悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡シーン考察!隠は沙代?岩柱の最期に涙!

この記事では鬼滅の刃の悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡シーンについて、最期の瞬間に再会した寺の子供達、手を握る隠が沙代なのか等を考察します。


鬼滅の刃の最終巻、鬼舞辻無惨との最終決戦では数多くの鬼殺隊員が死亡し、柱ですらほとんどが死亡するという壮絶な戦いでした。

悲鳴嶼行冥も無惨戦の後に息を引き取りますが、その瞬間の悲しさに多くのファンが涙したシーンでした。


まずは無限城での戦いから、悲鳴嶼行冥の最期の瞬間までを振り返っていきます。

<この記事で分かること>
◯悲鳴嶼行冥の死亡シーンまでの振り返り
◯悲鳴嶼行冥の過去のエピソード
◯最期に手を握っていた隠の正体


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡シーンまでを振り返る

悲鳴嶼行冥は鬼殺隊のトップ集団である「」の中でもダントツの強さを誇る「鬼殺隊最強の男」です。

その実力は上弦の壱・黒死牟戦で初披露となり、またその後の無惨戦でも圧倒的なパワー、スピード、センスを魅せました。


まずは悲鳴嶼行冥の無限城での登場から無惨戦、そして最期の死亡シーンまでを振り返っていきます。

広告

上弦の壱・黒死牟戦で岩の呼吸の強さを発揮

上弦の壱・黒死牟の戦いに悲鳴嶼行冥が参加したのは漫画19巻の第169話からです。

黒死牟は霞柱・時透無一郎の左腕を一瞬で切断し、不死川玄夜も一瞬でなます斬りにし、不死川実弥すらも寄せ付けない強さでした。

そしてそこに悲鳴嶼行冥が駆けつけ、しばらく黒死牟相手に一人で立ち回ります。流石に一人で黒死牟を倒すことはできなかったものの、ほぼ互角のぶつかり合いを見せていました。


その後は悲鳴嶼行冥と不死川実弥がメインで前線に立って攻防を繰り広げます。

そして時透無一郎が捨て身の特攻で黒死牟の懐に飛び込み、更に不死川玄夜が黒死牟の体の一部を喰って自身を強化しての血鬼術、そこからの全員の猛攻でどうにか黒死牟を滅します。


この戦いで時透無一郎と不死川玄夜が死亡、不死川実弥は重傷、悲鳴嶼行冥も切り傷多数と、黒死牟の強さには常に絶望感たっぷりでしたね。


岩の呼吸の一覧や詳細はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


広告

無惨戦で片足切断の重傷を負う

黒死牟を倒した後は無惨との最終決戦が繰り広げられました。

無惨戦は黒死牟をも上回る絶望感の連続で、漫画22巻の第191話では悲鳴嶼行冥は無惨の攻撃により左足を欠損してしまいます。

その後、隠や愈史郎が悲鳴嶼行冥の手当てを行って死亡は免れます。しかし足からの大量出血による失血が深刻で、無惨戦への戦線への復帰は遅れました。


ちなみに悲鳴嶼行冥が片足を失うほどまともに攻撃を食らった理由は、無惨の攻撃から伊之助や善逸をかばったからです。

広告

最後の力で巨大化した無惨を陽光で灼く

最終巻(23巻)の第199話で、夜明けによる太陽光でようやく無惨を倒せる、と思いきや最後の攻撃まで無惨は粘りまくります。

自身の体を肥大化させ、陽光で灼き切られるまでの時間を稼ぎ、さらには日陰に逃げようとしたり地中に潜ろうとするなど、見苦しいほどなりふり構わず逃げまくります。

そんな中、悲鳴嶼行冥が戦線復帰します。自身の鎖を無惨の首にかけて地面に引き倒し、さらに地中に潜ろうとする無惨を鎖で引っ張って止めていました。

悲鳴嶼行冥は片足を失っていたので鎖で引っ張る際の支えが心もとない状態でしたが、多くの隠が悲鳴嶼行冥の体を支えて一緒に鎖を引っ張っています。


夜明けの後はまさに隠も含めた鬼殺隊員が、全員総出の総力戦という感じでしたね・・

広告

悲鳴嶼行冥の「痣」の代償

鬼殺隊員総力戦の末に無惨を倒しましたが、柱で生き残ったのは冨岡義勇不死川実弥の2人だけでした。

伊黒小芭内と甘露寺蜜璃は無惨戦で致命傷を受けており、2人とも死亡します。


そして悲鳴嶼行冥も片足欠損による出血多量もありましたが、何よりも漫画20巻の第170話で黒死牟が語っていた通り「痣の代償」を払うことになりました。

」を出した者は長くても25歳を前に死亡することが分かっています(継国縁壱だけは例外)。

悲鳴嶼行冥は痣を出した時点で既に27歳だったため、この日のうちに死ぬことは決まっていました。

広告

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡シーンに涙!

無惨を倒した後、最終巻(23巻)の第200話で悲鳴嶼行冥の最期のシーンを迎えます。

多くのファンが涙した悲鳴嶼行冥の最期を、場面ごとに見ていきます。

広告

隠たちの治療と薬を拒む

無惨を倒したものの、柱や主要戦闘メンバーは致命傷を負っているか、死ぬ一歩手前の重傷でした。

そして悲鳴嶼行冥の周りにも隠や鬼殺隊員が駆け寄り、手当をしようとしますが、悲鳴嶼行冥は治療を拒否します。

よせ
薬を使うな
私は手遅れだ
貴重な薬を溝に捨てることになる
他の若者たちの所へ行ってくれ

頼む
私の最後の願いだ


最後の最後まで柱として、後任や若い隊員の盾となり続けた悲鳴嶼行冥の生き様が見える言葉ですね。

広告

最期に寺の子供たちと再会し、当時の真相が明らかに

そして死期が近づく悲鳴嶼行冥の元に、かつて寺で育てていた子供達が寄り添います。

悲鳴嶼行冥の過去のエピソードについては後述しますが、この子供達は寺を襲撃してきた鬼に殺されています。


その当時、悲鳴嶼行冥は「子供達が指示を聞かずにあちこちに散ってしまった」と思っていましたが、この子達は悲鳴嶼行冥を助けるために考えての行動でした。

・先生は目が見えないから守らなきゃと思った
・外の農具を武器として取りに行こうとした
・人を呼びに行こうとした

決して悲鳴嶼行冥の言葉を無視して動いたわけではなく、行冥を助けた一心での行動だったんですね。

広告

隠たちに看取られながら死亡

子供達はその当時のことを必死に説明しますが、それもこの子達が生きていればいつでもできた話でした。

しかし全員あの時に死んでしまったために真相がわからず、悲鳴嶼行冥の心に影を落としていました。

いつも通りまた明日が来ればちゃんと話もできたのに
本当にごめんなさい

(そうだ明日さえ・・きていたら・・)


最後の最後、死の間際にあの当時の真相を知ることができた悲鳴嶼行冥は、その子供達に看取られながら笑顔で息絶えました


この時、子供達がみんなで悲鳴嶼行冥を手を握っていましたが、現実には隠の女性が悲鳴嶼行冥の手を握っています。

この女性が誰なのかについては後ほどお話します。

広告

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)が鬼殺隊に入る前の過去エピソード

悲鳴嶼行冥の最期の瞬間に再会した子供達とのエピソードについては、漫画16巻の第136話で悲鳴嶼行冥自身から語られています。

ここでは悲鳴嶼行冥がかつて寺で子供達を引き取って育てていた頃の出来事を解説します。

広告

寺で身寄りの無い子供を引き取って育てていた

悲鳴嶼行冥は物語の中でこそ鬼殺隊最強の男として、身長220cm、体重130kgの体を活かした超絶な戦闘力を見せていますが、かつては戦いどころか喧嘩すら無縁の男でした。


鬼殺隊に入る前、寺で身寄りのない子供達を引き取り、悲鳴嶼行冥の人柄もあって皆家族のように仲良く暮らしていました。

鬼の襲撃事件さえなければ、悲鳴嶼行冥はずっとこの寺で子供達と一緒に暮らしていくつもりだったようです。

広告

獪岳が寺に鬼を招き、悲鳴嶼行冥たちを襲撃

ある日、寺を追い出された獪岳が鬼に遭遇します。

そしてなんとその鬼と取引をして「人間がいっぱいいる寺に案内するから自分だけは助けてくれ」と交渉します。
(ちなみに獪岳が寺を追い出された理由は、寺のお金を盗もうとして他の子達に咎められたからです。)


悲鳴嶼行冥の寺は普段から鬼除けのために藤の花のお香を炊いていましたが、獪岳がご丁寧にお香を消して回り、鬼を寺に招き入れました。

鬼の襲撃であっという間に子供4人が殺され、残った4人のうち3人は悲鳴嶼行冥の言うことを聞かずに外に出ました。しかしその3人とも鬼に殺されます。
(先ほど子供達が説明していたとおり、この行動は農具を取りに行ったり助けを呼ぶための行動です)


そして一番年下の沙代(さよ)が悲鳴嶼行冥の背後に隠れており、悲鳴嶼行冥は沙代だけでも守るために鬼に相対します。



獪岳のクズエピソードについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


広告

鬼から沙代を守るため、鬼の頭を潰し続ける

それまでまともに喧嘩すらしたこともなかった悲鳴嶼行冥はここで覚醒し、鬼の頭をぶん殴って夜明けがくるまでぶっ潰し続けるという人間離れした所業をやってのけます。

そして悲鳴嶼行冥は夜明けまで拳を振るい、日の出とともに寺を襲った鬼は太陽光で消滅します。


その場に残ったのは7人の子供の遺体と、無事だった沙代と、鬼の返り血を浴びた悲鳴嶼行冥でした。

広告

子供達を殺害した冤罪で死刑判決

鬼による寺襲撃の後、程なくして騒ぎを聞きつけた人達が寺に駆けつけます。

その者たちが何が起こったのかを沙代に聞いたところ、沙代の答えはこうでした。

あの人は化け物
みんなあの人がみんな殺した


寺の状況だけを見ると、「子供7人の遺体と血塗れの悲鳴嶼行冥」であったため、沙代の証言から悲鳴嶼行冥が殺人犯とされました。

悲鳴嶼行冥はその後投獄されて処刑されかけますが、死刑執行前に産屋敷耀哉に助けられ、その流れで鬼殺隊に入ることになります。


ちなみに沙代の言う「あの人」とは「」のことを表していたのですが、沙代は当時4歳だった上に鬼の襲撃のショックもあり、上手く説明ができませんでした。

広告

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡時、最期に手を握っていた隠は沙代?

ここまで悲鳴嶼行冥の死亡シーンや、過去に寺で子供達と暮らしていた生活についてお話してきました。


ここで改めて、悲鳴嶼行冥の死亡シーンを振り返ります。過去のエピソードを見た後に改めて見ると、「あの隠の女性はもしかして・・」と思えてきます。

広告

寺の子供たちの中に沙代だけがいない

最終巻(23巻)の第200話で、悲鳴嶼行冥の元に寄り添う子供達は7人いますが、そこには沙代の姿はありません

ただこれは当然のことで、この時点で沙代はまだ生きています。当時4歳だった沙代は、事件から10年経って現在は14歳です。

漫画16巻の第135話のフリースペースで、事件当日のことや沙代のことが説明されています。

14歳になった今でも沙代はずっと悲鳴嶼行冥が投獄されたことを気に病んでいるようで、そのことをずっと謝りたいと思っていたようです。

では沙代は今現在どこにいるのでしょうか?

広告

寺の子供たちの幻影と一緒に沙代も手を握っていた?

最終巻(23巻)の第200話で隠たちの治療を拒んだ悲鳴嶼行冥は子供達の幻影と会いますが、その際に悲鳴嶼行冥に手を添えている描写があります。

これは子供達の幻影の手であると同時に、隠の女性の手であると思われます。

そして子供達と再会した悲鳴嶼行冥は、その子達に寄り添われて手を握られながら一緒に逝きました。

その死の瞬間、実際には隠の女性が悲鳴嶼行冥の手を握っています。このことから、この隠の女性こそが沙代なのではないかと思っています。


このシーンで子供達の幻影が悲鳴嶼行冥にその思いを告げていく中、沙代も一緒に手を握りながら、「ずっと謝りたかった悲鳴嶼行冥に寄り添っていた」と思われます。

ただ願わくば、沙代の証言の真相も知ってもらいたかったですね・・・


ちなみに鬼殺隊に入隊するのは大体が子供なので、沙代は14歳と若いですが、決して不自然な年齢ではありません。
(炭治郎は15歳、義勇は13歳で最終選別を受けています)

もし沙代が悲鳴嶼行冥に会いたい一心で鬼殺隊に入ったのだとしたら、何とも悲しい結末になってしまいました・・

でも最期の瞬間だけでも再会できて良かったですね。
(「隠が沙代だった」説は筆者の妄想ですが笑)

鬼滅の刃の最終巻(23巻)を無料で読む方法!

鬼滅の刃の最終巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

U-NEXTの漫画視聴画面
U-NEXTの漫画視聴画面

通常であれば418円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料で鬼滅の刃の最終巻23巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


鬼滅の刃の最終巻を読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。

もちろん鬼滅の刃のアニメも無料で全て観れますよ


登録は30秒!鬼滅の刃を無料で読める!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


広告

「悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の死亡シーン考察!隠は沙代?岩柱の最期に涙!」まとめ

今回は鬼滅の刃の悲鳴嶼行冥の死亡シーンについて、最期の瞬間に再会した寺の子供達、手を握る隠が沙代なのか等を考察しました。


悲鳴嶼行冥は熊レベルの身長な上に人外のパワー、常識はずれの修行などをしているのでどうしても「怖い」印象がありますw

しかしその実は転生後も保育園の先生になるほど子供好きで、本来は極めて温厚な人物です。

最期のシーンは多くの鬼殺隊員や隠が泣きながら悲鳴嶼行冥を看取っており、その人柄が見えますね。


鬼滅の刃の作品を無料で見る方法や、岩の呼吸の詳細情報、鬼滅の刃で生き残ったキャラと死亡したキャラの一覧、最終回の評判、鬼滅の刃の強さランキングなどはこちらで解説しています。

↓ ↓ ↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました