ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!ロケットの不具合は大丈夫?

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!ロケットの不具合は大丈夫?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

この記事ではドクターストーンの第226話についてネタバレ解説します。

 

ドクターストーンの第225話では千空達の宇宙船が電気系統の異常に見舞われ、無線もモニターも停止してしまいます。

これでドッキングは絶望的かに見えたましたが、4号機に臨時で龍水が乗ってきたことで難を逃れ、無事に全てのドッキングに成功しました。

 

第226話ではどんな展開になるのでしょう。

この記事で分かること
  • ドクターストーンの第226話のネタバレ解説
  • ドクターストーンの第226話の展開

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

【ドクターストーン】ネタバレ解説

25巻
216話217話218話219話220話
221話222話223話
26巻
224話225話226話227話228話
229話230話231話232話

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!龍水と合流!

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!龍水と合流!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの第226話以降では千空達が宇宙船の中で龍水と再会を果たしました。

第225話では電子回路に混入した髪の毛一本が原因で電気系統がオシャカになり、無線もモニターも止まってしまい、ドッキングもままならない状態になりましたが、ロケット4号機に龍水が乗ってきたことで難を逃れたのです。
→ドクターストーンの第225話のネタバレ解説を見る

 

また龍水はスタンリーにパイロットの座を譲った後もずっとバックアップクルーとして宇宙飛行士としての訓練は続けていたため、宇宙に行く準備は万端でした。

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!龍水が配電回路を持っていた!

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!龍水が配電回路を持っていた!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの第226話では龍水が何と配電回路を持っていました。

第225話で配電回路が破損したために地上との通信が切れ、モニターもろくに映らなくなりましたが、無事に解決しましたね。

しかもカセキが既に組み上げた状態だったため、細かい修理の必要もなく、ただ交換するだけで修理完了します。

 

こうして宇宙船のトラブルが解決し、いよいよあとは月面に向かうのみとなりました。

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!地上部隊の出番!

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!地上部隊の出番!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの第226話では千空達を月に送り届けるため、地上のゼノ達が尽力します。

地上に設置したパラボラアンテナと宇宙船とで電波を送り合うことで宇宙船の現在位置を割り出し、更に電波のドップラー効果を計算することで宇宙船の速度も分かります。

ちなみにドップラー効果とは、「救急車が近づいてくる時は音が高く、遠ざかる時は音が低くなる」あの現象のことです。

地上にはゼノの他、ソナーマンの羽京や天才プログラマーのSaiもいるため、こういう計算もお手の物ですね。

 

そして千空達は再び宇宙船の中で石化し、ゼノ達が宇宙船を月まで誘導します。

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!遂に月に到着!!

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!遂に月に到着!!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの第226話では遂に千空達が月に到着しました。

思えばドクターストーンの16巻の第139話で、千空が宝島で「月に行く」と発言していましたが、本当に実現してしまいましたね。

 

そして月の目の前まで来たものの、月の裏側に入ってしまうと地球との無線が遮断されるためにゼノ達と連絡が取れません。

よって月の裏側では千空達が自ら計算しつつ進んでいく必要があります。

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!月面に着陸するメンバーは?

ドクターストーンの第226話ではいよいよ月面に着陸する場面が来ますが、全員が月面に行けるわけではありません。

何故なら月着陸船の定員は3人であるため、1人は宇宙船に残らなければならないのです。

ここで千空が「科学屋の俺が司令船に残る」と言いかけますが、龍水がそれを遮って

 

司令船には龍水が残る(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

司令船には俺が残る
新世界ストーンワールドの科学者代表として
千空、貴様は月面へ行け

と告げます。

龍水は「月に降りるのは3人、司令船を操るのは1人、選べるならたった1つのトロフィーだ」と口にしていましたが、これは単なる建前でしょう。

ここまでずっと最前線で人類を引っ張ってきた千空にこそ月面に行ってほしいため、あの欲しがりの龍水が「月面到達」の栄誉を我慢して千空を行かせたのです。

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!月での最初の一言!!

ドクターストーンの第226話では遂に千空達が月面に着陸しますが、ここでゲンがおもむろに

月に降り立って最初の一言って考えた?

と尋ねます。

 

過去に人類で初めて月に降り立った際、アームストロングが「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」と口にしていました。

よって今回はストーンワールドで初の月面着陸ということで、最初の一言が後世に伝えられることになるでしょう。

地上ではクロムやモズ、Saiなどが大喜利のように案を出しまくっていましたが、もちろん千空はそんなもん考えていません笑

そしていよいよ月面に降り立った千空が口にしたのは、ドクターストーンの代名詞とも言えるあの一言でした。

 

ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!月での最初の一言!!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

唆るぜこれは・・!

「ドクターストーンの第226話のネタバレ最新!ロケットの不具合は大丈夫?」まとめ

今回はドクターストーンの第226話についてネタバレ解説しました。

遂に月面に到着し、ドクターストーンの物語も大詰めですね。

あとはホワイマンがどんな形で出現するのかに注目です。

 

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

→ドクターストーンの未回収の伏線や謎について見る

【ドクターストーン】ネタバレ解説

25巻
216話217話218話219話220話
221話222話223話
26巻
224話225話226話227話228話
229話230話231話232話

コメント

タイトルとURLをコピーしました