鬼滅の刃の堕姫(だき)・妓夫太郎の血鬼術や強さ、戦績を解説!

この記事では鬼滅の刃の上弦の陸・堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術や強さ、戦績、などについて解説します。


上弦の陸は兄・妓夫太郎と妹・堕姫(だき)の2体で一つの鬼です。炭治郎が手を合わせた初めての上弦の鬼で、下弦の鬼とは桁外れの強さを見せました。

まずは堕姫(だき)と妓夫太郎のプロフィールをご紹介してから、2人の血鬼術や強さについて解説していきます。

<この記事で分かること>
◯堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)のプロフィール
◯堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術や強さ
◯堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)の声優


※この記事は鬼滅の刃のネタバレを含みます


鬼滅の刃の上弦の鬼の一覧や全キャラクターの強さランキング、全キャラクターの年齢や身長などのプロフィールはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

鬼滅の刃の堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)のプロフィール!年齢や誕生日、性格、血鬼術、声優など

堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)についてそれぞれプロフィールをまとめたのでご紹介します。

2人は人間時代も実の兄妹で、鬼になってからも個々の人格を持っていますが、「同時に頚を斬らないと死なない」という特性から2人で一つの上弦の鬼として数えられています。

堕姫(だき)のプロフィール

堕姫(だき)のプロフィールを下記の通り一覧表にまとめたのでご紹介します。


堕姫(だき)の人間時代は「梅(うめ)」という名の美少女で、生まれは吉原の最下層の貧民街である羅生門河岸です。

普段は京極屋という遊郭で「蕨姫花魁(わらびひめおいらん)」として人間社会に溶け込んでおり、蕨姫は吉原でも1,2を争うほど人気の花魁です。

ただし何しろ鬼なので性格が極悪で、遊郭の中では小さい子も容赦なくいびり、度を超えたイジメで同僚を自殺させるなどやりたい放題やっていました。

名前
(鬼)
堕姫
(だき)
名前
(人間時代)

(うめ)
人間時代の出身羅生門河岸
(らしょうもんがし)
普段の姿蕨姫花魁
(わらびひめおいらん)
年齢100歳以上
誕生日不明
性格高飛車
わがまま
泣き虫
鬼の階級上弦の陸
血鬼術蚯蚓帯
八重帯斬り
殺した柱の人数7人
声優(CV)不明


堕姫の可愛いシーンなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

妓夫太郎(ぎゅうたろう)のプロフィール

次に妓夫太郎(ぎゅうたろう)のプロフィールについてご紹介します。


妓夫太郎も堕姫の人間時代と同じく、生まれは吉原の最下層の貧民街である羅生門河岸です。ただ梅とは違って妓夫太郎は生まれつき非常に醜い容姿だったため、幼少時代から蔑まれる人生を送っていました。

ちなみに「妓夫太郎」とは当時の遊郭における呼び込みや集金をする者達の役職の名前です。妓夫太郎は生まれの関係で名前がなく、役職名をそのまま自分の名前としてつけられています。


普段は堕姫の体の中で眠っており、堕姫がピンチになると妓夫太郎が姿を現します。上弦の陸との戦いは妓夫太郎が現れてからが本番で、堕姫と妓夫太郎の同時攻撃を凌ぎながら頚を斬らなければなりません。

性格はネチネチと嫉妬深く陰湿で、また自分の容姿のトラウマもあってか自虐的です。また妹を溺愛しており、作中でもとにかく甘やかしているシーンが散見されます。

名前
(鬼)
妓夫太郎
(ぎゅうたろう)
名前
(人間時代)
妓夫太郎
(ぎゅうたろう)
人間時代の出身羅生門河岸
(らしょうもんがし)
普段の姿堕姫の中で
眠っている
年齢100歳以上
誕生日不明
性格陰湿
自虐的
嫉妬深い
極度のシスコン
鬼の階級上弦の陸
血鬼術血鎌
飛び血鎌
跋弧跳梁
円斬旋回・飛び血鎌
殺した柱の人数15人
声優(CV)不明


スポンサーリンク

鬼滅の刃の堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術を解説!その強さとは

堕姫(だき)と妓夫太郎は上弦の鬼として強力な血鬼術を使います。

ここでは作中で登場した堕姫(だき)と妓夫太郎それぞれの血鬼術の技名や特徴、強さなどについて解説します。

堕姫(だき)の血鬼術と強さ

まずは堕姫(だき)の血鬼術です。

堕姫(だき)の攻撃や血鬼術は「」にちなんだものが多く、柔らかいながら強度のある帯を縦横無尽に操ったり、それらを防御に使うこともできます。

堕姫(だき)の血鬼術:蚯蚓帯(みみずおび:※伊之助が命名)

堕姫(だき)の血鬼術の代名詞と言えるのが伸縮自在の帯です。この帯には人間を取り込んで保存することができるほか、堕姫(だき)の体から離れて自律行動することもできます。

自律行動する帯だけでも相当な強さを有しており、作中では伊之助と互角に切り結んでいました。


ちなみに堕姫(だき)の血鬼術による帯が蚯蚓(みみず)のように自在に動き回るため、伊之助が「蚯蚓帯(みみずおび)」と名付けました。

堕姫(だき)の血鬼術:八重帯斬り(やえおびぎり)

八重帯斬り(やえおびぎり)は漫画10巻の第81話で堕姫(だき)が見せた血鬼術です。

その血鬼術の名のとおり、8枚の帯を重ねて交差させ、相手の逃げ道を無くしつつも回避困難な斬撃を浴びせます。


分裂して自立行動する蚯蚓帯が全て堕姫の元に還った後、堕姫の帯の硬度や斬れ味、速度が格段に上がっており、堕姫(だき)本来の強さとなりました。

この時は怒りの頂点に達した炭治郎が覚醒状態だったために八重帯斬りにも対応できましたが、覚醒していなかったら堕姫(だき)のこの血鬼術で死んでいたかもしれません。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術と強さ

次に堕姫(だき)の兄・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術をご紹介します。

帯を操る堕姫(だき)に対し、妓夫太郎は2本の鎌を扱います。鎌による近接攻撃はもちろん、投げた鎌がブーメランのように戻ってくるという使い方もあり、遠近どちらも対応できます。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術:血鎌(ちがま)

妓夫太郎が扱う鎌は本物の鎌ではなく、血鬼術により自身の体から作り出したものです。生き物のように脈動する武器なその鎌は「血鎌(ちがま)」と呼ばれています。

妓夫太郎の攻撃は「血鎌」によるものがメインで、「血鎌」には猛毒が含まれているために耐性がないと短時間で死に至らしめます。


作中では毒に耐性があるはずの天元や伊之助にも効いており、常人であればかすっただけで即死するという恐ろしい鎌です。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術:飛び血鎌(とびちがま)

妓夫太郎の血鎌を振るうことで血の斬撃が遠距離まで飛んできます。

この血鬼術は「飛び血鎌(とびちがま)」で、鎌による直接攻撃ではないにも関わらず、この血の斬撃もかすっただけで致命傷となる猛毒が含まれています。


妓夫太郎との戦闘ではその攻撃速度はもちろん、血鎌に含まれている猛毒が非常に厄介で、これを食らってしまうと時間が経つごとに敗色濃厚となっていきます。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術:跋弧跳梁(ばっこちょうりょう)

跋弧跳梁(ばっこちょうりょう)は天元の嫁・雛鶴(ひなつる)が大量の苦無(くない)を妓夫太郎に発射した際に、それらを弾く天蓋として妓夫太郎が使った血鬼術です。

防御手段以外にも、周囲にいる敵をこの血鬼術で一掃するなどの使い方もできそうです。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術:円斬旋回・飛び血鎌(えんざんせんかい・とびちがま)

円斬旋回・飛び血鎌(えんざんせんかい・とびちがま)は妓夫太郎の必殺技とも言える血鬼術です。

飛び血鎌を更に強力して攻撃範囲も広くした上位互換技で、両腕の周囲に渦状の飛び血鎌を発生させ、渦のように旋回する斬撃を放ちます。

ノーモーションで飛んでくるために回避困難な上に、攻撃範囲が非常に広いために血鬼術の余波だけでも死にかねないという危険極まりない技です。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血鬼術や強さ、戦績を解説!

ここでは堕姫(だき)と妓夫太郎の血鬼術や強さ、鬼殺隊との戦績について解説します。


堕姫(だき)と妓夫太郎は二人で一つの上弦の陸ですが、作中ではまず堕姫との戦闘から始まりました。

堕姫(だき)だけでも相当な強さですが、それに加えて本体である妓夫太郎が加わると更にエゲツない強さになります。

それに加えて猛毒混じりの血鬼術を飛ばしてくるため、鬼殺の剣士が何人いても安心できないという反則級の強さを誇ります。


プロフィールの章でご紹介したとおり、これまでに堕姫(だき)は柱を7人、妓夫太郎は柱を15人倒しており、鬼殺隊にとっては「上弦の鬼」という壁の分厚さを感じさせる存在です。

帯を操る血鬼術!堕姫単体でも下弦の鬼以上の強さ

吉原遊郭で潜入捜査をしていた炭治郎が堕姫(だき)と出くわし、まずは炭治郎 vs 堕姫の戦闘が始まりました。

炭治郎は開戦早々に日輪刀を刃こぼれさせられ、その後もヒノカミ神楽の型を繰り出すもことごとく躱されています。


この時点でも堕姫(だき)の相当な強さを感じますが、この段階では分裂した蚯蚓帯の分だけ弱体化した状態でした。

堕姫の強さ!血鬼術・蚯蚓帯を取り込むとさらに強くなる

漫画10巻の第80話で、堕姫(だき)の体から分裂していた蚯蚓帯が堕姫の体に還りました。

これにより黒髪が本来の白髪へと変わり、堕姫(だき)本来の力を発揮できるようになります。この直後に堕姫(だき)が振るった帯は家屋を易々と両断し、中にいた人間諸共虐殺しています。


堕姫(だき)本来の姿になったことで血鬼術も身体能力も強くなり、戦闘はより一層激化します。

堕姫(だき)の強さ!頚は帯のように柔らかくしなる

堕姫(だき)の頚は帯を思わせるような柔らかさとしなやかさを持っており、日輪刀の切れ味をその柔軟さで殺してしまうために非常に斬りにくいです。

堕姫の頚を斬るためには、この柔らかさが発揮されないくらいの速度で刀を振り抜くか、伊之助の日輪刀のようなガタガタの刃でノコギリのように斬るのが有効です。


作中では宇髄天元が超速の刃で斬った他、伊之助がノコギリの要領で斬り飛ばし、善逸も霹靂一閃・神速で両断寸前までいきました。

堕姫(だき)は炎にトラウマがある?禰豆子の爆血は効果絶大

漫画10巻の第84話では鬼として覚醒した禰豆子と堕姫(だき)の戦闘が繰り広げられました。

禰豆子の体は上弦の鬼クラスの再生力を獲得しており、堕姫(だき)が帯で四肢を切断しても一瞬で再生しています。

更には禰豆子の血を浴びるとすぐさま血鬼術「爆血(ばっけつ)」が発動するため、接近戦では完全に禰豆子が堕姫(だき)を圧倒していました。


爆血は鬼に対してのみ有効な血鬼術で、堕姫(だき)がなかなか再生できない類の大火傷を負わせています。

また堕姫(だき)は爆血で燃やされる際、人間時代に生きたまま焼かれた時のトラウマが蘇っており、それもあって禰豆子の爆血は非常に効果的でした。

妓夫太郎と堕姫(だき)が共闘した時の強さは脅威

堕姫(だき)がピンチに陥ると、普段は堕姫(だき)の体の中で眠っている妓夫太郎が目を覚まします。妓夫太郎こそが上弦の陸の本体であり、堕姫(だき)とは比較にならない強さを誇っています。

この2人が同時に血鬼術を交えて攻撃してくると、広範囲かつ高速の攻撃を凌がなければならず、しかもその状態で堕姫(だき)と妓夫太郎の頚をほぼ同時に斬らなければなりません。


さらに妓夫太郎は堕姫の額に出てくる第3の目から堕姫(だき)の視点も共有でき、また堕姫の体を一時的に操ることもできます。

これにより、妓夫太郎の情報処理能力の範囲内であれば全て妓夫太郎が戦況を支配します。

妓夫太郎と堕姫(だき)の強さ!頚を同時に斬らないと倒せない

上述のとおり、堕姫(だき)と妓夫太郎は2人同時に頚を斬らなければ倒せません。もしくは完全に同時ではなくても、一方の頚が胴から離れている間にもう一方の頚を斬っても倒せます

鬼であるが故に頭だけになっても活動可能なため、少なくとも堕姫&妓夫太郎を倒すためには上弦の鬼と戦えるほど手練の剣士が複数名必要となります。

妓夫太郎の血鬼術の強さ!血鎌には猛毒が含まれている

血鬼術の章で解説したとおり、妓夫太郎の血鎌には猛毒が含まれています。

毒に耐性がある天元だからこそある程度の時間は耐えることができましたが、並の鬼殺隊員ならかすっただけで即死級の毒性の強さです。

しかも妓夫太郎の血鎌を駆使した血鬼術は範囲攻撃要素もあり、回避は極めて困難なためにこの猛毒は本当に厄介な特殊能力です。


漫画11巻の第89話では毒に強い体質の伊之助ですら「掠っただけでも死ぬ」と口にしており、この猛毒の存在が上弦の陸の強さの理由の一つです。

妓夫太郎の強さ!堕姫(だき)の情報も処理して判断を下せる

妓夫太郎は随所で堕姫(だき)の視点を共有して戦況を把握したり、時には堕姫(だき)の体を操って堕姫の相手を屠ることもあります。

これは妓夫太郎の類稀な戦闘センスの為せる技です。常人であれば目の前の敵を相手にするだけで精一杯なところ、妓夫太郎は二人分の戦況を正確に把握し、その上で的確な判断を下せます。

この情報処理能力こそが妓夫太郎の最大の強さであり特徴です。


これは究極のマルチタスクであり、現代に生まれていたなら妓夫太郎はメチャクチャ仕事ができたでしょうね笑

スポンサーリンク

「鬼滅の刃の堕姫(だき)・妓夫太郎の血鬼術や強さ、兄妹愛、声優を解説!」まとめ

今回は鬼滅の刃の上弦の陸・堕姫(だき)&妓夫太郎の血鬼術や強さ、戦績、境遇、2人が生まれた時代、声優などについて解説しました。


堕姫(だき)と妓夫太郎は猗窩座の次に炭治郎たちが対峙した上弦の鬼で、上弦の恐ろしさを嫌というほど感じさせる恐ろしい相手でした。

一方で堕姫(だき)と妓夫太郎の人間時代のエピソードがあまりにもの悲しく、その悲惨な過去故に堕姫&妓夫太郎推しのファンの方も多く存在します。

その強さだけでなく背景からも非常に印象深い鬼でしたね。


鬼滅の刃の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

鬼滅の刃の解説トップページ
↓ ↓ ↓

鬼滅の刃戦のコラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

鬼滅の刃のコラボグッズ一覧

コメント