恋愛代行の第4話のネタバレ最新話!マリとマサヤが急接近!?

記事内に広告が含まれています

この記事では恋愛代行の第4話についてネタバレ解説します。

第3話ではコンとポンの関係について少し明かされました。

第4話ではどんな展開になるのでしょう?

この記事で分かること
  • 恋愛代行の第4話のネタバレ
  • コンとポンの因縁
  • 麻理とマサヤの進展
  • 登場キャラ

※この記事は恋愛代行のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

恋愛代行のネタバレ解説はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

恋愛代行ネタバレ情報

1巻
1話2話3話4話5話
6話
7話8話9話10話
2巻
11話12話13話14話15話
16話
17話18話19話20話
3巻
21話22話23話24話25話
26話
27話28話29話30話
恋愛代行の解説&考察

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!麻理とマサヤの関係は順調・・?

恋愛代行の第4話では麻理とマサヤの様子から描かれます。

 

第2話ではコンとポンがそれぞれ麻理とマサヤに逐一アドバイスしており、麻理とマサヤの関係が1ミリくらい近づいていました。
→恋愛代行の第2話のネタバレ解説を見る

そんなコンとポンですが、実はコンの部屋にはズタズタに引き裂かれたポンの写真が貼ってあり、コンはポンに対して憎悪にも似た感情を持っているようです笑

 

また第3話ではコンがポンを嫌悪している様子が描かれており、その理由の一つが「ポンが業績トップ」「コンが業績2位」ということで、ライバル関係にあるからでした。
→恋愛代行の第3話のネタバレ解説を見る

しかしコンがポンをここまで嫌うのは、単に仕事の成績だけが理由ではないようです。

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!麻理とマサヤの関係は順調・・?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

第4話では麻理とマサヤがメッセージのやり取りをしており、一見すると順調です。

ただ実は麻理もマサヤも、実は何もしていません

というのも実際に文面を考えたり、返信のタイミングまでもがお互いの恋愛エージェントであるコン(相川琥紺)とポン(松田ケンゴ)がそれぞれ管理しているのです。

つまりは麻理とマサヤがメッセージしているように見えて、実質的にはコンとポンが会話しているようなもんですね笑

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!マサヤに最も必要なこととは?

恋愛代行の第4話ではコンとポンのお陰で、麻理とマサヤが翌日に図書室で会う流れになりました。

そしてマサヤ側ではポンが「マサヤに最も必要なこと」として

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!マサヤに最も必要なこととは?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

ラポール構築

について教えるのです。

ラポール」とは相手との関係の中で「安心感」「信頼感」などの関係を築くプロセスのことで、コミュニケーションの基盤となります。

そしてこのプロセスを経ることで、相手が心を開いてくれやすくなるのです。

特に麻理はドがつくほどの恋愛初心者であり、男の前ではロクに喋れないほど初心なため、まずは安心感を与えて信頼してもらうことが大事ということですね。

 

またポンはマサヤに対して特に難しいことは言わず、「ちゃんと相手の目を見て話せば良い」と言いますが、マサヤはいつもやっています笑

さらにはマサヤは「目ェ見て話さなきゃ気持ちが伝わらねぇし相手に失礼だろ!」と、相変わらず悪い男なんだか好青年なんだか分かりません笑

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!図書室で麻理とマサヤが再会!

恋愛代行の第4話ではいよいよ図書室で二人が再会します。

麻理は先日まで「恥ずかしい」というシンプルな理由により、マサヤがいる図書室に入ることすらできませんでした。

しかし今回は秘策を持って臨んでおり、いつも以上に勇ましい調子で図書室に乗り込むのです。

そして麻理が上品な立ち振舞いでマサヤに近づいていき、二人らしからぬ良い雰囲気で会話ができていました。

男が近づいただけで顔を真っ赤にしてパニックになる麻理にしてはおかしいですが、マサヤも麻理に対して違和感を感じています。

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!図書室で麻理とマサヤが再会!(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

その違和感の正体は「目を開けていない」ということでした笑

なんと麻理の秘策とは「相手の目を見ない」という力技で、さらに「空想上の弟と話している」と脳を騙しながらマサヤと話しています。

ちなみに麻理に弟はいません笑

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!麻理が目を開けてしまう!

恋愛代行の第4話では本末転倒な秘策によって一応まともに喋れていたマリでしたが、ふとマサヤが読んでいた本やそれを持つ手、長い指、男特有の骨ばった手を見てしまうのです。

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!麻理が目を開けてしまう!(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

で、「オトコノコの手だぁ・・!」と意識してしまい、目を閉じるのも忘れ、心拍数が急上昇していきました笑

あまりにもマリの心拍数がヤバいためにコンが慌てており、状況証拠から

マリは手フェチ

ということが判明するのです笑

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!マリとマサヤが急接近!?

恋愛代行の第4話ではマサヤが先程の「ラポール構築」を思い出し、「じわじわと距離を詰めれば良いんだろ?」と解釈しています。

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!マリとマサヤが急接近!?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

で、実際にはじわじわではなくガツガツと距離を詰めていきました笑

この距離感にはマリが顔を真っ赤にして緊張してしまったため、コンが「手じゃなく他の所を見て!」と指示します。

そして焦りもあったのか、マリはマサヤの喉仏を見てしまい、

オトコノコ!

と尚一層意識したため、図書室から全速力で逃亡するのです笑

そんなこんなで今日も二人はすれ違い漫才の連発で距離が縮まらず・・

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!ポンこと松田ケンゴは高校の同級生!?

恋愛代行の第4話ではこの日のミッションが(お互いに)失敗しています。

そしてマサヤが一息ついたところでふと、

お前カメラも無いのに
なんで「俺がマリに近づいた」って分かった?

と疑問に思っていました。

恋愛代行の4話のネタバレ最新話!ポンこと松田ケンゴは高校の同級生!?(C)赤坂アカ/西沢5ミリ/集英社

その答えは、ポンこと松田ケンゴはマサヤやマリと同じ高校にいるため、二人の様子を遠くから監視していたのです。

次話ではポンやコンの正体などに注目ですね。

「恋愛代行の第4話のネタバレ最新話!マリとマサヤが急接近!?」まとめ

今回は恋愛代行の第4話についてネタバレ解説しました。

相変わらずマリとマサヤの恋愛偏差値が低すぎて何も進展していません笑

次話では二人の展開や、コン&ポンの動向にも注目です☆

 

恋愛代行の第4話以外のネタバレ最新話解説や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

恋愛代行ネタバレ情報

1巻
1話2話3話4話5話
6話
7話8話9話10話
2巻
11話12話13話14話15話
16話
17話18話19話20話
3巻
21話22話23話24話25話
26話
27話28話29話30話
恋愛代行の解説&考察

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました