恋愛代行の第13話のネタバレ最新話!マサヤが漫画研究会に入部!?

記事内に広告が含まれています

この記事では恋愛代行の第13話についてネタバレ解説します。

第12話ではマサヤのイメチェン作戦中にノブ子と再会しました。

第13話ではどんな展開になるのでしょう?

この記事で分かること
  • 恋愛代行の第13話のネタバレ
  • コンとポンの因縁
  • 麻理とマサヤの進展
  • 登場キャラ

※この記事は恋愛代行のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

恋愛代行のネタバレ解説はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

恋愛代行ネタバレ情報

1巻
1話2話3話4話5話
6話
7話8話9話10話
2巻
11話12話13話14話15話
16話
17話18話19話20話
3巻
21話22話23話24話25話
26話
27話28話29話30話
恋愛代行の解説&考察

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!ノブ子がマサヤのイメチェンの鍵になる?

恋愛代行の第13話ではノブ子の動向に注目です。

 

12話ではマサヤがマリに修復不可能なほど避けられ、撃沈していました。
→恋愛代行の第12話のネタバレ解説を見る

しかしそれでも諦めないマサヤは、ポンのアドバイス通りに「イメチェン」に取り組むのです。

その一環としてマサヤは漫画研究会に来ますが、そこで以前にプロデュースしたノブ子と出会いました。

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!ノブ子がマサヤのイメチェンの鍵になる?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

13話では漫画研究会の部長や部員が、ノブ子の変わりっぷりに驚愕しています笑

ノブ子もノブ子も天然で「私あれから変わっちゃいました」とか言っており、マサヤ達も「またイイトコにアソビに行こうぜ」「ミンナで楽しもうや」とか口にします。

コイツらはとにかく誤解しか招かない言い回しをしており、部長達は「漫画研究会の姫であるノブ子が汚れてしまった」と勘違いするのです笑

特に部員である南砺(なんと)はノブ子のことが好きだったため、失恋(誤解)によってメンタル崩壊寸前でした笑

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤが漫画研究会に入部!?

恋愛代行の第13話ではノブ子を巡って部長達がショックを受けるも、とりあえず部長がその場を取り仕切ります。

ちなみにこの漫画研究会の正式名称は「第二漫画研究会」で通称「二漫研(にまんけん)」というようです。

というのも、この部以外にも「第一漫画研究会」が存在し、ゆるい活動をしているのが「第一漫画研究会」、ガチヲタなのが「第二漫画研究会」なのです。

そういうわけで、マサヤの連れはその場から退散するのですが・・

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤが漫画研究会に入部!?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

ノブ子への挨拶は忘れません。

あくまでこいつらはノブ子と超健全な触れ合いしかしていませんが、南砺はノブ子と彼らのスキンシップを見るだけで脳が焼ききれそうになっています笑

そしてマサヤはポンのアドバイスである「陰キャの心を知るのです」という言葉通り、そのまま漫画研究会に残り、入部を希望します。

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!陰キャが集まるとこうなる笑

恋愛代行の第13話ではマサヤが漫画研究会に残り、その場には部長、南砺、ノブ子、マサヤの4人がいる状態です。

で、

ノブ子「いっぱい話したいことあるけど、何を話したら・・」
南砺 「ノブ子ちゃんはあいつらにあんな事やこんな事、よもや複数で・・」
部長 「部長の僕がちゃんとしないと・・」

という感じで全員が沈黙していまい、

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!陰キャが集まるとこうなる笑(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

結果的にこうなります笑

そして陽キャであるマサヤはこの沈黙に耐えきれず、早速自己紹介から始めました。

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤはマンガ好き?

恋愛代行の第13話では部長である篠崎が、マサヤの漫画好きっぷりを確認します。

ただマサヤの好きな漫画は「ワンピース」「キングダム」ということで、篠崎は「良い漫画だよね!」と言いつつも、「チョイスが陽キャすぎる・・!」と警戒していました笑

さらに篠崎がマサヤにスラムダンクの話題を振ると・・・

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤはマンガ好き?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

マサヤはスラムダンクの存在すら知らず、篠崎は「こいつとは絶対仲良くなれない」と感じています笑

 

そんなこんなで篠崎の中でマサヤの第一印象が最悪になったところで、ノブ子がおもむろに、篠崎が描いた漫画を持ってくるのです。

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤが篠崎の漫画を読破!

恋愛代行の第13話ではノブ子がタブレットをマサヤの元に持ってきて、そこに入っている篠崎の漫画を見せます。

ただ篠崎は、幼少期から自身の漫画をクラスメイトに馬鹿にされ続けてきた思い出があり、特に

陽キャに漫画を読まれてロクな目にあったことが無い

と感じていました。

よってマサヤが読んでいる間も既に泣きそうになっており、マサヤが感想を言う瞬間も「はいはい笑えばいいだろ!」とやさぐれています。

で、マサヤの感想は・・・

恋愛代行の13話のネタバレ最新話!マサヤが篠崎の漫画を読破!(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

マサヤ「面白いッス!部長さんもしかしてプロっすか?」
篠崎 「この子好きぃ・・」

となりました。チョロすぎる笑

マサヤもガチで篠崎の漫画を気に入ったらしく、「部長のファン名乗って良いっすか?」と口にするのです。

そんなマサヤを見て、篠崎は

こいつは嫌な陽キャではなく
コイツのジャンルは
オタクに優しいギャル

と結論付けます。まあ男ですが笑

 

こうしてマサヤは無事に漫画研究会に入部しました。

ポンがアドバイスするまでもなく、マサヤは陰キャの心を掴んでいるようですね笑

「恋愛代行の第13話のネタバレ最新話!マサヤが漫画研究会に入部!?」まとめ

今回は恋愛代行の第13話についてネタバレ解説しました。

マサヤが陰キャの心を掴むため、漫画研究会に入部しています。

次話ではここからマサヤの恋愛がどんな展開になるのか注目ですね。

 

恋愛代行の第13話以外のネタバレ最新話解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

恋愛代行ネタバレ情報

1巻
1話2話3話4話5話
6話
7話8話9話10話
2巻
11話12話13話14話15話
16話
17話18話19話20話
3巻
21話22話23話24話25話
26話
27話28話29話30話
恋愛代行の解説&考察

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました