善逸(ぜんいつ)の兄弟子・獪岳(かいがく)がクズ?過去や悲鳴嶼との関係!

この記事では善逸の兄弟子である獪岳のクズエピソード、過去の経緯や悲鳴嶼行冥との関係などについて解説します。


鬼滅の刃の人気キャラである我妻善逸(あがつまぜんいつ)の兄弟子・獪岳、この男がかなりのクズエピソードの持ち主です。

良くも悪くも欲望や自尊心が強いこの獪岳、その正体や過去にやらかしてきたことなどをご紹介します。


まずは初登場のタイミングや登場シーンについて見ていきましょう。

※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます

広告

善逸の兄弟子・獪岳の初登場は原作の何巻?アニメの何話?

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


善逸の兄弟子・獪岳が作中で初登場したのは、善逸の回想シーンの中です。

原作の漫画の4巻の第34話、アニメでは第17話で、那田蜘蛛山の兄蜘蛛戦の最中に善逸が過去のことを思い出している時に登場しました。


この獪岳、初登場シーンからしてとにかく「嫌な奴キャラ」を地で貫いています笑

特に善逸のことを初登場の時点でいびっているため、善逸ファンからは嫌われているキャラですねw

広告

「クズ」と噂!善逸の兄弟子・獪岳はどんなキャラ?


さきほど少しお話したとおり、獪岳は初登場から善逸をいびっており、第一印象は最悪のキャラです笑

そんな獪岳がどんな性格をしているのか、作中ではどんなキャラなのか、詳しく見ていきましょう。

広告

獪岳はどんな性格?

獪岳は非常に自尊心が強く、とても傲慢な性格です。

詳しくは後述しますが、「自分を認めて欲しい」「自分を評価してほしい」という承認欲求の塊のような男で、善逸のことはとにかく見下しています。


その一方で、桑島慈悟郎の下で修行は真面目に取り組んでおり、善逸も獪岳が努力する姿を尊敬していました。

広告

獪岳は善逸の兄貴分(ただし性悪w)

善逸も獪岳も桑島慈悟郎の弟子であり、2人とも桑島慈悟郎の家に寝泊まりしていました。

獪岳は善逸兄弟子ポジションなので、言うなれば善逸の兄貴分です。仲は悪いですがw

ちなみにこの2人は色々な意味で正反対なキャラで、その境遇やキャラが対比として描かれています。

少なくとも物語序盤の時点では獪岳の方が優秀な鬼殺隊員で、善逸は獪岳に対して劣等感を感じつつも、その強さに憧れも抱いていました。

広告

アニメ版の獪岳の声優「細谷佳正」が絶妙

後ほど詳しくお話しますが、アニメの第17話の回想シーンに登場した獪岳はのっけから善逸をいびっています。


原作でも善逸いびりのこのシーンは印象深いところですが、アニメではさらに生々しく描かれています。

特に獪岳の声優・細谷佳正の縁起が絶妙で、いじめっ子職場のパワハラ上司を思わせるトーンでした笑

広告

獪岳の実力について

獪岳の性格が最悪という話をいっぱいしてきましたが笑

鬼殺隊士としての実力は相当高いものでした。作中では桑島慈悟郎の一番弟子と言えるポジションです。


獪岳は雷の呼吸の壱ノ型以外は全て使えます。壱ノ型だけしか使えない善逸と比べて、器用さや対応力が高いと思われます。


しかし獪岳の中では、「自分が壱ノ型が使えない」ことや、「善逸は壱ノ型が使える」ことは強烈な劣等感となり、鬱屈した感情を募らせる原因になりました。

広告

善逸の兄弟子・獪岳の過去のクズなエピソード

次に獪岳の過去の逸話についてご紹介します。一体どんなクズエピソードがあるのか、一つ一つ見ていきましょう。


特に悲鳴嶼行冥のお寺の件については、本編で悲鳴嶼行冥が語っていたストーリーを、原作の漫画のフリースペースで作者が補足して真相が明らかになりました。

広告

悲鳴嶼行冥も裏切っていた!寺の子供が死んだのも獪岳がきっかけ


これは獪岳が桑島慈悟郎の弟子になる前、まだ小さい子供だった頃のエピソードです。


獪岳は幼少期、悲鳴嶼行冥のお寺にいた子供の一人でした。

ある日獪岳は、お寺のお金を盗んだのがバレて、そのことを他の子供たちから責められてお寺から追放されます。
(この時点ですでにクズ笑)


そして獪岳は寺の外で鬼と遭遇、事もあろうに獪岳は「寺にいる8人の子供と大人1人を食わせてやるから自分を助けてくれ」と取引しました。

ちなみに悲鳴嶼行冥は毎晩、お寺の周りに藤の花のお香を炊いて鬼除けをしていました。しかし獪岳がこのお香を消して回り、寺に鬼を招き入れます。


結果として寺にいた子供は、沙代という少女を除いて全員殺されました


この時はまだ幼少期の獪岳、鬼とこんな取引をするとか、悪い意味で末恐ろしい子供ですねw


原作の16巻の第135話で悲鳴嶼行冥が炭治郎にこの話をしており、また17巻の第145話のフリースペースにこの時の真相が書かれています。

広告

善逸に桃を投げつけ「消えろよ」

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


先ほどご紹介した、鬼滅の刃において獪岳が初めて登場したシーンです。初登場時の獪岳の初セリフは「消えろよ」です。


善逸は桑島慈悟郎の下で修行していましたが、四六時中泣きわめいたり夜逃げを試みたり、なかなかどうしようもないヘタレでした笑

兄弟子の獪岳はそんな善逸の様子が我慢ならず、「目障りなんだよ消えろ!」と怒鳴りながら桃を投げつけました。
(このシーンから、獪岳はファンの間でたびたび「桃先輩」と呼ばれます笑)


獪岳のこの行動については善逸の様子に苛立ったことも理由の一つですが、「桑島慈悟郎が善逸にも平等に修行をつけていた」ことが気に食わなかったと思われます。

前述の通り、獪岳は自尊心が恐ろしく高いので、自分を特別扱いせずに善逸を同等に扱っていた桑島慈悟郎に対してもイライラを募らせていたようです。

広告

桑島慈悟郎を裏切って上弦の鬼へ(原作17巻の145話~146話)


そして獪岳最大のクズエピソード、桑島慈悟郎の下を去り、なんと人間すらやめて上弦の鬼になりました。

原作の漫画17巻の第145話で上弦の陸として善逸と対峙しました。実は回想シーンではない、リアルタイムで獪岳が登場したのはここが初めてです。


初めてまともに顔を見せたのが鬼化した姿というのが、獪岳というキャラを物語っていますねw

広告

善逸の兄弟子・獪岳が鬼になった理由


獪岳の鬼化についてはクズエピソードの中でも最大級、桑島慈悟郎が切腹することにもなった超絶な裏切り行為です。

では獪岳がなぜ鬼になったのか、理由は「死にたくなかったから」でした。


獪岳はある時、上弦の壱・黒死牟と遭遇し、120%勝てない相手ということで土下座して命乞いしました。

黒死牟はそんな獪岳を鬼に勧誘し、獪岳は黒死牟の血を飲むことでとなりました。


この時の獪岳の思いはこんな感じでした。

圧倒的強者に跪くことは恥じゃない
生きてさえいればなんとかなる
死ぬまでは負けじゃない

(中略)

生きてさえいれば
いつか勝てる
勝ってみせる
そう信じて進んできたんだ


ここで言う「勝てる」とは、遭遇した黒死牟に対してだったのか、あるいは善逸に対してだったのか・・


前半でお話したとおり、桑島慈悟郎の下で修行していた頃の獪岳は性格に難こそあれ、真面目で努力家でした。

承認欲求が強かったこともあり、良く言えばハングリーな性格。自分を認めさせるために真面目に修行していたとも言えます。

獪岳の場合はそれが少々度が過ぎたかもしれませんが、これは決して悪いことではありません。


しかしながら人の道を盛大に踏み外して鬼化してからは、自分本位な性格は更に増長、もう救いようもないキング・オブ・クズに成り果てました。

広告

善逸と兄弟子・獪岳が無限城で決着!

黒死牟との遭遇がきっかけで鬼となり、新・上弦の陸となった獪岳は無限城で善逸と対峙します。


鬼が現れては泣き叫び、逃げ回っていたあの善逸が、無限城では別人のように怒りまくります

広告

善逸が初の覚醒状態で戦闘「おせーんだよ クズ」


冒頭でお話したとおり、獪岳はとにかく善逸のことは見下していました

それもそのはずで、桑島慈悟郎の下で修行していた時、善逸は泣き叫ぶわ夜逃げするわでどうしようもない状態でした笑


しかしその善逸が、全く見違えるような剣技を見せて一言。

おせーんだよクズ


正にファンの気持ちを代弁してくれた善逸、初めて覚醒状態で戦う姿も相まってシビレましたw

広告

獪岳の雷の呼吸と血鬼術の合わせ技


獪岳は雷の呼吸の壱ノ型以外は全て扱える手練れな上、鬼化したことで血鬼術も組み合わせてきます。

獪岳の斬撃で切れた傷口がひび割れていくという恐ろしい血鬼術で、触れただけで致命傷になる技です。


この戦いの中で獪岳は雷の呼吸の壱ノ型以外、全ての型を善逸に見舞いました。

広告

善逸が単独で上弦の鬼を倒した!強さは柱並?


瀕死の重傷を負った善逸でしたが、最後の力で自身のオリジナルの型である漆ノ型・火雷神(ほのいかずちのかみ)で獪岳を倒しました。

火雷神は壱ノ型を磨き上げ、極め抜いたことで生まれた善逸独自の型です。


結局最後まで壱ノ型だけが使えなかった獪岳が、壱ノ型の究極進化系である火雷神で倒されたのは、なんだか憐れみを感じてしまいますね。

広告

獪岳の最期


善逸に頸を斬られた獪岳、最期は善逸と相討ちかと思いきや、善逸は愈史郎に助けられます。


一方の獪岳は身体が崩壊しながら奈落へ落ちていきました。

この時に愈史郎が獪岳にかけた言葉、

人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる
欲しがるばかりの奴は結局何も持ってないのと同じ
自分では何も生み出せないから

独りで死ぬのは惨めだな


これは重い言葉でしたね。


ここまでご紹介してきたとおり、獪岳はとにかく利己主義自分本位な行動を取っており、愈史郎の言葉は深く刺さったと思います。手遅れですが。

その因果応報として、人間からも鬼からも見放される形で、孤独に死ぬことになりました。



誰よりも自尊心が高くて承認欲求が強い、という獪岳の性格は、言い換えると自己肯定感が低い他人から評価されないと自分の存在を肯定できない、とも言えます。

結局人からも鬼からも認められずに独りで死ぬ様は、何とも悲しいラストではありましたね。

広告

善逸の兄弟子・獪岳のイラスト集

ここまで散々クズエピソードをご紹介してきましたが、ネット上やSNS上では獪岳のイラストが数多く投稿されています。

善逸とのBL的なものも含め、クズエピソードが目立つ割には意外と人気のようです(^_^;)


広告

「善逸(ぜんいつ)の兄弟子・獪岳(かいがく)がクズ?過去や悲鳴嶼との関係!」まとめ

今回は善逸の兄弟子である獪岳のクズエピソード、過去の経緯や悲鳴嶼行冥との関係などについて解説しました。


散々クズなエピソードや振る舞いをご紹介してきましたが(笑)、ある意味とても人間臭くて、共感できるところもあるキャラです。

鬼がいるような世界ではなく違う世界だったら、善逸と獪岳が分かりあえたかもしれませんね。


鬼滅の刃の漫画やアニメを無料で見る方法や、桑島慈悟郎の名言、全ての呼吸や型のまとめについてはこちらの記事をどうぞ

↓ ↓ ↓

「鬼滅の刃」の漫画とアニメを無料で楽しむ方法!海賊版、違法サイトは危険!
この記事では日本で社会現象になるほど大人気の「鬼滅の刃」の漫画やアニメを無料で楽しめる方法についてご紹介します。
善逸のじいちゃんの名言、セリフや最期!桑島慈悟郎の生き様に涙!
この記事では鬼滅の刃の我妻善逸(あがつまぜんいつ)の育手であるじいちゃん「桑島慈悟郎(くわじまじごろう)」の名言や最期のシーン、その生き様などについて語りたいと思います。
鬼滅の刃の呼吸の一覧!全ての型まとめ!全集中の最強技は?
この記事では鬼滅の刃における全集中の呼吸の一覧や、全ての型、技をまとめましたのでご紹介致します。またその中でも最強技と名高いものも取り上げています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました