不死川実弥(しなずがわさねみ)が死亡?痣の寿命は25歳まで?

この記事では鬼滅の刃の不死川実弥(しなずがわさねみ)が、作中で死亡したかどうかについて、痣の寿命の話も含めて解説します。


不死川実弥(しなずがわさねみ)は鬼滅の刃の物語において、鬼殺隊の最高戦力とされる「柱」の中でも上位の実力を誇るキャラクターです。

上弦の壱・黒死牟戦や、無惨との最終決戦で大活躍の不死川実弥(しなずがわさねみ)、原作の最終巻での生死の行方やストーリーの展開などをご紹介します。


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます


鬼滅の刃の全てのキャラクターの生存、死亡についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

不死川実弥(しなずがわさねみ)が死亡?最終巻では生き残った?

結論から言うと不死川実弥(しなずがわさねみ)は最終戦後も死亡せずに生き残りました

黒死牟戦の時点で常人なら致命傷となる傷を負い、無惨戦でもダメ押しとなる攻撃を食らっていましたが、隠たちの必死の救護の甲斐もあって一命をとりとめています。


隠たちに救護されている不死川実弥が包帯ぐるぐる巻きで、鮮血まみれなところがこれまでの死闘っぷりを表しています。


ちなみに最終戦後、鬼滅の刃の全メンバーの死亡と生き残りの一覧はこちらで解説しています。

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃で死亡したのは?柱と鬼の生き残りと死因一覧!
この記事では鬼滅の刃のキャラクターの中で生存した鬼殺隊や柱、死亡したキャラの死因などをまとめましたのでご紹介します。


スポンサーリンク

不死川実弥(しなずがわさねみ)の死亡説の理由

物語が進んでいく中で、不死川実弥(しなずがわさねみ)の死亡説死亡フラグ論がネット上でも話題になっていました。


理由の一つとして、不死川実弥はとにかく流血シーンが多いためと考えられます。初登場時ですら炭治郎の頭突きで鼻血を出し、禰豆子を煽るために自らの腕を斬っていました。

黒死牟戦でも「稀血」を活かすためとは言え、尋常じゃない出血をしながらも戦い続けており、どう見ても長生きしそうにはない戦い方でした。


ただ想像に反して不死川実弥は最後まで生き残りました。

柱の中で生存したのは義勇と実弥だけという苛烈さで、生き残った要因にはもちろん運の要素もありますが、根底には圧倒的な実力があります。

スポンサーリンク

不死川実弥(しなずがわさねみ)は無限城&最終決戦で死亡せず、大活躍!

ここで、無限城編からの不死川実弥(しなずがわさねみ)の活躍を見ていきます。


不死川実弥は作中で鬼と戦う姿が描かれたのは上弦の壱・黒死牟戦が初めてでした。

この戦いで不死川実弥が柱の中でも上位の実力であることが明らかになり、鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥と肩を並べて共闘しています。

まずはその黒死牟との戦いから見ていきましょう。

不死川実弥(しなずがわさねみ)は黒死牟戦で大活躍!死亡せず生き残る!

黒死牟戦ではまず時透無一郎と不死川玄弥が遭遇しますが、黒死牟に触れることすらできませんでした。

そして玄夜が殺されるギリギリのタイミングで不死川実弥(しなずがわさねみ)が駆けつけ、黒死牟との一騎打ちが始まります。


しかし不死川実弥(しなずがわさねみ)の実力をもってしても黒死牟には敵わず、「稀血」で酩酊させてもなお、圧倒されました。

その後、悲鳴嶼行冥が駆けつけて不死川実弥(しなずがわさねみ)と共闘します。

柱同士の連携プレイで途中までは押していたものの、本気になった黒死牟の一閃で不死川実弥(しなずがわさねみ)は右手の指2本を欠損します。

そして黒死牟が繰り出す月の呼吸・漆ノ型以降の技の前に、行冥と実弥は近づくことすらできなくなります。

行冥と不死川実弥が何とか黒死牟の反則的な型をさばいている間に、無一郎が特攻同然の突撃で肉薄、更に黒死牟の一部を喰った玄夜の血鬼術で黒死牟を拘束します。

そこから行冥と実弥の猛攻で、ついに黒死牟の頸を打ち落としました。


頸を斬っても一度は再生した黒死牟でしたが、実弥の刀に映った自身の化物のような姿に絶望し、さらに無一郎の赫刀の効果もあって身体は灼け落ち、そのまま消滅しました。

実弥が生き残ったのは自身の実力だけでなく、無一郎と玄夜の命がけの攻撃あってのものでした。

不死川実弥(しなずがわさねみ)の弟・不死川玄夜は黒死牟戦で死亡

黒死牟との死闘で不死川実弥(しなずがわさねみ)は生き残ったものの、弟の玄夜は黒死牟の斬撃で身体を唐竹割りに両断されて死亡します。

唯一の救いとしては、黒死牟の一部を喰っていたために即死はせず、最期に不死川実弥と会話ができたことです。


弟の玄夜を鬼から守るために鬼殺隊に入った実弥は、玄夜を戦わせたくないがゆえに常に辛く当たっていました。

玄夜も、幼い頃に鬼化した母親を殺した実弥を罵ったことをずっと謝りたいと思っており、お互いの本音を打ち明けあったのが玄夜の死の場面という、あまりに悲痛な一戦となりました・・


不死川玄夜の強さの詳細についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

不死川実弥(しなずがわさねみ)は無惨戦でも大活躍!死亡せず生き残った!

無惨との最終決戦は、まず無限城から無惨を地上に叩き出し、夜明けまで1時間半に渡ってその場に縛り付けるという絶望的な作戦でした。


地上に叩き出した際に柱も分散してしまい、最初は冨岡義勇、伊黒小芭内、甘露寺蜜璃の3人で戦っていました。

柱3人がかりでも完全に劣勢でしたが、途中から悲鳴嶼行冥、不死川実弥(しなずがわさねみ)も合流します。


しかし柱5人がかりに加え、善逸、伊之助、カナヲが加勢してもなお、無惨には敵いませんでした。


珠世が無惨に打ち込んだ薬によって無惨を弱体化させまくった状態ですら、往生際の悪い無惨は猛攻を続け、夜明けの日光で灼き殺す瞬間まで猛威を振るいました。

結果的に無惨戦で悲鳴嶼行冥、伊黒小芭内、甘露寺蜜璃は死亡します。


そして無惨討伐後、実弥はを見ていました。

スポンサーリンク

不死川実弥(しなずがわさねみ)は死亡寸前だった!無惨戦の後、死亡した母親と父親に会う

無惨を討伐後、死の淵にいた不死川実弥(しなずがわさねみ)は暗闇の夢の中で母親と再開します。

不死川実弥の母親は過去に鬼化させられたため、実弥の兄弟を殺害し、不死川一家は実弥と玄夜だけが生き残りました。


「我が子を手にかけた自分は天国に行けない」と泣く実弥の母親に、実弥は「俺が一緒に地獄に行く」と言いますが・・・

ここで空気を読まずに実弥の父親が横から登場します笑

父は実弥の母・志津(しづ)の手を取り、実弥を突き飛ばして現実世界に追い払いながら言いました。

お前はまだあっちにもこっちにも来れねぇよ


口は悪いですが、「まだ死亡には早い」という、父から息子へのメッセージですね。

このシーンを見る限り、実弥の口の悪さは父親譲りのようですw

スポンサーリンク

不死川実弥(しなずがわさねみ)は痣の代償により短い寿命=25歳で死亡?その後の人生は?

無惨との最終決戦後も生き残り、死の淵では父親に現実世界に追い返された不死川実弥(しなずがわさねみ)は、最終巻の第204話で元気そうな姿を見せています。


初登場時の柱合会議では鬼の禰豆子をぶっ刺して煽っていた不死川実弥でしたが、第204話では優しい笑顔を向けていました。
(そして善逸が超絶に嫉妬しています笑)

柱合会議での行動も、兄弟や母親、仲間を鬼に殺されてきた不死川実弥だからこその行動で、本当は優しい男であることが物語終盤で明らかになりましたね。

禰豆子との会話の後、不死川実弥がどんな生活を送ったのかについては描写がありません。

ここで気になるのが「痣の代償」です。


最終決戦で生き残ったメンバーのうち、「」を発現させたのは実弥のほか、炭治郎と義勇です。

この3人は作中で語られている「痣の代償」として「長くても25歳までしか生きられない」ことになります。


「痣」を出した瞬間にもう寿命が決まるのか、もしくは「痣」を出して戦い続けることで寿命が縮むのかは定かではありません。

ただ痣による短命化については縁壱以外に例外がいないため、炭治郎、実弥、義勇は短命だったと思われます。


作中において不死川実弥と冨岡義勇は21歳なので、寿命は長くても残り4年ということになります。

せっかく全てが終わったのに、何とも悲しい結末ですね・・

スポンサーリンク

「不死川実弥(しなずがわさねみ)が死亡?痣の寿命は25歳まで?」まとめ

今回は鬼滅の刃の不死川実弥(しなずがわさねみ)が作中で死亡したかどうかや、痣の寿命の話などを解説しました。


不死川実弥(しなずがわさねみ)は無惨戦をも生き抜き、母親と地獄に行こうとしたら父親に追い返され、生き永らえました。

最終決戦後は先述のとおり短命だったと思われますが、両親や玄夜の分まで、せめて幸せな生活を送っていたことを祈ります。

そのうち最終決戦後のその後などが外伝で語られるかもしれませんね☆


不死川実弥(しなずがわさねみ)の笑顔のまとめやかっこいいシーン、風の呼吸の一覧、柱の強さランキングなどはこちらの記事をどうぞ

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃の解説トップページ
↓ ↓ ↓

鬼滅の刃のコラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

鬼滅の刃のコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました