ドクターストーンの獅子王司が死亡?復活する?

ドクターストーンの司が死亡?復活する?©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

この記事ではドクターストーンの獅子王司(ししおうつかさ)の死亡シーンや復活シーン、作中での生存状況などについて解説します。

司は復活した当初から千空と敵対関係にあり、作中では「司帝国」を樹立しています。

そんな司が作中で死亡疑惑が出るほど危機的なシーンがいくつかあるので、まずは司が最初に死亡するシーンから見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 司が致命傷を追うシーン
  • 司の死亡疑惑シーン
  • 司の復活シーン

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンの獅子王司(ししおうつかさ)は作中で死亡する?瀕死の重傷を負う!

まずは作中で最初に獅子王司が死亡しかけるシーンについて見ていきましょう。

物語序盤で司は絶対的な強さを持つ強者として描かれますが、意外な形で倒れることになります。

司帝国と科学王国の戦いが終結!

司帝国と科学王国の戦いが終結!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ドクターストーンの物語序盤は千空率いる「科学王国」と、司率いる「司帝国」の戦いが描かれます。

この戦いは千空が「奇跡の洞窟」を押さえた上、ダイナマイトを作り出したことで停戦交渉を交わす流れになります。

 

停戦の条件は司の妹である「獅子王未来の復活」で、この後千空達は未来が入院していた病院があった地点を掘り返し、未来を復活させます。

石化前は脳死状態だった未来でしたが、石化からの復活により脳が修復されて目を覚ましました。

こうして「科学王国」と「司帝国」の戦いは終結します。

氷月が司の左胸を刺す!

氷月が司の左胸を刺す!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

両陣営の戦いは終わったかに見えましたが、ここで突然氷月が未来を刺そうとしました

こうすれば司が未来を庇う」と分かっての攻撃で、真正面からでは司に敵わない氷月はこうして司に致命傷を与えたのです。
→ドクターストーンの氷河(氷月)の裏切りのシーンと理由を見る

 

その後、氷月は止めに入った千空と致命傷を負った司を川に蹴落とし、3人で話す場面があります。

氷月は司よりも強烈な「選民思想」の持ち主で、千空を巻き込んで「優れた人間だけを生かす&復活させる」という世界を企んでいました。

そのために霊長類最強のチートキャラ・司が邪魔だったのです。

千空&司が初めてのタッグ!

千空&司が初めてのタッグ!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ここで千空と司が作中で初めてタッグを組んで戦うことになります。

司は左の肺に大穴が開いた状態で、医者がいないストーンワールドにおいては明らかに致命傷でしたが、この傷でも氷月と渡り合う人外っぷりを見せました。

 

しかし流石に致命傷を負った司では氷月に敵わず、千空は腹を刺され、司も地面に引き倒されて殺されそうになります。

ただここで腹を刺されたはずの千空が氷月に近づいていきました。実は千空の腹にはマンガン電池がびっしり仕込んであり、これが盾の代わりとなっていたのです。

氷月をスタンガンで撃破!

氷月をスタンガンで撃破!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空は携帯電話に使われていたコイルにマンガン電池を繋ぐことで、即席のスタンガンを作り出しました。

流石の氷月も10万Vのスタンガンに耐えられるはずもなく失神し、千空&司が勝利します。

 

ただ司が受けた致命傷は当然ながら治ることはなく、この後司は死亡を待つのみとなるのです。

ドクターストーンの獅子王司(ししおうつかさ)は死亡せずコールドスリープ!復活できる?

千空と司は氷月に勝利して拘束し、これで科学王国と司帝国の戦いは完全に終わりました。

しかし氷月の一撃で致命傷を負った司は千空の治療を受けるも、破壊された臓器を治すことはできないので延命処置にしか過ぎません。

そして千空は司を「石化を利用して助ける」という選択をしました。

司を冷凍庫でコールドスリープさせる

司を冷凍庫でコールドスリープ(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

石化から復活する際には修復効果が発動します。これはかつて司に首を折られた千空が実証しており、司もこの方法なら助かる可能性がありました。

ただ石化自体のメカニズムが全く不明で、それを解明する間に確実に司は死亡するため、司の体を冷凍庫でコールドスリープ状態にしたのです。

こうして司は石化光線の仕組みを解明するまでは冷凍保存されることになります。

宝島編でメデューサを入手して司が復活!

宝島編でメデューサを入手して司が復活!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

宝島編で石化光線の正体が「メデューサ」と呼ばれる未知の機器であることが判明しました。

そして千空はそのメデューサで司を石化させ、復活液をかけることで司が完全復活します。

こうして司は晴れて千空の仲間となり、科学王国に最強の戦力が加わりました。

ドクターストーンの獅子王司(ししおうつかさ)が南米で死亡?

ドクターストーンの物語が進むと、千空達はアルコールの原料にもなるコーンを求めてアメリカに渡ります。

しかしアメリカではかつての千空の師匠とも言える天才科学者・ゼノが「科学王国」を作っており、千空達を遥かに上回る軍事力を持っていました。

そして千空達は大将であるゼノの身柄を確保するも、スタンリー達に追われながら、人類石化の中心地である南米を目指すことになります。

スタンリー達との決戦!

司達がスタンリー達との決戦!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空達は南米のアラシャでスタンリー達との決戦を迎えます。

スタンリー達はマシンガンやライフル、手榴弾を備えており、千空達とは桁外れの火力を持つ相手でしたが、千空達も要塞を構えたりトラップを仕掛けて迎え撃ちました。
→ドクターストーンのスタンリーの強さや能力、戦闘シーンなどを見る

そして司は相変わらずの無双っぷりで、元女性格闘家の全米チャンピオンであるマヤをも一発KOします。

氷月が死亡し、司とコハクも死亡寸前の致命傷!

氷月が死亡し、司とコハクも死亡寸前の致命傷!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

しかしいくら司が強くても銃相手ではどうしようもなく、司はマヤを倒した直後に遠距離から撃たれました。

司が撃たれて致命傷を受け、氷月もコハクを庇って死亡、コハクも相手の通信装置を破壊するも撃たれて致命傷を受けます。
→ドクターストーンのコハクの死亡/石化シーンを見る

 

こうして司は死を待つのみとなりますが、このタイミングで北米コーンシティではジョエルがメデューサの再起動に成功しました。

そして千空が最後の手段に出ます。

全人類が再び石化!

全人類が再び石化!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空は「北米からメデューサを起動させて全人類を石化させる」という最後の手段に出ます。

これにより千空も含めて全人類が石化しますが、事前にショックキャノンの受け皿に復活液をセットし、その下にスイカが待ち構えることで、雷などの轟音が鳴ることでスイカが復活するのです。

その後はスイカが数年をかけて自力で復活液の調合に挑むことになります。

司を含めて全員復活!

司を含めて全員復活!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

その後スイカは数年かけて復活液を完成させ、司を含めて全員が復活しました。
→ドクターストーンのスイカが大人になったシーンを見る

ちなみに司はスタンリーに撃たれた時点で致命傷を負っていたものの、石化するまでギリギリ死亡はしていません。

しかし氷月は石化する前に既に死亡しており、石化が間に合わなかったと思いきや、何とメデューサの石化は死亡者すらも復活させてしまいます。

よってメデューサさえあれば、今後も司を含めて完全に死亡するリスクはほぼ無くなりますね。
→ドクターストーンのゼノが仲間になった理由などを見る

ドクターストーンの獅子王司は最後まで死亡せず生存?

ドクターストーンの物語が進み、千空達はメデューサを手に入れます。

これにより死亡者すらも復活することができてしまうため、今後も司を含めた千空の仲間たちは誰も死亡しなそうです。

ただホワイマンとの決戦でどうなるかだけが心配なところですね。
→ドクターストーンのホワイマンの正体や謎について見る

「ドクターストーンの獅子王司が死亡?復活する?」まとめ

今回はドクターストーンの獅子王司(ししおうつかさ)の死亡シーンや復活シーン、作中での生存状況などについて解説しました。

司は霊長類最強と言われるほどの強キャラですが、作中では何度か退場しています。

物語の最後まで死亡せずに生き残るといいですね。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの死亡キャラ一覧を見る

→ドクターストーンの司のかっこいいシーン一覧を見る

→ドクターストーンの司の身長、体重、誕生日などを見る

→ドクターストーンの司帝国の仲間一覧を見る

→ドクターストーンの司の最後について見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました