ドクターストーンのコハクが死亡!?復活できる?

ドクターストーンのコハクが死亡!?復活できる?©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

この記事ではドクターストーンのコハクが死亡するシーンやそこまでの経緯、復活シーンなどについて解説します。

ドクターストーンの作中では数々の戦闘シーンが描かれており、命がけの戦いなだけに死亡者も出ます。

そしてヒロイン枠筆頭であるコハクも戦闘員なため、作中では死亡しかけるシーンがあります。

では実際に作中でコハクが死亡するのかどうか見ていきましょう。

この記事で分かること
  • コハクの死亡/瀕死になるシーン一覧
  • コハクの復活シーン
  • コハクの今後の死亡可能性

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンのコハクが死亡する?死亡寸前のシーンも紹介!

まずはドクターストーンの作中においてコハクが死亡、または死亡しかける危機のシーンについて見ていきましょう。

ストーンワールドの世界では戦いが絶えないため、当然ながら危険な場面も多くあります。

コハクが氷月の管槍で危うく死亡しかける(6巻の第48話)

コハクが氷月の管槍で危うく死亡しかける(6巻の第48話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中では千空が率いる「科学王国」と、司が率いる「司帝国」の戦いが描かれています。

司帝国の中でも氷月は司に次ぐ化物級の強さを誇るキャラであり、武器レベルで勝るコハク達をも圧倒します。

 

漫画6巻の第48話ではマグマが氷月の攻撃を止めている間にコハクが上空から肉薄しますが、氷月の超反応により対応された上に「管槍」特有の軌道が読めない攻撃が飛んできました。
→ドクターストーンの氷月(氷河)の槍術や強さを見る

人間離れした動体視力を持つコハクでもこの氷月の管槍は捌ききれず、ここで死亡しかけます。

しかしこの瞬間、ゲンが事前に管槍に切れ込みを入れていたことで槍がぶっ壊れ、コハクはスレスレで助かりました。

 

もしゲンの細工が無ければコハクはここで死亡していましたね。
→ドクターストーンのゲンのかわいい&かっこいいシーンを見る

コハクが宝島でメデューサの石化光線を受ける(14巻の第122話)

コハクが宝島でメデューサの石化光線を受ける(14巻の第122話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

宝島編では銀狼がイバラに刺されたことで致命傷を負います。

ストーンワールドの世界では医療技術がほぼゼロの世界なので、銀狼の傷を見たコハクは「もう助からない」と悟りました。

そこでコハクはキリサメの持つメデューサをあえて発動させて石化することで、ワンチャン復活に賭ける作戦に出ます。

そして漫画14巻の第122話、コハクと銀狼は宝島の領主を祀る館の上で石化しました。
→ドクターストーンの銀狼の死亡/石化シーンを見る

 

最終的に千空がイバラに勝利し、コハクも銀狼も石化から復活しましたが、もしコハク達の石像がイバラの配下などに粉々に砕かれていたらここで死亡していたところでしたね。
→ドクターストーンのコハクの石化シーンを見る

コハクがスタンリーに撃たれて瀕死の重体に(22巻の第188話)

コハクがスタンリーに撃たれて瀕死の重体に(22巻の第188話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中では南米のアラシャで千空達とスタンリー達の決戦が描かれます。

ただスタンリー達はそもそもプロであり、マシンガンや狙撃銃など火力も千空達を桁外れに上回っていたため、次々と倒れていきます。

漫画22巻の第188話では司がマヤを倒すも直後に銃で撃たれ、氷月がコハクを庇って撃たれます。

そしてコハクは最後の粘りでスタンリーが背負う通信機を破壊しますが、その場でスタンリーの銃弾で致命傷を負いました。
→ドクターストーンのスタンリーの強さや能力、戦闘シーンなどを見る

 

ちなみにこの時に氷月は既に死亡しており、司とコハクも死亡寸前の状態でしたが、この直後に北米でジョエルがメデューサを発動したことで人類ごと石化しました。

ドクターストーンのコハクはいずれも死亡せず復活!

ドクターストーンのコハクはいずれも死亡せず復活!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ここまでコハクが死亡しかけるシーンについてご紹介してきました。

コハクは何度も危ない局面がありましたが、石化のおかげもあっていずれも復活しています。

コハクが死亡しかけた場面結果
氷月の管槍で刺されそうになるゲンの細工により生還
宝島で銀狼と共に石化イバラ撃破後に復活
アラシャでスタンリーに撃たれる人類石化後にスイカの手により復活

特にスタンリーに撃たれた時は明らかに致命傷を負っていましたが、千空の捨て身の作戦で人類ごと石化し、その後のスイカの奮闘のおかげもあって復活できました。

メデューサによる石化は人類の文明を崩壊させた忌まわしい存在ですが、作中ではこの石化のおかげで千空達が助かる場面が多くありますね。

ドクターストーンのコハクは今後死亡するのか?

ドクターストーンの作中において、コハクは「司帝国編」「宝島編」「アメリカ編」のいずれにおいても死亡しかける場面がありました。

よってコハクは大きな戦いがある度に危険な目に遭っているため、今後も危ない場面はあるかもしれません。

これからもコハクの動向には注目ですね。

「ドクターストーンのコハクが死亡!?復活できる?」まとめ

今回はドクターストーンのコハクが死亡するシーンそこまでの経緯、復活シーンなどについて解説しました。

ドクターストーンの物語においては「メデューサ」というチートアイテムがあるため、完全に死亡するという描写は極めて少ないです。

今後も誰も死亡せずに結末を迎えるといいですね。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの死亡キャラ一覧を見る

→ドクターストーンのコハクのかわいいシーン一覧を見る

→ドクターストーンのコハクがパンツを穿いているかどうか結論を見る

→ドクターストーンのコハクの先祖は誰?

→ドクターストーンのコハクの石化シーンを見る

→ドクターストーンのコハクとルリの関係を見る

→ドクターストーンのコハクの身長などのプロフィールを見る

→ドクターストーンの千空が死亡する?

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました