆間恒が空閑遊真を糾弾するなど、空気も悪めなので心配なところですね。
→遠征選抜試験のメンバー一覧を見る

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!服やシーツが便利仕様!

第212話では遠征艇の中の便利仕様が明らかになっています。

シャワーを浴びる時はトリガーを解除し、脱いだ服を謎の機械に放り込むと服がトリオンに分解され、新品になって出てきます。

これはシーツや枕カバーなども同様のようで、洗濯の必要がないのは便利ですね。

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!ヒュースの角の対応!

第212話ではヒュースの角についての対応も描かれています。

ヒュースがアフトクラトル出身の近界民(ネイバー)であることは一部の隊員しか知らないため、角があるのがバレると大事になります。

そして寝る時はトリオン回復のために生身になる必要があるため、相部屋はNGということです。

ここでヒュースが取った作戦(?)は「カナダ人は個室じゃないと寝れない」と言い張ることでした笑

ほかメンバーは「カナダ人ってそうなの・・?」と訝しがるますが、「ヒュースは生身だと言葉通じない」という理由もあり、晴れて個室カプセルベッドを使うことになります。

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】212話のネタバレ!諏訪洸太郎が三雲修に一言

第212話の最後では就寝時間となり、各部隊の各メンバーが部屋に入っていきました。

諏訪隊では三雲修と諏訪洸太郎が2人部屋で寝ることになり、三雲修が自分の中で初日の反省をしていると、諏訪洸太郎が「おめーにちょっと言っとくことがある」と話しかけます。

第213話では諏訪洸太郎の一言に注目ですね。

スポンサーリンク

「【ワールドトリガー】212話のネタバレ!小寺の電話の真意とは?」まとめ

今回はワールドトリガーの212話の内容についてネタバレ予想&解説しました。


選抜試験では課題の他、普段の言動なども常にチェックされているため、小寺章平のようによく気がつく隊員にとってはストレスになりそうですね。

次話の展開が楽しみです☆


第212話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【ワールドトリガー】解説・ネタバレ情報

24巻
208話209話210話211話
212話213話214話
25巻
215話
216話
217話
218話
219話
220話
221話

ワールドトリガーのコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

ワールドトリガーの一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました