ドクターストーンのルーナが可愛い!アニメの登場はいつ?

ドクターストーンのルーナが可愛い!アニメの登場はいつ?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

この記事ではドクターストーンのルーナの可愛い要素や、作中における可愛いシーンについてご紹介します。

ルーナはアメリカ編で登場したキャラで、作中でも可愛い女の子として描かれています。

まずはルーナの可愛い要素から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ルーナの可愛い要素
  • 作中におけるルーナの可愛いシーン

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンのルーナが可愛い要素!アメリカ人の美少女!

まずはドクターストーンのルーナの可愛い要素について見ていきましょう。

ルーナは千空がアメリカに上陸した時に出会ったキャラで、色んな意味で濃いので印象深いキャラです笑

ルーナの容姿が可愛い

ルーナの容姿が可愛い(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ルーナは千空達がアメリカに上陸した際、ゼノ側の人間として登場しました。

その容姿についてはモズがひと目見て「かわいいね」と評しており、またカルロスやマックスという熱烈なファンがいることからもかなり可愛い女の子として描かれています。
→ドクターストーンのモズの強さや戦績などを見る

 

またルーナの見た目は金髪のミディアムヘアで、頭には星型の髪飾り、首にも星がついたチョーカーを着けているというオシャレっぷりです。

ただし着ている服は囚人みたいな縞々の模様をしています笑

これはルーナの趣味ではなくスタンリーが狙撃用にルーナに着せていたもので、ライフルの照準にルーナの縞を合わせるとターゲットとの距離が正確にわかるのです。
→ドクターストーンのスタンリーの強さや能力、戦闘シーンなどを見る

ルーナの落ち着きの無い言動が可愛い

ルーナの落ち着きの無い言動が可愛い(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空達がアメリカに着いた際にはゼノやスタンリーといったキレキレの化物が登場していた中、ルーナは全く真逆で落ち着きがありません。

ルーナは本人は自分自身に頻繁に「私はデキる女」「私はクールな女」と言い聞かせていますが、次々に起こる事態に心を乱されまくっています笑

この典型的な一般人で人間臭いところがルーナの可愛いところですね。

見栄っ張りなルーナが可愛い

見栄っ張りなルーナが可愛い(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ルーナはドクターストーンの登場キャラの中でもトップクラスに喜怒哀楽を見せまくる人物で、その表情変化の豊かさは恐らく銀狼クラスです笑

ただルーナは「私はクール」と自分に言い聞かせるのが常で、号泣していた次の瞬間には「ま、まあ分かってたけどね」とか言って平静を装っています。

ルーナのこの見栄っ張りなところが子供っぽくて可愛いですね。

アホの子で可愛い

ルーナがアホの子で可愛い(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ルーナは頻繁に自分自身に「クールな女」「デキる女」と言い聞かせていますが、実際にはもの凄くアホの子です笑

特に色恋沙汰になると判断能力や思考能力が更に落ちてしまうようで、千空とは付き合ってもいないのに「彼氏できた」と思い込んでいました。「恋は盲目」とはよく言ったもんですね笑
→ドクターストーンのルーナと千空の関係を見る

千空の前で見せるアホの子な様子もルーナの可愛い魅力の一つですね。

ドクターストーンのルーナの可愛いシーン一覧!

次にドクターストーンの作中におけるルーナの可愛いシーンを実際に見ていきましょう。

ルーナはアメリカ編から登場しているので物語序盤は出番がありませんが、それでも持ち前のキャラの濃さからインパクトは十分です笑

ルーナの初登場シーン(18巻の第154話)

ルーナの初登場シーン(18巻の第154話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ルーナが初登場したのは漫画18巻の第154話で、スタンリーが狙撃する際のサポート役として連れてきていました。

またアメリカ組においてはルーナは初めての女の子キャラで、体型や容姿からも典型的なアメリカ人の女の子ですね。

ちなみに登場した当初ルーナはすました表情をしていましたが、すぐに化けの皮が剥がれて落ち着きのない表情になっています笑

ルーナが迫真の演技(18巻の第154話)

ルーナが迫真の演技(18巻の第154話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画18巻の第154話ではルーナがペルセウス号に潜入するため、ワザと自分の体に泥をつけ、「ゼノの王国から逃げてきた」というフリをします。

自然に涙が出るところを見ると意外と演技派で、少なくともルーナの様子に「これは演技だ」と断定できる者は一人もいませんでした。

 

ちなみにこの時にルーナを見たモズの感想が

  • んー可愛いね
  • アリだろ顔可愛いから

ということで、相変わらずの軟派なところを見せています笑

アホの子・ルーナ(18巻の第155話)

アホの子・ルーナ(18巻の第155話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画18巻の第155話ではルーナがペルセウス号への潜入に成功し、ゲンの情報にあった「Dr.大樹」を探します。

そもそも大樹の顔を知らないルーナはプロファイリングにより、

  • たった一人の叡智で青少年達を率いる
  • ストーンワールドから科学王国を樹立する
  • 知性溢れる
  • 地道な信念の努力家

という人物だと割り出し、それについて「そんなの超タイプ!!」とか思ってました。

つまりルーナの結論は「私がタイプな人を探せばいい」というもので、そんな自身の作戦に「なんて冷酷でデキる感じ!」と自画自賛しています。やはりアホの子笑

3700年ぶりのソフトクリーム(18巻の第155話)

3700年ぶりのアイスクリーム(18巻の第155話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画18巻の第155話では「バー フランソワ」のサービスによりソフトクリームが振る舞われました。

当たり前ですが文明が失われたストーンワールドにおいてはソフトクリームなど存在しているはずがありませんが、千空の科学とフランソワの脳内レシピにより実現しました。
→ドクターストーンのフランソワの性別や年齢、能力などを見る

ルーナも3700年ぶりのアイスクリームの味に涙目になっており、食べる様子が可愛いシーンでしたね。

ルーナは一般人らしからぬ鬼の精神力!(18巻の第157話)

一般人のルーナは鬼の精神力!(18巻の第157話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画18巻の第157話では3700年前に石化光線によって全人類が石化した際、ゼノやスタンリー、ルーナが何をしていたかが描かれています。

その当時、ゼノ達は「石化したツバメ」について話し合うための技術の祭典に出席しており、富豪の娘であるルーナもたまたまその祭典の場にいました。

 

そして人類が石化した後、ゼノやスタンリーは千空と同様にずっと意識を途切れさせずにいました。

一方で一般人であるルーナは

  • 私はデキる女としてデキる男と付き合ってイケてる彼氏彼女になる!
  • ぼっちのまま死ぬなんて絶対ヤダーーー!
  • 絶対絶対絶対絶対寝ないでやる!
  • 私はクールな女ルーナ!
  • 私はデキる女ルーナ!

とか考えながら3700年間ずっと意識を保ち続けています。

スタンリーのように特殊訓練を受けている者ならいざ知らず、何の訓練も受けていないのにこんな芸当ができたルーナはある意味とてつもない精神力の持ち主ですね。動機はさておき笑

ルーナが敵の千空にときめく(18巻の第160話)

ルーナが敵の千空にときめく(18巻の第160話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画18巻の第160話では千空がスタンリーに狙撃されて瀕死の重傷を負いました。

ただ千空は着弾直前に「葛粉+水」でダイラタンシー流体を作り出し、即席の盾とすることで即死を免れています。

また千空は「復活液の作り方を遺言に残す可能性を考えてヘッドショットは無いはず」とも読んでいたため、胴体だけを守っていました。

あの一瞬でそれだけ頭が回ることにルーナがときめいており、この時点でルーナは千空のことを好きになっていたようですね。

ルーナが千空に告白(19巻の第163話)

ルーナが千空に告白(19巻の第163話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画19巻の第163話ではルーナが千空の看病をしています。

実はルーナは親の意向により医科大学に飛び級して入学していたのです。その当時は全く勉強についていけなかったものの、多少は外科の知識があります。

そして千空の指示で「針ブッ刺して肺から血ィ抜け!」という超無茶振りをされますが、ここでルーナは千空に一つお願いをしました。その内容とは、

もし治ったら
彼氏になって

というもので、ドクターストーンの作中では初めての愛の告白のシーンでした。

告白の瞬間はいつものテンパった様子も無く、ルーナの笑顔が可愛い名シーンでしたね。
→ドクターストーンの千空の結婚相手や彼女などを見る

ルーナはまだ千空を理解していない(19巻の第163話)

ルーナはまだ千空を理解していない(19巻の第163話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

千空に告白したまでは良かったものの、そこから先どうすればいいか分からないルーナはフランソワに相談していました。もう完全にバーで愚痴るOL状態ですね笑

そこでルーナは「まさかだけど!」と前置きした上で、

  • 「千空は今彼氏彼女とか100億%どうでもいい」とか、
  • 「目的のためにご都合いいこと言ってるだけ」とか、
  • さすがにそこまでメチャクチャな人はいないはず

と口にしますが、それを聞いた杠達が揃って目をそらしていました笑

そもそも千空は過去に合理性だけの理由からルリと結婚し、その3分後に離婚した過去もあるため、ルーナはまだ千空という男を知らなすぎですね。

千空の言葉に一喜一憂するルーナがかわいい(19巻の第168話)

千空の言葉に一喜一憂するルーナがかわいい(19巻の第168話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

作中では千空と龍水が戦闘機でドッグファイトを繰り広げ、敵戦闘機を見事に撃墜します。

そしてその後に漫画19巻の第168話でルーナが千空と再会した際、ルーナは千空について下記のように予想していました。

  • 「会いたかったぜ。俺に会いに逃げてきたのか。やるじゃねえかルーナテメー」
  • ・・なんてなるはずが無い。千空がどういう人がもう分かってる

 

そして実際の千空の反応は

どさくさ紛れにカセキとフランソワ二人も攫って逃げてきたのか
やるじゃねえかルーナテメー

というもので、半分だけ合ってました笑

千空の一挙手一投足に反応するルーナが可愛いですね。

体重を15kgサバ読みするルーナがかわいい(20巻の第178話)

体重を15kgサバ読みするルーナがかわいい(20巻の第178話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画20巻の第178話ではチェルシーの席替えタイムが始まり、藪から棒に「ルーナって体重何kg?」とぶっこんできました。

そしてルーナは「ファサァ・・」と髪をかきあげながら「90ポンド(40kg)」と答えています。

ちなみに後ほど千空が作った天秤式の体重計で測ったところ、ルーナの体重は55kgでした。サバ読むにしても5kgぐらいにしとけ笑

アホの子・ルーナ再び(20巻の第178話)

アホの子・ルーナ再び(20巻の第178話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画20巻の第178話ではルーナが千空に告白した時のエピソードが語られています。

ルーナが「もし治ったら彼氏になって」と告白した際、千空は下記のような反応でした。

  • 政略結婚的なやつか
  • とりまそう言やルーナについてくる連中がいる
  • 一人二人でも味方にできるならありがてえ
  • やるじゃねえかルーナテメー

それを聞いた一同は何も言えずにフリーズし、唯一場の空気を読まないチェルシーが「それ付き合ってはないよたぶん」とぶっこみます笑
→ドクターストーンのチェルシーのかわいいシーンやぶっこみを見る

純粋なルーナが可愛いシーンでしたね。

本番に弱い子・ルーナ(22巻の第193話)

本番に弱い子・ルーナ(22巻の第193話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画22巻の第193話では北米コーンシティから地球全土にメデューサが発動し、石化光線が爆速で飛んできます。

それを見たチェルシーが「復活液を真上に投げ上げとけばワンチャン助かるかも」と言って、ルーナが復活液をぶん投げましたが、まったく違う方向に逸れて2人仲良く石化しました。

ルーナは「こんな速いのにぴったし投げれるわけないじゃーん!」と言っていましたが、そもそも真上に投げないとタイミングもクソもありません笑

この土壇場でも緊張感ゼロのルーナが可愛いシーンでしたね。

ルーナの復活シーン(23巻の第197話)

ルーナの復活シーン(23巻の第197話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

人類が再び石化した後、スイカが一人で復活液を作ったことで千空が復活します。
→ドクターストーンのスイカが大人になるまでの経緯を見る

そして漫画23巻の第197話で続々と千空の仲間たちが復活しており、ルーナとチェルシーも復活しました。

予想できた反応ですが、復活した瞬間に号泣するルーナが可愛いですね笑

チョロすぎルーナ(23巻の第200話)

チョロすぎルーナ(23巻の第200話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画23巻の第200話では千空達が3チームに分かれており、千空達は宇宙船素材を集めながら世界を巡るチーム、ルーナはコーンシティに戻るチームです。

ここでルーナは「ヤダぁああ千空と別々」と泣いていましたが、ゲンが

千空ちゃんってば
仕事デキる女がタイプみたいよ~

と耳打ちするとルーナは「まあ私は?全然やれるけども?」と言ってやる気になっていました。

この単純さもルーナの可愛いところですね笑

ルーナが遠距離恋愛に(23巻の第201話)

ルーナが遠距離恋愛に(23巻の第201話)(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

漫画23巻の第201話ではそれぞれのチームの様子が描かれており、ルーナは相変わらず百面相してました。

ルーナはコーンシティで橋渡し役になることは前々から悟っており、それを理解しつつも

  • んでもやだぁああ千空と遠恋
  • ですらなかった付き合ってもないし
  • 毎日メールして~、じゃないモールスして~

とか騒いでいます。「メール」じゃなくて「モールス」というのがストーンワールドっぽいところですね。

ちなみに千空が「毎日連絡」なんて非合理的なことをするはずがありません笑

「ドクターストーンのルーナが可愛い!アニメの登場はいつ?」まとめ

今回はドクターストーンのルーナの可愛い要素や、作中における可愛いシーンについてご紹介しました。

ルーナはドクターストーンの物語においてかなり後になってから登場しましたが、キャラ濃すぎて一発で馴染みましたね笑

今後の千空とルーナの進展があるかどうかも注目です☆

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンのルーナと千空の関係を見る

→ドクターストーンの千空の結婚相手や彼女などを見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました