ドクターストーンのゲンは黒幕?裏切りシーンやホワイマンの謎を考察!

ドクターストーンのゲンは黒幕?裏切りシーンやホワイマンの謎を考察!©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

この記事ではドクターストーンのゲンこと浅霧幻(あさぎりげん)の黒幕説の真相や裏切りシーン、ホワイマンとの関係などについて解説します。

ゲンは千空率いる科学王国において、交渉や駆け引きなどの寝技が大得意なキャラです。

その口八丁手八丁な手管によって作中では幾度となく千空達が危機を脱しており、千空にとっても無くてはならない人材となっています。

そんなゲンに一時期「黒幕説」が流れていたため、その真相について見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ゲンの裏切りシーン
  • ゲンの黒幕説の真相

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)が黒幕?作中の裏切りシーンを紹介!

ドクターストーンの物語は「石化光線」によって全世界の人類が突然石化したところから始まります。

人類を石化させた黒幕については作中でも大きな謎の一つですが、一時「ゲンが黒幕」という説があったため、まずはゲンの怪しい行動について詳しく見ていきましょう。

ゲンは元々「司帝国」側だった

ゲンは元々「司帝国」側だった(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンは元々「司帝国」の人間であり、最初から千空の味方だったわけではありません。

更に登場当初からペラッペラの言動ばかりで、出てくる言葉はほとんど嘘という信用ならない人物だったのです。

 

そんなゲンは司から「千空が生きているかどうかを見てくるように」と指示を受け、ゲンは千空の生存を確認するもすぐに司に報告しませんでした。

というのもゲンは勝ち馬に乗るために「司帝国につくか科学王国につくか」を見定めることにし、暫く千空の様子を見ています。
→ドクターストーンの司帝国の仲間一覧を見る

千空の科学を見て司を裏切り、科学王国に転身

千空の科学を見て司を裏切り、科学王国に転身(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンは千空が科学を駆使して次々と新しいものを生み出すところを目の当たりにしており、特に「発電機」を作ったところでゲンの心は決まりました。

実はゲンは千空に会う前からそのヤバさを知っており、それはゲンが司に連れられて奇跡の洞窟を訪れた際に千空が残した「西暦5738年4月1日」という文字を見た時です(漫画7巻の第57話)。

石化している間はカレンダーも見れず、時計も見れないのに正確な日付が分かるということは、「千空は何千年もの間秒数を数えていた」とゲンは悟ったのです。

この時からゲンは千空の異常さに少なからず興味を持っており、発電機開発はただのきっかけに過ぎませんでした。
→ドクターストーンの千空の誕生日の計算について見る

その後ゲンは千空を裏切る?

その後ゲンは千空を裏切る?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンは「蝙蝠男(コウモリおとこ)」と呼ばれるほど手の平をひらひら返すことから、千空側についても油断はできないように思えます。

しかし千空の味方になった後はずっと裏切ることもなく、むしろメンタリストとして交渉事や駆け引きなどで大活躍しています。

なのでこの時点では「ゲンが黒幕」とは思えない展開でした。

ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)が黒幕・ホワイマン?

物語が進んでくると、ドクターストーンの作中における黒幕・ホワイマンが登場します。

登場当初からホワイマンは存在自体が謎であり、作中ではその目的や正体に迫ろうとしています。

ここでは「ゲン=ホワイマン」説の真相について見ていきましょう。

ホワイマンとは?

ホワイマンとは?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ホワイマンが初めて登場したのは漫画11巻の第95話で、石油を手に入れた千空達がボートで海に出た際、突然強力な電波を受信しました

ここで受信したのが「WHY」という言葉の連発というホラー映画のような内容で、このことから「ホワイマン」と名付けられたのです。

これ以降、物語の黒幕としてホワイマンの正体に迫っていくことになります。
→ドクターストーンのホワイマンの正体や謎について見る

ホワイマンは千空の声を真似て通信してきたことも!

ホワイマンは千空の声を真似て通信してきたことも!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ホワイマンはその後「WHY」だけでなく、「12800000m 1second」などのメッセージも飛ばしてくるようになります。

これはメデューサを起動するための言葉で、地球全土に石化光線を飛ばそうとしていたのです。

さらにホワイマンのこの時の声は千空の声にそっくりであり、ホワイマンの正体がますます謎に包まれました。

ゲンの声帯模写でも再現可能?

ゲンの声帯模写でもホワイマンの声を再現可能?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ホワイマンの声が千空の声にそっくりだったということで、様々な憶測が考えられました。

  • ホワイマンは千空の血縁関係者?
  • ホワイマンは千空の音声データをどこかで入手した?
  • ホワイマンが千空の声を模写している?

特に三つ目の「声帯模写」についてはゲンが大得意とするところで、作中ではリリアン・ワインバーグの声まで真似ていたほどです。

このことから「ゲンがホワイマンの声主?」という説もありました。

ただしホワイマンの声が千空に似ていることについては、その後羽京によって「合成音声」だと判明しています。
→ドクターストーンの羽京のかわいいシーンや特殊能力について見る

よって「ゲンがあらかじめ千空の声を入れておいた」などの説は崩れました。

ホワイマンは月にいることが判明!

ホワイマンは月にいることが判明!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

さらにその後、ホワイマンからの電波を分析することにより、ホワイマンが月面にいることが判明します。

これによりホワイマンはゲンをはじめとする地上にいる人物ではないことが確定しました。

よって「ゲンの黒幕説」もここで崩れています。

「ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)は黒幕?裏切りシーンやホワイマンの謎を考察!」まとめ

今回はドクターストーンのゲンこと浅霧幻(あさぎりげん)の黒幕説の真相や裏切りシーン、ホワイマンとの関係などについて解説しました。

ゲンは初登場時の印象がだいぶ悪かったため、どうしても悪役や黒幕みたいなイメージがつきがちでした。

しかし物語が進むにつれて普通に善人であることが明らかになっているので、正体が黒幕じゃなくて良かったですね☆

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの黒幕&ラスボス候補の一覧を見る

→ドクターストーンのホワイマンの正体や謎について見る

→ドクターストーンのゲンのかわいい&かっこいいシーンを見る

→ドクターストーンのゲンの死亡/石化/復活シーンを見る

→ドクターストーンの司帝国の仲間一覧を見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました