鬼滅の刃の宇髄天元の嫁がかわいい!名前、出会い、馴れ初め、声優など

この記事では鬼滅の刃の宇髄天元(うずいてんげん)の嫁の名前やプロフィール、出会い、馴れ初め、結婚した時期、夫婦円満の秘訣、声優などをご紹介します。


宇髄天元の嫁「雛鶴」「まきを」「須磨」は遊郭編の上弦の陸との戦いの中で登場しました。

全員が忍の一族の生まれで、宇髄天元の家の掟の関係で3人の嫁がいるという状況ですが、天元と嫁の出会いや馴れ初め、家族の仲などについても解説していきます。

<この記事で分かること>
◯天元の嫁のプロフィール
◯天元の嫁の作中での活躍シーンやかわいいシーンなど
◯天元と嫁の出会いや馴れ初め、結婚時期
◯夫婦円満の秘訣
◯天元の嫁の声優


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます


鬼滅の刃のカップルランキングや全キャラのプロフィール、可愛い&美人ランキングなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

鬼滅の刃の宇髄天元の嫁3人のプロフィール!名前、年齢、誕生日、身長、体重、声優など

宇髄天元の妻である雛鶴、まきを、須磨についてそれぞれのプロフィールをご紹介します。

3人それぞれが別の方向で個性的な性格をしており、普段の様子を見ているだけでも天元の器の大きさが分かります笑

広告

冷静なまとめ役「雛鶴(ひなつる)」

雛鶴(ひなつる)のプロフィールを下記の通り一覧表にまとめたのでご紹介します。

雛鶴は天元の3人の嫁の中で最も年上かつ非常に冷静なので、いつもまとめ役のポジションにいます。

大体の役回りとしては泣き叫ぶ須磨黙らせるために怒鳴るまきをなだめる雛鶴という構図が多いです。

名前雛鶴
(ひなつる)
年齢21歳
誕生日不明
身長/体重不明
髪色・髪型・黒髪
・ポニーテール
性格真面目
冷静
穏やか
武器・毒入りの苦無(くない)
大量に発射できる
ボウガン式の武器もある
潜入していた
遊郭
京極屋
声優(CV)不明

広告

姉御肌で気が短い「まきを」

次にまきをのプロフィールです。

まきをは身体能力がずば抜けており行動力も半端じゃないためにガンガン前に出るタイプです。しかし短気であるが故に任務に失敗することもあります。

須磨のネガティブ発言や泣き叫ぶところを見てひっぱたいて黙らせるのが常で、その際は大抵まきをもデカイ声を出しているので騒ぎが2倍になります。

名前まきを
年齢20歳
誕生日不明
身長/体重不明
髪色・髪型・前髪は金、後ろ髪は黒髪
・後ろでまとめている
性格勝ち気で短気
行動派
姉御肌
武器・苦無(くない)
潜入していた
遊郭
萩本屋
声優(CV)不明

広告

末っ子体質の顔芸ムードメーカー「須磨(すま)」

最後に須磨(すま)のプロフィールです。

須磨は3人の嫁の中では最年少で、末っ子オーラ全開の性格です。自分のことを「味噌っかす」と呼んだり、ネガティブ発言をしては何かと泣き叫ぶシーンが非常に多い感情派で、まきをによくひっぱたかれています。

一方で遊郭「ときと屋」に潜入していた時は何気に花魁(遊郭の最高位)に上り詰めているため、単なるアホの子ではなく美貌も教養もかなり高いものを持っているようです。

名前須磨
(すま)
年齢19歳
誕生日不明
身長/体重不明
髪色・髪型・黒髪
・後ろでまとめている
性格泣き虫
感情派
末っ子気質
武器・苦無(くない)
潜入していた
遊郭
ときと屋
声優(CV)不明

広告

鬼滅の刃の宇髄天元の嫁のかわいいシーンや活躍シーン!

天元の嫁「雛鶴」「まきを」「須磨」が作中で登場するシーンや「可愛い」と評判のシーン、活躍シーンなどをご紹介します。


天元と同様、3人共忍の一族出身であるために一通りの戦闘や諜報活動などの経験を持っています。

よって鬼殺隊のように鬼を倒したりはできないものの、上弦の鬼との戦いで戦闘補助をするなどの活躍も見せていました。

広告

蚯蚓帯との戦闘(漫画9巻の第79話)

漫画9巻の第79話で、堕姫から分裂した蚯蚓帯(みみずおび:伊之助命名)との戦いにまきをと須磨が参戦します。


この蚯蚓帯は人間を中に取り込むことができ、この時まきをも須磨も「保存食」として捕らえられていましたが、伊之助に救出されて外に出ることができました。

帯から脱出してすぐに苦無(くない)で伊之助の援護をしているところからも、咄嗟の対応力や戦闘経験もあることが見て取れます。


ちなみに初登場の須磨はのっけから「ピーッ」と泣きながらネガティブ発言をしており、まきをに尻をひっぱたかれています。


堕姫&妓夫太郎の血鬼術や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

一般人の避難誘導(漫画10巻の第88話)

漫画10巻の第88話の扉絵で、上弦の陸・堕姫&妓夫太郎と激突している最中にまきをと須磨が一般人の避難誘導をしている姿が描かれています。

妓夫太郎の円斬旋回・飛び血鎌などで最終的に周辺の家屋があらかた全壊しており、まきをと須磨の働きのお陰で余波に巻き込まれた人間が最小限で済みました。


鬼殺隊の隠もそうですが、鬼滅の刃では裏方のメンバーの頑張りもちゃんと描かれていますね。

広告

雛鶴の苦無(クナイ)(漫画10巻の第89話)

天元からは「吉原を出ろ」と指示されていた雛鶴でしたが、天元を放っては行けずに漫画10巻の第89話に前線に戻ってきました。

そして妓夫太郎に向かって、雛鶴独自の武器と思われるボウガン状の武器で大量の苦無をばら撒きます。


この苦無には藤の花から抽出した毒が塗られており、妓夫太郎は一時的に再生能力が低下しました。

ちなみにこの毒入りの苦無は後ほど炭治郎にも一本渡しており、妓夫太郎への反撃への糸口となります。

広告

雛鶴の提案(漫画10巻の第90話)

漫画10巻の第90話で、雛鶴が妓夫太郎に顔を掴まれた時に天元が見た回想シーンです。


過去に雛鶴は天元、まきを、須磨に向かって

上弦の鬼を倒したら一線から退いて
普通の人間として生きていきましょう

と提案していました。

さらに

その時四人が揃っていなくても
恨みっこなしです

とも言っており、死ぬ覚悟で天元について行っていたことが分かります。


ちなみに上弦の陸との戦闘後、天元は左腕と左目を失う重傷を負ったことで柱は引退しており、雛鶴の言うとおり一線からは退きました。

そして最終回まで4人のうち1人も欠けることなく生き延びているため、死亡者多数の鬼滅の刃の作中において、天元一家はハッピーエンドを迎えています。

広告

天元の今際の際に大騒ぎ(漫画10巻の第95話)

漫画10巻の第95話で、上弦の陸を倒した天元でしたが、妓夫太郎の猛毒が体中に回って手の施しようが無くなっていました。

解毒薬も効かず、死を待つだけの状態になった中で天元は最期の言葉を残そうとしますが、須磨がギャーギャー言いながら泣き叫んでいたために全く聞こえません。

更に須磨を黙らせるまきをもデカイ声で須磨をシメ始め、2倍の騒音により天元の最期の言葉は誰も聞こえないまま、段々舌が痺れて喋れなくなります。


この時は禰豆子の爆血(ばっけつ)により天元の体内の猛毒を飛ばしたために助かりましたが、危うく天元の遺言が誰にも聞かれないまま死亡するところでした。

広告

伊黒小芭内のネチりにイライラ(漫画10巻の第97話)

漫画10巻の第97話で、全てが終わってから現場に駆けつけた伊黒小芭内(いぐろおばない)が天元に向かって

ふぅんそうか
ふぅん
陸ね
一番下だ上弦の
陸とはいえ上弦を倒したわけだ
実にめでたいことだな
陸だがな

とネチネチモードになっていたシーンで、まきをと須磨は露骨にブチギレている表情、雛鶴ですら閉口するような表情を見せていました笑


ちなみにこの後、天元の妻達から小芭内に対して「来るのが遅い!」と苦情が出ています。確かに、もし仮に伊黒小芭内が戦闘に間に合っていたら相当戦いが楽になっていたでしょうね。

広告

柱稽古のお手伝い(漫画15巻の第130話)

漫画15巻の第130話の扉絵で、雛鶴、まきを、須磨が大量のおにぎりを作っているシーンが描かれています。

これは柱稽古の第一関門「基礎体力向上」の教官が天元であるため、3人も食事面などで手伝っていました。


相変わらずまきをが須磨に怒鳴り須磨が焦るという構図ですね笑

広告

炭治郎大好き(漫画15巻の第132話)

漫画15巻の第132話で炭治郎が上弦の肆・半天狗戦のダメージから回復し、柱稽古に合流しました。

この時は天元、雛鶴、まきを、須磨の4人とも久しぶりに炭治郎と再会したことで歓迎しており、上弦の陸との戦闘ですっかり仲良くなっている様子が分かります。


炭治郎は子供に好かれることでも有名ですが、年上女性からも可愛がられるキャラということで、鬼滅の刃の作中においては全キャラから好かれています(不死川実弥と伊黒小芭内を除く)。

広告

炭治郎&禰豆子と再会(漫画23巻の第204話)

無惨との最終決戦が終わり、漫画23巻の第204話で天元、雛鶴、まきを、須磨が蝶屋敷を訪れました。


炭治郎と禰豆子は天元一家と家族ぐるみの付き合いとなっており、天元は炭治郎に、須磨が禰豆子に話しかけていました。

しかし須磨の声が相変わらずデカイために天元と炭治郎の会話の妨げになり、まきをにひっぱたかれています。

広告

鬼滅の刃の宇髄天元の嫁との出会いや馴れ初め、結婚時期は?

宇髄天元と雛鶴、まきを、須磨は本編に登場した時には既に結婚していましたが、その出会いや馴れ初めについては詳しく語られていません。

しかし公式ファンブックなどにより、忍時代の出会いや掟などが明らかになったため、ここでは詳細について解説します。

広告

宇髄天元と雛鶴、まきを、須磨は恋愛結婚ではない

天元と雛鶴、まきを、須磨は実は恋愛結婚ではありません

江戸時代には既に多くの忍の一族が絶えた中、天元がいた忍の一族も存続の危機に貧していたため、跡継ぎを産むためにも掟により男は3人の妻を持つことが決められていました。

広告

宇髄家は15歳になった時点で3人の妻を持つ掟

公式ファンブックより、天元が15歳の時に雛鶴、まきを、須磨と結婚しています。

上記の通り忍の里では跡継ぎを産むために一夫多妻制の社会であり、掟により男は15歳になった時点で3人の妻を持つことが決まっています。


しかも3人の妻は天元が決めるのではなく、天元との相性から一族の長が決定するため、雛鶴、まきを、須磨との結婚も一族の長が決めました。

広告

須磨は天元の嫁候補ではなかった!?

そして「公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」で新事実が明らかになり、実は須磨は当初、天元の嫁候補ではなかったようです。

本当は須磨の妹が嫁候補に選ばれていたところ、須磨が「自分が行きたい」と大泣きして大騒ぎして襖をぶち破り、妹に替わって須磨が天元の嫁となりました。


忍の世界と言えば「一族の長の決定は絶対」「命令違反は死罪」、みたいなイメージですが、よく須磨の希望が通りましたね笑

広告

須磨は男性も女性も好き

「公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」では須磨に関するもう一つの情報として「男性女性どちらも好き」とのことです。

この時は襖をぶち破るぐらい天元が好きだったということでめでたく結婚できましたが、そのうち雛鶴とまきをにも手を伸ばすのでしょうか笑

広告

鬼滅の刃の宇髄天元と嫁は仲が良い!夫婦円満の秘訣とは

ここまで雛鶴、まきを、須磨の可愛いシーンや活躍シーンなどについて解説してきましたが、作中を通して天元と妻3人は極めて仲が良いことが分かります。


天元は尻に敷かれるタイプではありませんが、亭主関白な様子もなく、あくまで自然体で妻たちに接しています。

しかしそれでも妻が3人いたら普通はギスギスしそうですが、この4人に関してはそんな様子が一切ありません。


ここでは天元が3人も嫁がいるにも関わらず夫婦円満を保っている秘訣について見ていきましょう。

広告

雛鶴、まきを、須磨は姉妹のように仲が良い

そもそも雛鶴、まきを、須磨の3人は姉妹のように仲が良く、まきをがよく須磨をひっぱたいているのも仲が悪いというよりはボケとツッコミのようなノリです(須磨にとっては冗談ではありませんが笑)。

また雛鶴の絶妙なキャラによりバランスが取れており、「天元と3人の嫁」であると同時に「天元と3人姉妹」のような構図になっています。


ちなみに「公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」では4人が温泉めぐりをしている様子も描かれていますが、雛鶴が天元の背中を洗っている一方、須磨は温泉で泳ぎまきをは一緒に来た義勇に声をかけているなど、本当に三者三様です笑

広告

天元の嫁への接し方がイケメンで紳士

雛鶴、まきを、須磨の3人が仲が良いことに加え、天元の妻達への接し方もイケメンっぷりが表れています。

作中でも天元流の嫁への接し方が随所で見られ、これも夫婦円満の秘訣の一つと言えそうです。ではその接し方について一つ一つ見ていきましょう。


宇髄天元のカッコいいシーンについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

嫁の命が一番大事

漫画10巻の第80話で、まきをの回想シーンが描かれています。

かつて天元が雛鶴、まきを、須磨に「命の順序」について告げており、

俺は派手にハッキリと命の順序を決めている
まずお前ら三人
次に堅気の人間たち
そして俺だ

明確に「雛鶴、まきを、須磨が一番大事」と伝えていました。


これはくノ一出身のまきをにとっては考えられない言葉で、力で男に劣る女忍者は「命をかけることが最低条件」だったからです。

さらに天元がいた忍の一族では「妻は跡継ぎを産むためなら死んでもいい」という考え方だったため、なおさらまきを達にとっては驚きの言葉だったようです。


天元が妻を想う気持ちをストレートに伝えていることで、より天元への親愛度は上がっているのは間違いありません。

広告

仲間としての信頼

天元は雛鶴、まきを、須磨がであると同時に、鬼殺隊でいるうちは部下でもあります。

3人に吉原遊郭での潜入捜査を指示していた天元は、彼女たちを部下として信頼すると共に、その仕事っぷりを労う様子も描かれています。

夫としても上司としてもイケメンな男ですね。

広告

3人とも大事にしている

天元は3人の妻の誰かを特別扱いなどせずに3人平等に接しています

何かとギャン泣きする須磨を甘やかすこともなく、また1対1のときはそれぞれとちゃんと向き合うため、嫁同士の取り合いや抗争が起きないと思われます。


本編の時点で宇髄天元はまだ23歳なんですが・・きっと生まれついてのモテ男なのでしょう。

広告

しっかりキャラを掴んでいる

先程の3人平等に扱うことにも共通しますが、3人の嫁のキャラを完璧に掴んでいるためにその対応も完璧です。


漫画最終巻(23巻)の第204話では久しぶりに炭治郎&禰豆子と再会した天元一家が描かれていますが、須磨の声がバカでかいことでまきをがひっぱたいていました。

須磨は天元にそのことを訴えますが、天元は素で「ちょっと見てなかったわ」と雑に流しています。

こういうやり取りのお陰で関係が深刻になったりしないのでしょうね笑

広告

鬼滅の刃の宇髄天元の嫁の声優

雛鶴、まきを、須磨の声優はまだ決まっていません。

アニメ第二期の「遊郭編」に登場するため、放映開始前には発表があるはずです。

鬼滅の刃のアニメや漫画を無料で見る方法!

鬼滅の刃のあの巻を読みたい!
鬼滅の刃のアニメを見たい!!


でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば、無料で漫画が読める上に、アニメは見放題です☆

U-NEXTの漫画視聴画面
U-NEXTの漫画視聴画面

漫画は通常であれば418円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料で鬼滅の刃のお好きな巻を読めます

さらにアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


鬼滅の刃を見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!鬼滅の刃の漫画・アニメを無料で見れる!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


広告

「鬼滅の刃の宇髄天元の嫁がかわいい!名前、出会い、馴れ初め、声優など」まとめ

今回は鬼滅の刃の宇髄天元の嫁の名前やプロフィール、出会い、馴れ初め、結婚した時期、夫婦円満の秘訣、声優などをご紹介しました。


雛鶴、まきを、須磨は作中では鬼殺隊や天元のサポートの役回りですが、3人それぞれ違った個性があるので非常に魅力的なキャラです。

無惨との最終決戦後の天元一家の様子などがスピンオフで語られると面白そうですね☆


鬼滅の刃の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました