岩の呼吸の一覧!鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥の技や強さ、悲しい過去とは?

この記事では鬼滅の刃の岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)が扱う岩の呼吸の型の一覧やその特徴、行冥の悲しい過去などについて解説します。


悲鳴嶼行冥は鬼滅の刃に登場するキャラの中でもとりわけ異質の風体をしており、大正時代どころか現代においても行冥ほどの体格の日本人はまずいません笑

その圧倒的なフィジカルと生まれ持った戦闘センスから、鬼殺隊の中でも最強の男と呼ばれています。

まずはそんな行冥が扱う岩の呼吸の全ての型の一覧表をご紹介します。

<この記事で分かること>
◯岩の呼吸の一覧と特徴
◯岩柱・悲鳴嶼行冥の強さの秘密
◯悲鳴嶼行冥の鉄球の重さ
◯最強の呼吸とは
◯岩の呼吸の派生
◯悲鳴嶼行冥の悲しい過去について


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます



ちなみに鬼滅の刃の全ての呼吸についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


広告

岩の呼吸の一覧表!シンプルながら超強力な型!

岩の呼吸の全ての型の一覧表をまとめましたのでご紹介します。

炎の呼吸や風の呼吸であれば玖ノ型、水の呼吸であれば拾壱ノ型まで(義勇以外は拾ノ型まで)ありますが、岩の呼吸は伍の型までなので種類は少なめです。


扱う武器が色々な意味でとんでもなく、極めて使い手を選ぶ呼吸なため、必然的にシンプルな型になっていったのかもしれません。

壱ノ型蛇紋岩・双極
(じゃもんがん・そうきょく)
弐ノ型天面砕き
(てんめんくだき)
参ノ型岩躯の膚
(がんくのはだえ)
肆ノ型流紋岩・速征
(りゅうもんがん・そくせい)
伍ノ型瓦輪刑部
(がりんぎょうぶ)


広告

岩の呼吸の型の一覧と解説!

それでは岩の呼吸の全ての型について、一つ一つどんな特徴があるのか見ていきましょう。


基本的に悲鳴嶼行冥の人外のパワーと、桁外れの破壊力の鉄球で相手をぶっ潰す豪快な技が多いです。

しかし決して雑なものではなく、むしろ極めて精確な攻撃であることも特徴の一つです。

広告

岩の呼吸・壱の型 蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)

岩の呼吸・壱ノ型は蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)です。

悲鳴嶼行冥の日輪刀はモーニングスターのような巨大鉄球に、デカイ手斧を鎖で繋いだ獲物です。この技は鉄球と手斧を両方相手に投げて、鎖で動きを操作します。


漫画20巻の第171話で、黒死牟相手に使った技で、この時は不死川実弥の風の呼吸・漆ノ型「勁風・天狗風」と連携して、悲鳴嶼行冥の鉄球と手斧に旋風を伴わせた合体攻撃でした。

この技で初めて黒死牟に攻撃がかすり、着物を引き裂きました。

広告

岩の呼吸・弐ノ型 天面砕き(てんめんくだき)

岩の呼吸・弐ノ型は天面砕き(てんめんくだき)です。

相手に向かって鉄球を投げつけ、避けたところに手斧も飛ばし、さらには鎖を踏みつけて強引に鉄球を相手の頭上に持ち上げて叩き潰す、という3段構えの攻撃です。


漫画19巻の第169話で、黒死牟との攻防の中で使った技です。

見た目から明らかなように、悲鳴嶼行冥の日輪刀は超重量武器にも関わらず、あまりに軽々と扱う様子に黒死牟も驚愕していました。

広告

岩の呼吸・参ノ型 岩躯の膚(がんくのはだえ)

岩の呼吸・参ノ型は岩躯の膚(がんくのはだえ)です。

手斧と鎖を振り回して自身の周囲を薙ぎ払う技で、作中では防御用に使っていましたが、周りを多数の敵に囲まれた時に一掃する時にも有効な技です。


漫画16巻の第139話、産屋敷邸に無惨が襲来し、その後柱たちが現場に急行しました。

一番最初にたどり着いた悲鳴嶼行冥が無惨と攻防し、行冥はこの技で無惨の血鬼術「黒血枳棘(こっけつききょく)」をノーダメージで躱しました。


ただの血鬼術ではなく、無惨の血鬼術を完璧に防いだため、悲鳴嶼行冥の圧倒的な実力が垣間見えた瞬間でした。

広告

岩の呼吸・肆ノ型 流紋岩・速征(りゅうもんがん・そくせい)

岩の呼吸・肆ノ型は流紋岩・速征(りゅうもんがん・そくせい)です。

鎖を両手で2箇所握って、同時に投げた鉄球と手斧を連携させるように自在に操る技です。


漫19巻の第169話で、黒死牟との攻防の中で使いました。

黒死牟の刀をへし折った悲鳴嶼行冥が、追撃するように流紋岩・速征を出しますが、一瞬で刀を再生した黒死牟も月の呼吸・弐ノ型「珠華ノ弄月(しゅかのろうげつ)」で応戦し、悲鳴嶼行冥は顔に手傷を負いました。

広告

岩の呼吸・伍ノ型 瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)

岩の呼吸・伍ノ型は瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)です。

自身が空中に跳び、上空から鉄球と手斧が跳ね回るように操って4点同時に攻撃する技です。


漫画20巻の第176話で黒死牟の頸を落とした後に追い打ちの一撃で使った技です。

対多数戦でも有効な技なので、相手が単体の場合はなおさら回避も防御も困難だと思われます。

広告

岩の呼吸の使い手で鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥!強さの秘密、要素の一覧!

ここまで岩の呼吸の全ての型について、見た目や特徴などをご紹介してきました。他の呼吸と比較しても、破壊力も防御力も段違いのものばかりです。

ただこれは「岩の呼吸が強い」というよりは「悲鳴嶼行冥が強すぎる」ためです。


岩の呼吸の使い手である岩柱・悲鳴嶼行冥は現鬼殺隊において最強の剣士であり、その強さを裏付ける要素が数多くあるため、一つ一つ解説してきます。

広告

【腕相撲1位】岩柱・悲鳴嶼行冥は鬼殺隊でダントツの腕力

漫画11巻の第95話のフリースペースで、作者の吾峠呼世晴氏から唐突に「柱の皆さま腕相撲ランキング」が発表されました。

9人の柱の中で腕相撲が強い順に並んでいますが、1位は当然悲鳴嶼行冥で、しかも「ぶっちぎり」「怖い」という修飾語もついています笑


この中で最弱となっている胡蝶しのぶですら突き技で岩を貫通したりするので、このメンバーの中で「ぶっちぎりの1位」をとる悲鳴嶼行冥はやはり異常だと言えます。

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥の日輪刀は巨大鉄球と手斧

先述のとおり、悲鳴嶼行冥の日輪刀は巨大な棘付き鉄球に鎖で繋いだ手斧という、見た目も威力もおそろしい代物です。

常人であれば動かすことすらできなそうな武器を軽々とぶん回す行冥はやはり化け物です。


またご参考までに、この鉄球が何キロぐらいあるのかを計算してみましょう。

広告

悲鳴嶼行冥の日輪刀(鉄球)の重さは何キロ?

見た目も威力もド派手な、悲鳴嶼行冥の極めて特殊な日輪刀(もはや「刀」ではない笑)はどれくらいの重さなのでしょうか。

日輪刀は陽光を吸っているという特殊性はあるものの、成分は「」です。そして行冥の鉄球は自身の頭より一回り大きいぐらいのサイズなので、おおよその重さが計算できそうです。


日本人の頭の直径(全頭高)の平均は約23cmですが、行冥は身長220cmの熊サイズの体格なので、平均よりもっと頭が大きいでしょう。そして鉄球は行冥の頭より大きいため、暫定的に鉄球の直径を40cm(=半径20cm)とします。

更に鉄の密度は7.874 [g/cm3]なので、これらの数値を元に鉄球の重さを計算してみると、下記のように計算できます。
(鉄球は完全な球体とし、棘はとりあえず無視します)

というわけで、この仮定だと悲鳴嶼行冥の鉄球は 264kg ですね。

ちなみにこの鉄球、棘もついているのでさらにもう少し重いはずです笑


こんな重たいものをぶん回すんだから、そりゃ鬼殺隊最強なのも納得です(^_^;)

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥は盲目!

これほど半端じゃない強さを誇る悲鳴嶼行冥ですが、実は盲目なので全く目が見えません。

それにも関わらず黒死牟戦ではむしろ目が見える人間以上に精確な攻撃を出したり、黒死牟の月の呼吸をことごとく躱していました。


これに関しては漫画20巻の第171話で黒死牟が分析しています。

悲鳴嶼行冥は長い鎖の音の反響を聞き分け、自身の周囲広範囲の情報を極めて正確に把握しているようです。


盲目故に培われた異常聴覚と、膨大な戦闘回数による経験値があるからこそ、なし得る業ですね。

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥は「痣持ち」

鬼滅の刃において、「」が強さの重要な要素の一つです。この「」を出すと、寿命を早める代償と引き換えに、身体能力が飛躍的に向上します。

悲鳴嶼行冥も痣持ちで、漫画19巻の第169話の最後に、自身の両腕に血管のような模様の痣を発現させました。


ただこの痣は先述のとおり寿命を早めるデメリットがあり、長くても25歳までしか生きられなくなります

この時点での悲鳴嶼行冥は27歳なので、痣を出したことでこの日のうちに死亡することが確定しました。

それを全く迷いなく発現するあたり、悲鳴嶼行冥の恐ろしいほどの覚悟が伺えます。

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥は「透き通る世界」に境地に到達

鬼滅の刃における最高峰の境地の一つに「透き通る世界」があります。

この境地に達すると、相手の動きが筋肉の繊維一本のレベルまで透けて見えるようになり、相手の攻撃に先駆けて動いたり、攻撃を予知することができます。

実は黒死牟もこの境地に達していたため、悲鳴嶼行冥と不死川実弥が共闘してもなお、近づくことすらできない強さを誇っていました。


漫画20巻の第173話で、悲鳴嶼行冥が黒死牟との戦闘の中でこの境地に達し、ずっと後手に回っていた黒死牟との攻防で優位に立つきっかけになりました。

広告

岩柱・悲鳴嶼行冥は自力で「赫刀(かくとう)」を発現

鬼殺隊における強さの大きな要素の一つに「赫刀(かくとう)」があります。

これは日輪刀に強い衝撃を与えることで発動し、日輪刀が赫く燃え上がるような色に変わります。


赫刀で斬られた箇所は再生が著しく遅くなります。黒死牟ですら赫刀で刺された箇所が、再生どころか灼け落ちていました。

また頸を斬られても一瞬で再生する無惨ですら、赫刀で斬られた箇所は再生が遅くなっています。


漫画22巻の第190話で、無惨戦の最中に悲鳴嶼行冥が、自身の鉄球と手斧をぶつけ合わせることで赫刀を発現しました。

赫刀の状態を維持するためには人外の握力が必要なため、赫刀を発現させることも維持することも、極めて限られた人間にしかできません。

広告

岩の呼吸の使い手の日輪刀の色は「灰色」

日輪刀は別名「色変わりの刀」と呼ばれ、扱う剣士の特性によって色が変わります。


また漫画7巻の打53話で、煉獄杏寿郎が各柱が扱う呼吸について解説しており、その中でそれぞれの呼吸における「」も明らかになっています。

岩の呼吸の場合であれば日輪刀は「灰色」に染まるようです。


ただし悲鳴嶼行冥の扱う日輪刀は鉄球と手斧を鎖で繋いだ獲物で、もはや「刀」の体を成しておらず、作中では鉄球も手斧も真っ黒に見えます。

色についてはアニメ版が出てからはっきりすると思いますが、行冥の日輪刀はやはり特殊なのかも知れません。

広告

岩の呼吸は最強の呼吸?

ここまで悲鳴嶼行冥の人外の強さやパワーについて語ってきました。

鬼殺隊では間違いなくぶっちぎりで最強の男、上弦の鬼を含めた強さランキングでも上位に来るキャラです。


鬼滅の刃におけるキャラの強さが話題に鳴る際、よく「最強の呼吸は何か」という話を耳にします。

呼吸においてはそれぞれ特有の特徴や相性などがあるため、一概に「この呼吸が最強」というのは言えないと思います。


岩の呼吸については悲鳴嶼行冥が扱うからこそとんでもない強さに見えますが、呼吸自体の強さではなく行冥自身の強さによるものです。
(行冥に継子がいないのも、この男を継げる人間がいないからだと思われます笑)


鬼滅の刃の全キャラクター強さランキングはこちらで解説しています。

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃のキャラクターで強いのは?十二鬼月、柱の最強ランキングの考察!
この記事では鬼滅の刃に登場するキャラクターの中で、強さ順に並べたランキングを作りましたのでご紹介します。


広告

岩の呼吸の派生は?

呼吸の派生について

呼吸の中には派生して生まれたものがあります。
(そもそも基本となる水、炎、風、雷、岩についても、元々は日の呼吸からの派生です。)

例えば蛇の呼吸や花の呼吸は水の呼吸からの派生、恋の呼吸は炎の呼吸からの派生、などです。


では岩の呼吸から派生した呼吸があるのかについてですが、少なくとも作中ではそのような呼吸は登場していません

悲鳴嶼行冥の弟子である不死川玄夜がもし、呼吸を扱えたなら、もしかしたら岩の呼吸から派生した呼吸を使っていたかもしれませんね。


全ての呼吸と型の一覧はこちらの記事にまとめています

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃の呼吸の一覧!全ての型まとめ!全集中の最強技は?
この記事では鬼滅の刃における全集中の呼吸の一覧や、全ての型、技をまとめましたのでご紹介致します。またその中でも最強技と名高いものも取り上げています。


広告

岩の呼吸の使い手・の悲鳴嶼行冥の悲しい過去

鬼殺隊最強の男・悲鳴嶼行冥の過去については、漫画16巻の第135話で自身の口から炭治郎に語っています。


悲鳴嶼行冥はかつて、寺で孤児たちを引き取って育てており、日輪刀どころか喧嘩すらしたことがない人物でした。

しかしある日、寺の孤児の一人(=獪岳)が寺の外で鬼に遭遇し、自身が助かるために鬼と取引し、寺の子供達を鬼に売りました。


獪岳が鬼を寺に招き入れ、寺の中の子供たちは「沙代(さよ)」以外は全員殺されます


(獪岳のクズエピソードについてはこちらで解説しています)

↓ ↓ ↓

善逸(ぜんいつ)の兄弟子・獪岳(かいがく)がクズ?過去や悲鳴嶼との関係!
この記事では善逸(ぜんいつ)の兄弟子である獪岳(かいがく)のクズエピソード、過去の経緯や悲鳴嶼行冥との関係などについて解説します。


行冥は沙代だけでも守るために素手で鬼と戦い、なんと夜明けまで鬼の頭を殴り潰し続けるという、怪物級の強さの片鱗がここでも表れています。


そして夜明けとともに、朝日の陽光で鬼は消滅し、寺には沙代以外の子供たちの亡骸だけが残りました。

その後、寺に人が駆けつけ沙代はこう言いました。

あの人は化け物
みんなあの人がみんな殺した


沙代の証言の「あの人」とは鬼を指しており、決して行冥のことではありませんでした。しかし当時4歳だった沙代は事件のショックでまともに説明できず、行冥が容疑者となってしまいました。

この証言により悲鳴嶼行冥は殺人の罪で投獄され、処刑を待つ身となります。結果的に産屋敷耀哉に助けられ、行冥は釈放、その後は鬼殺隊員として生きることになります。

ちなみに、寺での子供たちの行動については最終巻(23巻)の第200話で、悲鳴嶼行冥が死の直前に見た幻影の中で語られています。

寺に鬼が侵入した後、子供たちは行冥の言いつけを守らずに散ったように見えましたが、実際はそうではなく、武器を取りに行こうとしたり、助けを呼ぶための行動でした。

幻影の中での子供たちの言葉、

いつも通りまた明日が来れば
ちゃんと話しもできたのに
本当にごめんなさい


明日さえ来ていたら」と行冥も涙を流し、幻影の中で子供たちと最後の最後、分かりあった名シーンです。


悲鳴嶼行冥の最期のシーンの詳細な解説についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


鬼滅の刃の漫画を無料で読む方法!

鬼滅の刃のあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

U-NEXTの漫画視聴画面
U-NEXTの漫画視聴画面

通常であれば418円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料で鬼滅の刃のお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


鬼滅の刃を読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。

もちろん鬼滅の刃のアニメも無料で全て観れますよ


登録は30秒!鬼滅の刃を無料で読める!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


広告

「岩の呼吸の一覧!鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥の技や強さ、悲しい過去とは?」まとめ

今回は鬼滅の刃の岩柱・悲鳴嶼行冥が扱う岩の呼吸の一覧やその特徴、行冥の悲しい過去などについて解説しました。


岩柱であり、鬼殺隊最強の存在である悲鳴嶼行冥は鬼滅の刃のキャラの中でも異質な存在ですが、そんな行冥にも悲痛な過去があったんですね。

最終巻で子供たちと話しながら逝くシーンは、多くのファンが涙した名シーンです。

今後、悲鳴嶼行冥が鬼殺隊に入ってからのスピンオフなどが出てくるといいですね☆


鬼滅の刃の漫画やアニメを無料で見る方法や、全ての呼吸と型のまとめ、鬼滅の刃の強さランキング、柱の強さランキング、キャラの年齢身長体重まとめなどはこちらの記事をどうぞ

↓ ↓ ↓

「鬼滅の刃」の漫画とアニメを無料で楽しむ方法!海賊版、違法サイトは危険!
この記事では日本で社会現象になるほど大人気の「鬼滅の刃」の漫画やアニメを無料で楽しめる方法についてご紹介します。
鬼滅の刃の呼吸の一覧!全ての型まとめ!全集中の最強技は?
この記事では鬼滅の刃における全集中の呼吸の一覧や、全ての型、技をまとめましたのでご紹介致します。またその中でも最強技と名高いものも取り上げています。
鬼滅の刃のキャラクターで強いのは?十二鬼月、柱の最強ランキングの考察!
この記事では鬼滅の刃に登場するキャラクターの中で、強さ順に並べたランキングを作りましたのでご紹介します。
鬼滅の刃の柱の強さランキング!最強を議論&最弱はか弱いあの子?
この記事では鬼滅の刃の最高戦力である「柱」の強さランキングをご紹介します。最強の柱と最弱の柱が誰になるのか、是非ご覧ください。
鬼滅の刃のキャラクターの年齢、身長、体重、生年月日の一覧!
この記事では鬼滅の刃のキャラクターの年齢や身長、体重などの情報を一覧にまとめましたのでご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました