ドクターストーンのゲンが死亡?石化や復活シーンを解説!

ドクターストーンのゲンが死亡?石化や復活シーンを解説!©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

この記事ではドクターストーンのゲンこと浅霧幻(あさぎりげん)の死亡フラグや石化シーン、復活シーンなどについて解説します。

ゲンはドクターストーンの物語の序盤から登場するキャラで、ペラッペラの言動が最大の特徴です。

そんなゲンが作中で死亡フラグが立ったり石化するシーンがあるので、まずは死亡フラグについて詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ドクターストーンのゲンの死亡フラグ
  • ドクターストーンのゲンの死亡/石化シーン

※この記事はドクターストーンのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

ドクターストーンの解説&考察

ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)に死亡フラグが立つ?「コーラ同盟」とは?

まずはドクターストーンの作中におけるゲンの死亡フラグについて見ていきましょう。

ゲンは登場当初は司帝国側の人間であり、千空とは本来敵対関係にあるキャラでした。しかし千空の科学を目の当たりにしたことで千空に可能性を感じ始めます。

そんな中でゲンの死亡を思わせるような描写が出てくるのです。

ゲンの死亡フラグ?

ゲンの死亡フラグ?(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンは千空達が「発電機」を開発するところを目の前で見ており、このストーンワールドにおいてまさかの電気を生み出したことに感服していました。

そんなゲンでしたが、作中では物思いに耽りながら千空達が作った腕力発電機に触れており、何だか不穏なことが起こりそうな雰囲気になります。

マグマに闇討ちされて槍を突き立てられる!

ゲンがマグマに闇討ちされて槍を突き立てられる!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンが発電機に触れていた時に背後から突然マグマが襲撃してきました。

マグマは石神村の中でも随一のパワーを誇るキャラで、そもそも戦闘能力が無いゲンが敵う相手ではありません。

ここでゲンはマグマにボコされた挙げ句、胸に槍を突き立てられます。

これによりゲンは死亡したかに思えました。

血糊入りのガードで生還!

ゲンが血糊入りのガードで生還!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

しかしゲンは身体の至る所に血糊入りのガードを仕込んでおり、石槍では貫通されませんでした。

マグマはまんまと騙されたためにゲンに追い打ちの一撃を入れなかったのも幸いし、ゲンは死亡せずに生存しています。

このあたりはさすがマジシャンでありメンタリストでもあるゲンで、ある意味しぶとさも作中随一ですね。

千空と「コーラ同盟」を結ぶ!

ゲンが千空と「コーラ同盟」を結ぶ!(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

ゲンはマグマに襲撃されて負傷するも、何とか死亡せずに済みました。

しかしこの時のゲンは司帝国からの偵察として来ていたため、負傷のために長い間ゲンが帰らないと司が「ゲンがやられた」と判断して侵攻してきます。

 

ここでゲンは千空に対して「コーラを一本」と要求し、その見返りとして千空側につくことになり、司に「千空は死んでいた」と嘘報告をしました。

千空とゲンが手を組んだきっかけはペラペラの「コーラ同盟」でしたが、これ以降ゲンは千空の頼もしい仲間として活躍していきます。

ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)はその後も死亡せずに生き残る?石化や復活シーンを紹介!

ドクターストーンの物語が進むにつれて新たな敵が登場し、戦闘シーンも数多くあります。

その中でゲンを含む多くのキャラが石化したり死亡の危機に瀕する場面がありました。

ここではゲンが石化したり危険な目に遭う局面について見ていきましょう。

宝島編ではイバラの手によって石化

宝島編ではゲンがイバラの手によって石化(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

宝島編では千空、ゲン、コハク、ソユーズが先に上陸しており、ペルセウスで待機していたメンバーは石化させられました。

その後ラボカーを奪還した千空達はアマリリスの案内でアジトを確保し、仲間を石化から復活させながらイバラを追い詰めていきます。

しかしイバラが

  • メデューサを時限爆弾的に起動
  • オオアラシにメデューサを飲み込ませる
  • オオアラシに「島の中央に行けば助かる」とホラを吹く

という荒技により、宝島全員を石化させました。その際にゲンも石化してしまいます。

イバラを倒してゲンが復活

イバラを倒してゲンが復活(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

宝島にいたメンバーは敵味方含めて全員石化するも、クロムの閃きによって千空だけが石化せず生き残り、イバラとの決戦になります。

イバラも意外に武闘派な上にずる賢いキャラでしたが、頭脳戦で勝る千空と、土壇場で復活させた龍水のおかげでイバラを石化させて勝利しました。

こうしてゲンを含む全員が石化から復活します。

南米アラシャで全人類が再び石化

南米アラシャで全人類が再び石化(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

南米のアラシャでは千空達とアメリカ組の決戦が描かれています。

ただスタンリーをはじめとするプロの特殊部隊が相手だったために戦闘では全く歯が立たず、千空の仲間達は全員が死亡もしくは瀕死の致命傷を負っていきました。
→ドクターストーンのスタンリーの強さや能力、戦闘シーンなどを見る

 

その中でもゲンは最後の最後まで生き残り、メデューサタワーに復活液をセットするという重要な役割を担っています。

そして最後はスイカをメデューサタワーの下に行かせるため、ゲンやクロムが身体を張ってスタンリーを止めています。

この過程で恐らくゲンもスタンリーに撃たれて死亡、もしくは致命傷を負ったはずですが、その直後に北米でジョエルが発動したメデューサによって全人類が石化しました。

スイカの奮闘のおかげでゲン達が復活

スイカの奮闘のおかげでゲン達が復活(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

全人類が再び石化して暫く経ち、猛獣の咆哮や雷の轟音などによってメデューサタワーの復活液の瓶が割れ、直下にいたスイカが復活します。

しかしスイカが目覚めた世界にはもう復活液が存在しておらず、スイカが自力で復活液を調合しなければなりませんでした。

 

そしてスイカは硝石畑で硝酸を作り、何年もかけたトライ&エラーの末に復活液を完成させます。

こうしてゲンを含む千空の仲間達は全員復活することができました。
→ドクターストーンのスイカが大人になったシーンを見る

 

例え死亡しても「石化&復活液」があれば復活できてしまうため、今後もゲンが死亡する可能性は極めて低そうですね。

メデューサが誤作動(?)してゲンと陽が石化

メデューサが誤作動(?)してゲンと陽が石化(C)稲垣理一郎/Boichi/集英社

カセキとジョエルのおかげでメデューサが使用可能となり、誰も触れられないように保管することになりました。

しかしその時、何故か突然メデューサが起動し、ゲンと陽が巻き込まれて石化します。

この時はメデューサの効果範囲は狭かったために大惨事にならずに済みましたが、一歩間違うと主要メンバーが一気に全滅してしまうので扱いが怖いですね。

「ドクターストーンの浅霧幻(あさぎりゲン)が死亡?石化や復活シーンを解説!」まとめ

今回はドクターストーンのゲンこと浅霧幻(あさぎりげん)の死亡フラグや石化シーン、復活シーンなどについて解説しました。

ゲンは普段の言動はペラッペラながら、交渉事や駆け引きで絶大な能力を発揮します。

これからも死亡せずに生き残ってほしいですね。

ドクターストーンのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ドクターストーンの死亡キャラ一覧を見る

→ドクターストーンのゲンのかわいい&かっこいいシーンを見る

→ドクターストーンのゲンの黒幕説の真相を見る

→ドクターストーンのキャラ一覧を見る

→ドクターストーンの完結&最終回がいつなのか、展開予想を見る

ドクターストーンの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました